mariari_botログ

マリアリの日に呟いた内容のログ
ログ
2
マリアリBOT @mariari_bot
魔「やっと見つけたぜ!」幽「…あら、また騒がしいのが来たものね。何か用?」魔「お前の持ってるその青いバラ、こっちに寄こしてもらうぜ」幽「…これは人為的に生まれた可哀想な子。渡してあげてもいいけれど、この子の代わりにあなたに泣いてもらうわよ」
マリアリBOT @mariari_bot
魔「私が勝ったからには貰っていくぜ」幽「どうぞ。アリスに渡すんでしょ?」魔「お前には関係ない事だぜ」幽「それよりあのおチビさんの館に植えてもうらうといいわ。その方がその子も喜ぶし。その代わり、貴方にはこれをあげる」魔「なんだこりゃ?バラの葉っぱじゃないか。相変わらず変な奴だぜ…」
マリアリBOT @mariari_bot
咲「…ふうん、話は分かったわ。手伝うのは構わないけど…私はお嬢様に仕える立場なんだから薔薇の下って訳にはいかないわよ?」魔「??ああ、別にバラの下じゃなくても、地下でもどこでも構わないぜ」咲「薔薇の下っていうのはそうじゃなくて…まあいいわ。それじゃ今夜待ってるわよ」
マリアリBOT @mariari_bot
「なあ、このまま紅魔館のバラ園に行かないか?バラがキレイに咲いたらしいぜ」「これからだと時間が遅くない?雲行きも怪しいし、明日でも…」「いいからいいから。ほら、行こうぜ」「どうしたの?いつもの事だけど、今日はいつにも増して強引じゃない」「そんなことないぜ。ほら、見えてきた」
マリアリBOT @mariari_bot
【お知らせ】魔「何回もごめんな、私だぜ!えーと、『縦縞よこ屋様より“マリアリの日企画”を立てて頂きました。#pixiv http://t.co/bjnkhOX』 だから、もし何か絵を描いたりしてくれる時は、参加してくれたら嬉しいぜ」
マリアリBOT @mariari_bot
「すごいバラの数ね。ほら見て、魔理沙。バラで花壇が七色に分かれてるの!青いバラなんて初めて…」「ああ、私が頼んで植えてもらったんだ」「ここは蕾が多いけど…あ、次の人形はバラをモチーフにしようかしら。何かいい名前…」「なあ、アリス?」「ん?なに、魔理沙?」「結婚しよう」
マリアリBOT @mariari_bot
「結婚しよう」「そうね、結婚人ぎ……ええええええ!?」「なんだ、その鳩が豆鉄砲くらったような顔は」「だ、だって魔理沙そんなそぶり全然…」「見せなくちゃいけないって決まりはないぜ」「そ、それに種族だって…」「私が将来“種族、魔法使い”になるかもしれないじゃないか」
マリアリBOT @mariari_bot
「で、でも…私アリスだから魔理沙のファミリーネームだと変だったりしない?」「それは私がマーガトロイドになればって大丈夫かアリス?だんだんおかしな思考になってきてるぜ」「魔理沙がいきなりそんなこと言い出すから!……ん、雨?」「とにかく、そこの部屋で雨宿りさせてもらおうぜ」
マリアリBOT @mariari_bot
「通り雨だったみたいだな。もう止んでるぜ」「…どうして紅魔館に礼拝堂が?」「どうせレミリアの気紛れだろ。ほら、服脱いで」「…脱ぐの?」「びしょ濡れだろ?」「こ、こっち見ないでよ」「そう言われると…いつもは脱ぐところなんて見れな…いてっ!はいはい、わかったよ。見なきゃいいんだろ」
マリアリBOT @mariari_bot
「見て魔理沙、月が欠け始めてる…」「今日は月食だったのか。綺麗な月だな」「…えっ…魔理沙…それ、どっちの…」「なんだ、今日は言ってくれないのか?“本当、月が綺麗ね”ってな」「…大好きよ、魔理沙」「私も大好きだぜ、アリス」
マリアリBOT @mariari_bot
咲夜「魔理沙もアリスもすっかり眠ってしまったみたいね。続きはまた明日…日が昇り、お嬢様がお目覚めになる少し前に…」
マリアリBOT @mariari_bot
【6/16はマリアリの日】ア「ねぇ、魔理沙。一歩だけこっちに来てくれる?」魔「なんだアリス?」ア「魔理沙の日(5/16)から一歩、私の日(7/16)から一歩、二人の真ん中だから…今日6/16は二人の日ね」
マリアリBOT @mariari_bot
咲「よくもまあ人の家で、しかも下着姿で寝ようと思うものね。はい毛布」魔「お、サンキュー。それより…」咲「預かったドレスは準備してあるわよ」魔「そうじゃなくて」咲「…じゃあ何よ」魔「あんまり見るなよ…アリスが減ったらどうするんだ?」咲「はいはい。じゃあ邪魔者はこの辺で退散するわ」
マリアリBOT @mariari_bot
「おはよう、アリス」「…あ、魔理沙…私まさかあのまま寝ちゃったの!?やだ…こんな恰好で…」「服も乾いたぜ。…そんなことより、返事を貰ってないんだがな」「..魔理沙のことは大好きよ。けど...」「そこまでだ。アリスの不安は全部私が盗んで図書館にでも捨ててくるぜ」
マリアリBOT @mariari_bot
「種族も寿命も約束は出来ないけど、絶対にアリスを泣かせたりしない。だから、私が好きなら頷いて幸せな花嫁になればいい」「魔理沙...」「結婚してくれるよな」「...うん、魔理沙。幸せにしてね」「当たり前だ。不安も寂しさも感じる暇がないくらい、幸せにしてやるぜ。だから泣くなよ…な?」
マリアリBOT @mariari_bot
「……」「……ねぇ、魔理沙。あの…誓いのキス……」「ああ、悪い悪い。…これで名実ともにアリスが私のものになったと思って…どうしたんだ?赤い顔して」「……催促しちゃったじゃない…やだ、恥ずかしい…///」「…なあ、アリス。それがどんな破壊力かわかってやってるのか?」「…え?」
マリアリBOT @mariari_bot
「雨も止んだし、帰らないとね」「何言ってるんだ?今日はこのまま結婚式だぜ」「…はい?」「だから、結婚式。でも誓いの言葉は先にやっちまうか」「それって、神父や神主の前で神様に誓うものじゃないの?」「ここは幻想郷だぜ?ロクな神様がいないんだからアリスに誓う方がいいと私は思うがね」
マリアリBOT @mariari_bot
「来いよアリス。そして耳を貸せ」「う、うん…」「アリス………。ほら、アリスは?」「私も魔理沙を…………」「ああ、そうだ。ちゃんと後から神様の前でも誓うから、ちょっと待ってるといいぜ」「?誰と話してるの?」「大きな独り言だぜ」
マリアリBOT @mariari_bot
射命丸「号外ー!号外ー!!魔理沙さんとアリスさんが本日21時より紅魔館にて挙式ですよー!!あやややや?そこにいるのはえーと…あ、あなたの分も招待状預かってますよ。式が始まると鍵がしまってしまいますのでご注意を!では、私は仕事が残ってますので…!!号外ー!号外ー!!」
マリアリBOT @mariari_bot
「それより、今日が結婚式ってドレスはどうするのよ」「神綺が用意してたのを預かってきた。式場はここ、紅魔館。連絡は...まあ射命丸にでも頼めばいいだろ」「随分用意周到ね…断られたらどうしたのよ」「そんなこともちろん考えてなかったぜ」
マリアリBOT @mariari_bot
咲「よろしいんですか、お嬢様。礼拝堂なんて開放してしまって」レ「何を言ってるの、咲夜。あそこは十字架が貼り付いたオルガン置き場」咲「なんですか、それ」レ「鈍いわねぇ、咲夜。そんなんじゃ、私のメイドは務まらないよ。雨が降るのも運命なら、オルガン置き場で愛を誓うのも運命なのよ」
マリアリBOT @mariari_bot
「魔理沙が大きい…」「ああ、私のサイズにあうタキシードがないから永遠亭で一時的に成長する薬を…ってどこ見てるんだよ」「いずれは私より大きくなるのね…」「身長の話…だよな?」
マリアリBOT @mariari_bot
「…どうしたの魔理沙?顔真っ赤よ」「いや…別に…」「それより、ありがとう。こんな綺麗なドレスで魔理沙の…お、…お嫁さんになれるなんて、思ってもみなかったから」「それはこっちのセリフ。あと…その…」「ん?なあに?」「き、綺麗だぜ…///」「あ、ありがとう…///」
マリアリBOT @mariari_bot
早「参列者の皆さんもう席には着かれましたか?では、魔理沙さんとアリスさんの結婚式を始めさせて頂きますね。今回は人前式ということで…僭越ながら、私が立会人として今回の結婚式を取り仕切らせて頂きます。」
マリアリBOT @mariari_bot
早「ちなみに今回の結婚式は射命丸さんの協力で招待状が行きわたったということで、射命丸さんの独占取材とさせて頂いてます。式が終われば鍵は外れますので、宜しくご了承お願いしますね」
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする