『近代SF史』――想像力と科学技術、ジュール・ヴェルヌからVtuberまで――

SFの誕生から現代までの発展と推移について概略的にまとめ、SFの定義や現状、オススメの傑作三選などについても記載しました。 「SFの全部」を扱おうとしたような記事のため、到底一人では扱い切れるはずもなく。SFに詳しいあなたのご協力をぜひお待ちしております……!
103
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

好き勝手に語りたいアライさん、略してカライさんなのだ。カライさんはむつかしーことからくだらないことまで、ムショーに何かを語りたくなることがあるのだ。でもそんな話ができる相手はいないのだ。だからここで語るのだ!

2020-04-19 18:34:31
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

※注意書き この記事は、Togetterを間借りしてまとめさせて頂いている、コラム風の一人語り記事なのだ。 ・セルフまとめ ・アライさん口調(わりと乱れる) ・全部読もうとすると死ぬほど長い 例:「続きを読む(100 )」

2020-04-19 18:34:49
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

ついでに今回、この記事はまだ未完成なのだ。自分なりにSFの歴史について調べてまとめてみたけれど、どうやら誤記もあるようなのだ なので、SF好きのあなた。あなたがコメント欄(もしくはリプライ)で正しい内容の補足をすることでぜひこの記事を完成させて欲しいのだ。好きな作品語ってもいいのだ

2020-04-28 13:19:07
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

「SFの歴史」の流れを追った記事って、意外と多くはないと思うのだ。あなたの協力で、ちょっとした参照可能な記事が作れたら、それはとっても嬉しいことかなって思うのだ!

2020-04-28 13:18:31
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

以上のことをご了承頂いた上でご覧ください、なのだ。 この三つ以外の、普通に全部読んだけどクソつまんねーぞ! という煽りなら大歓迎なのだ! むしろよく読んだ!

2020-04-19 18:35:14
前置き
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

さてどうも、カライさんなのだ! おうち暮らしのフレンズが多い今日この頃、「辛気臭い話は聞き飽きた! 普通の読み物をよこせ! ついでにケツ拭く紙もよこせ!」とモヒカンヒャッハーしたい方々も増えていることと思うのだ

2020-04-19 18:35:31
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

というわけで、今回は「SFの歴史」について、なのだ 近代ってついてるのは、そもそもSFが近代以降のモノだからって感じなのだ (詳しくは『民俗学漫画10選』の『竜と勇者と配達人』の項で触れてる「近代」概念についてでもご参照)

2020-04-19 18:38:27
まとめ 『傑作民俗学漫画10選』――平成後期から令和にかけて―― 平成後期から令和にかけての、「民俗学漫画」の傑作を紹介します、なのだ。「民俗学」とは何か? 「民俗学漫画」とは何か? 興味の湧いた方は、ぜひぜひ。無料で読める漫画も多くあるのだ。 69422 pv 235 442 users 63
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

堅苦しい話は抜きに頭カラッポにして、読み物として多少なりとも楽しめるものを、と意識した内容なのだ。印刷したらケツ拭く紙にもなるのだ! カンペキ!

2020-04-19 18:38:59
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

(ちなみに前回、身の丈に合わない内容を勢いでやった結果、色々やらかして醜態をさらしてしまったの反省してるのだ。ゴメンナサイ……! 今回タイトルがシンプルなのもその辺りのアレなのだ)

2020-04-19 18:39:07
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

ともあれ! 今回のテーマは「近代SF史」、サブタイトルは「『近代SF史』――想像力と科学技術、ジュール・ヴェルヌからVtuberまで――」なのだ

2020-04-19 18:39:16
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

SFにあまり詳しくない人も「SFって何なのか?」を何となくわかるようになり、SFガチ勢の皆様は「(ライト過ぎて)こんなものはSFではないしお前はSF読みなどではない!」とSF全盛期のような死闘を繰り広げられる内容になっているのだ。ではどうぞ!

2020-04-19 18:39:26
[目次]

1.SFの歴史
2.「SF」とは何か? ~地獄の死闘!SF定義論とSFの魅力~
2.5 SFは「完璧に科学的」なわけじゃない
3.SFと現実の相互作用
4.現代日本とSF ~VOCALOIDとバーチャルYoutuber~
5.推しの傑作SF作品をオススメしたいだけ
『天冥の標』『三体』『アークナイツ』
6.オマケ(SFの自給自足)

1.SFの歴史

① 「SF」ジャンル誕生以前 (~18世紀)
② 「SF」の誕生 (19世紀頃)
③ ジャンル独立前のSF (20世紀初頭)
④ 「SF」の独立 (1920年代)
⑤ 「SF」リアリズムの確立と黄金時代 (1940年代)
⑥ SF 流行期 (1950年代)
⑦ ニュー・ウェーブSF (1960年代)
⑧ SF映画とインターネットSF(1980年代)
⑨ SFアニメの躍進(1990年代)
⑩ 最先端のSFの時代(2000年代~現在)

好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

早速本題である、SFの黎明期から現代までの系譜を追ってみるのだ。いかがでしたか系サイトに限らず、なぜか序盤で記事タイトル通りの内容を書いてくれない記事が多いのだ。読みづらいのだ!

2020-04-19 18:40:47
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

なのでここではサクサク進行でいくのだ。「近代SF史ってどんなん?」という部分だけチラ見したい方は、この項だけ読んでクールに去っても構わないのだ! ではいくのだ。

2020-04-19 18:40:53
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

①「SF」ジャンル誕生以前 (~19世紀前半) 代表作:『イカロメニッパス』、『竹取物語』、『浦島太郎』、『ユートピア』、『フランケンシュタイン』

2020-04-19 18:41:01
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

「最初のSFとは何か」?  という問いには諸説あり、「SFと呼びうる物語」という意味では下手をすると有史以前に遡れてしまうのだ。 人類とは論理的思考をしうる生き物なので、昔から「その当時できうる限りの推論を元にした物語」には様々なものがあったのだ。

2020-04-19 18:41:14
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

中でも1818年に発表されたメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』。フランケンシュタインの怪物、というフレーズで有名なこの作品は、怪奇小説でありながらSFらしさをかなり含んだ作品なのだ。

2020-04-19 18:41:18
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

19世紀までに、フランクリンの避雷針や荷電粒子に関するクーロンの法則、ガルヴァーニの生体電気の発見といった電気に関する研究はかなり進められていて。19世紀とはその研究が結実した飛躍の時代なのだ。

2020-04-19 18:41:24
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

1827年にはゲオルク・オームが、中学理科で有名なあのオームの法則を発見したのだ。 「電気をテーマにした人造人間」を描いた『フランケンシュタイン』は、そんな誰もが科学の成果に興味を持ち始めた、萌芽の時代を象徴する作品だと思うのだ。

2020-04-19 18:41:34
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123

その他、宇宙や時間を扱った『竹取物語』や『浦島太郎』は現代でもよくSFのモチーフにされるし、『ユートピア』なんかは完全に当時のソフトSF(=社会科学系SF)なのだ。

2020-04-19 18:41:39
残りを読む(256)

コメント

Nowayout @randomwaIk 2020年4月28日
よきまとめ。現実→SFの受け取り方は漠然とあったものが腑に落ちた感。
4
BIRD @BIRD_448 2020年4月28日
日本においてはアトム、ドラえもん、ヤマト、ガンダムがSFの認知度を高めてるのは確かだね。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年4月28日
『幼年期の終り』(1952年)、『われはロボット』(1950年)、『月は無慈悲な夜の女王』(1967年)と、刊行年では「1940年代の代表作」とは言いにくいような…。
4
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月28日
( ×H×)y-~~年代に関連してはウィキペディアの記述によっているんだと思うけど、1940年代云々はアウスタンディング誌の話だと思う。
1
footpeas2 @footpeas2 2020年4月28日
70年代、ジェイムズ・ティプトリー Jr.には触れておきたい。
3
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月28日
( ×H×)y-~~「遠い未来」を描くにしても、そこで「SFの限界」に20世紀末にはぶち当たっていたような気がする。遠い未来だと、その未来世界に存在する登場「人物」もまた我々と同じ人間ではありえない。考え方も何もかも現代と違う存在が織りなす物語をどこまで描けるのか?という限界が可視的になってきたのが21世紀という時代かも知れない。
3
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月28日
( ×H×)y-~~そういう意味で最も限界に近づいた作品として神林長平戦闘妖精雪風シリーズと伊藤計劃の虐殺器官とハーモニーをボクは推したい。
2
kartis56 @kartis56 2020年4月28日
ontheroadx 翻訳発行年と原著の年代がずれるのは仕方ないのでは
3
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月28日
( ×H×)y-~~あと、色んな人が言っているけど「現在」の事態と対比したときに「復活の日」を読んでみるのもいいかも?
0
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月28日
kartis56 ( ×H×)y-~~それぞれ翻訳年代ではなく本国での刊行ですね。
2
kartis56 @kartis56 2020年4月28日
nobuo_kimura (略)夜の女王は連載が66-67年なので違うよね
0
kartis56 @kartis56 2020年4月28日
nobuo_kimura そこは今気づいて読み間違ってた
0
kartis56 @kartis56 2020年4月28日
個人的には独特の文体なコードウェイナー・スミス、ややファンタジーよりだけどアーシュラ・K・ル=グウィンを入れたい
1
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月28日
kartis56 ( ×H×)y-~~黄金期に対応するならラモックスあたりかな?
0
kartis56 @kartis56 2020年4月28日
年代史としてやるとなると、その年代・作者の文化・社会的背景が影響してるところまでやることになりそうで(略
0
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月28日
kartis56 ( ×H×)y-~~福島正実訳のジュブナイル版しか読んでないかも。でもラモックスでも1952年らしい…ということは無理矢理40年代に入れるには未来史シリーズになるのかな?こちらはボクも未読。
0
ラルフ124c41 @naijel 2020年4月28日
全体の流れの話をしている時に個別作品の話になって恐縮なんですが、Vtuberの話をするなら70年代のティプトリーの短編「接続された女」も外せないと思います。 容姿にコンプレックスのある女性がバーチャルアイドルのオペレータとして選ばれ、そしてそれに恋する男の話、なので。
2
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年4月29日
近代SF史で重要な作品は、ワインボウム「火星のオデッセイ」、ヴォクト「黒い破壊者」、レム『ソラリス』、ギブスン『ニューロマンサー』ほか、10年に1作ぐらいしか存在しないんよ。
0
kisara @kisara50 2020年4月29日
小川一水あげるか。SF好きだけど全然受け付けないんだよな彼の作品は。コレはSFじゃない論を語りたくなるレベルで薄っぺらさを感じてしまって。一見、似たような日本人SF作家でも野尻抱助はOKなんだが。
2
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123 2020年4月29日
kisara50 文章や構成、キャラ造型がエンタメを意識していて、ラノベ的ですからねぇ。おっしゃることはわからないでもないです。当然ファンとしては「小川一水こそがSFなのだ」とか主張するわけですが。 シナリオ部分で分けるなら、ハインラインやアシモフ型のエンタメ重視SFと、ディックやクラーク型の文学性重視SFに分類できる気がします。ブラッドベリなどは文学的な主題でありながら、キャラクターはエンタメ的でもありますね。
0
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123 2020年4月29日
私個人はエンターテインメントとはヒト種の感情(≒知性の抱きうる自由意思)をダイレクトに表現するものだと考えているため、ハインライン派ですね。
0
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123 2020年4月29日
ちなみに「1940年代の代表作」についての誤記ですが、追記するか考えてみます。コメント欄での指摘で足りるといえば足りるかもしれない。どう書き変えたものか。(コメ欄だと標準語になります)
0
kisara @kisara50 2020年4月29日
幼年期の終わりをSFリアリズムの確立って。あれはステープルドンとかの影響の強いオカルト系の話だろ。昔は超能力がSFだったのが疑似科学オカルト扱いになるようにパラダイムシフトしてくからSF黎明期は観測者に依存し移ろっていくバズワードに過ぎないんじゃないかな。
2
宮川海流 @Q0vClE9db3MO80Q 2020年4月29日
ジュールベルヌやHGウェルズのSFもそうですが大体明るい未来よりディストピアの話が多いですよね。
1
kisara @kisara50 2020年4月29日
コレはSFじゃない論で分類するなら月は無慈悲な夜の女王もAIの設定が古くさくて黎明期だからSFとみなされたレベル。コンピューターを増設しまくったら超知能のAI人格が自然発生って脳が大きい鯨は人並みに賢いと同レベルの暴論に見えるんでないの最近の若い子には。オジサンたちの思い出補正抜きならその程度のリアリティだよ。
0
kisara @kisara50 2020年4月29日
幼年期の終わりはラブクラフトの影響の強いコズミックホラーに分類してもいいかも。SFとオカルトとファンタジーを別物扱いするなら、もひとつ増やしてコズミックホラーも別物扱いでいいよね。クラークは狂気山脈のパロディ短編も書いてるし楽園の泉にもミスカトニック大学だしたりラブクラフト好きだよね。
0
kisara @kisara50 2020年4月29日
karaisan123 いや、そこは問題ないんで野尻OKと書いたんだが伝わらなかったか。同じような美少女キャラが出ても野尻作品はキャラが生きて感じられて好きなキャラ好きな作品になるが小川作品のキャラは『フックに萌えキャラ配置すればいんだろ、萌えキャラを』と(悪い意味で)適当に配置されたステロなお人形さんに感じただけでエンタ作品も好きだ。
0
uso800 @cD2A9zcGJM5iDfk 2020年4月29日
(やはり野球と政治と宗教とSFの話はするべきではないなあという目)
3
kisara @kisara50 2020年4月29日
karaisan123 美少女とか出てこない文学指向の作品も何本か読んだが作品の頭の方で開示される設定は面白そうなのに何十年前のSF?と首を傾げるようなリアリティに欠ける展開で期待外れで終わってしまった。同じような展開でもエンタ作品なら作劇上の都合で仕方無いと甘く見れるんだが。
0
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123 2020年4月29日
kisara50 個人的なアレになると、私は逆に野尻先生の作品はキャラが生きているようには感じられないんですよね。古いステレオタイプな「一般小説のキャラクター」という人形に感じるというか。お爺ちゃんとお婆ちゃんの会話に見えてしまうんです。ラノベっぽさというよりは、むしろ世代間ギャップなのかな。……やっぱり本当に危険ですねこれ、やっぱり好きな作品を語るだけにした方が安全ですよ。「これはSFではない論」とそれへの反論、数千万年スケールの戦争やれますって。
1
kisara @kisara50 2020年4月29日
Q0vClE9db3MO80Q 文化的多様性と思想の自由があるから100人の村で誰か1人が理想のユートピアだ!って書くと残り99人がディストピアだと思って叩くから最初からディストピア小説です!って書く方が安全だからね
0
田中 @suckminesuck 2020年4月29日
2000年代のまとめ方ざっくりしすぎじゃない?  これ許されるならその前の諸々も1900年代とかでまとめられてまうやん。 一番詳細な解説欲しいとこなのに。 それに三体突っ込んでごまかそうとしてるけど、虐殺器官にAll you need is killなんぞがそこまでのエポックメイキングな面々と同列なわけねえだろ。 自分でリスト見て違和感覚えないの?
0
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123 2020年4月29日
suckminesuck ありがとうございます! 待ってました。拘りのある方にぜひ、2000年代のSF史についてのまとめを記述いただきたく思っていたところです。別のまとめやnote等記事を作成いただければそちらにリンクを貼りますし、コメントにて簡易的にまとめていただける形でも大丈夫です。田中さんの思う「2000年代SF史」を、ぜひご教授下さい!
2
好き勝手に語りたいアライさん @karaisan123 2020年4月29日
あ、まるで個人指定のようになってしまいましたが、当然ながら冒頭に書いたように、「内容に補足や修正の必要を感じた」方は誰でも、チェックに留まらず補講の作成と提供を歓迎させて頂きます。コメント欄ですと可読性・参照性が低くなりますので、Togetterやnoteを利用しての別記事へのリンクという形式が見やすいかもしれません。SFオタの情熱、きちんと形にしていくべきだと思います。よろしくお願いします!
0
kisara @kisara50 2020年4月29日
これ大学の先生とかがゼミ生とか院生とか使って何年で何十人年と費やさないと無理だと思うよ。 それはそれとして虐殺機関てエポックな点あった?書評で期待して読んだらオチこれかよ言葉の影響の科学的解析定量化と大衆扇動の応用なんざハインラインが大昔に書いてるし人類を言葉や仕草やフェロモンに影響される決定論的機械として扱うならテッド・チャンの理解のがずっとエポックだわ、と思ったが。
2
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年4月29日
幼年期の終わりは、ステープルドンとかテイヤール・ド・シャルダンとか、オカルト・疑似科学っぽいもの混じってるのよね。クラークは工学系SFの代表作『楽園の泉』を挙げたいね。
1
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年4月29日
( ×H×)y-~~クラークなら宇宙のランデブーかな?オウムアムアの時は一瞬期待したしw
0
ジェロニモ @O62643774An 2020年4月30日
アークナイツを取り上げるなら歴史の方でもゲームを取り上げてほしかった。誰かゲームSF史をまとめてくれ(無責任)。個人的にゲームにおけるSFは内容がSFかどうか以外にも、ゲームという媒体を使って現実をハックしようとしているものも含まれると思う。MGSのサイコマンティス戦・ボクらの太陽・たまごっち・Ingress等々
0