twitterで繋ぐ物語「#僕の緊急事態宣言」一気読み用まとめ

2020年4月~5月にかけて、7人の作家さんによるツイッター上でリレー連載された #僕の緊急事態宣言 の一気読み用ページです。
StayHome twitterで繋ぐ物語 リレー連載 朗読劇
0
高石明彦 @GonGon16
週末から何かやろうと考えて、同じ年の脚本家の矢島弘一くん @mahalo512 と話して、ツイッターでリレー形式で書いてみようとなりました。素敵な作家さんたち5名が賛同してくださり、1日交代で書いていきます。タイトルは #僕の緊急事態宣言 です。どんな物語になるか想像つきません。
高石明彦 @GonGon16
#僕の緊急事態宣言 40男が占いで、あなたは奇跡が起こせる!と言われる。それだけしか決まっていませんので、そこからどんな物語が展開されるのか! 執筆者は @stnkfilm @yoshitatsu68 @mikimobilephone @annyamada @halepau_hana @mahalo512 と私です。個性豊かな脚本家がリレーしながら作る物語。
水野美紀 @mikimobilephone
#僕の緊急事態宣言 ツイッターで繋ぐドラマ。 ① 高石明彦 @GonGon16 ② 田中眞一 @stnkfilm ③ 矢島弘一 @mahalo512 ④ 水野美紀 @mikimobilephone ⑤ 山田能龍 @yoshitatsu68 ⑥ ブラジリィー・アン山田 @annyamada ⑦話 清水友佳子 @halepau_hana 4月10日〜5月5日まで。 繰り返し繋ぎます。
高石明彦 @GonGon16
#僕の緊急事態宣言 1話 とある敷地(昼) チーンと呼び鈴がなる。唇と唇が重なる。カメラが引いていくとヤンキー夫婦。場所は市役所の中。 男の声「あのー。呼びました?」 と、戸籍課から声をかけたのは樺島二郎(40)。 男「何見てんだよ!エロい鼻しやがって」 二郎「え、鼻?」 女「やめて!」
高石明彦 @GonGon16
女、男の手をお腹にあて 女「この子に悪影響」 男「あぁ」 女「あの、これお願いします」 と二郎に婚姻届を渡す。 二郎「おめでとうございます。少々お待ち下さい」 と書類に目を通しつつ鼻を触る。目の前で二人がイチャつく。 二郎「・・・」 道(夕方) 大きなリュックと箱を抱えた佐伯剛士(40)
高石明彦 @GonGon16
薬局の先で急に立ち止まる 剛士「ここだ」 薬局 『トイレットペーパー入荷!』の文字。が、2枚重ねは売切。残りはシングルロール二つ。 二郎、買おうか迷っていると、子供が来て「ママあった!」と二つ取っていく。 二郎「・・・」 道 バッグを下ろす剛士。箱がテーブルになる。バックの中から、
高石明彦 @GonGon16
マントと「直感占い」と書かれた提灯が。紙を出しマジックで「1000円で未来がわかる」と書く。サングラスをかけ、マスクを着用し座る。そこへ、トイレットペーパーを抱えた親子が来る 子供「占いやりたーい」 剛士「どうぞー」 ママ「いえ、結構です。(子供に)ママね、いい思いしたことないの」
高石明彦 @GonGon16
子供「え?おじさん、超嘘つきとか?」 剛士「いーや。おじさん、今日が初めてなんだよ」 親子「・・・」 親子、去る。 剛士「・・・」 薬局〜道 カップ麺を購入。精算して表に出る。目先でマントを着た男がヤンキー夫婦に絡まれている。 二郎「ん?あれ昼間の」 次の瞬間。妻が夫に飛び蹴りをかます
高石明彦 @GonGon16
吹っ飛ぶ夫。マントの男も吹っ飛ぶ。 「おら来い!」と妻が夫の手を引き、去る。 二郎「・・・」 と、剛士と目が合う。気まづい。提灯「直感占い」とある。二郎、目を背けるが 剛士「あの!」 二郎「はい」 剛士「あの夫婦デキ婚ですよね。今日入籍とか」 二郎「え!?なんで?」 剛士「直感です」
高石明彦 @GonGon16
二郎「・・・気持ち悪いな」 去ろうとするとが 剛士「あの!!どうですか?」 二郎「え?」 剛士「助けてくれたお礼に!タダで!」 二郎「何もしてな」 剛士「(遮り)あなたを!最初のお客さんにしたい!」 二郎「・・・」 × × × 何もないテーブルを挟み見つめ合う二人。 剛士「近いです。離れて」
高石明彦 @GonGon16
二郎、離れる。剛士、目を閉じて俯く。 二郎「・・・」 と、剛士、目を見開き 剛士「やばい!」 二郎「え?」 剛士「緊急事態だ!仕事は公務員?」 二郎「ええ」 剛士「ヤンキー夫婦の婚姻届受けたでしょ!」 二郎「なんで!?」 剛士「直感です!いや、奇跡だ!あなたは奇跡が起こせる!救世主だ!」
高石明彦 @GonGon16
二郎「はあー?」 二郎の部屋 整理された1DKのアパート。室内にパンツと靴下が干されている。 テレビ画面『総理、まもなく緊急会見』とテロップ。 カップ麺を啜る二郎。 × × × フラッシュ 剛士「やばい!緊急事態だ!」 × × × 首を傾げ、再びカップ麺を啜る。 二郎「ん?あれ?あー!腹痛い!」
高石明彦 @GonGon16
同・トイレ 要を達し健やかな気持ちに。が、 二郎「あ!」 紙がない。が、取り急ぎ流す。 同・部屋 テレビの光が煌々と。 総理「本日より緊急事態宣言を発出致します」 同・トイレ お尻とお尻がくっつくのが嫌で立ったり座ったりの二郎 黒落ち タイトル「僕の緊急事態宣言」 @stnkfilm へつづく!
田中眞一 @stnkfilm
#僕の緊急事態宣言 2話 街頭ビジョン(夜) 総理の会見。緊急事態宣言について。 × × × 何人かが立ち止まって街頭ビジョンを見上げている。その中に大きなリュックと箱を抱えた剛士もいる。 剛士「ついに始まったな……」 意味深に呟き去っていく。 二郎の部屋・トイレ 二郎、頭を抱えている。
田中眞一 @stnkfilm
二郎「あ〜どうする?もう手で拭く?……でもなぁ……」 ハッとして 二郎「部屋のティッシュ!」 二郎の部屋 下半身丸出しのへっぴり腰でトイレを出て部屋に向かう。 玄関チャイムがピンポーン。 二郎「!」 無視するが、再度ピンポーン。 二郎「……」 またピンポーン。しつこい。仕方なく玄関に。
田中眞一 @stnkfilm
二郎「はい」 ドアを少し開けるが誰もいない。 二郎「あれ?」 声「こんにちは」 二郎、顔だけ外に出す。 離れた所に石原久美(28)がいる。 二郎の部屋表 久美「隣に引っ越してきた石原です。ご挨拶に」 二郎「……」 二人の間の妙な距離。 久美「これ」 久美、菓子折を二人の中間の床に置く。
田中眞一 @stnkfilm
二郎「え?……あ、ソーシャルディスタンス?」 久美「こんな時に引っ越しなんて非常識ですよね」 二郎「はい?」 久美「でも仕方ないんです。転職決まって前住んでた所も引き払ったし」 二郎「……」 久美「出社できないままクビかもだけど」 二郎「あの、そんな悪く考えないで」 久美「すみません」
田中眞一 @stnkfilm
二郎「わかります、みんな不安ですから」 室内から見た二郎の後姿。下半身丸出しで久美を慰めている。滑稽。 駅前通り(日替り・朝) 通勤中の二郎。周りに通勤者たち。 地下鉄 満員ではないが、混み合う車内。皆マスクを着用。二郎もいて。 市役所・エントランス 二郎が来る。後輩が追いつく。
田中眞一 @stnkfilm
後輩「おはようございます」 二郎「おはよう」 後輩「地下鉄、相変わらず混んでましたね」 二郎「それでもいつもよりかはマシだよ」 後輩「うちはテレワークになんないんですかね」 同・戸籍課 二郎と後輩が来る。 後輩「こんな時に婚姻届持ってくる人もいないでしょ」 二郎「昨日いたよ」
田中眞一 @stnkfilm
後輩「あ〜、ヤンキー夫婦でしょ」 二郎、思わず鼻を触る。 後輩「イチャイチャしてんの見ましたよ。濃厚接触にもほどがありますよ」 二郎「……」 ヤンキー夫婦の部屋 ごちゃごちゃと物が多い1Kのアパート。 夫、成田明夫(23)と妻、翔子(21)が朝食をとっている。 明夫は工場の作業着姿。
田中眞一 @stnkfilm
明夫「遂に俺たちも夫婦だな」 翔子「そうね」 明夫「十四で付き合ってここまで来るとはな」 翔子「明夫がマジメになってくれたから」 棚の上に飾られた写真。特攻服姿の明夫と翔子。 明夫「絶対お前を幸せにすっからよ」 翔子「この子のためにも頑張って」 翔子、お腹をさする。 翔子「あ、動いた!」
田中眞一 @stnkfilm
明夫「マジか!?」 明夫、翔子のお腹を触る。と、ドアをノックする音。 明夫「誰だよ、こんな朝っぱらから」 明夫が応対に出る。玄関ドアを開ける。 明夫「はい」 表に黒スーツの男が二人立っている。 明夫「誰?」 黒スーツ1が明夫を乱暴に押しのける。 明夫「いて!」 黒スーツ1が室内を見る。
田中眞一 @stnkfilm
翔子「なんなの?」 明夫「なんだよ、お前ら!」 明夫が黒スーツ1の胸ぐらを掴む。が、逆に胸ぐらを掴み返される。 明夫の体が持ち上がる。足が宙に浮く。 明夫「(首が締まって)ヴッ……ヴヴヴ……」 黒スーツ2が土足で室内に入る。 翔子の前に立つ。 翔子「(恐怖)……」 @mahalo512につづく
矢島弘一 @mahalo512
#僕の緊急事態宣言 3話 ◯明夫と翔子家 宙に浮く明夫。苦しみながらも黒スーツ男のサングラスの奥を見つめる「!?」 × × × 明夫と翔子の過去。 特攻服を着ている二人。明夫に連なる威勢のいい若い衆。明夫の前にはロープでぐるぐる巻きにされた船橋出身の山川兄弟がいる・・・
矢島弘一 @mahalo512
明夫「お前か?俺の女に手を出したのは?」 山川兄「ち、ちげーよ!」 明夫「じゃ、弟の方か?」 山川弟「だからちげーよ!そんな女知らねーよ!そもそもタイプじゃねーんだよ!」 明夫「おい弟!舐めた口聞いてんじゃねーぞ!」 と腹を蹴る明夫 山川弟「うぅぅぅぅ」 山川兄「俺たちは知らねって!」
残りを読む(258)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする