仕事も行き場もなくマニラに吹き溜まるクルーズ船

まとめました。
4
リンク ロイター.co.jp 1 目的地なき航海 クルーを乗せたままの豪華なクルーズ船が群れを成して洋上に停泊する事態に
ロイター @ReutersJapan
この数週間、フィリピンのマニラ湾は世界最大の「駐船場」になっている。停泊しているのはクルーズ船で、客は一人も乗っていない。 クルーズ船運営会社は、数百人のクルーを乗せたまま巨大な客船を停泊できる場所を世界中に確保しつつある。 pic.twitter.com/ncD3xRKQWQ
拡大
ロイター @ReutersJapan
フィリピンの首都マニラの沖合には現在、合計200万トンにもなる20以上の客船が群れを成して投錨している。客船には総勢5300人以上のフィリピン人スタッフが乗ったまま。再びクルーズ船での仕事にありつけるかわからない中で、新型コロナウイルス制限措置の隔離期間が終わるのを待っている。
ロイター @ReutersJapan
航海中なら自分が掃除する部屋で寝泊まりしているマイケルさんは、「みんなそれぞれスイートルームをあてがわれているんだ。まるでお客さんになったみたいだよ」とおどけてみせた。「ここにいる方が安全だと感じる。清潔さと衛生において、クルーズ船の基準は高い」
ロイター @ReutersJapan
船舶の位置を追跡する「マリントラフィック」のデータを見ると、5月8日の時点で378隻のクルーズ船が確認できる。移動中の客船もあるが、多くはカリブ海、地中海、大西洋や南シナ海に集団で停泊している。 pic.twitter.com/idiiSkB6kE
拡大
ロイター @ReutersJapan
記事全文・グラフィックスはこちら→ ◆目的地なき航海◆ クルーを乗せたままの豪華なクルーズ船が群れを成して洋上に停泊する事態に graphics.reuters.com/HEALTH-CORONAR…

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?