2020年6月19日

宮城県上空で滞空していた謎の気球についての(佐々木徹氏の個人的な)考察

まとめました。
43
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

宮城県で正体不明の気球が長いこと浮かんでいて話題になった。 それで思ったことのよもやま話。 (以下、しばらく続きます)

2020-06-17 23:09:28
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

私は気象庁でゾンデに関わる仕事もしたけど、今回のものは、気球も吊り下げられた機器部分も馴染みのない形。大学などでは時々特殊なゾンデを開発して揚げるけど、未だに名乗りでないところを見ると、国内機関が関係したものではないのだろう。

2020-06-17 23:09:49
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

子どものゴム風船くらいならまだしも、ああした気球(ゾンデ)を揚げるには航空法で様々な制約が課され、届けを必要とする。航空機の安全に関わるので当然。重さとか密度とか、どこでいつ揚げるとか。届けがないというだけで怪しさ十分。

2020-06-17 23:10:26
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

若い時、上空20~30キロの空気を採集する実験をやっていた。オゾン層破壊に関わる物質がどれだけ上空に拡がっているか調べるため。その目的のため、パラ落下させたゾンデは回収しなければならない。そこでどこに落下するかを予測するのが課題だった。私は上昇時の風や直前のほかのゾンデの軌跡から

2020-06-17 23:11:31
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

予測する手法を開発してよい成績を修めていた。その後ほかの職員が改善を重ねて、現在はほかのゾンデに対しても数値予報から精度よく飛行軌跡、落下点を予測できるようになっている。

2020-06-17 23:12:41
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

昔は、どうせ予測できないのだから、いつどんなゾンデを挙げますとだけ航空局に届けていればよかったが、予測できるようになった現在は、どこへ飛ぶと予測されるかも報告が求められるようになっている。空港や都会方面に予測されると、揚げるのを控えてもいる。

2020-06-17 23:12:58
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

航空機にぶつかっても支障のない重さや形状にはしているけれど、万一エンジンに飛び込めばバードストライクのようなこともあり得るわけだから仕方ないだろう。

2020-06-17 23:19:03
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

実際、ゾンデが高度10キロくらいを上昇しているときに、航空機にぶつかったことか私の現役時代に一度だけあった。つくばから挙げたオゾンゾンデで、土浦の上空で札幌発羽田行きのコックピット近くにぶつかった。ゾンデの電波が突然停止して現業室では戸惑っていたら思わぬ事態となっていた。

2020-06-17 23:20:01
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

冷や汗をかいたが何事もなくてよかった。めったにないけど、あり得ないことではないので、できる限りの情報は航空局に伝えている。

2020-06-17 23:20:30
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

今回の気球。航空局や自衛隊はレーダーで軌跡を追いかけたのだろうか。定期航空路よりもさらに上空に浮揚していたとの報告もあり、10~20m/秒の西風があったなかで、どうして長時間宮城県内で留まれたのか解明してほしい。

2020-06-17 23:21:25
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

動画では2つのプロペラが回っているのが見られ、また太陽パネルらしきものの存在を指摘する人もいる。もしかすると、発電しながら自力移動する能力を持っていたのだろうか。

2020-06-17 23:21:45
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

そうなると目的は何か。善意で考えれば、海外の研究グループが何らかの観測を目的に長時間飛行できるゾンデを開発して実験してるうちに海外に出ていってしまった可能性が一つ。悪意をもって考えると軍事的な目的の探査体が日本のデータを取得していた可能性も排除できない。

2020-06-17 23:23:03
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

現役時代、ゾンデを見つけたと気象庁に問い合わせがあったもののいくつかは、気象庁のものではなく、ハングルが書かれたものだった。自由気球(風任せのもの)ならともかく、自力移動可能なものであったなら、悪意あるものの可能性も棄ててはいけない。あらゆる可能性に対応できる態勢をとってほしい。止

2020-06-17 23:23:44
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

多くの方に読んでいただいて感謝です。 考察の続き… 最初画像見た時はそんなに高層と思わなかったけど定期航空路のはるか上だと高度10数キロはある。それであの画像ならかなりの大きさだ。月と写った写真からの比較で、0.5°の月に対して0.07°と推定してるかたがいる。 twitter.com/rei_software/s…

2020-06-18 14:39:24
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

直距離20キロなら気球は24m、懸架物は20mか。でかい。太陽パネルらしきものがみられるが、ほかにも電子機器はいろいろ搭載できるだろう。

2020-06-18 14:40:53
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

気象ゾンデはゴム気球で、気圧の低い上空ではどんどん膨張してさらに上昇。高度20キロの上空で破裂して落下。昨日の気球は膨張しない材質で作られていて、ある一定高度で浮遊するのだろう。大型気球ではガスを抜いたり重りを落として高度を調整するけど、その機能はないだろうな。おそらく定高度浮遊。

2020-06-18 14:41:26
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

軌跡、高度がわかれば、その高度の風に対してどう動いていたかわかる。風に逆らって留まろうとしていたことが明らかになれば、制御を失って流れてきたものとは考えにくい。自動で留まるようにプログラムされていた可能性もないわけではないけど、

2020-06-18 14:42:23
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

地上からテレメータを使って制御していたと考えるほうが自然だろう。テレメータを送るには気球が見える範囲にいないと無理だよね。これだけ騒ぎになっていて名乗りでないのはやはりおかしい。もともと届けを出さない時点でおかしいのだけど。

2020-06-18 14:42:44
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

ほかに衛星使ったテレメータを利用したことも考えられるだろうが、そうなると、いよいよ実施可能なのは大きな機関、団体に限られるのではないかな。 科学目的にしろなんにしろ、取ったデータは回収しなければ意味がない。テレメータですでに回収したのだろうか。

2020-06-18 14:43:16
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

疑問は尽きない。各地で撮った写真で、位置と撮影時刻、気球の方位と高度がわかればどの高度でどう移動したか見積もれるけど、誰かやってくれないかな。その高度の風でどう流れるか。

2020-06-18 14:43:50
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

秋田の昨日朝9時の高層観測データはこちら。高度7~16キロで西よりの風20メートル前後吹いてます。1時間で70キロくらい流れちゃいますね。高度さえ確定できれば何時間も宮城県上空に留まったなんて、怪しさ確定でしょう。 止止 data.jma.go.jp/obd/stats/etrn…

2020-06-18 14:46:23
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

でもふと考えて、あの映像が風速20メートルの風をかき分けて進んでいる姿か? いくら気圧が低いとは言え… ちょっと疑問はわいてくる。 どなたかお考えがあれば聞かせてください。 とにかく高度と軌跡を知ることが前提になりますね。

2020-06-18 14:59:31
佐々木徹 @tsukuba_tsasaki

ここで読み終えてしまうと申し訳ないので、数多久遠さんへのリプから導かれた私の結論、張っておきます。 気球は高度19キロ付近の西風の弱風層にいたと思われます。それで気球の動きは万事解決。これまでの私の思考には邪推もありました。 三角測距で確認されることを期待。 twitter.com/tsukuba_tsasak…

2020-06-18 22:10:25
やっぴい。 @yappppppppppy

@tsukuba_tsasaki 秋田県ですが、16日の夕方に同じようなの見ました!

2020-06-18 12:05:37
残りを読む(10)

コメント

SSKTK@甲22 @SSKTK 2020年6月20日
日米の偵察能力をはかるならちょうど良いなとゲイの人が言ってた。
0
SCP財団職員 @jsdf5475 2020年6月20日
SSKTK 高度19000メートル以上なんて世界中のどんな戦闘機でも登ってくるのは不可能に近いのは測るまでもなく分かってると思うよ まぁレーダーの性能を測ってたりするのかもしれんが
3
壕野一廻 @Type10TK 2020年6月20日
https://twitter.com/JohnMPowell1/status/1273445957632266240?s=19 こちらのツイートを見る限り、氏は自社製品であることを明確に否定しています。製品紹介ページにも単気球型tandemなるものはない。おそらく、本まとめで紹介されているツイートは、「うちの製品から気球を減らしたらこれによく似てるね」以上の意味を持たないのではないでしょうか。
6