検察庁法改正案/検察官定年延長問題(更新中)

空 [ku] の関係ツイートです。更新していきます。
国家公務員法等改正案 国家公務員法改正案 話題 検察庁法改正案 定年延長 政治 黒川検事長
1
空 [ku] @genheiei
明確に公務員バッシングに乗っかる方向に舵を切って難局を切り抜けようというのか。そもそも「雇用環境の悪化」と定年年齢を関連付けるのは世代間対立を煽るだけの的外し。しかも、2022年度から2年おき1歳ずつの引き上げであり過度な関連付け。 mainichi.jp/articles/20200…
空 [ku] @genheiei
黒川氏の定年延長に始まる一連の経過の敗者は人事院であるとも言える。答弁訂正を含め解釈変更ストーリーも解釈変更そのものも呑まされ、国家公務員法改正案は先送りにされかつ廃案・見直しの可能性が出てきて、黒川氏の処分は指針を無視された。本来内閣と緊張関係にある強力な機関が軽視されている。
空 [ku] @genheiei
そして、訓告は官邸と法務省・検察の攻防の落としどころだった可能性もある。懲戒にすると総理の責任がより追及されやすいと同時に検事総長の監督責任も問われやすくなる。官邸が支持率低下リスクの方を重く見て一旦矛を収めたとも、法務省・検察が人事介入を防いだとも考え得る。あくまでも仮説だが。
空 [ku] @genheiei
訓告もその理由もおかしいが、話題が「訓告」そして「テンピン」へと拡散するのは政権にとって好都合の側面がある。「身内に甘い」は言われ慣れているし。同時に、焦点を国家公務員法改正案本体にずらし、公務員バッシングに着火する。こちらは検察官定年延長規定反対の人でも意見が割れるし。
空 [ku] @genheiei
3年前から月1、2回(法務省調査。朝日調査では2、3回)かつ集まった際に翌月の日程を決めていた(朝日調査)。常習性を認定するに十分。また、刑法を参考にすることに偏り、特定の新聞記者・社員との継続的かつ密接な関係が考慮されているように見えないのは不可解。 news.yahoo.co.jp/articles/13aa7…
空 [ku] @genheiei
うがった見方では、黒川氏に重い処分を課すと総理の任命責任がより問われるので回避した。あるいは、官邸が検事総長辞職を求めているとの一部報道と黒川氏の後任は林名古屋高検検事長が有力という状況を考え合わせると法務省・検察が検事総長の監督責任がより問われる厳しい処分を回避して押し返した。
空 [ku] @genheiei
山尾議員「黒川さんが、特定の記者と賭けマージャンを継続したと認めているのに、なぜ懲戒処分ではなく訓告なのか?」まさにその通り。レートは刑事責任の軽重判断では要素になるが、処分に関しては検察幹部が特定の新聞記者・社員と継続的に賭けマージャンをしていた事実に基づくべき。
空 [ku] @genheiei
政府・与党が新型コロナによる雇用環境の変化を理由に国家公務員法等改正案の廃案に動いた場合、 #検察庁法改正案に抗議します に対して「国家公務員の定年引き上げに反対するのか?」(実際はしばしば誤って「定年延長」と言っていた)と非難、嘲笑していた人達はどうするのだろうか。
空 [ku] @genheiei
コロナ対応でも行革で対処能力が低下していたことが影響したが、どの分野でも公務員数が抑えられ又は減らされるのであれば尚更60歳以上の職員の力が必要(本来は60歳以上を含め純増にしていくべきだが)。一律現金給付でも公務員が槍玉に上がったが、公務員バッシングを活性化させるのは有害だ。
空 [ku] @genheiei
どんどんおかしな方向に行く。国家公務員の定年引き上げ自体は必要な政策で「公務員優遇」とは違うし、一部からバッシングが出ている60歳以上は7割の給与というのも民間に範を示す意義がある。そもそも、状況変化を理由にするなら審議を急いだことと矛盾する。 news.yahoo.co.jp/articles/f9591…
空 [ku] @genheiei
考えられるシナリオの一つは、国家公務員法改正案本体に手を入れ、その陰で検察官定年・役職定年延長規定をなかったことにする。国公法改正案の見直しで公務員労組を困らせ野党が批判したら公務員バッシングを起動させ野党・労組を叩かせる。 twitter.com/tsuda/status/1…
空 [ku] @genheiei
官邸と法務省の危機管理能力も疑問だ。より詳しい情報が出てくれば処分の甘さが批判されることは明白なのに、文春記事の5月2回分だけの認定で訓告にして黒川氏を退職させ、国家公務員法等改正案の見直しを示唆して焦点をずらすことで幕が引ける訳がない。
空 [ku] @genheiei
産経は自ら積極的に公表するのではなく明らかに流れを見ながら出す情報を選択しているよね。未だに黒川氏のことを「取材対象者」と匿名にし、わざわざ「取材源秘匿の原則は守りつつ」と繰り返す。「数年前から複数回」とぼやかした言い方。 news.yahoo.co.jp/articles/c5e08…
空 [ku] @genheiei
仮にも検察の内部調査なのだから、「この2回以外にあるのか?」「いつからか?」「どのくらいのペースか?」は最低限聞いてしかるべきだよね。法務大臣も総理も「5月の2回は事実か、なるほど」で了とするのはおかしいよね。
空 [ku] @genheiei
同じ面子で緊急事態宣言下であと2回、3年間で月2、3回ペースで賭けマージャン。翌月の日程を決めるという継続的、体系的なもの。賭けはもちろん、法務省・検察幹部と新聞記者・社員の関係としても問題は大きい。5月の2回のみ認定での訓告は軽すぎる。ところで産経はどうした? news.yahoo.co.jp/articles/5501e…
空 [ku] @genheiei
検察官の定年・役職定年延長規定を削除する場合、国家公務員法改正案の主要部分に不必要に手を付けて法案修正又は再提出の大義名分とすることが十分想定できるということが総理発言から読み取れる。国公法改正案本体に対し一部から上がり、世耕氏も乗った公務員バッシングが動員される可能性がある。
空 [ku] @genheiei
「法務省が提案」ストーリーで逃げるつもりだし、検察庁法改正案について問われてまたも公務員制度改革に話をすり替えている。世耕参院幹事長の論点すり替え発言が結果的に前フリに。同時に、国家公務員法等改正案を見直すという建前で検察庁法改正案を見直すことはあり得る。 news.yahoo.co.jp/articles/256bd…
空 [ku] @genheiei
もちろん、黒川氏がギャンブル依存症かどうか、それがどう影響したかは定年延長や検察庁法改正案の問題とは別の問題である。
空 [ku] @genheiei
黒川氏がギャンブル依存症ではないかということは、自身がマークされる状況と新型コロナ感染防止が求められる時期であり立場である状況が重なっても短期に二度も卓を囲んでいたことから感じていた。同氏の麻雀好きは有名だったそうだから同僚も記者もイネーブラーだと言える。 news.yahoo.co.jp/articles/9bbd3…
空 [ku] @genheiei
黒川氏が退いても、同氏の定年延長を正当化した解釈変更を取り消し、延長が違法だったことを確認すること。検察庁法改正案は撤回し、定年・役職定年延長規定を削除し国家公務員法の延長規定の不適用を保証として明記した上で再提出すること。ここまでがワンセット。
空 [ku] @genheiei
訓告?最低でも退職金の支払いは保留して調査を継続した上で改めて処分について判断すべき。 news.yahoo.co.jp/articles/c826c…
空 [ku] @genheiei
「検事総長の監督責任」は筋が通るが「黒川検事長の定年延長は法務省が提案」というストーリーとの整合性が取れ「検察の人事案を尊重している」というアリバイにもなる。同時に、刑事責任を問われ得る不祥事を検察庁高官が起こしたことで官邸が人事に手を突っ込みやすくなる。 news.yahoo.co.jp/articles/c4cf3…
空 [ku] @genheiei
それにしても、マージャンで感染リスクを負い、違法な賭けマージャンをし、そして記者と親密に交遊するような検察幹部が「余人を以て代えがたい」人物であるのならば深刻なことだよね。状況的にマークされることは容易に想像できるのに出掛けた判断力もおかしいよね。
空 [ku] @genheiei
黒川検事長が辞職となった場合、安倍政権は同氏を検事総長にさせられないが、検事総長任命で生じる難局を回避でき、検察庁法改正案の扱いについても選択肢ができるという偶発的メリットは得られる。また、辞職で同氏の定年延長と解釈変更の問題に蓋をしようとするだろう。
空 [ku] @genheiei
総理のダメージを小さく見せ、黒川検事長定年延長も検察庁法改正案の定年延長規定も「法務省提案」だとするストーリーを既成事実化させる狙い。束ね法案にし野党の検察庁法分離要求を蹴ったのは政府・与党なのに国公法改正案を人質にして矛先を野党に向けさせる思惑も見える。 news.yahoo.co.jp/articles/d9be5…
残りを読む(46)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする