霊や前世に関する、脳科学的な見解🎓

まとめました。
0
茂木健一郎 @kenichiromogi

「霊」は実体としてあるわけではなくて人の心の中にある。あの頃のテレビは、その人の心をがっちりとつかんでいたのでしょう。時代は流れて、「テレビ」も「霊」もどこかにいってしまいました。 余命宣告の織田無道が暴露「テレビはヤラセ」「除霊はできない」「有罪判決」 news.yahoo.co.jp/pickup/6362498

2020-06-14 20:56:46
茂木健一郎 @kenichiromogi

時々、「あの人霊感が強くて、見えちゃうんです」とか言われる方がいらして、あれこれと聞かされるんだけど、ぼくはそういうときは、「ああ、そうですか」などと聞き流している。そういうのはすべて脳の想像、妄想なんだけど、本人にとってはリアリティがあるのだ。

2020-06-15 07:14:27
茂木健一郎 @kenichiromogi

ぼくは子どもの頃「恐怖の心霊写真集」みたいな本も好きで熱心に読んでいたけれども、そのうちアインシュタインが好きになって、物理をいろいろ勉強して、因果性とか時空とかの概念が入ってきたとき、ああ、世界の中に「霊魂」とかそういうのをつじつまの合うかたちで入れるのは無理だなと悟った。

2020-06-15 07:15:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

霊魂がいるとか、前世の因縁がどうだとか、そういうことを言われる方がいらしたら、どうぞお好きに信じていてください、とは思うけど、ぼく自身は妄想や空想としてとらえてそれ以上の興味はない。だけど困ったことに脳はしばしば現実と妄想を混同する。

2020-06-15 07:17:04
茂木健一郎 @kenichiromogi

さらに困ったことに、妄想とか空想を信じている人の方が、かえって自分の思い込みに従って行動して結果として道が開けたりすることもあるからやっかいである。対称性の自発的破れだ。むしろそのような側面があるから進化の過程でそのような認知傾向や行動が残ってきているのだろう。

2020-06-15 07:18:23
茂木健一郎 @kenichiromogi

世界がどうなっているかということを科学的、哲学的に最高の水準で理解し、発見するということさえ気にしなければ、幽霊とか霊魂とか信じていても一向にかまわない。日常生活に支障がない範囲で楽しんでいればいい。ただ、それで世界観を更新するのはちょっと無理だ。

2020-06-15 07:19:23
茂木健一郎 @kenichiromogi

テレビの世界から、霊魂とか生まれ変わりとかそういうのがなくなったのは、いまだにそういうのを信じている人たちはいるとしても、さすがにちょっと違うかなという常識が広がったのと、画作りや編集で「ヤラセ」なしには成立しないからだろう。だけど、信じている方には時々出会う。どうかお幸せに。

2020-06-15 07:20:44
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート2581回「あの人霊感が強くて、見えちゃうんです」とかいう方って、時々いるよね」をテーマに6つのツイートをお届けしました。

2020-06-15 07:21:47

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年6月15日
たとえば「あいうえお」という文章を読んで「らりるれろとは何ごとだ!」と激怒する人は(私を含めて)いるんだけど、そういう人に「そういうのはすべて脳の想像、妄想なんだけど、本人にとってはリアリティがあるのだ」と言うことにどれだけ意味があるのか。茂木さんにとってご自身が認識している世界が万人に等しい真実の世界なのだろうか。
0
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年6月15日
「そういうのはすべて脳の想像、妄想なんだけど」と言ってしまったら、別に霊や前世だけじゃない、全ての認知や認識が「脳の想像、妄想」なのかもしれないという可能性を、別のところで言ってるのかね?
0