2020年5月22日

Dürer & 測距儀 開眼02a6 列車内風景と光行差

Dürer & 測距儀 開眼02a5 光基準の世界 https://togetter.com/li/1520088
0
timekagura @timekagura

さて、前回の時空の絵図には ちょっとした間違い・誤魔化しがある

2020-05-22 09:58:19
timekagura @timekagura

時空図では 測量士観察者の位置と 大木根元(たいぼくねもと)が 別々の位置だけど 時空図をちゃんと読めば

2020-05-22 09:58:58
timekagura @timekagura

時刻0の現在平面の 1次元空間なら 数直線原点の0位置 2次元空間なら 現在平面の原点(0,0) が 時刻マイナス1の過去光円錐底面に 時間経過とともに重なるから 空間移動してない つまり 同じ場所の時間軸移動だけ

2020-05-22 09:59:21
timekagura @timekagura

初期設定の 三角測量してる測量士と 大木根元までの距離1が 消えてる そこで時空図 絵図を さらに修正して描こう

2020-05-22 09:59:39
timekagura @timekagura

大木根元の地面を掘って 穴の下から見上げる感じにする 観察者は  大木根元(たいぼくねもと)と  大木天辺(たいぼくてっぺん)を  同じ方向に 見る

2020-05-22 10:00:52
timekagura @timekagura

踏切ど真ん中に立って やって来る列車や 去っていく列車を 遠近法で描かれた線路レール2本 の上に イメージする感じで 大木根元と大木天辺を見る

2020-05-22 10:01:07
timekagura @timekagura

愛媛 伊予鉄道 横河原線  平井駅の松山市駅方面側の踏切  この踏切 真ん中に立って 写真左側の線路レール 松山市駅方向と 写真右側の線路レール 横河原駅方向を 見つめよう

2020-05-22 10:02:24
timekagura @timekagura

横河原駅方向の線路レール 写真中央に見えるのが平井駅 pic.twitter.com/3Fpit35PDi

2020-05-22 10:08:34
拡大
timekagura @timekagura

実際の線路踏切は点じゃないけど ここでは 数直線の0位置と簡易化して  絵図を描こう

2020-05-22 10:09:54
timekagura @timekagura

数直線より もっと素朴な 無限性の直線概念に 点で触れた位置を 数直線の0位置にして それ以外の 1とか2とか の位置が まだ設定されていない 0の位置だけある 数直線の元型 描いた

2020-05-22 10:10:49
timekagura @timekagura

絵図の左側 松山市駅から やって来る 列車を描いた 展望車~客車~先頭車 実際の列車は  2輌編成とか  4輌編成だったと 記憶してるけど まずは やって来る列車じゃなくて いい 停(と)まってる列車で いい

2020-05-22 10:11:40
timekagura @timekagura

観察者の位置が 数直線の0位置 Real のRと呼称し直そう 絵図では一番左側の列車後端を D 大過去のD フランス語の文法にあったと思う もう忘れた 列車先端を K 過去のK  数直線に  D位置 K位置 R位置 描いた

2020-05-22 10:12:43
timekagura @timekagura

時刻 t=0 の 数直線空間の存在風景 踏切Rの位置に立ってる観察者は まだ知らない時刻0の風景 数百光年離れたベテルギウスの 今の状態 地球では まだ今の状態情報 届いてないから わからないけど 数学者なら 超越的に  時刻0 数直線空間を宣言で描ける

2020-05-22 10:13:49
残りを読む(32)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?