先生が「翻訳は暴力ですよ」と言っていた話「花を摘んで違う土地にきれいに生けることはできるが根は断たれる」

まとめました。
230
まきむぅ👺Kinky Kabuky @makimuuuuuu

✒️和男装の文筆家 ・牧村朝子。ドラァグキングKinky Kabukyとしても活動🧔Asako MAKIMURA, aka Kinky Kabuky ✉️ goo.gl/bp2vdN 🕊語学、旅、性の歴史などの話 🗣中文/Français/English💡リプ、DM見ません❤️フォロー歓迎、無言でOK

yurikure.girlfriend.jp/yrkr/

まきむぅ(牧村朝子) @makimuuuuuu

翻訳の先生が「翻訳は暴力ですよ」って言ってたのめっちゃ覚えてる、「花を摘んできて違う土地に持ってきてきれいに生けることはできますが根は断たれてしまうんです。翻訳は暴力です。翻訳者は翻訳の暴力に自覚的であらなければならない」って言ってた

2020-04-26 22:50:52
まきむぅ(牧村朝子) @makimuuuuuu

でも花摘んで持ってこないとその土地の人と一緒に見られないから、確かに翻訳は暴力だと思うけどぼくはやるよ

2020-04-26 22:52:33
ねこ。 @necomiamia

@makimuuuuuu 花の例えがとても素敵だと思う。

2020-04-27 16:58:59
ふぐり皮之介 @1IouhZwY8pL3dA6

同意❗悪意ではなく そういう限界を知っておくべきなんでしょうね。 twitter.com/makimuuuuuu/st…

2020-04-27 13:31:44
ルル @ruru_surdo

これほんと、これ… 文脈(土地)は持っていけないんだよ twitter.com/makimuuuuuu/st…

2020-04-27 00:22:36
西澤ロイ@イングリッシュ・ドクター(木8のラジオ番組放送中) @roy_nishizawa

すげー分かる‼️ だから個人的に、名言を引用するときには元の英語と自分でつけた訳を併記するようにしてる。 twitter.com/makimuuuuuu/st…

2020-04-27 13:56:57
C.U. @SokHenpe

日本語教師をしている時に「今自分がやってることって暴力だよな」と考えたことがある。翻訳とは少し違うかもしれないけど。 twitter.com/makimuuuuuu/st…

2020-04-27 14:07:03
Arachne @arachne130

同じようなことを比較法の先生が講義で仰った。明治時代、外国から法律というものを導入する時、「これは日本にそぐわないから」と省く→導入しても翻訳を都合よく変える→そのまま訳しても解釈の仕方をいじる、ということが行われている。 twitter.com/makimuuuuuu/st…

2020-04-27 11:50:06
ねみ(˘ω˘ ) @ShirleyTemple36

簡単なものなら英語の物語とか読むの結構好きなんだけど、翻訳するってなると英語のままで素敵なフレーズを日本語にわざわざ直すの陳腐じゃねと無性に悲しくなることがあって、しかもつい最近そうなったからベストタイミングすぎた まあ結局翻訳は試みるんだけど twitter.com/makimuuuuuu/st…

2020-04-27 17:11:38
ドリアン海皇🐸🐟🐬🐳🐢 @T_T_durian

いやあこれはマジでそうなのよね。 言語が違うから絶対に解釈違いが起こるので。 なるべくそうならないように使うのが難しいところであり、翻訳者の腕の見せ所というか。 twitter.com/makimuuuuuu/st…

2020-04-27 09:30:55
T.Sugiyama @caspar394

@makimuuuuuu それは花を摘んじゃうからで、なるべく根っ子から掘り出してせめて植木鉢で持って来ようと常に思っています

2020-04-27 13:16:32
いつも暇なおっさん。 @majestic7s

@makimuuuuuu 英語できないし読めないけど、翻訳見てて、違うな。。って思う事あります。そんな時は勝手に辞書ひいて意味を探ったりしています。

2020-04-27 01:25:54
HERB_CAT @HERBCAT1

@makimuuuuuu なるほどな。 ゲーテ曰く、「外国語を知らないものは自国の言語に対して何も知らない」 人間は何かと比較しないと言葉の真意や意味を知れない。また、文化の背景も必要。 それ無しに翻訳して翻訳家の想像で文章を組み上げては、著書を殺し、間違って信じた読者も殺す。 ・・・って意味かな?(;´д`)

2020-04-27 13:56:26
はばな @habana1000

@makimuuuuuu @paramilipic ふわっとわかるようなわからないような。花を活けるとは何か、花の姿は根っこの活動の表れでは、形は潜性のあらわれでは、等色々考えてしまう。挙句は「暴力」っていう言葉を使ってみたかっただけじゃないか、とかいじわるなことを。ところで挿し木や挿し芽というものがあるsatokajyuen.jp/gijyutsu.html

2020-04-27 14:02:44
倉沢 繭樹 @mayuqix

@makimuuuuuu 確かヴァルター・ベンヤミンは「翻訳者の使命」で、「翻訳は根源的には不可能な営みだ」と書いていました。その論考は「最高の翻訳があり得るなら、それは聖書の行間の翻訳だ」で終わっていました。

2020-04-27 12:24:29
週のはじめ、明け方早くの牧志 @Dr5R6

@makimuuuuuu @madokarun_net 仏典を梵語から漢語に訳した鳩摩羅什も同旨の発言を残しています。翻訳した書物は「他人が咀嚼した米」のようなものと残しています。しかし、他文化の書物というのも摂取していかなければその文化自体が弱るので「咀嚼した米」でも摂取は必要ですので、正直難儀な作業だなと思います。

2020-04-27 16:25:40
ニナ @NINA_27

@makimuuuuuu 福田恆存が、翻訳は他国語によって自国語を拡張しようとする「文化的・平和的略奪行為」だと書いていたのを思い出しました。完全な移植は不可能だとも。それを完全に近づけようとするにしても、あえて遠ざかろうとするにしても、翻訳者は暴力性を自覚し、自分の言葉に責任を持たなければなりませんね。

2020-04-27 16:16:37
たそがれ記者 @TasogareKisha

@makimuuuuuu 海外の作品が面白く感じないのは翻訳の問題だと思う。韻を踏んでいても訳では分からないし。 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のノベライゼーションでは、”sour grapes”が「酸っぱいブドウね」と訳されており、思わず出版社に怒りの電話をしたこともあった。

2020-04-27 09:50:51
ヨウハク @otokoyamaT

@makimuuuuuu スタートレックという映画でも翻訳者を担当している少尉が翻訳という仕事の重さを語っているシーンが挟まれてました。「手を取る。」が「命を取る。」と誤解される事すらあり得る。だから翻訳という仕事は細心の注意を払うべきだと。

2020-04-27 16:51:27
残りを読む(27)

コメント

ひろ @dHUdFFTB8PdTSjV 2020年4月27日
なるほどなぁ 確かに創作物には何かしらの背景があるけど、言語が違えば文化も違うし前提の背景を共有できないから 言われてみれば確かに暴力的と言えるかもしれない
78
まかべたかし @bakashinu 2020年4月27日
ふーん。。。(アメリカで異常繁殖して恐れられてる日本産葛の画像を見ながら)
17
hizen31415 @hizen31415 2020年4月27日
「布団がふっとんだ」を英語に翻訳するのは難しい。 逆に欧米の有名ジョーク「Q: ニワトリはどうして道を横切ったの? A: 反対側へ行くためさ!」も 日本語に翻訳されても全然面白くない。
65
hizen31415 @hizen31415 2020年4月27日
だからこそ、インテル入ってる Intel inside は名翻訳とよばれる。
179
bluemonkshood @bluemonkshood 2020年4月27日
外国語を日本語に翻訳するためには、日本語への深い語彙力と知識をもっていないとできない。
25
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年4月27日
根っこに横たわる文化までは再現できないという理解なんだが、「暴力」というワードが出てくるとちょっとギョッとするな。そこが狙いなのかもしれないが。
16
KLEIN @klein_artifact 2020年4月27日
だって翻訳ってある種の再構成系二次創作だもの。
93
ろんどん @lawtomol 2020年4月27日
「不実な美女か貞淑な醜女か」(米原万里・著)…不実な美女=美しい日本語だが、不正確な翻訳。貞淑な醜女=読みにくい日本語だが、正確な翻訳
13
クルクル @kululikululi 2020年4月27日
この人の言ってることは分からんでもないけど、ローコンテクスト化=暴力だとしたら、そもそも「文章として表現する」事自体が暴力的なんじゃないか?
20
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2020年4月27日
知るか、ボケェ! by 吉本隆明
2
しろうと @sirouto 2020年4月27日
暴力の比喩なのに「花を摘んで~」とは、さすが美しい言語感覚ですね。翻訳(や引用や二次創作)は「散種」で、遠くの土地に種をまくようなものだから、そこの生態系を乱すこともあり、暴力性はたしかにある。けど、「笑い」や「性」もそうだけど、一方でポジティブな生産性もあるはず。優れた翻訳にユーモアやエロスを感じるような時のそれ。
29
ue280 @cd2023 2020年4月27日
kululikululi 表現そのものが暴力という思想はあってしかるべしだと思う
81
gehakun @gehakun 2020年4月27日
ほーん(吹替版コマンドーを見ながら)
6
katagatar @katagatar 2020年4月27日
ニンジャスレイヤーのほんやくチームの仕事がまさにそれ。あらゆる文法や文化を爆発四散させようが「読者を楽しませる」「話題を盛り上げる」という原文の書かれた目的を全力で抉る様にねじ込む言語カラテこそがホンヤクなのだ!
61
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年4月27日
作者の意図の通りでないという意味では、厳密に言えば日本でも多少時代が違うだけで変わりますからね。 原語のままという意味ではお経が言語のまま派と翻訳派がありそう。イスラムのコーランはしたのは経典として認めないとかなんとかあったような
1
トロコンビーフ @okotodo 2020年4月27日
西尾維新とか言葉遊びが多い作品を海外に売る為努力してる人は本当に凄いと思う
18
やし○ @kkr8612 2020年4月27日
小尾芙佐の「アルジャーノンに花束を」は根を断たずに見事に植え替えてみせた日本の翻訳史上に残る名人仕事だと思う
30
かびぱん @kavipann 2020年4月27日
違う土地でも育つように花を植え替えるのが翻訳者の仕事だろ、何言ってんだ。
18
しの @_sieraden_ 2020年4月27日
たまにジャンプマンガの外国語版を買うけど、よく訳せたよね……と思うのがチラホラ
3
達入玉 @tatsuiritama 2020年4月27日
アンダーテールの非公式日本語訳はよくやってたと思うけど、キャラ名や地名を英語表記のままにしたのは正直逃げだと思っている
1
マシン語P @mashingoP 2020年4月27日
アイドルマスターの中文版タイトルを偶像大師にした翻訳者と決済者は許さない、絶対にだ
1
K.M @24birtgg 2020年4月27日
遊戯王OCGで、「代打バッター」というバッタのモンスターが英語版では「Pinch-Hopper」になってるの好き
47
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年4月27日
英語の翻訳というか空耳から全く別の超訳が完成してホモノンケ問わず一部界隈で流行を見せ、本人に逆輸入(最近だらしねぇな)されたり来日まで果たしたガチムチパンツレスリング。
1
レモンカード @S7qUuC1HgifKlLq 2020年4月27日
確かに翻訳って「作者が書いた作品を他人が書き換える」作業だもんな。同じ言語間でなら絶対に許されないこと。
29
節穴 @fsansn 2020年4月27日
翻訳 暴力 Tomb Raider 30ドル
0
ケルビム(ごまみそ風味) @kelbim_eden 2020年4月27日
「銀河ヒッチハイク・ガイド」の異星人スラーティバートファースト、本場イギリス人にとっては滑稽な響きの名前らしく主人公が吹き出しながら聞き返すんですが、日本人である自分にはただの変に長い名前でしかなくて「?」ってなったのを思い出します。
3
nnn @nnn98933791 2020年4月27日
ハリーポッターの翻訳はまさに暴力だった
40
とらくろ @trakron 2020年4月27日
和歌や俳句が他言語に翻訳された瞬間に変質するようなものなのかな。英語詩の韻を踏んだ詩も、日本語に訳したら面白くなくなるしな
5
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2020年4月27日
mashingoP 「偶像」はともかく、「大師」は何故。と思って調べたら、神智学の「マスター」を「大師」と訳した用例を、そのまま使ってしまったのですかね……。
10
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2020年4月27日
災渦の中心(スーファミ版)メイルシュトロームの心臓(PC版)
2
泉屋 @i_z_m_y 2020年4月27日
tatsuiritama それでも日本語版のいらない二次情報てんこ盛りの訳よりは百倍よかったよね
3
れん @Ren_g_tenpura 2020年4月27日
ロストイントランスレーション、っていう映画があったよね。
1
銀色(棘用) @KVxZ1W90Xd3ur8m 2020年4月27日
「両国の言葉と、言葉の中と奥にある文化の違いを考えたとき、翻訳は結局再現ではなく、その擦り合わせも含めたある種の書き換えにしかならない。だから翻訳するときは他者の作品を自分の言葉と自国の文化で書き換えることになる、その事をしっかり自覚した上でやらなきゃいけない」ってことかな?  先生が「暴力」というある種過激な言葉を使ったのも、その事を強く意識した上で仕事を続けてほしいという親心(?)とプロ意識から来たものなのかも
16
のヮの (限定解除) @no05071730 2020年4月27日
(英語教育という)種はまかれてるはずなんだけどなぁ育たないなぁ(暗喩
0
かぴばら @mameshiba0003 2020年4月27日
最近読んだ『ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~』て漫画地味だけど面白いからオススメ。Kindle版安いよ。
9
EriQ @EriQjitsu 2020年4月27日
ポケモンのひでんマシンがhidden machineになってるのも名訳
7
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2020年4月27日
翻訳と言えば、ニューロマンサーも翻訳に癖があるってよく言われるけど、あれも元々の英文が癖が強くてそれを保ったまま日本語に訳すっていう神業かましてるんだよね
2
たわむれない卵 @2OBpLiZOzGevK5Q 2020年4月27日
たまにやべー翻訳にぶち当たると腹筋が殴られたかのように痛くなるからたしかに暴力(確信)
5
ろんどん @lawtomol 2020年4月27日
「人生足別離」(人生、別離足る)を「サヨナラダケガ人生ダ」と訳した井伏鱒二は流石
4
ろんどん @lawtomol 2020年4月27日
映画の名訳ならトーキー映画の第一声"You ain't heard nothin' yet"(アンタはまだ何も聞いちゃいない)→「お楽しみはこれからだ!」
3
@dpbiigdr2 2020年4月27日
英語の韻文を短歌にまとめたうろんな客の邦訳は本当にすごい
3
takatakattata @takatakattata1 2020年4月27日
名翻訳も数多くあるけれど、結局はその場所の文化や習慣がベースにあって初めて成り立っているわけで どんなに伝えようと努力しても形だけの部分が残ってしまう、或いは現地の人とは受け取り方が変わってしまう事実からは逃れられない もちろん伝える努力は惜しまない方向に努力すべきだし、翻訳自体はとても素晴らしい仕事ではあるのだけど
28
南風 @nan_poo 2020年4月27日
他国の言葉が持つニュアンスを、そのまま置き換えられる日本語が存在しないケースも山ほどありますものね。たとえばハードボイルドや冒険小説の主人公の一人称「I」の翻訳でも、「私」ほど謙虚でも「俺」ほど傲慢でもなくその中間くらいの感じなんだけどなあ、なんて思うことがあります。
6
う"るすと @wurst2081 2020年4月27日
「翻訳は暴力」とする理由が「”完全”再現ではないから」という抽象的理由だとすれば、そもそもあらゆる「描写」自体が暴力であり、それ以前に人間は人間である以上「あらゆる事物を感覚器や脳といったフィルターを通し常時”不完全な情報の再現”」をしているので、つまり人類は皆、生きている限り常時、万物に対し(許されざる?)暴力を働いているということになるな。でも翻訳の先生が言いたかったのは「翻訳に限っての観念」だろうから、変な例え話のおかげで言ってる本人が「セルフ翻訳失敗」してるような。
6
秋桜@ポーランドP(CV:花澤香菜) @anemonemela 2020年4月27日
フィネガンズウェイク(原文の暴力 vs 翻訳の暴力)
3
ミーム @meme_jinrou 2020年4月27日
日本の漫画を某国が海賊作品として盗作した時に、日本での名づけにいろいろな意味と共に「丸太(マルタ)」があったところ、それを材木=トンナムのマルタでも、FGOのマルタでもなく、人体実験のマルタの当て字を使い、公式ではない暴力的翻訳のせいで、こじ付けクソカスどもがムー的な何たら部隊にこじ付け、暴れたのも記憶に新しいですね。そういえば最近は「鬼滅の剣」でしたっけ?もうちょっと国としてきちんと知的財産犯罪者を取り締まって欲しいものですね。
16
瑞樹 @mizuki_windlow 2020年4月27日
ファイブスター物語でシクローンが「うちのマスターは小学生で習う漢字も読めないのに「夜露死苦」みたいな漢字だけは読めるんです!」みたいなことを言いだしたとき、欄外に「このページ、海岸版はどうなるんだ?」って書き込みがあったような気がするけど……どうなっただろう?
5
えむ(棘) @mmmmmmkkkkkk041 2020年4月27日
nan_poo 英語だと一人称が「I」故に成立していた記述トリックが日本語だと男女で分かれる上に多数あるせいで翻訳者が苦労した、っていう話も有名ですよね。
22
ue280 @cd2023 2020年4月27日
mmmmmmkkkkkk041 逆に英語だと『残像に口紅を』は発想すら無理だろう(「I」の消失だけで1人称が消滅する)
2
xi @accountLINKonly 2020年4月27日
古文作品も半分疑ってかかってるんだよね…絶対そんな意味じゃねぇってのがゴロゴロある……気がする
6
けい @Ghoti_kei 2020年4月27日
Now I Know My ABC'sのフレーバーテキストのことかと思った
1
tomo@裏雑多 @JINbeyJIN 2020年4月27日
翻訳というものは、元の文意をこちらの文化に当てはめることで理解を引き出す行為だから、まあ暴力的な部分があるのはその通りだよなー。とはいえ、翻訳がなければ理解する可能性を大きく潰してしまうことも確かなわけで。結局のところ、万能感を持たなければそれでいいんじゃないのかね。
4
A,I @syusak 2020年4月28日
wurst2081 翻訳者の先生が、翻訳というものへの意識を翻訳見習いの生徒に教えているのであって 暴力的なのは翻訳だけである、なんてことは一言も言っていないと思います。(というかそれならこの花の比喩が成立しない)
19
Digger @gg8OUXvssbHw27t 2020年4月28日
ゴマー・パイルと言われても日本人にはなんのことかわからないし元ネタも分からないので、微笑みデブという訳を用意してあげるのです。
10
たらこスパ @mmz104 2020年4月28日
作家より翻訳者の好みで読む読まないを決めることも多い。
1
凸子 @totucox 2020年4月28日
戸田奈津子の話かな
9
shin of u @shinofu4 2020年4月28日
ロード・オブ・ザ・リング、オペラ座の怪人←暴行障害致死
1
shin of u @shinofu4 2020年4月28日
totucox なんとタッチの差とは…
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年4月28日
自分がうまいな、と思ったのは、フォト・オポチュニティを「シャッター・チャンス」って訳した奴。ほかにも山のようにうまい翻訳例があります。翻訳は暴力なんて言ってる人は暴力的な翻訳しかできない愚者やね。
3
gaheki @gaheki 2020年4月28日
もし第三の翻訳者でなく原作者が言語変えて書いた場合はどういう解釈になるんだろう
1
剣岳 @ramdadoraiba 2020年4月28日
某戸棚通子先生の名前が挙がってて安心した、あの人の通訳は言ってみれば生花を生け花にして植え替えてるみたいなもんだろうか…
5
すらーく @slarq 2020年4月28日
ここで忍殺持ち出すのは場違いだろ。
1
愚者@7/12勇者部満開13:No.20 @fool_0 2020年4月28日
翻訳は暴力って、遠回しな某奈津子批判なのかと思ったw
1
平家八草@C98はここにある、我がビッグサイトと共に @kawaikunai_mono 2020年4月28日
羊が一匹羊が二匹はsleepとsheepをかけた駄洒落だという事を知ったのは30を越えた後でした…
11
冶金 @yakeen4510 2020年4月28日
違う。元となるものをこちらの土壌にあわせる品種改良みたいなものだ。暴力なんて、そんなこというだけで翻訳家失格ではないかと思う。
1
Zinc in Osaka @zincinosaka 2020年4月28日
ramdadoraiba 他人の生け花を見て、「こんなのがいいんじゃない?」ってオリジナルドライフラワー持ってくる感じかな。翻訳は私の作品で原作とは別と言い切っておられたようなので。
10
denev @_denev_ 2020年4月28日
翻訳作業は、翻訳が2割、創作が8割。功績は原作者。割に合う仕事ではないと思う。
7
狐謡 @Towa_towa_to 2020年4月28日
@makimuuuuuu さんの言いたいことは伝わるけど、よく考えてみりゃ地面に生えてても根っこを鑑賞してる訳じゃないので、なんか例えとしては、雰囲気はあってるけど根本的には間違ってる様な?写真と実物の方が近いか?例えの正確さの追及ってどうでもいいポイントだけど。 本題に関しては、言語の違いで生まれる認識の違いを暴力と言っても、「まあそうですね」と同意するほかないが実際どうしようもないんでなんとも。
3
ねじこ @13oclock83 2020年4月28日
うまいこと言いたいだけ 自分に酔ってるだけ感
4
CD @cleardice 2020年4月28日
まあそういう文脈で文化事業を語ると博物館なんか暴力どころの騒ぎじゃないからなあ
3
カスガ @kasuga391 2020年4月28日
Traduttore, traditore ってやつですね。
0
カスガ @kasuga391 2020年4月28日
cd2023 実は英語にもアーネスト・ヴィンセント・ライトの『ギャズビー』(1939年)、フランス語ではジョルジュ・ペレックの『煙滅』(1969年)という、“e”を一切使わずに書かれた小説があったりします。
7
カスガ @kasuga391 2020年4月28日
ちなみに『煙滅』の塩塚秀一郎氏による日本語訳は、原書にあわせて「イ段」を一切使わずに書かれた翻訳で、しかも原書で暗示される無数の「E」の消失を意味するメタファーを「イ」の消失のメタファーに置き換えるという凝りよう。
8
山北篤 @Gheser 2020年4月28日
外国語からの日本語訳で一番必要なのは、日本語力だよな。外国語で心の中に入ってきたイメージを、いかにして日本語で表現するかが勝負。
9
SZR @tinge12497534 2020年4月28日
翻訳が暴力ならなっちはなんだろう 範馬勇次郎?
2
3dozen @tyusanda 2020年4月28日
ニンジャスレイヤー 云々はギャグとして言ってるんだよね?
2
sihi @sihi70585332 2020年4月28日
sirouto {花を摘んできて違う土地に} 一見美しく見える表現ですが。花を摘んでくるという表現には別の暗喩もありまして・・ そっちの意味でも通じるし、より暴力的になりますよ。 コアラの求愛やサトゥルヌスの食事もそういう行為ですしね。
1
みゆう @MinamidaYminami 2020年4月28日
まあ、人物の名前や地名等の固有名詞を、勝手に日本人名に変えたりするのは冒涜じゃないかとは思うがな ( =Φ人Φ=)
1
Licorice @Licorice_90 2020年4月28日
ドラえもんのアメリカ版を思い出す
1
きんにくつうゴリラ @nice_gorilla 2020年4月28日
フルハウスの翻訳力のすごさがすごいので機会があれば皆にみてほしい。ギャグや言葉遊びを日本語に落とし込む力が凄まじい
1
なみへい @namihei_twit 2020年4月28日
翻訳に限った話ではなく、伝聞全般にも通用する話。自覚をして自戒をしている人と、無自覚な人や、目を逸らしている或いは居直って憚らない人との間には、天と地ほどの差が生まれる。
2
おり @ori_san 2020年4月28日
超訳も賛否両論だったけどあれはあれで面白かった
1
eiwaziten(xbox タグ) @eiwaziten_01 2020年4月28日
この「花を摘んで~」の解説だと、「翻訳は花です」というのが正しい比喩の使い方じゃないのかな。「翻訳」という言葉を「花」を通して理解しているのであって「暴力」を通して理解しているわけではないから。
1
Takashi Kono (かわいいは正義) @shimesaba_type0 2020年4月28日
これ凄いな。 こんな考え持った事なかった
1
タイラー・ダーテン @NoisyDog11 2020年4月28日
名翻訳であるが故に評価が高まるものもある。星を継ぐものとかな。違う言語形態に変換する以上ニュアンスや味の変化は避けられない。だからこそ品種改良を目指すのが翻訳家なんだよ。
5
mokyuxtu @mokyuxtu 2020年4月28日
「ややや ケッタイな 誰を呼ぼう ゴーストバスターズを」うーん、迷訳だぁ
0
mmm1969mmm @mmm1969mmm 2020年4月28日
おかげでローカルネタの訳にもやもやすることがあった理由がようやく分かった 「作者が日本語で書いたらその表現を使うか?」を無視されたような気分だったんだ
0
千と千尋の幻のラストは徳間アニメ絵本だと思う @Trtg8XBd7IN573d 2020年4月28日
meme_jinrou ・ヒロアカの韓国語版では他のキャラが意訳ではなく音訳になっている。例えば爆轟も爆発っぽい単語にされたりしていない。なので公式訳でも恐らく同じ字が使われただろう ・韓国人にとって聖女marthaとmarutaは別の音で別の字。Marutaさんにmarthaの字を当てる理由は皆無
2
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2020年4月28日
黒丸尚と戸棚の笑顔が頭に浮かんだ
0
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2020年4月28日
ディアズ「無事取り戻したければ、俺たちに協力しろ。OK?」 筋肉モリモリマッチョマンの変態「OK!(ズドン
0
CAW=ZOO @CAWZOO 2020年4月28日
こういう、強い言葉を使う場合は基本眉唾だからなあ。暴力なわけねえよ、ややこしく考えんなw
0
志賀丸太 @Russian810 2020年4月28日
Trtg8XBd7IN573d 半島人にとってどういう音かは知らないけど、それは日本の作品で日本語ではマルタはマルタとしか読まないのです
7
フロッグ @thefrog1192 2020年4月28日
言いたいことなんとなく分かるわ、ちょっと言い方キツいかなとは思うけど。昔から海外の反応的なのが好きで英訳Vtuber動画とか最近よく見るんだけど、例えばちょっとしたダジャレの訳とかで「このシャレをこう訳したのか上手いなー」って感じると同時に英語だとこういうふうになるんだなーってなるもん。完全に同じではないんだよね
0
佐渡災炎 @sadscient 2020年4月28日
S7qUuC1HgifKlLq 同じ言語でも例えば「子供向けに翻案」みたいなのは普通にある。もちろん翻訳も翻案も現著作者の許諾は必要だが「絶対に許されない」というほどのことはない。
0
冶金 @yakeen4510 2020年4月28日
yakeen4510 この「厳格には同じではない」という感覚が、カタカナ語氾濫を正当化する言い訳に使われることがある。インフォームドコンセントには「なっとく治療」という言い換えがあるし、これなら誰でも理解できるのだが「原義と異なる」というくだらない理由でいまだに浸透していない。そのことをある学者(らしき人)に愚痴ったら「馬鹿はブロック」ときた。明治初期に翻訳語をたくさん作って日本語で表現することが当たり前だった時代とは雲泥の差。日本人も本当に奴隷に成り下がったものだ。
0
冶金 @yakeen4510 2020年4月28日
what color is a brown bear? a brown bearとは「ヒグマ」のこと。だから直訳すれば「ヒグマは何色?」だが、それではこの文章のおかしさが出ない。「茶色」という言葉が入っているにもかかわらず質問しているところがトンチンカンでおかしいのだから。でも日本語で「茶色の熊って何色?」ではますますわけがわからない。ある翻訳家は「シロクマって何色?」と訳した。機械翻訳がいくら発達しても、こういう訳は機械にはできないだろう。
4
sihi @sihi70585332 2020年4月28日
ここまでロボテックの話題はなしか・・・ あれは暴力なんてものではないからな。 占星術殺人事件的な、死体損壊+ネクロフィリア+強姦致傷+食人族のサドル女やワイアルドの英気養い女子なんかが複合された代物だからね。
1
佐渡災炎 @sadscient 2020年4月28日
yakeen4510 原義と異なるというか、「なっとく治療」なんて「説明に基づく同意」と全然関係のない別の話じゃん。そんなので言い換えた気になってる奴が無能なだけでは。
2
@todohami 2020年4月28日
yakeen4510 一応、医療に関しては医療論文が基本なので論文で最初に定義された用語を使うのが定番。カルテで癌がCancerと書かれているのはそのため。今回の新型コロナ(COVID-19(coronavirus disease 2019)も日本国内だけでも新型コロナ・武漢肺炎・武漢熱と混乱しているが、スピード重視世界共通基準だと世界各国で言葉の定義のすり合わせをしている暇などない。また欧米のパソコンだと漢字表記できないものもあるだろうしな。
2
@todohami 2020年4月28日
todohami 言葉の壁を超えて症例:COVID-19(coronavirus disease 2019)ウイルス名:SARS-CoV-2と戦っている相手に世界各国の翻訳のすりあわせまで要求しないでくれ。
1
LiliumCasaBlanca @CasaLilium 2020年4月28日
MOTHER2のアルプスの少女〇〇ジ(はいorいいえを入れる)が翻訳されてBeatlesの名曲〇〇terday(yesかnoを入れる)に変わってたのも名訳
2
しばカワ系👺 @sibacawa 2020年4月28日
FMJ字幕の某戸田かと思った。あれは暴力というより腰抜けすぎて降ろされたんだったか・・
1
haniwa @thehaniwa 2020年4月28日
歴戦経る素早い黒小鬼、怠けドワアフ達をひらり。裃の鵺、棟誉めて夜露誘う。
1
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2020年4月28日
言葉というのは日常的に使うものだからその土地の文化や習慣と強く結びついている。だから同じ言語内でも地域によって違う方言が存在している。もともと他の言語への変換なんて考えられてない設計なんだから、不完全な変換になるのはあたりまえ。「うまくいった例」を挙げてもそんなものがあらゆる翻訳に適用できるはずもないので無意味
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年4月28日
そもそも「カルテ」じゃなくて「メディカル・レコード(もしくはチャート)」なんだけどね。なんか日本ではカルテなんだよね。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年4月28日
『マディソン郡の橋』に出てくる花でブルー・アイド・グラスってのがあるんだけど、これは日本語でニワセギキョウって言って、あちらではポピュラーな花なんだけど、日本では月見草やノギクのようにポピュラーなわけじゃない。だから翻訳では「路端の青い花」とか訳す。これが正しい花の移し替え。
2
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2020年4月28日
マリアさんも勝手に処女にされちゃったしなぁ。
1
カラミテ @KARAMITEshimote 2020年4月28日
ベトナム系アメリカ人の描いたアメコミの日本語訳で、アジア系アメリカ人のキャラが、実家で「ヘビのダンプリング」を食べた、というセリフが出てきたんだけど、さて彼は本当はどこの国の何という料理を食っていたのか……。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年4月28日
sadscient そうなのよね。だから英語で「メディカル・レコード」って言ってたら「医療記録」じゃなくて「カルテ」と訳したほうがわかりやすいのよね。わかりやすくなりすぎるから、ってんで「医療記録」って訳す人もいる。
1
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2020年4月28日
片手間とはいえ #MARVELヒロイックRPG のファンメイドデータ翻訳してるんで……
1
冶金 @yakeen4510 2020年4月29日
アフリカでは初等教育は現地語の教科書があるが、ある程度以上になると英語の教科書しかないという国がいくつかある。そういう国では英語ができないと学問が進まず、貧困から逃れることが困難となる。見かねたある外国人が「あなた方の言葉で教科書を作ったらどうだろうか」と提案したが「正確に翻訳できない。英語でいい」ということで一向に改善されないそうだ。なんとも馬鹿げた話だと思うが、上の発言を見ていると日本人もアフリカを笑えないように思う。一体学問は、誰のためにあるんだろうか(嘆息)。
0
冶金 @yakeen4510 2020年4月29日
sadscient 愚かすぎる。「なっとく」とは当然「説明を聞いて同意してから(納得してから)」治療を受けるということでしかない。なんの説明もなしに一体何に「なっとく」するというのか。お話にならない。
0
qwe @qwe86125373 2020年4月29日
子どもの頃神像の顔にキスする順番を間違えたり、時の蛇が倒せなかったり、館そのものみたいな合言葉が わからなくてよく命を断たれました。
1
@todohami 2020年4月29日
yakeen4510論文検索するときいちいち各国の言語で症例や細菌・ウイルス名で検索していたらどれだけ手間がかかるかわからんのか。
1
みさ @misa_exchange_ 2020年5月3日
ロシア語で水色の概念が2つあって正直キレかけたけど、確かに文化だよなとは思うしそこが好きなんだとも思う。なんもかんもバベルが悪い
1
ミーム @meme_jinrou 2020年5月4日
Trtg8XBd7IN573d 海賊版のクソ翻訳よりは、エキサイト翻訳の方が1000倍マシまでありそうですね。エキサイト翻訳で丸太をぶちこんでも日本語>某国語に変換してもトンナムしか出てきませんでした。実質的な意味合いとしてはそちらの方で良かったし、炎上しそうな不穏なワードをはじく公式であったなら、まずもって選択しないレイシスト暴力翻訳だったと断言できそうです。 知的財産侵害犯罪者を逮捕するなりして、もう少し某国には「近代化」を図って欲しいものですね。
0
ミーム @meme_jinrou 2020年5月4日
Trtg8XBd7IN573d 海賊版が音訳だったら公式も音訳だと思ってるんですか?犯罪翻訳と公式翻訳が同じな訳ないでしょ。いつ頃になれば某国はそういった知的財産を侵害しない国になってくれるんですかね、あと100年後くらいですかね?頑張って欲しいものですね。
0