編集可能

戦国武士団はむしろ「なんでアレでその後、統一政権が数百年続き、秩序も完璧だったの?」が謎になるレベル

当時のオランダから見てもちょっとやばい武装集団がごろごろしてた時代https://togetter.com/li/1555044 から、天下泰平のパクス・トクガワ―ナへ…そういや、そうですね
383
いど☆8/16神戸かわさき須磨5 @idonum

スペインに対抗するためオランダが戦国時代明けの日本人を傭兵として雇ったところクッソ強かったけど不満があるとすぐ上官斬ったり反乱起こして手をつけられなくなったって話野蛮すぎて笑った 武士とかいうガチ戦闘民族

2020-07-06 09:47:18
まとめ オランダが戦国時代明けの日本人を傭兵として雇ったらクッソ強かったけど、不満あるとすぐ上官斬ったり反乱起こして野蛮すぎw 粗食にも耐え辛抱強く従順だが名誉を侮辱すると途端にキレる。 扱いには気を付けろと言われてたらしい _(:3 」∠ )_ 195748 pv 1613 653 users 727
ひざきりゅうた@神戸かわさき新開地31 @Hizaki

@idonum フィンランドから日本史の勉強に来た人もなんで日本が統一できたのかわかんなすぎて興味深いって言ってましたね…

2020-07-06 10:11:46
まとめ管理人 @1059kanri

オランダが戦国時代明けの日本人を傭兵として雇ったらクッソ強かったけど、不満あるとすぐ上官斬ったり反乱起こして野蛮すぎw - Togetter togetter.com/li/1555044 @togetter_jpより

2020-07-07 23:20:53
まとめ管理人 @1059kanri

戦国の内戦状態から日本が何故統一できたのか、というのは、戦国期に日本に来た宣教師なども指摘していましたが、当時既に、言語的にも同一で、しかも価値観、常識もほぼ共通していたというのが大きいかと。

2020-07-07 23:27:07
いど☆8/16神戸かわさき須磨5 @idonum

@Hizaki 世界と比較してもなかなか狂ってますよね日本…日本史は明るくないですが徳川は偉大だったってことなんですかねえ…

2020-07-06 10:17:40
ひざきりゅうた@神戸かわさき新開地31 @Hizaki

@idonum 幕藩制がステレオタイプなイメージの近代的統一国家よりもかなり合衆国制に近い面があるのもありそうですが徳川それうまくやってんのが謎ですね…反面教師?

2020-07-06 10:27:53
兵法つぶやきアカウント @douten2

@Hizaki @idonum 統一で重要なのは官位と格式、今で言う学歴、権威ですね。日本人は和の民族なので、これが無いと例えば民主党や社会党のように、組織内で永遠に内ゲバを繰り返します。

2020-07-06 11:03:53
はやぶさ @moronao78

@douten2 @Hizaki @idonum 徳川家康→源家康 羽柴秀吉→藤原秀吉→豊臣秀吉 織田信長→平信長

2020-07-06 11:07:25
カニ高専 @masau0519

@Hizaki @idonum 日本時には、たとえ実権無しとはいえ、天皇を中心とした律令制の官位体系に対し潜在的な畏怖心があって、秀吉も家康もうまく武力に律令制官位体系を乗っけたというのは大きいと思います。 日本を統一するうえで、天皇の存在って大きいなあ、、、、と

2020-07-06 12:37:51
gleehen @gleehen

@Hizaki @idonum まあ統一できたのは兵法さんが言うように官位と格式、そして律令制ですからねぇ 元をたどれば官位は中国が元だし、中国の春秋戦国や三国もヨーロッパの人にとっちゃ理解し辛いと思うな…

2020-07-06 12:49:44
カニ高専 @masau0519

@Hizaki @idonum (誤)日本時→(正)日本人

2020-07-06 12:58:46
spaik @saitoo2014

@Hizaki 家康が広めた朱子学の影響も大きいと思います あとは生類憐れみの令が命を大切にする社会に変えたとか

2020-07-06 19:37:44
Ryoyd George(りょいどじょーじ) @happy7qr

@Hizaki @idonum 大名2世って、戦わないことにも慣れていたとは思うのですよねえ。

2020-07-06 22:09:50
Polo @PhSEDVvKqQezHrx

@Hizaki @idonum 欧米人にとってみれば、明治維新も謎の塊のよう…

2020-07-07 02:50:27
アトリエだいこんや⋈🍆 @atelier_daikon

@PhSEDVvKqQezHrx 「お、徳川さんまだ封建国家やん。内戦煽って分け取りしたろ」 「今日から天皇中心の中央集権国家やで。よろしくニキ〜」 「なん…だと…?」

2020-07-07 11:55:23
Polo @PhSEDVvKqQezHrx

@atelier_daikon 明治政府「よし!版籍奉還や!」 欧米人「うむ……」 明治政府「次は廃藩置県や!」 欧米人「ばっかじゃないの!我々優れた西洋国家が100年血みどろの戦いで達成したものを簡単にできるわけないだろう。🤣」 版籍奉還の3年後に廃藩置県成功 欧米人「は?🤯」

2020-07-07 12:56:37
葛/ヨシノ @45Awqgy3ReV8Wcf

@happy7qr @Hizaki @idonum 2世ではまだ難しいかも、3世ぐらいからなら。 井伊家2代目直孝(別名、夜叉掃部)大坂の陣参戦 井伊家3代目直澄 映画『切腹』の元ネタになったエピソード 切腹詐欺で集る相手に家中の者がしたいなら介錯仕ると自刃させたことにより、他家から流石戦国の気風を残すと評される・・・3世でもヤベー…

2020-07-07 13:31:27
五指ナマケモノ @ituyubi

@Hizaki @1059kanri @idonum バルト・北海沿岸が不安定すぎただけのような気も?

2020-07-07 23:30:39
まとめ管理人 @1059kanri

江戸中期くらいだと、当時の日本国家の整然とした秩序には当時のオランダ人なんかもびっくりしていますね。すべての街道が首都(江戸)を起点とし、全国津々浦々までその首都からどれだけの距離にあるかが完全に把握されているという。

2020-07-07 23:34:44
日本犬よもやま話➕アルファ @ayumun31

犬の伊勢参りを成立させていたのは、江戸時代の平和や整備された街道、犬も含めた共同体の在り方、そして人々の信仰心と「しゃれ心」でした。しかし明治維新によって、日本人の心と犬との関係は劇的に変化。伊勢参りに行って誉められていた日本の犬は「地犬」と見下され、次第に消えていくのです。 pic.twitter.com/RKDL9zi2kU

2017-03-10 11:06:31
拡大
るおちぃ@新・性癖王ウミウシ @ruoqi91

@1059kanri 応仁の乱で公家たちが地方に散らばったり、各国の大名が上洛したりして共通の価値観や常識が広まった可能性もあるんでしょうか…?

2020-07-07 23:35:05
まとめ管理人 @1059kanri

@ruoqi91 そういう短期的な話ではなく、遅くとも平安期からの浸透でも有り、また一所懸命などといいますが、実際には武士は全国をダイナミックに移動する存在でしたし。

2020-07-07 23:37:55
るおちぃ@新・性癖王ウミウシ @ruoqi91

@1059kanri あー、確かに鎌倉辺りで既に移動しまくってましたね武士…なるほど。

2020-07-07 23:39:05
まとめ管理人 @1059kanri

@ruoqi91 鎌倉、室町期の武士は日本全国に領地が散在するのが普通でしたので、どうしても広域をフォローしなくてはなりませんね。武士の領地が一円化するのは戦国期からの現象ですね

2020-07-07 23:41:53
残りを読む(46)

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年7月8日
え?戦国時代はある時期までは、身内で戦闘を起こさず宗家に就いた者はいないと言われているほど血みどろだったし、だからこそ有力武将は法度、決まりを作らなくてはいけなかったって聞いているし、よその大名を降したり打ち破ったりしたあとは、そこの統治機構や思想は研究するでしょ、源平藤橘の血筋を気にするのは、そのぶん歴史に通じているからだし、単に歴史好きなだけでなく藤原氏から平氏から源氏からの統治手法は学んでたでしょ。
44
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年7月8日
マンガ「センゴク」はフィクションが多いだろうけど、それでも織田信秀が、今川義元が、長宗我部元親が、北条早雲が領地経営の法度や金策に駆けずり回ったのはフィクションじゃないでしょ。本宮ひろ志も斎藤道三を主人公にしたマンガを描いていたな。硬軟織り交ぜた手法で美濃を獲っていって、ノウハウを手紙に書いて信長に送っていた。そこはフィクションかもしれんが、信長だって父信秀を見て育っていたし。
11
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月8日
個人的な見立てで歴史的に正しいかどうかは分からないのですが、戦国時代は、武士の縄張り争いで「やぁやぁ我こそは」をやっていた時代から、大量に兵士を育てて長槍での集団戦や鉄砲で勝負を決めるようになり、個人の武勇から国全体を巻き込んで戦う時代に変わった時代ではないかと思うのです。
1
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2020年7月8日
やはり、一番上に天子様(天皇)があったからかなぁ。天皇の代理として政治を執り行なう関白太政大臣になった羽柴秀吉、天皇の代わりに朝敵を撃つ軍団(幕府)の最高司令官征夷大将軍の徳川家康と、力がないとしてと天皇が上にあってのことだろうな。
39
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月8日
mikumiku_aloha で、正妻を江戸に住まわせたり参勤交代で金を使わせたりという、各藩の国としての力、経済力をそぐことで江戸の太平は続いていたのではないかと。
22
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月8日
江戸時代の経済成長率は低かったと言われており、検索すると、年率0.3%程度だったんではないかという記事も見かけました。 https://www.tonya.co.jp/shop/g/g524/
1
GGP_DDT(限りなく無色透明に近い戦慄のブルー) @ggp_ddt 2020年7月8日
版籍奉還…? そんなの習わなかったぞ、昭和時代。廃藩置県は教わったが(ただし日本史は必須ではなかったので取ってない)。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月8日
序列を重視する儒教の一派である朱子学が江戸幕府の正学になったのも影響していると思います。長幼の序とか現代の日本人が道徳として認識しているルールの中にも、儒教、朱子学の影響を受けたものがありそうです
19
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2020年7月8日
江戸中盤の徳川政権安定は南朝など対立天皇が姿消した(末裔を標榜する人も全国政権は望まなかった)のが大きかったのでは。それでも今と比較すると暴力に訴えがちだったし、お家騒動や一揆も絶えなかった。
1
ゆゆ @yuyu_news 2020年7月8日
武力と政治権力の武士、伝統と格式の皇室(公家社会)、実態経済を掌握する商人、という三竦み構造が功を奏したのかなという気がしてる。
7
ゆゆ @yuyu_news 2020年7月8日
+αで、宗教の力もあったし、血なまぐさい戦国時代に茶の湯の文化という謎の価値観が出て、「天下人だが所詮成り上がり」「貧しいが伝統ある家柄」「身分は低く貧しいが芸術に優れる」「平民だけど娘が玉の輿に乗った」など多彩なランキングでそれぞれのメンツを保って(マウント欲を満たして)いた、というか。
4
社長(仮) @smichie1221 2020年7月8日
維新後に廃藩置県がうまくいったのは、元殿様が知事になってたところが多いからでは。
46
マシン語P @mashingoP 2020年7月8日
古代から世界に冠たる先進文明の中国をお手本に出来る程近く、かつ簡単に征服出来ない程度の距離に居たのが大きいと思っている。文字・宗教・都市計画・法制度に至るまで丸コピではなくローカライズして導入することが出来たし、頭を垂れて乞えば気前よく教えたり物をくれるくらいにお大尽気質というのも幸い。ローマ文明相手だったら属州にならない限りは出し惜しみされていたはず。
17
ゆゆ @yuyu_news 2020年7月8日
そうすると、南北朝の対立が、キリスト教世界の宗教改革から旧教新教の血みどろの争いの流れにならなかったというのがポイント高いのかな。日本の現人神である天皇でさえ、譲位したら出家して仏門に入るような宗教観だったしねぇ。
2
でき🌂 @dekijp 2020年7月8日
例えば徳川幕府を脅かす一例の一向一揆・浄土真宗について、徳川家康が東本願寺の土地を寄進し、以降浄土真宗内部で東本願寺と西本願寺に分立して争う事で徳川幕府が安泰化する一因となった。我々が知らないだけで、他にも徳川幕府を安泰化させる仕組みは他にもあるのかもしれない。
13
吉村英崇@図書館いくのだ _(:3 」∠ )_ @Count_Down_000 2020年7月8日
マトメを紹介いただき、有難うございます。連携させていただきました。 https://togetter.com/li/1555044 オランダが戦国時代明けの日本人を傭兵として雇ったらクッソ強かったけど、不満あるとすぐ上官斬ったり反乱起こして野蛮すぎw
3
イズミ(ボドゲパワー泉島) @ni_to 2020年7月8日
戦国時代から江戸時代へ平和を実現したという所では信長、秀吉、家康と意識的に武装解除を行なって行ったからじゃないかな。寺社勢力への弾圧や刀狩りや参勤交代。
25
hararitto @sseg14 2020年7月8日
負け組の武士は一族郎党揃って新田開発に身を投じて、のちの庄屋になったという説があったな
5
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月8日
江戸時代の一揆は、南部一揆などを見ると強訴で藩と交渉していたり、南部藩じゃ話にならないからとなりの仙台(伊達)藩に強訴しに行ったりで、割と一揆側が理知的な話があったりします。南部藩はメンツ丸つぶれですけど
4
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年7月8日
≪逆になぜバラバラになったし?≫ 863年:中越地震 864年:富士山噴火・阿蘇山噴火 867年:東北大震災 868年:阪神淡路大震災 869年:東北大震災2回目 871年:鳥海山噴火 874年:開聞岳の大噴火 878年:関東大震災 880年:中国地震 885年:開聞岳の大噴火2回目 886年:伊豆諸島噴火 887年:南海トラフ地震 888年:八ヶ岳連峰の天狗岳が崩壊して松原湖誕生  某スレより。ひどい(ひどい)。
22
ovandeyas @ovandeyas 2020年7月8日
どこかで聞いた話、大国が出来る条件として文字か言語が統一されていることが前提とか。 例として文字だと漢字、言語だとラテン語だった。
7
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2020年7月8日
中国地域が毎度毎度統一(たまに周辺地域巻き込んだり切り取られたりする)王朝が出来るのも日本人から見ると凄いなってなる。ヨーロッパはローマ帝国を経験しても後でドイツイタリアフランスイギリススペインその他諸々と群雄割拠してるし
12
僕は白菊ほたるちゃん @laressi 2020年7月8日
ggp_ddt そりゃ昭和のページいくらめくっても版籍奉還は出てこねーわ
23
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月8日
中国が宗教的な中心である周と、有力貴族の割拠から秦の統一に至った時代も戦国時代と言いますね。というか『応仁・文明の乱以後の乱れた世相を、当時の公家が古代中国の「春秋戦国時代」の乱世になぞらえ「戦国の世」と表現したことに由来する』とWikipedia見ると出てくる。
2
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年7月8日
やっぱ島国で外国からの影響(文化的なやつでは無く軍事的なもの)がほとんど無いのが大きいんじゃない?
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月8日
中国の春秋戦国時代は秦の統一になるまでは百家争鳴と言われて色々な思想があり、秦の後の漢で儒教の官学化が進められ、 https://www.y-history.net/appendix/wh0203-120.html 儒教と官僚による秩序という中華な支配体制になっていったようで
3
@Unlimit43803616 2020年7月8日
中世の小氷河期が終わって食糧問題が解決したからじゃないの?
2
ぽんぽん @apocalypse1706 2020年7月8日
戦国や安土桃山時代に「日本全国で価値観と常識が一致してた」って無理がないか?
6
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2020年7月8日
smichie1221 あと、身分を平民に落とさず、華族という特権階級を作った部分も大きいかな。
14
かすが◎本作るよ @miposuga 2020年7月8日
自分が一番上の王様やるってなると、まとめにあるように永久に内乱が続くかもしれないけど、天下統一するけど最上の権威は天皇だよ(つまりもとから日ノ本はひとつだよ)という体裁にしていることがいいのかも? 現代でも一番実権持ってるのは総理大臣だけど、権威として浮かぶのは天皇だし。
13
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2020年7月8日
天皇が実権を失ってもなんとか尊重され存続した理由として、天照大神を祀る神道のトップという宗教的な側面は重要だよ。ヨーロッパでそれに近い立場だったのがローマ教皇。武力をほぼ持たずさんざん利用されボコられたり拉致られたりしたけど、それでもそのステータス性はそれなりに尊重され権利付けに利用されることで生き延びた
27
fumi @karakararen 2020年7月8日
manaby76 でも華族になれた武士は上流の一握り、残りの武士は士族って事になったけど、出るはずの年金も象徴の刀も無しになり これじゃ平民と同じじゃねーか、って一悶着有りましたけどね。
2
デルタ @delta393939 2020年7月8日
チャイナやヨーロッパでは城壁を作り人々はその中で生活していた。日本は戦国時代でもそこまでしていない。戦いたがってた連中を除けば比較的平和だったのでは。
1
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年7月8日
まあだいたい農民が強かったからに尽きるやろ
3
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年7月8日
なんせ秀吉の刀狩りだって統治側が介入できず村側によって行われたくらいだし
0
inti @inti87913544 2020年7月8日
端的に言うたら、ただの蛮族ではなく漢籍を基礎教養にしたインテリヤクザ、もしくは氏族的なマキャベリストだったから。江戸中期からは好景気で武から文へ移行していった点も大きい。
17
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年7月8日
安定した経済力が政権維持の秘訣じゃないかな。室町幕府も勘合貿易がうまく行っていたときは調子が良かった。これがなくなってグダグダになった。
2
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年7月8日
そもそも統治する側が現地にいないというのも考えられないと思うけど
0
蒼ウミガメ @aouiae_mgm 2020年7月8日
天皇が生きているように、アッバース朝カリフがモンゴルに殺されてなければ、イスラーム世界も平和だったのかなあ
8
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年7月8日
権力者が直接統治できてないんだから秩序もクソもねえなって
0
鈴木 ゆーむ @yuyumu_ikuzus 2020年7月8日
幕府の諜報網の凄さもあるかも…全国にスパイみたいまのを送り込んで藩の揉め事は逐一筒抜けだったと聞いた気が…
2
さかべあらと(うさぜんざい) @sakabe_arato 2020年7月8日
日本っていつの時代もガラパゴスしてんのやな…
3
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2020年7月8日
mikumiku_aloha 参勤交代は、幕府に忠節を誓うという意味と(豊臣がまだ生きていた当時は、「大坂では無く江戸に行く」政治的効果もあった)、軍事力の誇示という意味がありました。非常時の軍役の代わりとしての参勤交代なので、自分の領内では見栄を張って人を多めに行進させたりもしたようです。
3
inout @inout_in 2020年7月8日
銃の存在も大きいのでは。それまでは人の数を集めればワンチャンあった反乱や下剋上が、銃という鉄も技術も火薬もいる高級品を揃えないと、継続的な勝利が不可能になった。
1
ちっくん @Chickenjp2000 2020年7月8日
>まとめ管理人「言語的にも同一で、しかも価値観、常識もほぼ共通していたというのが大きい」 人の考察を短絡的と言う割に家康の知恵や徳川の努力、海外覇権国の潮流や極東亜の地政学及び日本列島の利点を無視するのはどうなんだ
6
B4たかし @b4takashi 2020年7月8日
江戸幕府の頃から後継問題での改易など「大名家による藩の支配は絶対的なものではない」という認識があったから、廃藩置県もそれなりにスムーズにいったのでは
7
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2020年7月8日
単純に「謀反起こそうにも、旗頭がいなかった」ってのが大きいと思う。その証拠に孝明天皇がアメリカなどとの「開国」に反対した途端、幕末の動乱→15年くらいで明治維新だし。後、武士が大人しくなったのに関しては、童門冬二か誰かが言っていた「生類憐みの令はショック療法だった」説を推す。
4
瑞樹 @mizuki_windlow 2020年7月8日
小氷河期が終わって殺し合わなくても食っていけるようになったって話もあるよね。
1
少弐雪丸 @Snow_CandyFace 2020年7月8日
センゴクでもたびたび言及されるけどやはり経済の変化でしょ。 歴史の転換点には必ず経済が出てくる。
19
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年7月8日
単にその時々の反乱の芽を摘むことに成功したからでは。徳川幕府は各藩の力を削ぐ手段に長けていたし、廃藩置県もやや騙し討ち気味に進めて結果として力を奪うことに成功した。
4
Amts @amts1 2020年7月9日
言語の統一は出来てなかったけど筆談はできるから仕事はこなせたという話。今から見ると不便だけど口語と文語が一致しないことが日本統一には必要だった
1
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年7月9日
いろんな理由を並べてみると、今度は「むしろなぜあんなに群雄割拠して戦いまくっていたのか」が逆に疑問になってくる。戦国時代にも天皇はいたし、かといって戦国大名は決して南北朝を軸に争っていたわけでもない。
8
笹かま @voyageur105 2020年7月9日
今度のNHKの番組『英雄たちの選択』は徳川家康をやるから、ちょうどこの辺の話になるのかな。
1
トゲアリトゲナシトゲトゲ @5yxbQxlwRl9Xrqy 2020年7月9日
家康が土台固めを死ぬほど頑張ったからな…
7
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa 2020年7月9日
大和朝廷の成立と中央集権化は地方の征服であり文明化だから、そりゃまあ全国津々浦々まで価値観が概ね同じになるよな。原始人を教化したようなもんだ。
2
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年7月9日
修羅の国だった日本を統一してそのまま265年も続いたのも不思議だね。先の大戦からまだ75年しか経って居ないことを鑑みると徳川の治世が如何に長かったのか判る。
5
nesus-B @NesusB 2020年7月9日
あー、そうか。天皇の存在か。それなら納得。
2
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2020年7月9日
sudo_simoigusa 一時的に西ヨーロッパと地中海世界の文明人から野蛮人まで統一帝国を経験させたローマ帝国が滅亡した後もヨーロッパがまかりなりにも文明後退させながらも再建、再出発できたのもローマ帝国の統一と文化、経済システム、法制度のお陰なのと似てるかもな。日本と比較するなら日本が律令国家や儒教などで影響を受けた中国の統一王朝か。あっちは毎度毎度再統一出来てるのは凄い
2
ならづけ @nara_duke 2020年7月9日
現代人は官位とか源平橘藤の感覚が分からんから当時のことが理解できないのよね
3
成瀬京太郎 @yuugekisen 2020年7月9日
アフガニスタンがイラクとかと違ってそこまで泥沼化しなかったのは理由の一つに、部族社会でそのトップから信頼を得れば協力してくれたという話がある日本でも地域の権力者から力を借りれば統治できたのでは?
3
昆布出汁 @kobu_dasi 2020年7月9日
wikiで地元とかリンクで出てきた藩主の項目見てたら財政破綻してるとこ多くてビビる。赤字経営でどうにもならん所でトップなんて苦労しかないだろうし、版籍奉還すんなり行ったのコレのせいなんじゃないかと思った。
6
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年7月9日
徳川の世にあっても薩摩義士伝(宝暦治水事件)の金策と工事の凄まじさよ。
2
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月9日
将軍より上に天皇ってエライ人がいるんだからそっち中心にしようぜ!って討幕になったので、江戸の太平が天皇の影響と言うのは無理があるような。朱子学=>水戸学派=>尊王思想という大雑把な認識で検索すると水戸学にも色々あったようですが https://sekainorekisi.com/glossary/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E5%AD%A6/
5
あなぐま @badger2635 2020年7月9日
織田豊臣徳川と試行錯誤を重ねた末だったからね。その徳川だって大坂の陣もあったし代替わり毎に粛正騒ぎあったし御家騒動も初期のは激しかった。
3
タイラー・ダーテン @NoisyDog11 2020年7月9日
ズバリ金だろ。家康は当時の大富豪。そして戦は金がかかる。戦国時代で経済的にも疲弊した大名達は家康に不満を持ちつつも言うこと聞いてれば金がもらえたから反乱まではしなかった。その間に家康は莫大な資産を消費しながらも強固な政治形態を構築。徳川幕府を成立させた。
2
Ke☆Ke@世界一のシャボン玉.フェチP @keke_luck 2020年7月9日
教科書レベルでだけど倒幕起こらない程度に乱れてるイメージあるんすけど…
1
YF @annex38 2020年7月9日
なぜ武家は天皇家を根絶やしにしなかったの
2
ゆー @yuhya000 2020年7月9日
価値観はだいぶ統一されてただろうが、言語は同一じゃないな・・・
1
ゆー @yuhya000 2020年7月9日
annex38 それまでに朝廷を害しようとした者たちは悉く滅んでるからだよ
2
katasan111 @karasan111 2020年7月9日
日本人は肩書をとても大事にするので、家康は源家由来のお家ですよって大嘘ついて征夷大将軍になって、征夷大将軍言う肩書は武士にとっちゃ最高の肩書だったので渋々従ったという説もありますね(征夷大将軍に逆らうことは=天皇家にも刃を向けることになる)つまりガンダムバエル作戦はある意味日本の縮図だったのだ…
6
稙田惟純 @ohgakorezumi 2020年7月9日
統一原理としての江戸の朱子学の浸透の影響は実際デカいと思う。あれで錦の御旗が真に錦の御旗になった。そして、戦乱やってる印象の中国も実は朱子学が出てからは分裂時代がほとんどない(元末明初くらい)。儒教秩序自体を壊そうとした孫文以降は見事に大軍閥時代になったけど。
1
しろがねさん @whitebellsweet 2020年7月9日
annex38 藤原家があくまで摂関としてふるまったように、日本では平安以降権威と権力はセットものなんです。鎌倉の将軍と執権も同じです。権威と権力の間には超えられない壁があって、権威に認められる(官位を得る)ことが権力を得る道になっています。
2
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月9日
keke_luck 上記の一揆もそうですけれど、藩の中でおきているかんじじゃないですかね。でもって、南部一揆の例ですと幕府からの出兵要請に従って国防に兵を出してその負担から重税化したのが原因のようで。
1
tetra @tetra1945 2020年7月9日
明治維新は実質チート
1
てっきゃ @tekkya 2020年7月9日
なんか変な自意識と結びついた半可通な主張を専門の人が軌道修正して廻ってて、見てて恥ずかしくなる。 お疲れ様ですわ…。
3
富 士 見 野 男 @yasu43851374 2020年7月9日
「生類憐みの令」ってそういう戦国時代の残滓を消し去るための法律だったというのが有力らしいね。
4
しわ(師走くらげ)@寝貯めしたい @shiwasu_hrpy 2020年7月9日
まずアテルイを謀略で陥れることからスタートした蛮族は汚物だ消毒だー!な征夷大将軍システムの存在ェ…。アイヌ始めとした原住民を徹底的にとっちめて征服開拓スタイルを何百年とやってくれたからなぁ。言語圏や価値観統一ってそりゃ征服された土地に西から征服者が開拓しに来てんだから。 「今回はここまで征服したぉ☆」な征服フラッグ的八幡が関東以北にちまちま存在するのはそういうアレ。
1
しましま @jkgkikllh 2020年7月9日
海外勢力の介入がなかったからでは。アフリカで延々内戦しているのは資金と武器を供給している国があるからだし。
7
コン蔵 @konzopapata 2020年7月9日
興ってすぐに粛清の嵐になっても漢が意外と長く続いたみたいに戦乱がお腹一杯くらいあまりにも続くと、多少不自由理不尽でも安定を求めるのかね
1
ぽんぽん @apocalypse1706 2020年7月9日
生物の進化もそうだが、「理由のない成功」とか「理由のない適応」ってのはある。何かしらの現象にはすべて原因や理由があると考えない方がいい。
3
Hornet @one_hornet 2020年7月9日
一番上に天皇がいたから、で思考停止する人は多いけど、ではなぜ一番上に天皇がいるとうまく行くのか、まで考える人は少ない。
4
@nikoneko99 2020年7月9日
「不満があるとすぐ上司斬る」見習っていきたい
5
あなぐま @badger2635 2020年7月9日
とはいえ堀田備中の機転がなければ宮将軍になってもう少し早く潰れてたかも
2
ヘルヴォルト @hervort 2020年7月9日
相手の民族浄化とかに至らなかったのは奇跡的だよな 一族根絶やしは稀にあるけど
1
togetterman @togetterman1 2020年7月9日
one_hornet 天皇を廃する時点で正当性なくなっちゃうからなー。「あいつが天皇を廃してトップにたった。だから俺もアイツを廃していい」と思われるのがオチ。織田信長の足利義昭追放も大分慎重にやってて、最終的に天皇のお墨付きを貰えたから追放した。
4
togetterman @togetterman1 2020年7月9日
kamiomutsu 別に言うほどは、戦いまくってないんだけどな。なんかゲームみたいに無秩序にヒャッハー戦国だーみたいなイメージしてる人たまにいるけど。特に東北とか、伊達政宗が出てくるまで(つまり1584年以降)殆ど対外戦争がない。身内同士の権益問題で済んでる事が殆ど。
4
togetterman @togetterman1 2020年7月9日
基本的に戦国時代は室町幕府の権威失墜で始まった感じだけど、別にだからと言っていきなり戦争バンザイみたいになったわけではなく、身内の権益争いが大規模化して収集つかなくなったり(三好長慶とかモロにこれ)、最初から戦争しまくってた人あまりいないよ。まあ強いてあげるなら織田信長くらいかな。織田信長に滅ぼされた大名は凄く多い。でも信長がいなければ、ダラダラあの状態が何百年も続いて、誰も天下静謐を目指さず、地方政権+αみたいなことをずっとやってたかもね。秀吉、家康とバトンタッチも意図せずだが見事だった
6
はよ @hayohater 2020年7月9日
武家一般の「ナメられたらころす!」の行動をうっすらした理念(仇討とかね)にするほどの徳川幕府の「俺らをナメたらころす」圧力。
6
はよ @hayohater 2020年7月9日
https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1555862 あれ、古い通説俗説切って捨てるほうだったはてなーがこぞって通説俗説丸出しにしてるぞい。
3
SSKTK@E7-3中 @SSKTK 2020年7月9日
スーパーヒャッハーマンを遠ざけつつ参勤交代で力を失わせるのは良い政策
1
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2020年7月9日
whitebellsweet 権力の裏付けとして権威を必要とするのはぜんぜん日本に限ったことじゃないですよ。個人の能力にはどうしてもばらつきがあるので、安定した権力の継承には権威が欠かせません
1
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2020年7月9日
幕府を中央政府じゃなくて400万石の大名と見たらいいかもね
1
バーフバリ兵 @Kannchen00 2020年7月9日
そういう武士の中でもとりわけヤバい連中を、傭兵という形で海外へていよく送り出して、それから鎖国したので平和になったのでは?
1
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2020年7月9日
戦国乱世から天下泰平に持って行けたの、やっぱりそれだけ徳川家康が『努力』したんだなと。
1
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2020年7月9日
天下泰平が失敗した可能性も大いにある。徳川以外に諸大名間のギリギリの調停をできたかというと……。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月10日
鎖国して各藩を消耗させる賦役をさせて地方が金を持てないように支配した結果、経済成長や技術の発展は低成長になり江戸時代の間に欧州に差を付けられてしまったような
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2020年7月10日
h4UoKS4uiga53r4 江戸幕府は対外的には日本政府として振る舞っていました(「幕府」という用語自体が、京都の朝廷の下である事を強調する意図での蔑視語に近い。自らは公的権力の主体を意味する「公方」や「公儀」を称していた)。また、対外的な国号は「日本」「日本國」でしたが、幕末に「帝國日本」「帝國大日本」「大日本帝國」など、帝国号を使い始めます。
2
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2020年7月10日
letssaga3 「大日本帝國」の国号を、対外的には江戸幕府が既に使用していた事実は、明治維新後への影響は無視出来ないでしょう。 http://www.tokugawa.ne.jp/pdf/201808ginnin.pdf https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920856/89
2
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2020年7月10日
mikumiku_aloha 大名の経済は、格式を石高で評価するくらいで、米の物納が基本収入でした。ところが、新田開発や品種改良などで米の増産が進むと、米価は長期低落傾向になります。結果的に、ほとんどの大名の収入が、幕府も意図せぬ形で目減りしてしまったのです。各藩が、金になる特産品開発に力を入れるようになったのは、このためです。
4
うみ@療養中 @umi_tweet 2020年7月11日
日本を基準として見ると、むしろ逆に、どうしてドイツやイタリアはそこまで統一が遅れたのかがよくわからない。合衆国でさえ、統一国家の体をなすためには南北戦争を必要としているし。
2
対馬守 @enanji 2020年7月11日
地域の争いという自然状態を、天皇という神から権力を授かってねじ伏せる「王権神授」の体制を、信長から家康の期間に作り上げたからだと思う。 学生の時、幕藩体制を合衆国と比較できないかで話し合ったことがあるけど、結果として似てても、成立する過程が違うから無理があると言ったのが懐かしい  
1
かすが◎本作るよ @miposuga 2020年7月13日
今更だけど、百年も内乱やってたらそりゃみんないい加減疲れてたよな。というのもあったかもしれない。第二次大戦も十年やって、軍の一部を除いてやっと終わったって感じだったらしいし。
1
tacosun @kagami4432 2020年7月13日
飛鳥時代辺りから平安時代にかけて 朝廷主導の地方征伐していたから それで地方にまで朝廷の権威付されて その後その状態が続いたんじゃないかと思う 地方としても自分の土地の支配権を保証してくれる存在ってのは 便利だったんじゃないかなぁ…
1
メラ @vprjct 2020年7月13日
言うて他と離れててそこそこもサイズの島国はどこも統一国家あるんじゃないの? オーストラリアとかヤンキー上陸以前はどうだったんだろ
1
Hornet @one_hornet 2020年7月14日
vprjct たぶん、オーストラリアが島だという事も知らなかったんじゃないですかね
1