2020年7月12日

日本語で学ぶアメリカ史 第二章:衝突する諸文化 前編 (教材:Joseph L. Locke and Ben Wright, eds., "The American Yawp," 2018)

第二章前編です。
7
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

第二章:「衝突する諸文化」 出典:Erin Bonuso et al., “Colliding Cultures,” Ben Wright and Joseph L. Locke, eds., in The American Yawp, eds. Joseph L. Locke and Ben Wright (Stanford, CA: Stanford University Press, 2018) I. 序 pp.28-29 コロンブスの交換は太平洋の両側を変容させた。

2020-07-12 15:01:17
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

だが、それは劇的で比較できない結果をもたらした。新しい感染症がアメリカ両大陸の文明を一掃した一方、新たに輸入された栄養豊富な食物がヨーロッパの人口爆発を可能にした。スペインが最も早く利益を得た。アステカ帝国とインカ帝国の富によってスペイン王室が強大化したからだ。

2020-07-12 15:02:33
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

スペインはこの新財産を他のヨーロッパ諸国より優位に立つため利用したが、間もなくこの優位性は争われることになった。

2020-07-12 15:02:47
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

・ポルトガル、フランス、オランダ、イングランドはいずれも競って新世界に押し寄せ、スペインの得た利益に迫ろうと熱心だった。先住民はこの新たなる来訪者に対し歓迎して協調することもあれば激しい暴力で応じたこともあるなど様々な反応を示したが、先住民が疫病で滅茶苦茶にされていたことと、

2020-07-12 15:03:23
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

新しい貿易関係の可能性があったことで、ヨーロッパ人は大西洋の西端を丸々沿った定住地を作ることができた。この細々とした始まりの地から新しい諸帝国が立ち現れ、17世紀が終わるまでにスペインは競争相手に対する特権的地位を失うことになる。

2020-07-12 15:03:43
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

植民地化の時代と、それに伴い諸文化の大衝突が始まったのだった。

2020-07-12 15:04:11
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

II. スペイン領アメリカ pp.29-31 スペインはメキシコ、カリブ海、南アメリカの植民地から利益を得るとアメリカ両大陸で更に拡大した。探検隊がアメリカをゆっくりと隅々まで調べて始め、またヨーロッパ人を現在のアメリカ合衆国に招き入れた。

2020-07-12 15:05:23
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

移住者は新しい土地で宗教的、経済的支配力を確立しようと望んでいた。

2020-07-12 15:05:33
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

・フアン・ポンセ・デ・レオン(Juan Ponce de León)は1513年ラ・フロリダと名付けられた地に到達し、15万から30万人のネイティブ・アメリカンを発見した。だが、それから250年に渡るヨーロッパ人及びアフリカ人との接触ー戦争、奴隷獲得の襲撃、あるいは最も劇的には外来の疫病ーによって、

2020-07-12 15:07:01
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

フロリダの原住民は大勢死亡した。その一方、ヨーロッパ人探検者はフロリダで多大な富を見つけたいと考えていたが、現実は彼らの想像と合致しなかった。

2020-07-12 15:07:13
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

・16世紀最初の50年において、スペイン人入植者は他のヨーロッパ人及びフロリダのネイティブ・アメリカンと頻繁に交戦した。1560年代、スペインはフランス人プロテスタント、通称ユグノーを現在のフロリダ州北東部にあるジャクソンヴィル近郊から追い払った。

2020-07-12 15:07:57
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

1586年にはイギリス人私掠船船長フランシス・ドレイク卿がセントオーガスティンの木造定住地を焼き払った。17世紀冒頭、フロリダにおけるスペインはセントジョンズ川河口から南のセントオーガスティン近郊まで拡大した。大体1000平方マイルである。

2020-07-12 15:08:25
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

スペイン人はメキシコ、カリブ海、アンデスで以前に用いた支配方法を繰り返そうとした。1500年代後半から1600年代初頭にかけて、スペイン王室は宣教師にティムクア族とグアレ族の村で住む権利を与え、エンコミエンダ制を通じた定住を奨励した(つまりインディアン労働力の下賜だ)。

2020-07-12 15:08:45
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

・1630年代、宣教制度がフロリダの柄地帯にあったアパラチ族の地域にまで拡大した。新世界との接触時にはフロリダで最も強大な部族の一つだったアパラチ族は、現在のフロリダ州-ジョージア州の境界からメキシコ湾までを領域としていた。アパラチ族は豊富なトウモロコシなどを育てた。

2020-07-12 15:09:32
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

インディアン交易商が余剰生産物を王の道(Camino Real)に沿って東に運んだ。この道は西側にあった宣教制度の要とセントオーガスティンを繋いだ。スペイン人入植者は牛を東に追い立ててセントジョンズ川を渡り、西はアパラチ族のところまで牧場を作った。それでも、スペインのフロリダ支配は弱かった。

2020-07-12 15:10:14
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

・1598年、更に西へとフアン・デ・オニャーテ(Juan de Oñate)率いる400人の入植者、兵士、宣教師がメキシコからニューメキシコに向かった。スペイン領南西部は残酷な始まり方をした。オニャーテがアコマにあるプエブロの街、つまり「空の街」を襲撃した時、

2020-07-12 15:11:07
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

スペイン人は女子供を問わず約1500人の住民のほぼ半分を殺戮した。彼は生き残った男で15歳より上の者全ての片足を切り落とすよう命じ、残った女子供を奴隷にした。

2020-07-12 15:11:21
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

南西部におけるヨーロッパ人最初の恒久的定住地であるサンタフェは1610年に建てられた。スペイン人はほとんど南西部に移らなかった。メキシコシティから遠いし、乾燥した厳しい気候だったからだ。したがって、スペインがこの地域で支配的な存在感を得ることは決してなかった。

2020-07-12 15:11:59
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

1680年までに、スペイン領ニューメキシコを居住地と呼ぶ入植者はたった3000人ほどしかいなかった。南西部でスペイン人は地元のプエブロ諸部族と交易もすれば搾取もした。南西部のプエブロ人口は1600年の6万人から1680年には1万7000人にまで急減した。

2020-07-12 15:12:14
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

・スペインは軍人探検隊が北アメリカの南半分と西半分を探索した後、戦略を変更した。宣教が北アメリカ植民地化の原動力になったのだ。宣教師の大半はフランシスコ会メンバーで、スペインの北アメリカにおける先兵隊となった。カトリックは常にスペインの征服を正当化してきたし、

2020-07-12 15:12:48
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

植民地化も常に宗教的動機を伴った。17世紀初頭までに、スペイン人聖職者は何十もの伝道書をリオグランデ沿いとカリフォルニアに作り上げた。 1513年の大西洋地図 pic.twitter.com/tieNCSReWk

2020-07-12 15:14:19
拡大
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

III. スペインのライバル出現 pp.31-37 スペインが新世界を略奪して回っていた頃、ヨーロッパでは大騒ぎになっていた。宗教改革がイングランドとフランス、すなわちスペインと競争できるヨーロッパの強国を動乱に陥れた。長期に渡り戦費の嵩む争いが時間、資源、人命を奪った。

2020-07-12 15:16:54
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

フランス国内の宗教的暴力だけで何百万人も死亡した。ヨーロッパで暴力が和らいでも、宗教的、政治的競争は新世界で継続した。

2020-07-12 15:17:02
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

・ニュースペインの富をスペインが探索したことで、他のヨーロッパ君主も探検と征服に投資した。スペインの暴虐の知らせがヨーロッパ中に広まり、それはヨーロッパ人による植民地化を人道的に正当化する根拠になった。バルトロメ・デ・ラス・カサスの著作の英訳重版にはセンセーショナルなタイトルが

2020-07-12 15:18:38
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan

ついていた。「血塗られしカトリックの本性ぞ現れたる:或いは、前例なき忌まわしき虐殺、殺戮、そして地獄と悪意が生み出し得べきあらゆる残虐な行いが教皇に操られしスペインにより為されたことの迫真たる語り」と。あるイギリス人著述家が説明して曰く、インディアンは「単純でごまかしがなく、

2020-07-12 15:19:05
残りを読む(49)

コメント

shuich kimura @NEOura36 2020年7月13日
新大陸に到達した西洋人は、現地人とどうやって意志疎通したのでしょうか?
0
日本語で学ぶアメリカ史 @USHistoryJapan 2020年7月13日
NEOura36 初期は簡単な身振り手振りや、あるいは暴力で意思疎通していただろうと思われます。そして(暴力を伴いながら)交流していくうちに、相手の言葉を習得する者が出てきたと考えられます。実際、コルテスがアステカ帝国を侵攻した時には既に先住民通訳がいたと伝わっていますね。
0
shuich kimura @NEOura36 2020年7月13日
USHistoryJapan なるほど。ありがとうございます
0