批評はなぜ嫌われるのか

アニメや漫画、ゲームなどで批評が嫌われがちな理由について考えてみたまとめ。
37
てらまっと @teramat

また批評が叩かれているのをツイッターで見かけたが、個人的に、批評を擁護したいというよりは、そこで「批評」と呼ばれているものがどういうものなのか、なぜそれが忌避されるのか、あたりをもう少し詳しく知りたい

2020-07-05 23:03:26
てらまっと @teramat

アニメや漫画やゲームでは「批評」は嫌われるけれど「考察」は非常に盛んなわけで、このあたりには日本のオタク文化(に特有?)の消費者の心性が深く関わっていると思う。批評を愛好する者は、批評が嫌われる理由や構造にも批評的に踏み込んで行ってほしい

2020-07-05 23:07:23
てらまっと @teramat

そういえば前回アニクリの会が開かれたときに、発表しなければならないがとくに何者でもない自分の肩書として「アニメ批評愛好家」という謎のワードを発明したのは良かったと思う

2020-07-05 23:10:53
てらまっと @teramat

批評家を名乗るのはためらわれるが批評を書いたり読んだりするのは好きだ、という方にはぜひ「○○批評愛好家」を名乗ってほしい

2020-07-05 23:12:57
てらまっと @teramat

しかしこれは想像だけど、批評が嫌われる理由として「俺たちの好きなものを俺たちにはわからない小難しい言葉で良いとか悪いとか好き勝手言いやがって」みたいな意識があるのだとすると、それはそれなりに正当な理由なのではないか、という気もする

2020-07-05 23:17:51
てらまっと @teramat

あまりうまく言えないが、アニメなり漫画なり、ある作品について語られる言葉が、その作品の鑑賞者や消費者のコミュニティの内部で循環するのではなく、それを踏み越えるような仕方で発せられるときに、コンフリクトが起こるというか…

2020-07-05 23:25:15
てらまっと @teramat

「自分のよく知っているはずの慣れ親しんだ作品が、自分には理解のできない言葉で語られ、その良し悪しを判断される」という状況に対して、ある種の疎外感を感じる、ということだろうか。そうだとすると、これは知的エリートによる大衆文化の「簒奪」と言えなくもないかもしれない

2020-07-05 23:30:43
すぱんくtheはにー @SpANK888

批評とはスノッブ層による大衆の「文化盗用だ」という視点か。なるほど。

2020-07-05 23:34:34
橙木ライト @toubokun

これは具体的な事象から何かを分析して論じる(例えば聞き取り調査とか参与観察に基づいた社会分析等も)際に直面する構造的な問題かもしれない

2020-07-05 23:43:05
かつて敗れていったツンデレ系サブヒロイン @wak

批評が嫌われるの、批評に興味ない人からすると、頓珍漢な批評が炎上した時くらいしか批評を目にすることがないからなんじゃないか。

2020-07-05 23:29:17
てらまっと @teramat

そうかも。しかし他方で、もっと根深い敵意のようなものがあるような気もする…

2020-07-05 23:35:57
てらまっと @teramat

批評が嫌われる理由として「炎上説」「文化盗用説」などが出てきた

2020-07-05 23:37:27
てらまっと @teramat

批評がすごい嫌いなひとへのインタビューがないとわからんな…

2020-07-05 23:40:57
すぱんくtheはにー @SpANK888

でも「批評が嫌われる」姿って、ふた昔前ぐらいの「サブカルがオタクから嫌われている」姿と重なるねぇ。

2020-07-05 23:39:42
すぱんくtheはにー @SpANK888

私はそもそもオタクコンテンツに触れたのって、スノッブへの憧れが入り口だからなぁ。

2020-07-05 23:53:03
坂上秋成@7/9新刊『ファルセットの時間』発売 @ssakagami

最近思うんだけど、批評行為って、文章を書くとか演説をするとか以前に、何かしら自分を取り巻く世界について言及したいという欲望そのもの――つまりは行為じゃなくて生き方そのものの問題なので、止めようと思って止めれるもんでもない。プロでもアマでも、批評家の人は一生批評家なんじゃないかな。

2020-07-05 19:35:21
坂上秋成@7/9新刊『ファルセットの時間』発売 @ssakagami

当たり前だけど俺だって自分の作品について批判的に言及されたらムカーっとする。けど同時に、それが誠実な意図を持った批判であれば、自作をよりよくしていく方法や可能性について思いを馳せることができる。そうやって世界のクオリティを上げていけるなら、批評ってのは十分に生産性のある存在だよ。

2020-07-05 19:41:36
すぱんくtheはにー @SpANK888

批評批判ってたぶん製作者に向かって書いてるもんじゃあないと、私は思ってる。だからそれで作者が喜ぼうが怒ろうがどーでもいい。そんなことは関係無い。

2020-07-05 19:48:40
ワクテカ @rewktk

「自説を主張するのに作品を利用されるのが嫌」というのはあると思う。そのために作品そのものが軽んじられていると感じて怒りに火がつくタイプの

2020-07-05 23:45:28
てらまっと @teramat

たしかに、批評への敵意は作品への愛(?)ゆえという感じもある

2020-07-05 23:49:08
さ.て.⋈ゲームサンシャインス02a @sktttr

確かに政治的主張の為やその人のポジションの為に利用されてる感のある批評ってある気がする。 twitter.com/teramat/status…

2020-07-06 00:14:47
橙木ライト @toubokun

差別や貧困の経験が社会批判のためにあるわけではない(が、時に社会批判のための材料として利用されているように見える)のと同様に、作品も批評のためにあるわけではない(が、時に批評のために利用されているように見える)、みたいな構造的な問題はありそう。

2020-07-05 23:48:25
橙木ライト @toubokun

しかも社会批判はまだ「差別や貧困と戦うために必要」という(あえて言えば)言い訳が容易に成り立つだろうけど、批評はなんのために必要なの?と思われやすそうだというのも

2020-07-05 23:52:10
小川 純(オガワデザイン) @ogawads

僕は批評は分からないけど、ベタなモデラーだった90年代終わりに村上隆がオタク業界を絶賛して、これはアートだと言い始めた頃に同じような嫌悪感を抱いた。オタク民藝運動と言えば聞こえが良いけど、結局は知的で自分たちでは敵わないロジックで武装した征服者に簒奪される原住民の気分を味わった。

2020-07-05 23:50:41
小川 純(オガワデザイン) @ogawads

だからって訳じゃないけど、プロのモデラー(原型師)になるのは諦めて、もう少しロジックで戦える商業デザイナーになったのよね。結果的だけど。だから未だにオタク系コンテンツをモチーフにした現代アートや批評には生理的に警戒感がある。後になれば村上隆は本当にオタク文化をリスペクトしていて→

2020-07-05 23:53:47
残りを読む(38)

コメント

@mouth0717 2020年7月6日
これはあれじゃね? 創作の批評的側面が忘れ去られて、批評がまるで創作の上位捕食者みたいになってしまった(実際にはそうではないのだがそのように見られてしまうようになった)のが原因じゃね?
1
@mouth0717 2020年7月6日
mouth0717 たとえば新しい創作は、既存の創作のヘイトを買いがちだったところをそれぞれのやり方で乗り越えようとしていたりするわけじゃん。読者はそういうところにもっと批評精神を見出すべきだと思うんだよね。そうすれば、批評家は創作者と地続きであることが理解できるはず。
0
@mouth0717 2020年7月6日
批評の名を借りたプロパガンダの問題(もしくはそうした可能性に対する危惧)はあるにせよ、それらを適切に見分けるためにもまずは"批評とはなんぞや"という意識の涵養が必要。批評とは本来クリエイティブな営為であることがあまりにも忘却されすぎている。
1
RiderKick @Kick7Rider 2020年7月6日
シンプルな話、「批評を名乗る罵倒」が幅を利かせすぎてるだけじゃないかなぁ。やめろと言う側もまず念頭にそれがある。
64
べんどあ @medapani0003 2020年7月6日
オタク視点での考察はコンテンツを骨の髄まで理解したいからという欲求が起因しているように思う(個人的な推測 んで、さも理解の足りてなさそうな自称批評家の言葉に対して「お前に何がわかるんだよ」という拒絶反応が先にくるような うん、うまくまとまらない
1
コウコウ(kou)🌻 @AirzoomH 2020年7月6日
個人的な経験則だと、荒れ易い内容は 「他との比較・対比」 「当時の話や未来の予測など今現在から離れた話題」 「専門的な知識や用語を使った話」 「データでの可視化・数値化」 などが主な傾向にあった印象。特に村社会的なコミュニティだと批判以前に 疑問を抱くことでもバッシング対象として敵視されたりするので 全員が下手な事を言えない窮屈な空気とかも結構あった。
7
コウコウ(kou)🌻 @AirzoomH 2020年7月6日
なのでネガティブな情報を扱う場合は 落ち目、下火、先細り、オワコン等のアンチ的な単語は避け 安定した、落ち付いた等と言葉を選んでリスペクトする姿勢がないと 発言権そのものが失われかねななかったりと 他にも、ほならね理論的な実力主義も幅が利き 貢献実績のあるプロの方の記事とかを引用しても 此方が素人である限りは門前払いみたいな対応も少なくなかった。
6
コウコウ(kou)🌻 @AirzoomH 2020年7月6日
これら排他的な感性や心情は作品への想いと 自己のアイデンティティが密接な関係にあったり 作品の否定がそのまま自己の否定に繋がるような 〇〇を好きな自分が好き的モデルに近い構造を感じる。 ファンは批判も出来るけど、信者は批判を許さない的な
4
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年7月6日
批評を嫌がる人ってたいていはただの消費者でしかないからね。私個人は製作(制作じゃないほうね)の経験のある人の批評はある程度信用して読みますよ。
0
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年7月6日
作家やクリエーターのように他人の金で自分の好きなものを作る制作は自分が作ったものを名刺代わりにいつでもだれにでも公開してよいが、自分の金で他人が作ったものを製品に仕上げる製作は関わった作品が販売・公開・上演・放映・または販売中止になっても守秘義務がある。だから、私のように製作側の人間がこざかしいことを言うと、経歴詐称疑惑を持たれてしまう。製作側経験者の批評がファンに好意的に受け止められることがないのはこのため
0
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年7月6日
制作を俗に「はだかせいさく」、製作を俗に「ころもせいさく」と呼ぶのは、この作品に対する守秘義務の有無によって分けられる。1案件内で制作と製作を兼任したりしようとする行為は、業界では破門や絶縁に等しい扱いを受けるので気を付けましょう
1
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年7月6日
こんな硬い話でなくても、例えば漫才師のギャグがわからなくて友人に尋ねて意味を説明されても、理解はできても納得はいかないわけで、そうすることやされることが「面白さを味わう」ことにならないという問題は残る
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年7月6日
じゃあこざかしいこと言うのやめればいいじゃんよ。客観的に判断できるデータを元にしていること以外はね!
15
lonngfa @lonngfa 2020年7月6日
批評といいつつ実際には製作者批判になってるのが多すぎるからじゃないですかね
22
ニートその3 @apribi 2020年7月6日
最初のツイートにある「生産性のある批評」ってのが表に出てこないからじゃね?もしくは絶滅してるんじゃね?w昔だったら100万部売るためにはこうしたらいいとかあったのかもしれないけど、今はもっと小さいマーケットで濃い客相手に商売してるのに対象外のやつがごちゃごちゃ言ってるだけみたいなイメージやわw
12
○○もへじ @marumarumoheji 2020年7月6日
批評と批判の区別って何か意味あるんですかね? それが批評であれ、批判であれ、的外れなものであるなら的外れなだと論じればいい話してあって、それを面倒くさがって論拠を示さずショートカットしようとしてるだけじゃないのか。
1
二尾狐(にびこ) @dualfoxy 2020年7月6日
ただの罵倒にしかなってない下手くそな批判ばっかだから
8
KLEIN @klein_artifact 2020年7月6日
内容がほぼ個人の嗜好の域を出ない感想でしかないのに、それを普遍的な評価であるかのように語るからでしょう。 「批評」なんてものができる人間はこの世に存在しないとすら思ってます。
5
しろうと @sirouto 2020年7月6日
>スレタイ への返答としては、「批評」と「批判」が区別できてないし、「正当な批判」と「誹謗中傷」も区別できてないから。
13
yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2020年7月6日
ちんちんが生えているキャラを実はちんちんが生えていませんでしたなどと言うちんちんに対する冒涜は許されて良いものではない(´・ω・`)一度生まれたちんちんは生涯慈しみを持って愛すべきなのだ(宗教戦争の構え
0
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2020年7月6日
作品に対して肯定的であってもファンから嫌われる「批評」はあるわけで。仮に「批評」「考察」「批判」「誹謗中傷」…etcの区別が完全にされたとしても、区別だけの問題にはならないのじゃないかな。
0
nob_asahi @nob_asahi 2020年7月6日
え?みんな批評も批判も大好きだよね、自分が好きでもないことに関しては。
6
キタカゼ @kitakaze_Mk2 2020年7月6日
書評は本を買うときに参考にしたりしますね。面白い書評で「この本買ってみたい」となったこともありますし。 批評とか批判もまた「質」を問われる対象ではあるので、ひとまとめには…。
1
なす @NushHtc 2020年7月6日
斬るとか言いがちだから。なんかすぐ斬りたがるよね
1
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年7月6日
澁澤龍彦は好きだけど、ああいうのが批評なの?
0
大地 @6Z6O7mbhHUKxu1x 2020年7月6日
実績もない名前も売れてないやつが言うこと→批判 実績あって名前も売れてるやつが言うこと→批評 上記どっちにしても言葉が荒い→暴言
0
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年7月6日
「ネームバリューのある作品に乗っかって名前を売ってやろう」という感じが嫌なのかもしれないな。だいたい薄っぺらくて頓珍漢だし。
1
すなのうつわ @host_st 2020年7月6日
批判ですらないただの叩きだらけだからじゃない?批判ならもっとまともに自論を組み立てるでしょう
8
(あ)@お気持ちヤクザ @MutsuniNaruBeam 2020年7月6日
「その分野に生産的に貢献できないけど関わりたい」って人が批評家になるイメージが強い。批評家になれば生産者よりも上の立場に立てると思ってやってる人も多い印象。棘でコメントすればまとめられた奴より賢いと錯覚できるのと同じ(自戒)
1
井上郁@記号論の使い手 @semiotics_labo 2020年7月6日
発端となったVtuberさんのアカウント名の横に「クソ」と付けて検索すると 「〇〇はクソ」といった趣旨のツイートが大量ヒットしますから、 批評の良し悪しなんてその時の立場によるとしか言えないでしょう。
2
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年7月6日
「簒奪」っていうなら二次創作だってそうなんだし、「簒奪に当たるからの嫌悪」とは思えないな。「批評」や「批判」はアンチの所作で、「考察」は肯定的立場の所作、って使い分けて前者を敵視してるだけに思うんだよね。ディスな意見は聞きたくない、てだけじゃない?
0
baloonfight @houseslestaque 2020年7月6日
「けものフレンズ2批判」があれだけ大盛り上がりした中で「批判が嫌われる理由」も何も無いと思う
9
蒼ウミガメ @aouiae_mgm 2020年7月6日
クソ批評に対して、「その批評はつまらない」と言えるようになれば良い。 オリジナル作品は「嫌なら読むな」「ほならね」が通用するけど、 批評に関しては「批評していいのは批評される覚悟のある奴だけだ」論が使える
2
有希見だいふく(GSH) @huyuhotatu 2020年7月6日
まぁ、ぶっちゃけ批評なんて結局オナニーでしかないんだから、自分の胸にしまっとくか作者にでも送っておけばいいのに、それをパブリックに公開しておまんま食ってるのがいるってのが理解できない。だって、たかが数人の代表面した批評家が何か言おうと今後の作品の良し悪しになんて影響しないから。
3
そそ @quiseitaiho 2020年7月6日
野党が嫌われてるの見ればわかるでしょ。都知事選だって小池百合子圧勝したよ
0
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2020年7月6日
>批評ってのは、勇気のことなんだぜ(いやマジで)。 いやー……。
1
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2020年7月6日
批評は正義と酷く批判してこき下ろす人がいるからだろうね。基本的には批評の対象になるようなことって、本来なくても良いような娯楽や芸術だったりするけど、それをそんなにカリカリこき下ろすようなものかってちょっと考えたら、愛好するならまだしも悪口でお金を貰うとかあり得ないってなる。
1
節穴 @fsansn 2020年7月6日
気に入らない批評は論破すればいいし、論破出来ないならそれはどれだけ気に入らなくても正しい批評
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2020年7月6日
鬼滅は衛府みたいな展開じゃないので衛府を読みます(世界が平和に)
0
RGB000 @19666_61 2020年7月6日
批評、肯定的なものも含まれるはずなのにそれを忘れそうなほど肯定的な批評が注目を浴びる機会がない
0
亜心 文 @agokoro_fumi 2020年7月6日
19666_61 こと在野での話になると、肯定的なものは大体発信者から「批評」ではなく「感想」で発せられてる気がします。
1
RGB000 @19666_61 2020年7月6日
あとネットで誰もが批評っぽいことができるようになったので、ほならね理論が活性化したのもある
4
ピグモン @gdtiomnbvf 2020年7月6日
「公表された作品については、見る人全部が自由に批評する権利を持つ。 どんなにこきおろされても、さまたげることはできないんだ。それがいやなら、だれにも見せないことだ」
0
RGB000 @19666_61 2020年7月6日
agokoro_fumi 否定的な批評ばかりが批評として集まるならケチつけ行為と思われても仕方ないと思うのです
1
ゆりいか @eureeka2013 2020年7月6日
gdtiomnbvf 「公表された作品については、見る人全部が自由に批評する権利を持つ。 どんなにこきおろされても、さまたげることはできないんだ。それがいやなら、だれにも見せないことだ」 画家であるマミ公パパがこれを言うならともかく、もし批評する側が言ってるんだと仮定すると見識不足も甚だしいな…批評もまた文芸作品(現代では漫画、映像での批評もありうるか)であるっていう観点がすっぽ抜けとる。つまり公表された批評もまた他人の自由な批評の対象になるのだ、その理屈そのものによって
14
ゆうき @F001Yuki 2020年7月6日
批評も批判も元は良いところを良い、悪いところを悪いと評価判断する言葉だったのに、いつしか批判は否定的な評価をするという意味になった。批評も元の意味を忘れ、あるいは知らず、否定的な評価をするという意味として受けとる人が増えている。世の中のSNSにはイイネボタンばかりが設置され、not for meと言えという声が上がり、人間は否定されることに堪えられない弱い生き物であることが明らかだ。あまりに弱い彼らは作品に対する否定的な評価を、それが好きな自分への否定的な意思と受け取りだした。そういう地獄が現代
3
ゆりいか @eureeka2013 2020年7月6日
例えば小林秀雄あたりの文学批評はそれ自体が文学だとか創作だとかいうのは昔の大学受験国語のレベルですら言及されてたように思う。そして批評ってのも対象とする範囲はいろいろあるだろうけど、範囲が狭くなるにつれてその位置づけは限りなく二次創作に近づいていく(魔法少女アニメ概論と魔法少女まどか☆マギカ論とでは後者のほうが特定の一作品への依存度が高かろうという意味)。二次創作するのであれば、批評ってやつはNTRだとか身体欠損だとかいった荒れがちなジャンルの一つだという意識が必要なのだと思われる
0
キケリキー @KIKERIKI17 2020年7月6日
批評の体を装ってナニカを書いて、嫌悪されようと思ったら簡単な方法があるよ。その消費者を遠回しに馬鹿にする内容にすんの。分かりやすいのは「なろう」や「ケータイ小説」へのソレ。ちょっと前なら「ラノベ」や「エロゲ」で、その前には「小説」で行われたような「ヒヒョウ」な。んで多分、こういうのは「批評じゃない」って切断処理されるはずで、そういう乖離も影響してそう。
6
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2020年7月6日
創作や芸能関係の批評に関しては、ちょっと辛口に厳しいことをいいつつもジャンルの普及や保存に尽力しているような人と、なんか勘違いして人を傷つける呪いの言葉しか吐かないおじさんの両方がいるけど、前者の批評はわりと尊重されているのでは。そんな人をジャンルではもはや批評家評論家とは呼ばないけどね。
4
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2020年7月6日
自説が正しいと証明したくば、その「正しい批評」とやらを自ら実践する以外にないね。
0
めらんこりんこ @merancorinco 2020年7月6日
私は好きな作品しか批評しないけどここで話題になってる批評とは違うんかな…?批評と考察を明確に分けて考えたことがなかったな。
0
ebxy @ebshrimp 2020年7月6日
批評と感想の区別がついてないな。基本的に制作に役立つ創作論は再現性のある事象を技術として抽出する、こう書けばこう伝わるみたいなね、それに対して批評は他の作品との差異や特異性で作品を語る。感想は「普通におもしろい」を言葉にできるから創作に役立つが、批評は面白さを重視しない娯楽性とは別の芸術ごっこ。批評に批評趣味以外の生産性なんてないし、あったらむしろ駄目ぐらいに思わないと。
0
もるてん @molten_4096 2020年7月6日
そら自称「批判」の中身の95割が非難だからな、嫌がれるわ 言葉の間違いを指摘しても言葉は生ものとか頓珍漢な反論してくる奴等ばかりだし 正しい意味の「批判をしよう!」と言ってもそら齟齬が出るわな
3
K3@FGO残6.5 @K3flick 2020年7月6日
批評と批判、毒舌と悪口、似てるようで全然違うのだが理解してない人に限って毒舌批評家気取りなんだよね
4
ebxy @ebshrimp 2020年7月6日
あと批評が嫌われる理由は「批評を嫌う層から自分を差異化するファッション」だからだよ。差異化ゲームにおいて身近な他人に嫌われるのは手段であり目的でもある。作品に批評的な価値があるならファンコミュニティとか無視して、文学者なり美術家なりとその価値を共有すればいいだけの話。それよりも他のファンなり作家なりを「批評をしない/認めないやつは程度が低い」みたいに批判しがちな連中多いでしょ。ファンとは違う語り口なら良い、ぐらいしか良し悪しの判断ができないバカのファッションに批評はなってるんだよ。
3
@mouth0717 2020年7月6日
批評ばかりが取り沙汰されるけれど、『感想』とか『考察』の名で呼ばれるものも大概劣化してるよね。感想は実質的に作者への応援メッセージでしかない場合が多いし、二次創作的な妄想を垂れ流してるだけの自称考察もネットに溢れかえっているよな。あっちのほうがよほど節操がないだろ。
0
@mouth0717 2020年7月6日
「批評者自身が批評と罵倒を区別できていないからだ」という意見が目立つが、これ本当かな。どっちかというとバズった陰口に対して「これだから批評家はw」みたいなレッテルがあとから貼られるケースのほうが多くね?
0
九十九 @hakqq 2020年7月7日
1ツイ目を見るだけで成程薙ぎ払われて当然であるとの思いを強くする
2
gaheki @gaheki 2020年7月7日
何であろうと「個人的な感想」の域は越えられないのに絶対真理のように言うタイプは敵を作ってもしゃーないと思ってる
5
まじかる @natsumachinegun 2020年7月7日
"他人をなんとかするために言説や批評はある" 出オチじゃん。
2
まじかる @natsumachinegun 2020年7月7日
"批評"は単語それ自体が論理性を担保するような一方で、"嫌われる"というあくまで感情論での対立だという前提のタイトルもどうなんだろ。
1
noobie@ゲーム評論集発売中ニキ @17noobies 2020年7月7日
げんかいくんという批評系Vtuberがこの世には存在することもよければ知っておいてください… @genkaiken
0
てらまっと @teramat 2020年7月7日
当事者の申し立てにより、いくつかのツイートを削除し、順番を少し入れ替えました。
0
てらまっと @teramat 2020年7月7日
思ったよりたくさんのひとに見られていることもあり、議論の発端となった個人への批判・非難と受け取られる内容を含むツイートについては削除、または並び替えて文脈を変更しました。ご了承ください
0
くま @Do4z9IPfoZEDnxQ 2020年7月7日
批評をさたたくなければ公開するな😤
1
九十九 @hakqq 2020年7月8日
「議論の発端となった個人への批判・非難と受け取られる内容を含むツイートについては削除」ほらみろ、心底ではただの誹謗なのだ
2