(2020/06/29完成)日本語で学ぶアメリカ史 第一章:新世界 (教材:Joseph L. Locke and Ben Wright, eds., "The American Yawp," 2018)

教科書を変更して最初の講義です。教科書をひたすら翻訳します。 2020/06/20 第三節まで公開。 2020/06/29 完全公開。
3
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

第一章:新世界 出典:L. D. Burnett et al., ‘The New World,’ in “The American Yawp,” eds. Joseph Locke and Ben Wright (Stanford, CA: Stanford University Press, 2018): pp.1-27 ※pdfもありますが、以下のURLからカラー図説付の本章を読めます。ただし頁表記なし。 americanyawp.com/text/01-the-ne…

2020-06-20 12:27:10
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

I. 序 p.1 ヨーロッパ人はアメリカ両大陸を「新世界」と呼んだ。だが、彼らが遭遇した何百万人ものネイティヴ・アメリカンにとっては決して新しくはなかった。1万年を超えて人類はアメリカに生きてきたからである。活発にして多種多様なネイティヴ・アメリカンは何百もの言語を有し、何千もの(続)

2020-06-20 12:27:10
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

(承)独自の文化を築き上げた。彼らは定住地を作り、季節に従う移住パターンを形成し、同盟によって平和を維持し、隣接地域と戦争し、自給自足経済を確立し、広大な交易ネットワークを有した。独特の芸術形態を育み、精神的価値観を築いた。血縁関係が共同体を結束させた。だが、ヨーロッパ人の(続)

2020-06-20 12:27:11
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

(承)到来は人、動物、植物、病原菌のグローバルな交換ー学者はオブラートに包んで「コロンブスの交換」と呼ぶーをもたらし、1万年を超える地理的な分離状態を解消し、暴力にまみれた数世紀の始まりを告げ、前代未聞の生物的テロが生じ、世界の歴史に革命を引き起こした。(続)

2020-06-20 12:27:11
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

それは人類史の中でも最も重大な発展の一つを動かし始めたのであり、アメリカの長い雄叫び(yawp)の最初の一章の始まりであった。

2020-06-20 12:27:11
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

II. 最初のアメリカ人 pp.2-11 ・アメリカ史は最初のアメリカ人から始まる。だが彼らの物語はどこから始まるのか?ネイティブ・アメリカンは数千年に渡り自身の創造物語を語り継いできたのだが、それは固有の信仰の輪郭を明らかにしてくれる。

2020-06-20 12:31:39
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

例えば現在のカリフォルニア州のサリーナン族(Salinan)は白頭鷲が粘土から最初の男を、羽毛から最初の女を生み出したと伝える。レナペ(Lenape)族の伝統では、大地は空の女(Sky Woman)が水に満ちた世界に落ちた時に生まれ、ニオイネズミとビーヴァーの助けを受けながら亀の背中へと安全着陸したことで、

2020-06-20 12:34:40
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

亀の島、すなわち北アメリカ大陸ができたとされる。チョクトー族の伝統は南東部諸部族の起源が偉大な母なる丘(Mother Mound)ーヌニーマーヤ(Nunih Maya)の土塁の内側、つまりミシシッピ峡谷下流域にあるとする。ナワ族(Nahua, Nahuatl)はその起源を七つの洞窟(Seven Caves)とし、

2020-06-20 12:34:40
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

現在のメキシコ中部に移る前にそこから祖先が現れたとみなす。アメリカの現地民は多様な始まりの物語を文字にせよ口頭にせよ語り継いできた。これらは創造と移住の歴史を共有している。

2020-06-20 12:34:41
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

・一方、考古学者と人類学者はネイティブ・アメリカンの移住の歴史に焦点を当ててきた。遺物、遺骨、遺伝子的特徴を研究して、専門家はネイティブ・アメリカンにとってもかつて「新世界」だったという物語をまとめ上げた。

2020-06-20 12:35:59
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

・最後の氷河期は世界の大半の水を巨大な大陸氷河にした。2万年前は氷床、と言っても数マイルもの分厚さだ、が北アメリカ大陸に広がっており、南は現在のイリノイ州にまで達した。世界の水がほとんど氷床になっていたので地球の海面は低く、アジアと北アメリカを繋ぐ陸橋がベーリング海峡に存在した。

2020-06-20 12:37:34
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

2万年から1万2千年前の間にネイティブ・アメリカンの祖先は氷河、海域、表出した陸地を渡った。この動き回る狩猟採集民は小集団で行動し、野菜・動物・海産資源を活用して北アメリカ北西端のベーリングツンドラ帯に持ち込んだ。DNAのエビデンスによると、この祖先達は恐らく1万5千年ほど、

2020-06-20 12:38:49
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

アジア-アメリカ間の広大な地域に留まっていた。他の者は海を渡り、太平洋海岸を辿り、川を遡り、生態系が許すなら定住もした。氷床は1万4千年ほど前に後退し、より暖かい気候や新しい資源が待っている場所への道を開いた。南に進んだ祖先もいれば、東に移住した者もいた。

2020-06-20 12:38:49
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

現在のチリにあるモンテ・ヴェルデで見つかったエビデンスによれば、少なくとも14,500年前から同地で人類の活動が始まっていた。似たようなエビデンスから、フロリダのパンハンドル地帯でも同時期に人類が定住していたと示唆されている。多くの点で考古学的知見と伝統的知見が合流している。

2020-06-20 12:40:13
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

歯学、考古学、言語学、オーラル、生態系学、遺伝子学によるエビデンスがにより、膨大な数の集団が数千年に渡り定住と移動を行なっていたこと、恐らく各集団は多くの異なる起源から生まれたこと、つまりかなりの多様性が明らかになった。

2020-06-20 12:41:06
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

土、水、空のいずれから生まれたにせよ、創造者に作られたにせよ、移住してきたにせよ、現代のネイティブ・アメリカンは人類の記憶より遥かに前の歴史を語っているのだ。

2020-06-20 12:41:42
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

・北西部では鮭が豊富な川が利用された。平原では狩猟民がバイソンの群れを追いかけ、季節のパターンに従って移動した。山間部、プレーリー、砂漠、森林部では地理的特性と同じぐらい多種多様な先史時代の文化・生活様式が発達した。

2020-06-20 12:42:23
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

こうした各集団は数百もの言語を持ち、固有の文化的慣行に従っていた。豊富で多様な食事は大規模な人口拡大を大陸中で支えた。

2020-06-20 12:43:07
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

・農業は9千年から5千年前のどこかで始まり、両半球でほぼ同時期に始まった。現在のメキシコと中央アメリカに相当するメソアメリカでは栽培品種化されたトウモロコシが、紀元前1200年頃に最初の定住者人口拡大を支えた。トウモロコシはカロリーが高く、乾燥して貯蓄しやすく、

2020-06-20 12:44:18
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

さらにメキシコ湾海岸の肥沃で温暖な環境なら一年に二回収穫できることもあった。トウモロコシは他のメソアメリカ産食物と共に北アメリカに広がり、今日でも多くのネイティブ・アメリカン共同体において精神的、文化的重要性を有している。

2020-06-20 12:44:59
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

・ミシシッピ川から大西洋海岸までの間は東部森林地帯として知られるが、ここにある川谷の肥沃さによって農業が発達した。ここでは三姉妹の別名で知られる食物ートウモロコシ、マメ、カボチャーがとりわけ栄養豊富で、都市や文明を支えた。五大湖・ミシシッピ川から大西洋海岸に至る森林地帯で、

2020-06-20 12:45:47
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

ネイティブ・アメリカンは森林資源を管理していた。下草を燃やし、さながら森林開拓地のような広大な狩猟地、三姉妹を植える農地を作り出した。多くの集団が焼き畑農法(shifting cultivation)を行った。森を切り、下草を焼き、養分豊かな灰の上に種を撒く農法だ。

2020-06-20 12:46:34
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

土地の産出が下がれば別の場所に行き、その間にその土地の地味が回復し、森林が復活する。そうしてまた森を切り下草を焼き、と繰り返す。この技術は耕作しにくい土壌でとりわけ有効だった。だが肥沃な東部森林地帯において、ネイティブ・アメリカンは恒久的な集約農業を営み、

2020-06-20 12:47:36
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

ヨーロッパ的な鋤よりも手工具を用いた。豊かな土壌と手工具の使用が効率的で持続的な農業を可能とし、土壌に過大な負荷をかけることなく高い産出量を実現した。女性が農業、男性が狩猟・漁業という分担が森林地帯で典型的に見られた。

2020-06-20 12:48:08
日本語で学ぶアメリカ史/American History in Japanese @USHistoryJapan

・農業は劇的な社会変化をもたらしたが、それは健康を損なう場合もあり得た。遺物の分析から、農業社会への移行期にはしばしば骨や歯が脆くなったことが明らかにされた。だがこうした衰退にも関わらず、農業は重要な利益を与えた。

2020-06-20 12:49:00
残りを読む(138)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?