編集可能 アプリで作成

「戦争中の暮らしの記録」

年上の方々のお話を語り継ぎ。
16
PsycheRadio @marxindo

前の戦争の時も昭和19年の春くらいまでは東京でもほとんどの人はかなり「普通の生活」をしていたのラジよね。それがほんとに数ヶ月単位であれよあれよという間に「戦争中の暮らしの記録」のようなことになる。

2020-04-27 07:44:37
PsycheRadio @marxindo

ドーリットルの東京初空襲は1942(昭和17)年4月だけど本格的な東京空襲が始まるのは1944(昭和19)年11月からなのラジよね。

2020-04-27 07:56:09
はるやすみ @dandonban

@marxindo 日本は明治時代には既に食糧輸入国(図は明治xx年の米穀輸入額・量kumando.no.coocan.jp/mj/mj091120.ht…)でしたからね。故に大陸への野心となった。そして日本海まで米潜水艦が入ってきた時点で一気にアカン事に(さらに国内鉄道や青函連絡船など国内の船も沈められて物流はボロボロに) pic.twitter.com/r0d0d6wT7R

2020-04-27 08:01:41
拡大
PsycheRadio @marxindo

なので東京の人が「毎日空襲に怯える生活」をしていたのは10ヶ月くらいの間。そういうことも意外と意識されない。

2020-04-27 08:01:47
🌾 @zennbuiikoto77

「空襲に怯える生活」をしていたのは10ヶ月くらいの間 そうして空襲の前と後では世界は一変していました 焼夷弾の代わりに新型コロナウイルス twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 08:05:26
manekineko 脱原発に一票 @4manekineko17

今朝の新聞のチラシは一枚だった。家族もテレワークになった。友人とは何日も誰とも会っていない。ただLINEの文字数は増えた。変わる毎日。でも自分であることは変わらずにいたい。 twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 08:15:09
銀蝙蝠 @silverkoumori

なんとなく長く続いたと思ってました 食べるものが何にもなったという祖母の話をよく聞いていたので、大変な時期が長く続いたものと twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 09:38:48
椋@かんがえごと用 @mukuretroyasan

ただ空襲で全くターゲットロックオンの範疇になかった地区で暮らしてた人々はいつの間にか天皇様が終戦宣言してたびっくりとかいう至って普通の暮らし続行だったとか バブル崩壊後数年国民は浮かれてたという歴史もあるし時間差で余波が見られはしたでしょうけど twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 09:49:03
こうやまP提督㌠フレンズ @zweisser

@marxindo @mkLyZfvxYv8H6cc ビールは1945/8/14の夜までビヤホールで飲めたそうです。でその夜の会話が「おい、明日とうとう、発表するらしいぞ」

2020-04-27 09:56:09
ウルトラッセル@.K.a.マルコムKKOとか本多負け一とかKKO田信長とかいうかつていた雑魚垢 @ULTRUSSELL

「開戦前から生活は苦しく、真珠湾から連戦連勝報道が乱発されるも世間は既に生活物資が不足して悲愴感に満ちており、そんな中で竹槍訓練・赤紙による召集・頻繁な空襲・消火活動・防空壕避難・学童疎開を3年間くらい続けた」 というのが戦争のイメージ。 映画やドラマによって。 twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 12:19:19
にゃんぴー @nyanpy7x

その後、終戦までの1年の間、緊急事態宣言と似たような生活へと変わってく。終戦時にこれで野球ができると言ったのは戦争中が如何に異例の生活であったかを物語ってる。 twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 16:01:08
FoxForce5@メカよりメンブレン好き村 @Tama15Tama

本土への空襲が激化していったのが 44年11月末頃って考えると あの戦争、本当に国民が被害を受けたのって1年に満たないんだよなぁ twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 16:06:43
PsycheRadio @marxindo

プロ野球公式戦も昭和19年のシーズンまではやってたんですよ。

2020-04-27 16:08:36
オコメ🍙 @166AB78

@marxindo 当時少年だった大叔父は「空襲は時間がだいたい決まってたから合間に街に出ていた」。別の叔父は「俺は打ってくるパイロットと目線が合った!」とドヤ顔でした。聞いている方は「思ってたんと違う…」となりました。

2020-04-27 16:23:52
あかつき3号 @akatsuki3rd

戦前の新岩手日報を読むと、花巻空襲後に空襲に備えよみたいな社説が出てくる。 ほんま、盛岡空襲は5月にあったが、花巻では他所ごとだったようだ。 8月10日の空襲で花巻は焼けたが、駅と釜石の後背地たる市街地を焼かれ、ようやく気がついたらしい。 twitter.com/marxindo/statu…

2020-04-27 16:25:56
はちこ @ponpontanukl

@marxindo 高見順の「敗戦日記」を読んだ時もそう感じました。

2020-04-27 17:32:08
かみーゆ・ぴさろ @bokuhaiiyatsu

@marxindo @takasagooyakata おはつ書き込み致します。その生活を現代のころなういるす!!に当てはめたいのでしょう。関係ございません。なりえないです。

2020-04-27 18:40:26
PsycheRadio @marxindo

@bokuhaiiyatsu @takasagooyakata 私この話は3年くらい前から何度も書いているんですが。「戦時中は国民全員がずっと暗黒時代だった」というのはウソ,という話です。TLの前後を見てもらってもわかると思います。ただ「先のことは誰にもわからなかった」ということは共通してるかもしれないですね。

2020-04-27 19:25:38

コメント

ruby @ruby0723 2020年4月28日
昨今の人々の動向とか政府の無策とかをやたら先の戦争と比べたり喩えたりしたがる人がいるけども、それとこれとはさすがに結構違う話だと思うのですよ
2
Akichi @Akichi77928822 2020年4月28日
まあおらが田舎(東北のド田舎)の爺さん婆さん(終戦当時二十代)の話を聞くに、「戦もだが今年は農作物大丈夫だべか」というのが最大の関心事だったそうだ。悪い予感は的中し未曾有の大凶作、集落内でも少なからぬ餓死者も発生したそうだ。勿論都会の惨状は言わずもがな。
1
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 13日前
敗戦前日まで東京でビアホールをやっていたなんて初めて知った。本当?
0
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 13日前
ここいらへんのことは小林信彦がかなり拘っていて、東京ではカネさえ出せば砂糖以外はなんでも出てきたって書いている。小林は生まれも育ちも東日本橋。(コーヒーも代用コーヒーで、本物は輸入がストップされていて飲めなかったとは思うけど)
0