オリンパス E-P3 高速AFの正体? (via 43Rumors)

デュアルコアTruePicVIを採用とされていたので合致する件。 http://www.43rumors.com/ft5-first-non-blurred-e-p3-picture-with-12mm-lens-ft5-olympus-rumor-summary/ 6/30(木)追記: E-P3/PL3/PM1が発表になり、今回の新製品群ではこの技術は使われていない事が確認されました。タイトルに偽りありです。すみません。 続きを読む
カメラ オリンパス マイクロフォーサーズ デジカメ
3
西行寺松之助 @toko_fukenji
赤外線をコントラストAFに応用?解らん:43 Rumors | Blog | Olympus patent do show the new AF system and sensor (Infrared is the key?) - http://goo.gl/87tnx
ataru@ぶちかました13期 @ataru_mix
ベイヤー配列素子のR.G.B.G配列の一部をR.G.B.IRにして、GとIRの色収差によるコントラスト差からAFの動作方向を検出してるのか。この手があったか。 http://j.mp/mH20Jy
ataru@ぶちかました13期 @ataru_mix
@matsusaburo えーとね、フジの位相差検出素子同様、素子側にまず細工がしてある。ベイヤー配列はGが四つ組みに二つあるから、その一部をIRに置き換える。赤外線は色収差によりピント位置が異なるから、IRに注目するとGと違う位置にコントラストのピークが来る。それをGと比較。
KAZE/高橋賢治 @KAZE
@ataru_mix IR!?その手があったかですよほんと……。
ataru@ぶちかました13期 @ataru_mix
@matsusaburo 赤外域でどっちに収差が出るかは、どのレンズでも大体遠い側と決まってる。で、色収差が非常に少ない赤外までアポクロマートなレンズではこの手は使えないはず。
ataru@ぶちかました13期 @ataru_mix
@KAZE これ考えた奴頭いいわ。素子単位での細工ってのは私も何通りか考えた(マイクロレンズでの細工とか)んだけど。
ataru@ぶちかました13期 @ataru_mix
だいたいCMOSでもCCDでもIRカットフィルターを噛まさなければむしろIRの方が感度があるくらいのもんなんで、邪険に扱うだけじゃなく活用するってのは賢いわ。
西行寺松之助 @toko_fukenji
えーと…素子内位相差AFの更に改良版ってことか…>オリ新PEN
妖介🍬 @kiai_hissatsu
なるほど。RGGB配列のうちGの一つを赤外線にし、可視光+赤外線という波長の違う2種類のTTL光を用意してその差をパッシブAFに応用したような感じという理解でいいのかな。GのカラーフィルタとっぱらうKodakとは真逆のアプローチでAF高速化に寄与したと。
ataru@ぶちかました13期 @ataru_mix
@kiai_hissatsu 色収差をこういう形で活用するというのは考えなかったわー。
妖介🍬 @kiai_hissatsu
@ataru_mix あとはGの一つをIRにした影響がどれくらいあるかですかねぇ。IRで得られた感度を含めるとすると多分色収差が反映されるけど、今は画像処理でどうにもでなるぜーwww的なもんかなぁと。
ataru@ぶちかました13期 @ataru_mix
@kiai_hissatsu どれだけの割合をIRにするかだよね。たぶん全部じゃあるまい。
妖介🍬 @kiai_hissatsu
@ataru_mix 感度の維持と色収差を補正を両立できる範囲として、あてずっぽで1/2くらいですかねぇ。まぁ明日になればわかるんでしょうけどw
妖介🍬 @kiai_hissatsu
とぅぎゃって気づく点:「波長が違う→屈折率が違う→色収差の出方が可視光と違う」の解説があればもっとわかりやすい。参考:http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/uvir/uvir_chromatic_aberration.html
妖介🍬 @kiai_hissatsu
今回のパテントに関する技術はE-P3/E-PL3/E-PM1には搭載されない模様です。今回は主にLiveMOSのAF読み出しと演算の高速化による地道な努力のたまもの。 http://goo.gl/rg63B

コメント

妖介🍬 @kiai_hissatsu 2011年6月29日
少し追加しました。GをIRにした影響のとこ。
妖介🍬 @kiai_hissatsu 2011年6月29日
可視光と赤外線と色収差についての補足を追加。
妖介🍬 @kiai_hissatsu 2011年6月30日
E-P3/PL3/PM1発表を受けて追記しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする