編集可能

ウルトラセブンは「ゲゲゲの鬼太郎」(妖怪ブーム)の影響を受けていた?名作「ノンマルトの使者」も

「カッパ怪獣が登場する回などに、妖怪ブームの影響がある」なんて話は聞いたことがありましたが、傑作「ノンマルトの使者」にも?たまたま目に入った、昨年秋のツイート群ですが、面白いので今更ながらまとめさせていただきました。「当時視聴していた子供たちは、セブンの後半期はダレていた」といった、リアタイ勢の体験談も面白い
27
大前木田ゆうき @oomaekidayuuki

Q 28話 マン 39話+前夜祭 キャプテン 24話 と来て、セブン 49話っての、当時の一期ウルトラファンは、セブンだけ長く続くなぁという風に感じたりしたのだろうか、当事。

2019-11-26 01:20:01
浅井和康 @kazz_asai

@oomaekidayuuki ダリーあたりからは正直「何があっても観る」というほど夢中ではありませんでした。 妖怪と本にも心を奪われていたので。

2019-11-26 13:55:42
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@kazz_asai @oomaekidayuuki 要するにセブン人気はマガジン19号まで。台本表記だとMプロからHプロになった頃から雲行きが怪しくなる。Mプロ担当TBSのSFアニメに通じる近未来感から人間重視ドラマに。ゲストスターの星人、怪獣名すらいわなくなったりCスカーレットの真似まで始め、もう観なくてもいいんじゃない感が漂い始めます。

2019-11-26 14:41:50
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@kazz_asai @oomaekidayuuki 人間重視というよりは星人怪獣軽視、あるいは出しときゃいい、または出なくてもいいに。次第に夢がなくなっていき、途中テコ入れするも夏休み放送を経て最終回。作っている方も観ている方も最後はお疲れ様でした。

2019-11-26 15:10:30
浅井和康 @kazz_asai

@KanedaMasumi @oomaekidayuuki そうですよね。怪獣が出ないことで逆に心を捉えられた「1/8計画」の頃とは違い、セブン後半の作品群は明らかに怪獣の魅力を失ったがゆえの結果としか当時は思えませんでした。 ガッツやダンカン、アギラといった逸材での一瞬のきらめきはありましたが…

2019-11-26 15:37:29
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@kazz_asai @oomaekidayuuki プロテ、プラチク、ペガの3P星人裏切り地球人パターン続きとか、どうしちゃったの野長瀬、円谷一監督作品、暗くて画面わかんないよ鈴木監督作品とか。ノンマルトは当時の視聴者リサーチだと幽霊の出る夏の怪談話。河童に続いて確かに。実相寺2本は再放送で観た時の方が面白かったです。

2019-11-26 17:00:27
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@KanedaMasumi @kazz_asai @oomaekidayuuki 『ウルトラセブン』の第3クール目は『怪獣王子』終了直後の山口暁さんがゲスト出演した「栄光は誰れのために」など、ミリタリー色を強調した演出も『怪獣王子』の雰囲気に近寄っているのが興味深いですね。「700キロを突っ走れ!」の恐竜戦車や「散歩する惑星」のアギラも『怪獣王子』の影響でしょう。

2019-11-26 17:23:50
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@Tetsuya_Kuroki @kazz_asai @oomaekidayuuki 恐竜戦車見たとき「あっ!怪獣王子の獅子竜だ!」って感じました。怪獣王子のジアトリマを見たときは「あっ!神州天馬侠の大鷲クロだ!」ってね。みんな高山さんの造形だと知ったのはずっとずっと後のことです。

2019-11-26 17:38:31
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@KanedaMasumi @kazz_asai @oomaekidayuuki 『怪獣王子』の昆虫人間篇に登場したサンドラゴンも、アギラに似ていますね。ネッシーとサンドラゴンの対決場面は「散歩する惑星」のリッガー対アギラに影響を与えたのかもしれません。youtu.be/BbghiDv6uHI?t=…

2019-11-26 17:50:48
拡大
大前木田ゆうき @oomaekidayuuki

@Tetsuya_Kuroki @KanedaMasumi @kazz_asai 期待以上の、第一期元体験視聴者の意見が伺えてありがたい限りです。こういうトーク集を高齢ウルトラファンのためにも出版してもらいたいものです! 特に『怪獣王子』のウルトラへの影響なんて、考えたこともなかったので目から鱗でした。

2019-11-26 18:03:15
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@oomaekidayuuki @KanedaMasumi @kazz_asai 1968年生まれの私は地元のRKB毎日放送で、金曜夜7時台の『帰ってきたウルトラマン』~『ウルトラマンレオ』を観て育った世代ですが、1960年代の時系列や番組編成を調べる過程で『怪獣王子』の影響にも気付きました。『ウルトラセブン』のキングジョーは『ジャイアントロボ』の影響も見え隠れしています

2019-11-26 18:20:22
大前木田ゆうき @oomaekidayuuki

@Tetsuya_Kuroki @KanedaMasumi @kazz_asai セブンから記憶に残っているものの、同じく二期ウルトラ世代の自分ですが、黒木さんのドラマ全般に亘る解析ツイートの深遠さにいつも驚愕しながら拝見しています(そして浅薄な自分を恥じ入ってます)。

2019-11-26 18:30:33
大前木田ゆうき @oomaekidayuuki

@Tetsuya_Kuroki @KanedaMasumi @kazz_asai キングジョー、言われてみればなるほど!当時のスタッフは影響受けたものをそのままコピーして出すんじゃなくて、円谷なりに咀嚼して新たなものとして出すのが上手かったんだなと思います。

2019-11-26 18:32:25
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@oomaekidayuuki @Tetsuya_Kuroki @kazz_asai スーパーロボットの新番組に対抗して2クール目の最初に登場。“アンダーソン”は地球人の宇宙進出で攻撃を開始します。

2019-11-26 19:01:43
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@KanedaMasumi @oomaekidayuuki @kazz_asai TBSテレビが1968年1月7日に『ウルトラセブン』第14話「ウルトラ警備隊西へ 前編」を放映する5日前には、火曜夜7時台でも『キャプテン・スカーレット』を開始。『キャプテン・スカーレット』のミステロンみたいな星人が操るドロシー・アンダーソンは、恐らくシルヴィア・アンダーソンのパロディでしょう

2019-11-26 19:28:14
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@KanedaMasumi @oomaekidayuuki @kazz_asai 「ウルトラ警備隊西へ」の星人は『キャプテン・スカーレット』のミステロンみたいな動機で、地球人への復讐を開始。『ウルトラセブン』と同時期の新番組『ジャイアントロボ』を『キャプテンウルトラ』のシュピーゲル号みたいな合体ロボに仕立てるのも、当時ならではですね。 twitter.com/KanedaMasumi/s…

2019-11-26 19:44:23
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@Tetsuya_Kuroki @oomaekidayuuki @kazz_asai 同時期にスタートした外国テレビ。宇宙人が地球人に姿を変えて暗躍する「インベーダー」(1967年10月開始)も大きいですね。「シルバー仮面」と「ミラーマン」はもろに和製「インベーダー」でした。

2019-11-26 19:57:41
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@KanedaMasumi @oomaekidayuuki @kazz_asai TBSテレビで『ウルトラセブン』放映開始から3日後(1967年10月4日)の毎日新聞朝刊に載った『インベーダー』の新番組広告ですが、「地球はねらわれている!!」という文章は、セブンの第1話台本の冒頭に似た表記があります。『インベーダー』はセブンの企画にも影響を与えた可能性がありそうです。 pic.twitter.com/QKFzkEsqSI

2019-11-26 20:13:00
拡大
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@Tetsuya_Kuroki @oomaekidayuuki @kazz_asai 「インベーダー」の情報は早くから掴んでいたと思います。

2019-11-26 21:04:58
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@KanedaMasumi @oomaekidayuuki @kazz_asai 『ウルトラセブン』の第2クール調査中に気付いたのですが、TBSテレビの新番組『キャプテン・スカーレット』の放映翌日(1968年1月3日)には、フジテレビの水曜夕方6時台でも『ゲゲゲの鬼太郎』の放映を開始。3ヶ月後には日曜日の夕方6時30分~7時枠へ移動して、セブンの作風にも多大な影響を与えます。

2019-11-28 11:58:52
金田益実 Masumi Kaneda @KanedaMasumi

@Tetsuya_Kuroki @oomaekidayuuki @kazz_asai 空想科学に息詰まると怪奇妖怪路線に振る。「怪奇大作戦」、そして70年代への伏線が見えます。

2019-11-28 12:16:30
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki

@KanedaMasumi @oomaekidayuuki @kazz_asai 『ウルトラセブン』の第2クールに登場する侵略者は、第1クールと異なり『キャプテン・スカーレット』のミステロンみたいに正体不明な描写が増えているのも特徴ですが、第3クール以降の「侵略する死者たち」や「水中からの挑戦」は明らかに『ゲゲゲの鬼太郎』の妖怪ブームを意識したエピソードでしょう

2019-11-28 12:19:07
残りを読む(40)

コメント

OOEDO @OOEDO4 2020年6月25日
@oomaekidayuuki @kazz_asai @KanedaMasumi @Tetsuya_Kuroki @itutubonbora @spont2010 @shokeipv  半年前のツイートをたまたま最近見たものですが、興味深いのでまとめさせていただきました
1
ろんどん @lawtomol 2020年6月25日
実に興味深いまとめを有難うございます。セブンの後半の路線は「予算が無くて派手なファイトができないが故の苦肉の策」みたいな話を聞き、その印象が強かったです
0
marumushi @marumushi2 2020年6月25日
中身はしごくまっとうな興味深いまとめなのに、若干煽り気味のタイトルがもったいない感
1
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki 2020年6月25日
OOEDO4 こちらのツイートを使った、まとめ更新もお待ちしております。https://twitter.com/Tetsuya_Kuroki/status/1274912219508035585
0
黒木鉄也 @Tetsuya_Kuroki 2020年6月25日
『キャプテンスカーレット』の影響など関連ツイートは続いておりますので、まとめの更新もお待ちしております。
0
ワス @wsplus 2020年6月25日
それで円谷プロは後番組に「怪奇大作戦」作ったのか
0
神宮寺(エーテル滝川)まこと @jingu77 2020年6月26日
ロボット・怪獣・妖怪のブームローテーションってあった気が。
0
ゲン@無言列車編 @gen_halshion 2020年6月27日
セブンのSF路線は時代がちと早かったと思いますな。放映数年後、アポロ11&13、大阪万博アメリカ館の月の石と、当時の子どもたちに宇宙ブーム(´・ω・`)
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
ノンマルト自体が前作のヒドラの幽霊話の焼き直しなんで、鬼太郎の影響で怪談にしたとか、寝言は寝ていえ。斬新だが無意味な仮説だなあと。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
しかしながら、怪奇が最終的にゲゲゲの鬼太郎に修練したのは事実であり、ウルトラセブンがシャドウマンの話などに怪奇ブームを意識したのも、まあ事実だが、怪奇ブームの起点が楳図かずお作品群であるという話があってな。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
だがしかし、楳図作品の積極的なメディア化は成されず、時期を考慮すればマニア人気があった水木を逆にこの流れに乗せようとしたんじゃないかな。興味深いのは京極夏彦が指摘した、鬼太郎は悪魔くんのドラマと並行し、その影響で妖怪路線に舵を切ったという話。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
まあ、つまり鬼太郎が怪奇ブームを背負ったのは結果論で様々な作品の同時進行で昭和41年時期くらいから怪奇ブームは変節を続けていたのであろうと、鬼太郎の妖怪路線化で怪奇ブームはキャラクター人気へと変わる、しかしそうなると鬼太郎の影響で怪談にしたという話は些か苦しいのではないか。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
さて、怪奇ブーム始まりの楳図かずおはある作品のコミカライズを始める、皆さんご存じ「ウルトラマン」ですね。作品の明朗なイメージと怪獣やヒーローの現在の完成されたイメージから想像しにくいが、当時は怪獣も怪奇ブームの担い手としてメディア側では考えていたのではないかということ、つまりウルトラシリーズは初めから怪奇ブーム渦中にあったという訳だ。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
京極夏彦氏も鬼太郎の妖怪路線にへの変節の課程は怪獣ブームに影響されたのではないかと指摘している。また、怪奇ブーム自体がかのように流動的に変化していた点も指摘したい。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
つまり、ウルトラセブンの根底のアンバランスゾーンは初めから怪奇ブームの渦中の産物であったとみることは決して難しくはない、であるが故にウルトラシリーズは怪奇ブーム特化の怪奇大作戦へ変節したのだ。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
さて、最後にセブンのノンマルトとマンのヒドラで二度も幽霊話の怪談を書いたのは沖縄出身の金城哲夫。ウルトラマンの根幹を設定したいわば原作者だな。ウルトラマン自体が死人に異なる魂(マブイ)が宿る「怪談」である事実を忘れてはいけない、ウルトラマンは始めから怪談なのである。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
lawtomol ウルトラセブンのスーツが二体あるぞ、ニセセブンにしようとか、予算がないから宇宙少女や死人出したから、初期設定にのみ存在したシャドウマンの黒幕ユーリー星人のユーリーは沖縄で幽霊を指すそうです。
0
nekotama @nukotama001 2020年10月14日
基本的な話「ノンマルトの使者」に幽霊は出るが基本怪談を売りにした話ではなく、更に前作の「恐怖のルート34」と同じ幽霊話をやったにも関わらず、妖怪路線で人気が出た鬼太郎の影響で怪談をやったという前提に相当無理があることが、当時の流れを拾えばわかるだろう。 「侵略する死者たち」にしても鬼太郎の影響というのは些か無理がある。 怪奇ブームは最終的に鬼太郎に持って行かれたが、鬼太郎と別個に怪奇ブームは存在した。 逆に鬼太郎の売り方に怪獣ブーム、つまりはウルトラが影響を与えたのである。
0