【MagicaVoxel】マイク(スタンド)作成に関する個人的まとめ(+α)

平沢進がライブで使用したマイクスタンドを、MagicaVoxelでモデリング+Sketchfabへアップロードした時の試行錯誤を、面白みのない個人的な備忘録兼ねてまとめてみました。 わからない単語とかはそのままスルーしてね! 再現性は低いと思いねぇ…! ※時系列が若干前後します。
1

MagicaVoxelとは、ボクセルモデル(簡単に言うと、ドット絵の立体版…Minecraftみたいな感じ)を作成出来るフリーソフトです。
https://ephtracy.github.io/ (英語)

えのたけ @Enotaken

わかる人にはわかるものを作って見るテスト(試作) pic.twitter.com/q9WYxjYp2v

2020-05-20 23:13:41
拡大
えのたけ @Enotaken

レンダリングテスト。 実際はもっとキレイに発光してるんだけどねぇ…MagicaVoxelだとコレくらいの感じになる。 Emission値が低いと、Ldrの効果がわかりやすい気がした。 pic.twitter.com/1gxAZamyjv

2020-05-20 23:25:14
拡大
えのたけ @Enotaken

ステンというかアルミ系の質感にするのが難しい(値調整的に)

2020-05-20 23:26:31
えのたけ @Enotaken

@Enotaken Glassを表面に噛ませてTR shadowでももいいかもしれないな…

2020-05-20 23:41:51

※Emission…特性の色のボクセルを発光させる。
※Glass…ガラスのように透明にする。

えのたけ @Enotaken

@Enotaken Emission+Glassの組み合わせは、別のやつでもやってたから、大体のイメージはつく。 あとはMetal値のバランスよな… 鏡面仕上げというか、そんな感じが上手く出せるか

2020-05-20 23:44:38
えのたけ @Enotaken

@Enotaken メモ:表面1段削って、濃いめの色でGlass用のボクセル打つ→TR shadow適用でレンダリング

2020-05-20 23:50:29
えのたけ @Enotaken

昨夜のメモを実行。 コレくらいの感じだろうかねぇ… pic.twitter.com/dZMjMfjMZz

2020-05-21 09:39:47
拡大
拡大
えのたけ @Enotaken

ダイレクトにEmission光らせるより、TR-ShadowかけたGlassボクセル噛ませてやると、だいぶ強さを抑えられる気がしてる。

2020-05-21 09:47:40

※Metal…金属質な表面処理にする。

えのたけ @Enotaken

問題はMetal値だよなぁ… めっちゃ鏡面状態だし、強くするとわかりにくいしで… (レーザーハープのほうがまだ表面処理に関しては楽そうなイメージ)

2020-05-21 09:55:01
えのたけ @Enotaken

Emissionかけるボクセルの色を濃くしたら、変に労力かからないんじゃないか? とも考えたけど、発光させるしなぁ…やっぱかませた方が…とも思えてきてなんかアレ。

2020-05-21 10:12:32
えのたけ @Enotaken

できなくもなかったけど、やっぱりGlassかませた方が個人的にはしっくり来た(なんやかんやで結局試した) pic.twitter.com/mkI6HMtOZL

2020-05-21 10:17:56
拡大

↓影をつけたほうが良かった理由

えのたけ @Enotaken

影付けたら一気に視認性アップして笑ってる pic.twitter.com/SrDCHOLWOC

2020-05-21 22:42:08
拡大
えのたけ @Enotaken

テストレンダリング。 微妙に色変えしてるところがあるから、Material設定面倒だな… pic.twitter.com/rCMyCwOVI6

2020-05-21 23:20:26
拡大
えのたけ @Enotaken

鏡面テスト(判りやすいようにEdge表示) pic.twitter.com/Lum3JjZKvq

2020-05-21 23:21:08
拡大
えのたけ @Enotaken

この辺は適当に伸ばして、後で調整していこうか pic.twitter.com/Ja46sD5r2b

2020-05-22 22:27:31
拡大

一つの疑問が出てくる(フラグ)

えのたけ @Enotaken

これ256の高さじゃ足りない気がする… Worldエディタせにゃならんか? pic.twitter.com/qKa2jYYsfo

2020-05-21 23:18:47
拡大

※MagicaVoxelでは、X/Y/Z方向にそれぞれ256個(ボクセル数)までしか一度に作れないので、それ以上のものを作るときは、Worldエディタというモードで繋ぎ合わせていく必要があります。

残りを読む(57)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?