2020年6月19日

いま北朝鮮で起こっていること #ネタ

2
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

「ゆ、許せない……! 大好きなお兄ちゃんを悪く言う南朝鮮傀儡逆賊一味、絶対に許さないんだから……っ!」 金与正は激しい怒りに打ち震えた。 「爆破よ!」 彼女の兄・金正恩であれば、その紙切れを見ても「やれやれ、またか」と苦笑して済ませたことだろう。しかし、あいにく彼は療養中であった。

2020-06-17 20:15:12
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

居合わせた幹部一同は、あまりに過激な指示に驚愕し、揃って反対した。 だが、こう言われては沈黙せざるをえなかった。 「お兄ちゃんに全権を委任されている私の命令が聞けないの? 忠誠心が足りないのね」 金正恩同志ならば、このような命令はなさらない。誰もがそう思ったが、みな命が惜しかった。

2020-06-18 06:36:27
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

療養中の金正恩は、一報を聞いて目を丸くした。 「ば、爆破……? 南北共同連絡事務所を?」 困ったことをしてくれた。 「して、与正は?」 「今からお見舞いに来られるそうです」 きっと、得意げに「お兄ちゃん、誉めて!」などと言いながら甘えてくるに違いない。 どんな顔をして迎えればよいのだ。

2020-06-18 06:50:27
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

「お兄ちゃんを困らせちゃった……」 やりすぎだと窘められてしまった。褒めてくれると思っていたのに。寝所を退出した与正の目には、じんわりと涙が浮かんでいた。 そこに、一人の男がやってきた。 「泣いているのかい、与正」 「あ……お兄様……」 声の主は、正恩と与正の同母兄・金正哲であった。

2020-06-18 12:23:18
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

「正恩に叱られたのかい」 正哲はそう言うと、与正の肩を抱き寄せた。 「ああ、なんて可哀想な与正……今夜慰めの曲を弾いてあげようね」 「……っ! いやっ、離してください、お兄様!」 与正が突き飛ばすと、正哲は激高した。 「……なぜだ、なぜ僕のことは『お兄ちゃん』と呼んでくれないんだ!」

2020-06-18 12:27:53
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

「失礼します、お兄様……」 与正は逃げるようにその場を後にした。 「あっ、与正! 待つんだ!」 しかし、与正は歩みを止めない。 「……正恩の奴め、僕が欲しいものを全て奪っていく。弟のくせに……」 正哲は、わなわなと肩を震わせながら、遠ざかっていく妹の背中を見つめていた。 【第一部 完】

2020-06-18 12:30:44

コメント

R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2020年6月19日
いや、うん…正恩のビジュアルがアレだからさ…正哲はピッタリだと思うが
1
割と不幸せそうな美青年・旅にゃんころ(にゃんにゃん旅行道の修行中) @goldencat222 2020年6月19日
RMoryTogetter1 金正恩のビジュアルが松潤だったら日本での反応はどうだっただろうか…と思いますね(笑)
0