香港の推理作家の話題+ミステリ風味の武侠小説

香港の推理作家と、 香港および台湾の武侠小説作家が書いたミステリ風味の武侠小説について。
3

香港の推理作家について

taipeimonochrome @taipeimonochrom

とはいえ、『台湾推理作家協會會訊2011』に収録されている陳浩基の短編「作家出道殺人事件」を昨晩より読書中。「アンタも傑作を書きたいならリアルで殺人をやらなきゃダメ」と担当編集者から唆されたボンクラ作家が……というブラックな話。

2011-06-16 18:12:50
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@taipeimonochrom おお、こんなのが出てたんですね。>『台湾推理作家協會會訊2011』

2011-06-16 19:12:07
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

中国(大陸)や台湾の推理小説は邦訳が出てるけど、香港の推理小説は未知。1956年から1958年ごろまで、江戸川乱歩香港の推理小説雑誌『藍皮書』を定期購読していたけど、結局そこから向こうの作品が翻訳されることはなかった。

2011-06-16 19:15:43
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

乱歩が50年前に定期購読していた香港のミステリ雑誌『藍皮書』には、日本の推理小説が東方儀なる人物によって無断翻訳・掲載されていて、たとえば鮎川哲也の「五つの時計」や「赤い密室」などが載っている。『宝石』から挿絵がそのまま転載されるようなこともあったとか。

2011-06-16 19:21:43
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

香港の広義のミステリ作家では、SFがおそらく本領の倪匡(げい きょう/ニー クアン)がいて、彼の作品は1作品だけ邦訳が出ている。『貓 -NINE LIVES-』(徳間文庫、1991年、「衛斯理(ウェイスリー)」名義)。 http://twitpic.com/5c9ukh

2011-06-16 19:29:06
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

で、先ほどtaipeiさんがツイートしていた香港の作家の陳浩基(チェン・ハオジー)は、この倪匡(げい きょう/ニー クアン)の名を冠した第10回倪匡SF賞(第十屆倪匡科幻獎)の受賞者でもある。ミステリだけでなくSFも書ける作家。 http://t.co/efYq7ls

2011-06-16 19:36:28
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

香港と言えば、第1回島田荘司推理小説賞の1次選考通過者・2010年の第1回中国星雲賞の長編賞の受賞者でもある譚剣(たんけん/タンジェン)も香港の作家。この人もミステリとSFを両方執筆する。(市場が狭いところだと、ジャンルの越境が容易に起こるとは島田先生の言)

2011-06-16 19:43:15
T. Hashimoto @biotit

@Colorless_Ideas そうそう、譚剣さんも倪匡賞(佳作)とってますよね。この方、震災の時にブログで「みんな日本のものに色々お世話になってるだろ。日本産AVに超お世話になってるだろ。今こそ借りを返す時だ」などと書きつつ募金してた記憶が。

2011-06-16 19:57:20
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@biotit あ、それは知りませんでした(受賞の件もブログの件も)。なかなかひどい書きようですね(苦笑)しかしありがたい。

2011-06-16 20:00:07
T. Hashimoto @biotit

@Colorless_Ideas 実にひどがたい?話です。/そして倪匡は邦訳がある人だったとは。全然知りませんでした。

2011-06-16 20:19:04
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@biotit 倪匡の邦訳があるというのは、武田雅哉・林久之『中国科学幻想文学館』で知りました。まあ、その邦訳はまだ読んでいないんですけれど(汗)

2011-06-16 20:21:57
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

あと香港ではこんなのもある。香港に住むスリランカ人 Nury Vittachi が英語で執筆している風水探偵シリーズ。 http://t.co/1lTF60R http://t.co/LCsephz このシリーズはフランス語訳も出ている。

2011-06-16 19:47:42
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

香港の著名なミステリ作家については、中国語だけど、こちらで紹介されている。 http://t.co/vcLolnZ http://t.co/okqVWri

2011-06-16 20:04:06
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

香港の推理小説雑誌『藍皮書』は今も刊行が続いているらしいんだけど、公式サイトなどが見つからない。

2011-06-16 21:14:59

武侠小説の作家に見られるミステリの影響

Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

香港の作家の話。邦訳が結構出ている武侠小説作家の金庸(きんよう)はアガサ・クリスティの熱心なファンで、彼が書く武侠小説には推理小説の技巧が使われているらしい。 参照: http://t.co/vcLolnZ

2011-06-16 21:20:04
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

推理小説の技巧が盛り込まれた金庸の作品として挙げられている3作品、どれも邦訳が出てるっぽいな。『射雕英雄伝』(しゃちょうえいゆうでん)、『倚天屠龍記』(いてんとりゅうき)、『秘曲 笑傲江湖』(ひきょく しょうごうこうこ)の3作。 http://t.co/vcLolnZ

2011-06-16 21:25:53
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

香港のSF作家・推理作家の倪匡(げい きょう/ニー クアン)は、好きな推理作家としてポー、程小青、孫了紅、夏樹静子を挙げている。 http://t.co/vcLolnZ

2011-06-16 21:29:20
めとろん @metolog71

金庸さんファンです!嬉しい。 RT @Colorless_Ideas: 香港の作家の話。邦訳が結構出ている武侠小説作家の金庸(きんよう)はアガサ・クリスティの熱心なファンで、彼が書く武侠小説には推理小説の技巧が使われているらしい。 参照: http://t.co/vcLolnZ

2011-06-16 21:37:23
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@metolog おお、金庸の作品読んだことありますか。私は読んだことないんですが、推理小説の技巧が使われてるなって感じました?

2011-06-16 21:39:58
めとろん @metolog71

感じませんでしたが\(^o^)/そうなのか〜…再読必要チェックチェック。 RT @Colorless_Ideas: @metolog おお、金庸の作品読んだことありますか。私は読んだことないんですが、推理小説の技巧が使われてるなって感じました?

2011-06-16 21:41:41
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@metolog 邦訳されている作品のあらすじを見てもミステリっぽさは皆無ですね\(^o^)/

2011-06-16 21:45:18
風のハルキゲニア @hkazano

@Colorless_Ideas むしろ古龍の方がミステリ的と感じましたね。

2011-06-16 21:49:57
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@hkazano おお、それは興味深い情報ですね。たとえばどの作品か、タイトルを挙げることって出来ますでしょうか。探してみたいと思います。

2011-06-16 22:00:21
残りを読む(20)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?