2011年6月16日

「魔法少女まどかマギカ」建築的考察

「魔法少女まどかマギカ」では演出に建築が効果的に使われていて興味深いので気付いた点をメモってみました。
9
k_wota @k_wota

ウテナ借りてきた!観たかった映画をやっと見れる♪あとついでに魔法少女なんちゃらも借りた。

2011-06-10 21:18:06
k_wota @k_wota

「魔法少女まどか」の主人公の家、とんでもない豪邸だな。なにこの広大な洗面室。お母さんが高給取りで椅子コレクターという設定か。

2011-06-12 10:31:14
k_wota @k_wota

この洗面室、床パネルが90cm角として10×6で、9×5.4m、48.6㎡だな…

2011-06-12 10:35:27
k_wota @k_wota

一日のうちで母親が娘と交流できる唯一の貴重な時間が洗面時だとしたら、優先順位として洗面室を豊かな空間にするのは、アリっちゃあ、アリ。 http://twitpic.com/5abgkw

2011-06-12 10:45:24
k_wota @k_wota

@wistariamarie 仮設住宅よりも広いですねw

2011-06-12 10:38:20
k_wota @k_wota

学校の教室をガラスのパーティションで区切っているけど、柱が無くて構造的に成立しない。でも天井に梁が見えているのでこれは省略表現。 http://twitpic.com/5abn4i

2011-06-12 10:58:08
k_wota @k_wota

深読みするなら、物語上、柱を省略しているのは主人公の主観。主人公には世界を支える構造のようなものが視界に入ってない、あるいはあえて無視している、ということを暗示しているのかもしれない。

2011-06-12 11:05:20
k_wota @k_wota

まあ単に描くのがめんどくさかった、絵的にお邪魔だから省略した可能性はありますが。ウテナなんかは学園が心象風景で、物語の世界観の推移にリンクしてる演出だったけど。

2011-06-12 11:10:20
k_wota @k_wota

魔法少女まどか、終了直後の評判が良かったから安心して見れるけど良くできてるな。最近のアニメ、背景はロケして写真撮ってトレースして…みたいなのばっかと思っていたから、ちゃんと世界観に沿った背景(建築)をデザインしているのは好感が持てる。再来週のDVD3巻リリースが待ち遠しい。

2011-06-12 17:23:31
k_wota @k_wota

「魔法少女まどかマギカ」より主人公の少女の母親と先輩魔法少女の部屋の比較。共通点の階段は、先輩が少女にとって目標にし超克すべき存在の母親と同等であることを暗示している。 http://twitpic.com/5bt2g6

2011-06-16 06:46:31
k_wota @k_wota

母親は才色兼備で社会的にも成功。少女の資質ではとても超克の叶わない圧倒的存在である。少女には先輩に母親を投影した上で魔法使いというカテゴリで超克する以外に術はない。

2011-06-15 18:11:02
k_wota @k_wota

2話と4話における通学路の比較。橋が無装飾に、背景がビル群の遠景からコンビナート近景に変化。夕暮れ時、逆光の場面設定は全く同じで差異を強調。世界が徐々に内蔵をさらけ出して迫ってくる過程を見せている。 http://twitpic.com/5bt2ro

2011-06-15 18:11:35
k_wota @k_wota

「魔法少女まどかマギカ」の評論は大量に出ているが自分にはネタバレになるので見れない。これくらいは誰かが先に分析しているかもしれない。

2011-06-15 18:12:32
k_wota @k_wota

魔法使いの少女の物語をビルドゥングスロマン(成長物語)として捉えればは少女が魔法使いになることを選択する結末はバッドエンド。少女は魔法使いになることを否定しなければ大人になれないからこちらがグッドエンド。

2011-06-16 11:15:53
k_wota @k_wota

「まどかマギカ」は成長物語としては4話で材料を出し切っている。この時点で母親の擬似死を目撃して魔法使いになることを拒否している。母親を超克することは同化を目指すことでは無く自分にとっての最適解を見つける事であるのにも間もなく気付くだろう。ここで物語が終わっていてもおかしくは無い。

2011-06-16 11:17:05
k_wota @k_wota

既に自分自身のために生きている母親の考え方を否定して、他人に奉仕する生き方が自分にとっての最適解であるという結論には達している。この時点で母親の「呪い」から解放されているのでグッドエンド。

2011-06-16 11:17:31
k_wota @k_wota

ただしこれで終わってしまうとウテナと同じことになるのでここから最終話に向けてのパターン破りの物語となっていくのだろう。

2011-06-16 11:17:46
k_wota @k_wota

「魔法少女まどかマギカ劇場版」を背景の建築に注目して鑑賞。TV・DVD坂で建築物が構造的に成立しないカタチで抽象的に描かれていて(→ http://t.co/xasdMIMp )劇場版ウテナ同様に何か演出意図があるかと思っていたが、力学的に合理性のある描写に改められていた。

2012-10-22 10:53:20
拡大
k_wota @k_wota

「劇場版ウテナ」の前例があるので、背景の建築物が非合理だと物語世界全体が主人公の心象風景では?と解釈出来る余地が生じてしまう。(心象風景の話はNHKアニメ夜話のウテナの回で脚本家が言及している)「まどかマギカ劇場版」の建築が合理的な形態に改められたのは意味のある改変に思う。

2012-10-22 11:33:22

コメント

k_wota @k_wota 2012年10月22日
まとめを更新しました。
0