南部藩をインフレで苦しめた偽金の歴史が興味深かった

菅原秀幸 「南部密銭史」 岩手出版 1986年
178
猿田 @Ryokansato

菅原秀幸「南部密銭史」めちゃくちゃ面白かった。元文4年(1739年)に幕府が寛永通宝を鉄銭で発行してから明治2年(1869年)に私鋳銭が禁止されるまでの130年に渡って密造された鉄銭が南部藩をインフレで苦しめた歴史がまとめられている。 pic.twitter.com/o7TC2zFuU4

2020-06-20 21:29:13
拡大
猿田 @Ryokansato

天明4年(1784年)、天明の飢饉の救済策として、仙台藩は藩内のみでの流通を条件に鉄銭の鋳銭を幕府から許される。この仙台通宝は悪貨として嫌われ、市場から銅の古銭が退蔵されることになるが、仙台から物品を買えると南部藩でも流通、密造しやすい鉄銭であるために大量に作られてしまう。

2020-06-20 21:34:55
猿田 @Ryokansato

南部藩は偽金の取締りに躍起になり、没収したり鋳銭したものを死罪にするなどの対策を取るが、役人が買収されたり、偽金は額面の半値で売れるので作るものが絶えなかった。しまいにはそれぞれの家で作るようになり、飢饉の際には村を挙げて堂々と作るまでになる。

2020-06-20 21:40:12
猿田 @Ryokansato

南部藩は庶民から鉄銭を取り上げ、藩札を代わりに発行したが、藩札は正貨に換えられる保証がなく、1年で価値が100分の1まで下がってしまい、藩札を引き受けた藩内の商人も大打撃を受けてしまう。藩の失策と取り締まっても消えずに増える贋金で南部藩はインフレで困窮し続ける。

2020-06-20 21:43:46
猿田 @Ryokansato

偽金が横行すると正規の銭は皆隠すようになり、偽金が通用しない江戸などとの対外交易に使われ流出するため、余計に偽金の藩内での流通が加速する。八戸藩は取り締まる一方で江戸に送る正貨を得るために八戸に支店を置く御用商人に偽金を払って江戸に正規の金として送金させていた。

2020-06-20 21:53:26
猿田 @Ryokansato

幕末の南部藩は、西洋式の溶鉱炉を作って鉄の増産に成功したが、その鉄の買い手がなかなか見つからず、幕府に鋳銭の許可を得て鉄を消費しようと躍起になった。なんとか許可を得て銭座を作るが、初年度は技術的に不良品が多く生産目標に達せず、凶作で米価が暴騰し職人の食費と現物支給の米で大赤字に。

2020-06-20 22:01:21
猿田 @Ryokansato

せっかく作った銭座も赤字のために手放し、御用商人に請負させる。すると、経営改革により銭の生産量は2.5倍になり莫大な利益を産む。そのため藩は民営の銭座に年6万3千貫文の納税を要求するが、役人に総額1万3千貫文の賄賂を渡すことで3万貫文まで下げさせてしまった。

2020-06-20 22:07:20
猿田 @Ryokansato

その大迫銭座も、莫大な利益を上げていることに反感を持った近隣の農民数百人が徒党を組み金をゆすろうとしたが、農民の持つ松明が銭座に燃え移り、全焼させてしまう。多くの職人と近隣の住民が職を失ってしまった。

2020-06-20 22:10:54
猿田 @Ryokansato

大迫銭座の成功から、新たに釜石に溶鉱炉付きの銭座が作られるが、操業から1年4ヶ月で明治政府が鋳銭を禁止されてしまう。その後、表向きはただの製鉄所になるが、夜中に鋳銭を行う偽金工場となる。

2020-06-20 22:13:48
猿田 @Ryokansato

明治維新の際に南部藩は秋田藩と戦争をしたために財政が逼迫していた。そのため、秘密裏に二分金貨の贋造も行っている。金貨の密造技術を持つものはいなかったので、偽金貨を作り入牢中だったものを出牢させて指導に当たらせた。偽造された二分金貨は銀に金メッキを施したもので、5万6千両作られた。

2020-06-20 22:20:23
猿田 @Ryokansato

明治維新すぐの頃は、明治政府も財政が逼迫しており、八戸藩が明治政府に偽造金貨を献上した記録が残っている。この偽造金貨は南部藩が作ったものを接収したのか、八戸藩でも作っていたのかは分からないが、明治政府も偽金と分かった上で利用したと見られる。

2020-06-20 22:23:41
猿田 @Ryokansato

菅原秀幸「南部密銭史」、他にも面白い話がたくさんあるので、図書館で読める人は是非。道で15両分の偽金を拾った女が役所に届けたら、近くからさらに290両分の偽金が出てきたが、その偽金を役所が入札で売り払ってしまったという謎が多すぎる記録とか色々あるよ。

2020-06-20 22:28:40

コメント

asa @asa0625 2020年6月22日
一番の不幸は役人が屑だった、てことじゃねぇか。
8
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2020年6月22日
貨幣価値が落ちると交易で信用されないのが明確にわかる流れだ...
22
みなせ★11/1おもしろ同人誌バザール 2F「しー9」 @Ton_beri 2020年6月22日
鋳鉄は難しいのだけど、偽金作りは簡単にできちゃうように書かれているのが解せない。甑炉ってそんなに簡単だっけ?
6
猿田 @Ryokansato 2020年6月22日
Ton_beri 僕の興味から外れていたのでつぶやきませんでしたが、「野たら焼き」という方法や坩堝を使ったそうです。鉄銭の製法も絵図つきで詳しく載っていますので、興味がおありでしたら図書館などで読んでいただけると嬉しいです。
8
tama @tamama666 2020年6月22日
南部藩(盛岡藩)は代々無能でどうしょうもない藩政だったからしゃーない そもそも記録に残ってるだけで133回もの一揆ってなんやそれレベル 稲作北限超えてるのに無理やり米作らせたり人頭税やら御用金なら重税のオンパレードやし
8
みなせ★11/1おもしろ同人誌バザール 2F「しー9」 @Ton_beri 2020年6月22日
Ryokansato なるほど。ありがとうございます。探して読んでみますね。
1
IJN(スタント:高橋レーシング) @JapanNavy_Blue 2020年6月22日
物語の冒頭で南部藩の姫様(CV:島本須美)は何に乗って逃げてくるんですか!?
0
転倒小心 @tentousho 2020年6月22日
んー、野たら焼きというのはもしかして野だたらのことでしょうか? 燃料の問題はあるでしょうがそれなら組むのは土だけで済むし、鋳造しくじってもまた歩留まりを鋳溶かしてやり直しがきくから割に合ってたのかなあ
1
Akichi @Akichi77928822 2020年6月22日
tamama666 ただよ、そんなエーカゲンな藩だからこそ出自が少々アレでも能が有れば「名字帯刀藩士取り立て」というのを平気でやったわけで、その中にはかの東條英機のご先祖様もおられるぞ(どさ回りの能楽師→藩お抱え→名字帯刀のパターン)
3
Akichi @Akichi77928822 2020年6月22日
えーちなみに南部藩に借金踏み倒されてすってんてんになった商家の方々の中にはには、かの有名な「高島嘉右衛門」「古河市兵衛」もおられます。大損害からの巻き返しが凄すぎるwww
3
nekosencho @Neko_Sencho 2020年6月22日
贋金はけっこう普通に流通していて、「おまえにはビタ一文払わねえ」のビタってのがビタ銭つまり私鋳銭で、まとめ内にもあるように贋金とわかっても実際の通貨の額面の何分の一かってくらいの価値で普通に使われていたという…… 
5
ろんどん @lawtomol 2020年6月22日
南部藩の借金を井上馨が悪用してえらいこっちゃになった「尾去沢銅山事件」であまり良い印象がなかったけど、さらに印象最悪になった
5
しわ(師走くらげ)@寝貯めしたい @shiwasu_hrpy 2020年6月22日
tamama666 一揆起こしても取り敢えず疑わしきは全部殺すスタンスだったし、耐えかねた伊達藩近くの南部民は伊達藩に「南部藩がいぢめるー」と訴えるのが常になりついに伊達藩に「おいちゃんと執政汁」と怒られ表向きは「はいはい反省してまーす」とやるも、こっそり雇ったならず者連中に殺させたくらいだからな(遠い目)
9
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2020年6月22日
体制側がどうしようもなかったのももちろんだけど、そのう、どうしてもっとレアな青銅や真鍮ではなく高性能溶鉱炉さえあれば量産できる鉄なんかで貨幣を作ろうと思った……?
0
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2020年6月22日
鉄でお金を作るのは偽造困難なほど細密に加工できる時代でなきゃ無理だよ。ステンレスじゃないと錆びるし。
0
カニ高専 @masau0519 2020年6月22日
moonintears16t 鉄銭自体は宋代からありますし、幕府自体も銅銭の代わりに鋳造を銭座に許可している由緒正しい「信用貨幣」なんで、、、 まあ、この頃には、金属の価値に重点を置く本位貨幣じゃなく、藩札や為替で決済する信用貨幣の時代に入っていたんでしょうな。要は寛永通宝の形が重点で、材料は何でもいいという。 ただ、南部藩自体に経済的信用がなかったのと、杜撰な管理でインフレーションになったのでしょう。
3
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2020年6月22日
masau0519 うん……うん…… https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E8%B2%A8 いややっぱり鉄貨に信用があった時期はそんなにないですね!?
0
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年6月22日
自分は明治政府はなんだかんだで有能なイメージが有るので南部藩の偽金を知っていて使っていたのは結構衝撃的……。さすがに諸外国への支払いには使用して無いだろうけど、コレで支払われた国内の商人は悲惨極まりない…
0
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年6月22日
うおおっ!Amazonでも日本の古本屋でも探しても無いぞぉ!
0
名無し整備兵 @seibihei 2020年6月22日
「ビタ」とは「基準銭(永楽通宝等、その土地で好まれた銭貨)」の数分の一の値段として流通可能な銭貨で、破損銭や特定の(悪質な?)私鋳銭以外であれば銭文や産地を問わないもの。16世紀末には「基準銭」はほとんど流通しておらず、「ビタ」が事実上唯一の銭貨として扱われた。「ビタ」が価値の低いものになるのは、江戸時代に寛永通宝の生産・流通が始まり、一般的な通貨になった17世紀中頃から。
2
名無し整備兵 @seibihei 2020年6月23日
寛永通宝の鉄銭が登場するのは「暴れん坊将軍」吉宗の時代、青木昆陽の献策によるもの。この頃(1730年代)銭貨による貨幣経済が地方に波及して銭貨の需要が増える一方、銅の生産が低下し、その他の金属の使用を余儀なくされたため。
2
ひさか(遺伝子組み換えでない) @hisaca_ 2020年6月23日
これは南部鉄器の黒歴史。黒鉄だけに真っ黒なお金の話。
1
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa 2020年6月23日
そっか南部鉄器という鋳造技術が元々ある地域だったんだな
3
カニ高専 @masau0519 2020年6月23日
eK0SV72lWxlYb8L 幕末の偽金作りは、結構どこの藩もやっていますな。 天保通宝
1
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2020年6月23日
masau0519 戊辰戦争の戦費が元々脆弱な各藩の財政には痛恨の一撃だったからね
1
ろろむじ @lolomji 2020年6月23日
この辺りは飢饉でも米を高く売るチャンスとばかりに飢餓輸出しちゃうんですよね
1