痛快ファンタジー活劇 ご存知!エルフ三人娘

集団幻覚エルフから短編小説が生み出されました。 実況ありはコチラ https://togetter.com/li/1559510
16
雀bot @suzumeninja

バンブーエルフ1ヶ月記念とくべつ読み切り【痛快ファンタジー活劇 ご存知!エルフ三人娘】 (実況感想ハッシュタグは #エルフ三人娘 だと後で拾えるので嬉しい)

2020-07-14 21:35:29
雀bot @suzumeninja

太陽は真上に昇り、もうすぐお昼時という穏やかな草原。ガサガサと草むらを跳ねるのは1匹のウサギだ。そして、それを竹の弓矢で狙うエルフが一人。「……シッ!」エルフの放った矢は風に乗り草をかき分けウサギを一撃で仕留めた。「いよっしゃ!」

2020-07-14 21:37:56
雀bot @suzumeninja

木の高さほどある竹馬がシュルシュルと縮み、射手が降りてくる。胸にサラシを巻き竹の軽鎧に身を包む、長身の女エルフはギザギザの歯をむき出しにして笑いながらウサギを回収する。彼女はバンブーエルフ、竹林に住み、竹とともに生きるエルフだ。「これでハムができるな」

2020-07-14 21:41:03
雀bot @suzumeninja

バンブーエルフは仲間の待つ焚火に戻る。仲間と言っても、待っているのはずんぐりとした低身長のエルフ一人だけだが。「おーいポテチ!ウサギとったぞ!」ポテチと呼ばれたエルフはエルフ特有の長い耳をピクリと動かしてバンブーエルフの方を振り返る。「ウサギ!久しぶりにハムが作れゆ!」

2020-07-14 21:43:01
雀bot @suzumeninja

ずんぐりとしたエルフはミスリル銀の背負い保管箱から使い込んだ包丁を取り出すと、テキパキとウサギをさばき始めた。焚火には鍋がかけてあり、ポテトがグツグツと煮えている。「きょうはハムポテサラゆ」この舌っ足らずなエルフはポテサラエルフ。顎の力が弱くポテトサラダを主食とするエルフだ。

2020-07-14 21:45:18
雀bot @suzumeninja

二人のエルフに近づく人影が一人。「ふがふが」びしょ濡れの貫頭衣に身を包み、両手で魚を持ち口に魚を咥えてやってきたのは、もうひとりの仲間だ。「ハカセの方も大漁だな」「ふがふが」ハカセと呼ばれたエルフは魚を加えたまま無邪気に笑う。

2020-07-14 21:47:36
雀bot @suzumeninja

元々、バンブーエルフはポテチとふたり旅だった。だが、いつの間にか流浪のエルフであるクソバカエルフが一緒について来ていた。……クソバカエルフなんて名前だが、無邪気でいいやつである。なにより、外の世界に慣れていないバンブーエルフたちにとって放浪者というのは心強いのだ。

2020-07-14 21:49:33
雀bot @suzumeninja

「魚は後でハムにすゆからよこすゆ」ポテチが両手を出すとハカセが無造作に魚を放おる。ポテチは造作もなく受け取ると、ミスリル銀の背負い保管箱にポイポイ投げ入れる。この保管箱は魔法がかかっており、見た目以上に大量の物が入る。食材を多く運ぶポテサラエルフの旅の必需品だ。

2020-07-14 21:52:38
雀bot @suzumeninja

「メンマ、ハムの用意を頼むゆ」「あいよ」バンブーエルフのメンマは竹の燻製器を組み立てる。ポテチと旅をしながら、竹でいろいろな持ち運びできる調理道具を作るようになったのだ。魚を離したハカセは周囲の放浪……もとい警戒にでる。

2020-07-14 21:55:38
雀bot @suzumeninja

……しばらくしてポテトが茹で上がり即席のハムが出来上がると、ポテチは何やらムニャムニャ言いながらポテトサラダを作り、それを3人で食べた。いつもの食事風景だ。食事が終わると諸々の荷物を片付けて今後の相談をする。「それでハカセ、本当にこっちの方角で良いんだよな?」

2020-07-14 21:57:38
雀bot @suzumeninja

「あってるあってる!でっかいハムの予感がする」ハカセは笑って答える。「予感……ねえ……」メンマは少し不安になるが、しかしこれまでハカセの”予感”が外れたことはない。クソバカエルフ、別名”森の賢者”。バンブーエルフにその高度にぶっ飛んだ思考は理解できないが、しかし、確かなのだ。

2020-07-14 22:00:05
雀bot @suzumeninja

「まあ、行くだけ行ってみるゆ。ポテトはまだいっぱいあゆから心配ないゆ」「それもそうだな」のんきなポテチの雰囲気に飲まれるようにメンマも納得し、ウサギの骨をクッキーのようにバリバリと噛み砕く。「よーし!行くか!」「「おー!」」三人は街道を外れた獣道をずんずんと進んでいいった。

2020-07-14 22:02:26
雀bot @suzumeninja

……それから何時間かあるき、夕方になろうとしたときだった。「お!村が見えるぞ!」偵察用竹馬を伸ばしたメンマが遠くを見る。この距離なら日が暮れる前に辿り着けそうだ。「やっと見つけ……ん、なんだありゃ?」「どうしたゆ?」険しい顔をするメンマにポテチが問う。

2020-07-14 22:05:51
雀bot @suzumeninja

「……!ヤバイぞ、ゴブリンだ!」メンマが見たのは数匹のゴブリンに襲われる村人の姿だ。「ポテチ!ハカセ!先に行ってるぞ」「んゆ!」「ほいほーい!」二人の返事を松が早いか、メンマは竹馬をしならせ、驚異的な歩幅で村に向かった。

2020-07-14 22:09:01
雀bot @suzumeninja

……少し時間は経過した村。「ゲヘヘッ!ありったけの食い物を出しなと言ったんだ!まだ隠してるダロォ!?」「さっさと出さんとこの娘を持ってくゾォ!?」あらかた食料を奪ったあとに2二匹のゴブリンが私掠せんと村人を威していた。「きゃーっ!」「や、やめてくれ!もう何も無いんだ!」

2020-07-14 22:12:03
雀bot @suzumeninja

「ゲヘヘ、お前たちニンゲンは何でも溜め込みやがるからナァ。さっさと出したほうが見のためグギャアッ!!」脅しているゴブリンの一匹に突如竹槍が突き刺さる!「ゴギャアッ!!」だが、致命傷には至らなかったようだ。「チクショウ!タフな野郎だぜ!」

2020-07-14 22:14:35
雀bot @suzumeninja

村人が声のする方を振り向くと、悪態をつきながら次の竹槍を構えるエルフの姿が。メンマだ!「ゴブリンども、これいじょうやるってんなら容赦しねえが……どうするよ?」メンマは威圧的に竹槍を演舞のごとく振り回す。あまりの速度に風圧が発生し、ゴブリンを圧倒する。

2020-07-14 22:16:29
雀bot @suzumeninja

「オ、オボエテヤガレ!!」恐れをなしたゴブリンたちは人質の娘をほっぽりだして即撤退!「た、助かりました……」村人はメンマに感謝の言葉を告げるが、複雑な表情だ。「いいってことよ!ナハハハ……ハ?」最初は豪快に笑ったメンマだったが、村人たちの重い空気を感じてシリアスな表情になった。

2020-07-14 22:19:32
雀bot @suzumeninja

「なんかよう、ワケアリって感じだな?」「ええ……実は……」「ああ、いや、待った」話を切り出そうとする村人をメンマが止める。「もう少ししたらアタイの仲間が来るからさ。そしたら話、聞かせてくれねえか?」「お仲間が……はい!わかりました!」

2020-07-14 22:21:39
雀bot @suzumeninja

……その夜、村人たちは広場に集まりポテチの作ったポテトサラダを笑顔で食べていた。「うわあ!おいしい!」無邪気に喜ぶ子供。「ありがたや……」数日ぶりのまともな食事に涙する大人。感情はそれぞれだが、誰もが喜んでいた。

2020-07-14 22:23:32
雀bot @suzumeninja

「皆様、本日は誠にありがとうございました。私が村長のオーサです」村長が三人に挨拶をする。「アタイはバンブーエルフのメンマ、それでこっちがクソバカエルフのハカセ」「よろしく~」「ポテサラエルフのポテチだゆ」三人が改めて自己紹介をする。

2020-07-14 22:26:22
雀bot @suzumeninja

閉鎖的なエルフが旅をする理由はいくつかある。その理由の一つが「自分たちの存在を知らしめること」だ。旅をしてヒューマンを魔獣から助けることで敵対的ではないことを広めるのだ。その成果があってか、森焼かれ事件はここ数百年は発生していない。

2020-07-14 22:28:30
雀bot @suzumeninja

もう一つの大きな理由が、「世界を知ること」だ。閉鎖的なエルフたちは放っておけば一生を生まれた地域で生活し、多種族との交流がない。するとどうなるか?大昔の大戦では、巻き添えを食らってエルフの森が焼かれるまで大戦そのものを知らなかったのだ。ゆえに旅でヒューマンの情勢を知るのだ。

2020-07-14 22:31:48
雀bot @suzumeninja

世界を知ること、これはヒューマンを知ることのみにとどまらない。他のエルフを知るために種族を超えたパーティを組みお互いを通称で呼び合い文化交流をすること。そして、世界の魔物と戦い己の強さと弱さを知ることも含まれる。ゆえに、ヒューマンの村が魔物に襲われているとあれば、放っておけない。

2020-07-14 22:33:51
雀bot @suzumeninja

「ゴブリンたちは数日前にもこの村にやってきたのです」村長が重い口を開く。「数日前も?」「はい。その時は畑を荒らされました。そして今日は保存食までも……」「はいはーい!それ、おかしくなあい?」話を聞いていたハカセが手を上げて発言する。

2020-07-14 22:36:25
残りを読む(60)

コメント

毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2020年7月15日
イヌー界隈の与太が、今作品として結実した……!
0