10周年のSPコンテンツ!

都の担当者に聞いてみた:とすねっと「都内に避難している東日本大震災の被災者の処遇に関する要望書」について

とすねっとが提出した「都内に避難している東日本大震災の被災者の処遇に関する要望書」の内容があんまりすごいので、東京都に電話して言い分を聞いてみた話。
支援 震災
29
寮美千子 @ryomichico
都内に避難している東日本大震災の被災者の処遇に関する要望書 #goo_tossnet http://t.co/mzS8gfl これが事実ならあまりにひどい。まるで刑務所。退避者は自由を大幅に制限されている。
寮美千子 @ryomichico
事実確認のため所轄の東京都都市整備局住宅政策推進部民間住宅課 03-5320-5005 に問い合わせ中、返事待ち「都内に避難している東日本大震災の被災者の処遇に関する要望書」 http://t.co/mzS8gfl 事実なら人権無視
寮美千子 @ryomichico
事実確認のため東京都都市整備局 03-5320-5005 に問い合わせ中、返事待ち「都内に避難している東日本大震災の被災者の処遇に関する要望書」 http://t.co/mzS8gfl QT @wisdom_cosmos これは事実なんですか?プリンスホテルじゃなく〝プリズン〟
寮美千子 @ryomichico
赤坂プリンスへの退避者の処遇に関する「要望書」について、問い合わせた東京都都市整備局担当者より、丁寧な事情説明あり。都作成のルールは一部ボランティア団体が無断で面会所でバザー開催などの行為があり、退避者からの苦情があって作成したとのこと http://t.co/mzS8gfl
寮美千子 @ryomichico
東京都・退避者・とすねっとの3者の言い分を全部聞かなければわからないが、都の説明では、無断侵入する一部ボランティア団体への苦情が退避者からあり、その対処として決めたルールとのこと。常識の範囲であれば、あえて明文化する必要はなかったとの説明 http://t.co/mzS8gfl
寮美千子 @ryomichico
ボランティアによる「善意の暴走」を制御するにはお上の定めるルールが必要になる。赤坂プリンスにおける東京都の面会ルールの細かい規定も、そのような経緯で作られたとのこと。常識の範囲であればルールを明文化する必要もなかったと都の説明。結局、暴走は誰の役にも立たない。
寮美千子 @ryomichico
赤坂プリンスへの退避者。残り3日で期限が切れる。300世帯中、行く先が未定なのは10世帯。2割の人々が自宅に戻り、残りの人々は都営住宅とホテル旅館への移住が決まっている。都営住宅は1年間無料、ホテル旅館は2ヶ月食事つきで無料。次は就労支援と東京都の担当者談。
寮美千子 @ryomichico
赤坂プリンスへの退避者。残り3日で期限が切れるが、300世帯中、行く先未定の10世帯は、都営住宅か旅館ホテルかを決めかねているとのこと。都営住宅に入れば家賃は無料だがそれ以外は自活。旅館ホテルは食事付き無料だが8月末には退去予定で次の移住先を見つけなければならない。都の担当者談
寮美千子 @ryomichico
赤坂プリンスへの退避者関連の取材は、東京都都市整備局に直接電話で問い合わせた。民間住宅課長談。丁寧な対応であった。

コメント

Toriliver Stratos @toriliver 2011年6月28日
これは是非とすねっと @tossnet 側からの反論を聞きたいですね。 #goo_tossnet
Toriliver Stratos @toriliver 2011年6月28日
要望書の件随分拡散してるなあと思ったら、いしかわじゅんが広めてたのか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする