編集可能 編集部イチオシ
2020年5月2日

深夜の騎兵向け鉄砲話

備忘録として
48
|日0☆TK @kyuumaruTK

nicovideo.jp/watch/sm354594… レンコンとか、記録を見てる限り「威力ねえ」とか「あたったんだかあたってないんだか」とか「ポン刀担いでったほうがナンボかマシ」とか「アメ公の拳銃最高」しか云われてねえけど機構的には高い整備性と合理的な構造など凄くメカとしては完成度高いのよね。

2020-05-01 23:45:29
|日0☆TK @kyuumaruTK

アメ公の拳銃最高」は割とホントに頻度がだな( なんか騎兵将校の間で私物で米国製のリボルバーを買って使うのが流行ったとか流行ってなかったとか。

2020-05-01 23:47:21
|日0☆TK @kyuumaruTK

信憑性とか聞くのはやめてくれ、個人の手記なんて資料的には価値があろうが、主観だらけで信頼性はおそらく低いんだから(Twitterといっしょや)

2020-05-01 23:49:03
|日0☆TK @kyuumaruTK

コレに関してはマジで低威力なのもだけど命中精度の話はあると思うの(

2020-05-01 23:50:23
なべね子提督 @carnival0013

>RT 弾がアレだったのかねこれ。

2020-05-01 23:47:24
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

@kyuumaruTK シングルアクションがあるので案外当たるのと何より弾が安い…

2020-05-01 23:59:00
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

ちなみに桑原式軽便も便利で流行った シングルアクションがあるんで本家の二十六年式よりあたるんだとか

2020-05-01 23:56:19
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

アメの拳銃で騎兵に人気があったのってあの当時だとなんだっけ? 海軍がスミスアンドウェッソンのNo.3を割と使ってたが…

2020-05-01 23:58:26
|日0☆TK @kyuumaruTK

S&W社のものという記述が割と多いので多分それだろうとは思う。

2020-05-02 03:40:43
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

それ二十六年式の前の下士官兵向けの支給品ぢゃ…? あるいはもう少し頑丈で威力のあるスコフィールド仕様かしら? スコフィールドなら使い出もいいだろうし頑丈で威力もある 難点はシングルアクションしかないことかな?

2020-05-02 09:15:11
|日0☆TK @kyuumaruTK

そもそも当時の拳銃がそこまで純粋に戦術的価値を求められてなかった説。

2020-05-01 23:51:31
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

そもそも論騎兵以外で拳銃って要求してないんですね、これが。 将校の周りには必ず小銃が居って、拳銃が要るシチュエーションはそれこそ脱走兵をその場で撃つとかあるいは(当時めったにない)塹壕での将校の護身くらいで 騎兵は別の需要があったようだが…

2020-05-02 00:01:14
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

二十六年式の前がスミスアンドウェッソンのNo.3 だったんだが、これの操作性にダブルアクションを組み合わせたいという需要があった ほんで二十六年式はスミスアンドウェッソンの上半分がそのままコピーされてる 下は当時のフランス騎兵の間で流行ってた拳銃のメカなんだ ファグナスっていうやつ twitter.com/kyuumaruTK/sta…

2020-05-02 00:06:41
|日0☆TK @kyuumaruTK

@C11katao ほー、今でいったらSIGとHkの合いの子みたいなノリか。

2020-05-02 00:07:46
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

@kyuumaruTK 実際そんな感はありますね ファグナスは制式にはならず、あくまでも流行りの銃だったみたいです シリンダが開かないやつでした pic.twitter.com/cv528CSqDq

2020-05-02 00:12:20
拡大
拡大
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

フランスで騎兵っていうと閣下じゃねとか思ってしまうんだが、もしかして閣下ファグナス持ってたんじゃ?

2020-05-02 00:07:33
|日0☆TK @kyuumaruTK

@C11katao 確かに拳銃の一丁や二丁くらい贈られてそうなもんだ。暇な時調べてみるか。

2020-05-02 00:09:06
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万文字】 @C11katao

@kyuumaruTK 多少は影響しそうです 実は二十六年式って『騎兵が要求した』以外何もわかってない銃なんですよ どうしてあんな構造になったのか興味はあるのです

2020-05-02 00:15:09
|日0☆TK @kyuumaruTK

@C11katao 本義的には本家のフランスと同じくサーベルチャージがしたかったのであろううとは思うが(道具などの形から入るのは別に間違いではない)当の本邦騎兵が機動機関砲兵に活路を見出してるしなぁ。

2020-05-02 00:19:07
|日0☆TK @kyuumaruTK

@C11katao サーベルチャージは状況次第かもしれんがリマソンって時代でもない。

2020-05-02 00:23:53
残りを読む(44)

コメント

ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2020年5月2日
騎兵用の銃と聞いて思い浮かぶのがモーゼルだけど本当に馬賊撃ちってあったのかな?
0
亜留間次郎 @aruma_zirou 2020年5月3日
騎兵の拳銃はサーベルより三倍遠くまで届く使用回数制限のある高性能サーベルの位置づけだったと思う。 フォレスト将軍と仲間は4丁持って乱れ打ちしてたし。
1
sotoyama @sotoyama0 2020年5月3日
軍隊射撃の基本は「いかに照準を合わせた銃口を動かさずに引き金を引くか」なのだが騎兵や馬賊の馬上射撃では不可能。日本軍の射撃経典に曰く「暗夜に霜の降る如く」引き金を引くことなどできるわけもなし、二脚の使用もできない。横山光輝の狼の星座で主人公がモーゼル拳銃を振り下ろしながら撃っていたがあれはあれで理にかなっている。クレー射撃とおなじで銃を動かしながら照準が合わさったところで引き金を思い切りよくガク引きする。
1
t.a @Vioviovio_ 2020年5月5日
17世紀の装甲騎兵がランスからホイールロック拳銃に持ち替えてからの伝統
0