編集可能 アプリで作成
2020年6月13日

【不急不要の恋】高殿円

最終回にてログ更新。出版等に問題があれば削除します。
10
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋】 小学校の卒業式はなかった。 中学校は始まらない。 僕は何者でもないまま、スーパーで玉子が1パック98円であることに心が躍ってしまうようになった。 一日一度のおつかいが楽しい。 多分、彼女もそう思っているはずだ。 近所に住んでいるはずのに、知らない女の子だった。

2020-04-09 18:08:48
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋2】 僕の通っていた小学校は校門までほぼ一本道。 だから、6年間一度も彼女を見たことがないのが不思議だった。 中学生かな? 引っ越してきたのかもしれない。 最近よく会うなあ。 僕がよく食べる四つ入りのヨーグルトが彼女のカゴに入っている。たったそんなことで親近感がわいた。

2020-04-09 18:25:56
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋3】 僕は一人っ子で、放課後近所をよくうろうろした。 だれか友達がいないか、パトロールみたいに公園を見てまわったり。 でも、彼女は知らない。 もしかして、うんと年上なのかしら。 彼女はおやつ売り場を素通りして、レジに向かう。 僕はあわてて、おまけ付きのおやつを棚に戻した。

2020-04-09 18:39:52
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋4】 お昼すぎ、急におつかいを頼まれた。 ヤバい。 この時間だと、まだ彼女は来ない。 なんとかずらせないか、真剣に頭を使った。 「いつもの時間でいい?」 「いいけどなんで」 「…お惣菜安くなってるから」 お母さんは納得した。 なんだろ、このものすごい達成感。 やってやった感。

2020-04-09 20:01:12
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋5】 僕らは牛乳売り場の前に並んで立っている。 こんなことにならなければ、 僕も彼女も、学校に行っていた時間。 嵐が過ぎ去ったあとは、もう二度と来ることはないんだろう時間。 僕は牛乳を買った。 こっそり家でがぶ飲みした。 はやく、無くなれ。

2020-04-09 21:30:38
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋6】 中学生になり損ねて一週間目。 今日は、レタスが150円以下ならふたつね、と言われた。 「大きくて、スカスカじゃないやつね」と母。 迷っていると、彼女がやってきて、値段を見てレタスを二つカゴに入れた。 (ためらいがない) この春、僕は正しいレタスの買い方を覚えた。

2020-04-09 22:24:59
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋7】 たのまれたものをカゴに入れて、 時間になると、ソワソワ。 今日は来るかな。 また会えるかな。 ひとがまばらのスーパー。見渡しても彼女はいないようす。 なあんだ。がっかり。 牛乳を買おうとして、 (うわっ、いた!) 彼女がいた。 そうか。 髪型がいつもと違うんだ。

2020-04-10 08:45:36
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋8】 メモを見ながら買い物をしていると、 カートを押して、彼女が通り過ぎた。 片手でスマホを見ながら、次々にカゴに放り込んでいく。 かっこいい。 やっぱり、少し年上なのかも。 お母さんに、次はスマホに送ってとお願いした。 「…もう中学生だし」 うーん、ちょっと苦しい。

2020-04-10 10:40:33
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋9】 四つ入りの納豆と、 四つ入りのヨーグルト、 鯖の切り身も4枚。 トーストはいつも6枚切り。 キウイふたつを買っていく。 4人家族なのかな? ひっこしてきたばかりなのかと思っていたけど、 インターナショナルスクールなのかも。 英語の勉強、しなきゃ。

2020-04-10 15:23:29
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋10】 こんなときだから、 一日一回だけ許された外出が、すごく特別な時間になる。 買い出しのために出かけたスーパーで、 あ、あの人前も見たな。とか、 あの子たち、前も一緒に来てたなとか、 人の生活の姿が、まえより鮮明に見えてくるんだ。 それと、 もっとまぶしい、人もいる。

2020-04-10 18:33:06
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋11】 ペンギン柄のエコバッグとか、 シャンプーの種類とか、 牛乳は、安いほうを買うんだとか、 知ってることはどんどん増えるけど、 たぶん、これからもずっと、名前も知らないままなんだろう。 そう思うと、なんだか前より近づけなくて、 帰り道は、シュンとしてしまった。

2020-04-11 09:29:43
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋12】 シュンとしてスーパーを出て、信号待ちをしていると、 あの子が自転車でやってきて、僕の隣で降りた。 えっ、 こっち!? 家、こっちなんです!? いつもは鬱陶しい信号待ちが、 めちゃめちゃ短くて、 もうちょっと、もうちょっとだけ。 青にならないでと。 目を白黒させる僕。

2020-04-11 09:37:02
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋13】 信号が青になると、 彼女は颯爽と自転車にまたがって、 あっという間に僕を追い越して、 一つ目の角でまがって、消えた。 僕は彼女が曲がった角で、ぼんやり立ち尽くして、 こんなに見たことないくらいに、ただの道を見た。 いつもは重い牛乳が重くない。 不思議なことばかり。

2020-04-11 11:54:42
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋14】 今日は雨。 けっこう横殴りで、風も強い。 自転車は危なそうだ。 ばか、雨! 夕方までにあがれ。 念じながら、グーグルマップを見てしまう。 べ、べつに、ストーカーじゃないし。 家、探さないし。 キモいことはしない。 ティッシュと輪ゴムで、てるてるぼうず。 雨、あがれ。

2020-04-11 14:26:16
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋15】 夕方、小雨。 外の空気が吸いたいからと、やや強引に、 たまごひとつのおつかい。 いるわけないとわかっていたけど、 なんとなく、 来ただけでうれしくなった。 ヨーグルトでしょ、納豆とキウイふたつ。 まねしてるみたいで、いつもは選べなかったもの。 帰ったら、怒られた。

2020-04-11 19:23:25
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋16】 チャンスはふいにやってきた。 お米を買った彼女がエコ袋に入れようとして、 袋の取っ手がちぎれちゃったんだ。 「あっ!」 ビリッと音を立てて袋は裂けた。 ぼくは、 「これ、使ってください」 さりげなく、予備の袋を彼女に渡して、 会釈し、先にスーパーを出た。 妄想した。

2020-04-12 10:03:11
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋17】 そう、ただの妄想だ。 実際のところは、 僕が、ああっどうしようどうしよう?!焦っている間に、 彼女は颯爽と左手で米10㎏を抱え、 カートを戻し、 自転車のカゴに荷物を載せ帰ってしまったのだった。 これが経験の差、教養の差であると、 僕は、やや硬いごはんを噛みしめた。

2020-04-12 10:28:03
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋18】 彼女と同じ時間にスーパーにいるようになってから、 できなくなったことがある。 子供っぽいおやつをじっくり選ぶこと。 エスカレーターで二往復すること。 買いもしないガチャガチャをひたすら眺めること。 なんでかわからないけど、 できない。 僕ってかっこつけ。

2020-04-12 23:21:59
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋19】 98円の玉子がなかったので、208円の玉子を買っていいかどうか母に電話。 「ちがうよ、178円のもないんだよ」 電話を終え牛乳ゾーンに行くと、彼女もだれかに電話してた。 「たまには高いやつ買ってもいい? だっておいしいやん」 わかる。 「いろいろ食べたい」 わかる。

2020-04-13 10:59:23
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋20】 朝起きてごはんを食べ、 母のそばでワークを解き、 掃除機をかけて、また食事。 休憩と読書、時々ゲーム。 ループしているような閉じられた中で、 おつかいの時だけが、 僕の中で予測できない刺激になる。 今日は、彼女を最初に見たときと同じグリーンの上着。 また、どきり

2020-04-13 13:42:44
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋21】 びっっっっっ、くり、した…… あのね、 あのね、きいて。 ほんとに、ほんとにびっくりしたんだけど、 彼女と、しゃべった。

2020-04-14 13:43:47
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋22】 スーパに着くと、彼女がちょうど買い物を終えて、こっちに向かってカートを押してくるところだった。 しまった、もっと早く来たらよかった。 ややうつむき加減に入店。 僕は、カートとカゴに手をかけようとして、 「使いますか?」 って、彼女が、僕に、言ったんだ!!!!!

2020-04-14 18:15:43
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋23】 僕はびっくりして、でも反射的に 「あ、はい」 って、勝手に答えてた。 …あれは、僕じゃない誰かが言ったんだ。勝手に! 僕だったら、僕だったら、もっと感じよく、お礼も言ったのに。「ありがとう」って。 「あ、はい」 じゃねえよ。 ばか。 ばかばか、 バーカ。 悔しい…

2020-04-14 21:36:02
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋24】   その夜、ふとんの中でずっと考えた。 明日会ったらどんな顔をすればいいのかと。 「昨日はありがとうございました」? いやいや、カート譲ってもらったくらいでお礼って… 知らないおばさんになら言わない。 いや、でも知らない人じゃない。 つまり、これはチャンスだ。

2020-04-15 08:29:18
高殿円@産経新聞小説「コスメの王様」毎日連載中❗️ @takadonomadoka

【不急不要の恋25】 何度も家でイメトレした。 さあ、いまこそ実行の時。 彼女をさがす。 いた! さりげなくカートを押して近付く。 彼女がいつも買うおとうふを手に顔を上げる。 僕は…… なにも言わず、 ぺこりと、会釈。 そしたら、むこうも、 ぺこりと、会釈。 大成功!!!!!

2020-04-15 11:58:14
残りを読む(162)

コメント

音埜まいこ @Echuiriel 2020年10月21日
遅まきながら最後まで読了。ほっこりした。ええ話や……。
0