編集可能 アプリで作成

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した人々は免疫を獲得できているのだろうか

まとめました。
新型肺炎 集団免疫 SARS-CoV-2 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染症 COVID-19
19
AFPBB News @afpbbcom
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した人々は免疫を獲得できているのだろうか──。この問いについて専門家らは、まだ明確な答えを見つけることができておらず、大きな疑問として残っていると指摘する。 afpbb.com/articles/-/327…
リンク www.afpbb.com 69 users 1281 新型コロナ、回復後の免疫獲得はあるのか 専門家の意見 【4月21日 AFP】(写真追加)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した人々は免疫を獲得できているのだろうか──。
Masahiro Ono 小野 昌弘 @masahirono
ヘルペスとは違うメカニズムと思うし、「ワクチンだけが唯一、真の解決法」と思わない方が良いと思うが、それ以外はだいたい妥当なことが書いてある記事 次の「分かっていないこと」は妥当: 1)「抗体」が存在すれば免疫がある? 2)免疫の持続期間は? 3)抗体によって症状が悪化する可能性? twitter.com/afpbbcom/statu…
Masahiro Ono 小野 昌弘 @masahirono
抗体で症状が悪化する可能性は類似ウイルスのSARS等で示唆。新型コロナ・SARSの抗体検査・ワクチンはウイルス表面のSタンパクを標的にしているが、サルのSARS研究で、ワクチンを接種した群のほうが重篤な肺炎を発症。ウイルスに対する抗体が過剰な免疫反応を引き起こした insight.jci.org/articles/view/… pic.twitter.com/yPoYjlsexI
拡大
Masahiro Ono 小野 昌弘 @masahirono
SARS患者で死亡例のほうが回復例よりも抗体が高かったことは憂慮の種だが、新型コロナでも重症化例のほうが抗体が(IgM, IgGともに)高い報告が複数でてきた つまり 1)ワクチンは十分時間をかけて安全確認を。動物実験を飛ばしてはいけない 2)現在の抗体検査は意味のある免疫を見られていないかも pic.twitter.com/wLSZHslDsB
拡大
Masahiro Ono 小野 昌弘 @masahirono
新型コロナでも図のように重症化例のほうが抗体が高い報告が複数あり medrxiv.org/content/10.110… これは安易なワクチン開発に対する警告であり、さらに、 •現在入手可能な抗体検査は生体防御に意味のある免疫を見ていない •抗体検査はまだ基礎開発段階 •コロナに対する免疫の基礎研究が必要 pic.twitter.com/ykiqIFDzPv
拡大
リンク medRxiv 1 user 41 Viral Kinetics and Antibody Responses in Patients with COVID-19 Background A pandemic of coronavirus disease 2019 (COVID-19) caused by severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) has been spreading over the world. However, the viral dynamics, host serologic responses, and their associations with clini
Masahiro Ono 小野 昌弘 @masahirono
最終的には何らかの形で集団免疫に到達して落ち着くと思うのですが、コロナの免疫についての基礎理解は重要なピースが幾つか欠落していて、現在の抗体検査やワクチンの方向性は、少々外れた方向にいっている可能性が高い 基礎研究が非常に重要な段階です 当面は封鎖(と類似の方法)が唯一の流行制御法 twitter.com/NIdJJrgIEroNsh…
Masahiro Ono 小野 昌弘 @masahirono
その通りで、抗体検査で抗体があるとわかった人の方がコロナにかかると重症化しやすい可能性すらあるため、重大な懸念です いまやるべきは、研究機関に予算投資し、1−2年時間をかけて 1)慎重に抗体と免疫の状態の関係(再感染するか、重症化するか、など)を調べる 2)高性能の免疫検査の開発 twitter.com/kemohure/statu…

ワクチンの安全性評価の重要性についての論文

Nature Rev Immunol @NatRevImmunol
New Comment article from @VirusesImmunity and Yexin Yang on the potential danger of suboptimal antibody responses in COVID-19 nature.com/articles/s4157…
リンク Nature Reviews Immunology 17 The potential danger of suboptimal antibody responses in COVID-19 Here, Iwasaki and Yang highlight the potential dangers of inducing suboptimal antibody responses to SARS-CoV-2. They stress the need for proper safety evaluation of candidate vaccines for COVID-19.
Nature Rev Immunol @NatRevImmunol
The potential danger of suboptimal antibody responses in COVID-19 dlvr.it/RVBVMm pic.twitter.com/1mMNw4qNrW
拡大
BiotechMania @BiotechMania
COVID-19に対し最適化されていない抗体反応を起こすワクチンの危険性を警告するイェール大学の岩崎明子先生 @VirusesImmunityの論説がNature Revue Immunology誌に掲載。皆がワクチン実用化を慌てる中で、改めて安全性と効果を評価する前臨床試験の重要性を指摘されています。 nature.com/articles/s4157…
influenzer @influenzer3
●COVID-19であるいはワクチンによりADEは起こりうるのか? 抗体介在性感染増強作用(ADE)は十分な中和活性を持たない抗体が存在する事で、かえって疾患が重篤化してしまう現象の事です。 デング熱で有名ですが、ネココロナウイルスでも知られている現象。 そしてSARSでもです。
influenzer @influenzer3
→以下の論文ではSARS-CoV-2におけるADEの可能性について論じています。 ADEはSARSの動物実験モデルでは確認されている現象のようで、遺伝子的にも病態的にも相同性の高いSARS-CoV-2でも同様の事が起こりうると。 難解ですが、ざっくりまとめてみました。 nature.com/articles/s4157…
influenzer @influenzer3
--- ・SARS-CoVとSARS-CoV-2は79.6%の遺伝性相同性を有し、同じACE2レセプターを使用して両者とも呼吸不全症を引き起こす。 ・抗体力価は一般的には防御力と相関するが、SARSの場合には高い抗体価や早期の抗体出現は重症度と相関すると報告されています。
influenzer @influenzer3
・中和抗体は通常はRBD領域をブロックすることでウイルスの標的細胞への感染を阻止する。 pic.twitter.com/1kIoHpEhcX
拡大
influenzer @influenzer3
・SARSの場合、ADEはまず中和抗体のFcRを介して単球、マクロファージ、B細胞に感染する。  これはACE2非依存性に起こる。しかしSARSの場合、感染しても細胞内でのウイルスの増殖は起きない。 pic.twitter.com/5KEUwBbYZ6
拡大
influenzer @influenzer3
・ウイルスを中和するか、ADEとして炎症を惹起するかは複数の要因が絡んでいる。  例えばSタンパクのRBDドメインまたはHR2ドメインに対する抗体は防御効果を示すが、他のSタンパクに対する抗体はADEを起こす。
influenzer @influenzer3
抗体が高濃度では防御効果を示すが、低濃度ではADEを示すというin vitroのデータもある。  抗体のアイソフォーム(IgMかIgGか)やアイソタイプ(IgG1~4)も関連している。 ・結論として「ワクチン開発にあたってはADEを十分考慮した安全性評価が必要である」と主張すると。 -----
まとめ infuenzerさんによる「COVID-19あるいはそのワクチンによるADEは起こりうるのか?」 infuenzer(influenzer3)さんによる「COVID-19あるいはそのワクチンによるADEは起こりうるのか?」ナファモスタットの有効性その他の話題 674 pv 6

関連まとめ

コメント

ひろ @dHUdFFTB8PdTSjV 2020年4月22日
通常のコロナウイルスっていわゆる風邪の原因になったりするわけだけど、風邪って特効薬無いよね つまりそういう事だと思ってる
Destroyer Rock @hondapoint 2020年4月22日
毎年流行しているノロウイルスにも免疫やワクチンができたって話を聞かないからなぁ。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2020年4月22日
先月から、コロナウイルスは「抗体依存性感染増強」を起こすのではないかって説は出てたからねぇ。  hondapoint ノロウイルスはマーカーになる糖タンパクが無いという特殊なウイルスだから、コロナウイルスとはまた原理が違うけど
Destroyer Rock @hondapoint 2020年4月22日
d2N5Q4GciZtsa2e そうなんだ! 教えてくれて、ありがとうございます。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年4月22日
ワクチンには期待せず、抗ウイルス薬と無症状感染の拡大しかないのかもな
yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2020年4月22日
まぁHBVだって1年に1度は予防接種しないといけないしそんなもんだよ(´・ω・`)あとは免疫獲得できるとして何日もつかって問題で医療従事者が1週間に1度打ちまくってくものになろうと現実的に処理できるなら問題ない。パンピーはおうちで震えてポテチ落としてればええやろ。
yamag @yamag40853512 2020年4月22日
人類は今まで数限りない疫病に見舞われ、「死ぬ人は死に、生き残る人は生き残る」という方法で克服してきたんだけど、「誰一人として犠牲になっていい命など無い」という近現代的倫理観と真っ向から対立するんだよね。今回の世界的パニックの解決が難しいのは、ここにあると思う。
ネワノ @One_of_Engineer 2020年4月22日
hondapoint ノロウイルスはヒト特定細胞でしか増殖しないせいで培養が困難です。なので各種研究が進みにくいという要素も有ります。
業務用 @gyomu_yo 2020年4月22日
新しいウィルスはこういうとこから分かってない訳だから、集団免疫作戦が有効かどうかも軽々に判断できないんでしょうね。集団免疫作戦が効果があるとしてそのために必要な感染者と犠牲者数が許容できるか否か以前に、そもそも想定した集団免疫作戦が成立しないことさえありうる、と。最終的には何らかの形で集団免疫に到達する、と言っているのは、どういった形が想定されるんでしょうか。
あなぐま @badger2635 2020年4月22日
「誰一人として犠牲になっていい生命などない」なんてのは所詮はタテマエよね。結局はコロナが怖い、っていう動物的なレベルの恐怖感以上のものじゃない。そこから敷衍してコロナで死なないための対策の結果として犠牲者がでるのは仕方ないって空気はあるよね。「誰一人として」なら、対策で死人がでないための措置にも同じだけの重点が置かれるべきでしょ。まあ、ナントカ宣言打つのには銭はかからんけど経済対策っつうか支援となれば銭の裏付けが要ってくるってのはでかいと思うが。
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2020年4月23日
gyomu_yo 人類すべてが感染すれば新規感染者は発生しなくなります。もちろんそれなりに死んでの淘汰の結果ですが、生きているすべての人が免疫を獲得しているはずですよ。最終的にはと付けての到達点の集団免疫となればそう読み解くのが自然。致死率100%でなければ必ずこの到達点はある。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2020年4月23日
抗体検査は、「かかったことがあるか」であって「安全な免疫を保持している」のためじゃないというのは(明確じゃないにしても)わりとそういう理解が共有されてたと思うんだけどな...一部変なのいるからなあ
業務用 @gyomu_yo 2020年4月23日
xyrLuoihI9vhuex いや、そもそもまだ長期的免疫がつくかどうか分からんという話も見たんで全員かかったら収束、って感じではないでしょう。普通の風邪のように。特に弱い層が最初に淘汰されて、残った人たちのグループでは一生のうちに何回かかかるけど、一定期間内の重病者、死者が医療機関等で対処可能な数に収まるということだとは思いますが、免疫の持続期間だとか、免疫反応が強い方が重症化するっぽいとか、他の病気やらと合わせての医療施設規模とか感染者数にそれなりの安定解がありうるんかな。