「JGP VS BI」 格差世紀の対決 ――AI時代のセーフティネットは、どちらがふさわしいか?

「MMT」の中には、「JGP」(ジョブ・ギャランティ・プログラム)という、「雇用保障政策」の考え方が含まれています。 対して、「BI」(ベーシック・インカム)という「基礎所得保障」の考え方も、最近は聞いたことがある方が多いと思います。 そこで、前半では、それぞれの簡単な説明をして、後半では比較してみます。まとめ主(私)自身は、BI側の立場に立ちます。最後の方では、なんとAIやロボットまで関係してきます。
4
しろうと @sirouto

togetter.com/li/1559456 「政府の債務は国民の資産」だから、いくらでも国債を増やせる、という「MMT」支持者のウソ ――日銀副総裁の国会答弁がその証拠(前回まとめ)

2020-07-15 21:49:27
しろうと @sirouto

今日も、「MMT」(現代貨幣理論)のお話をさせていただきます。

2020-07-15 21:49:57
しろうと @sirouto

今日は、MMTの中でも、「JGP」(雇用保障政策)という政策を取り上げます。

2020-07-15 21:51:06
しろうと @sirouto

今回、「JGP」と「BI」(基礎所得保障)の対立構図を描き、私はBI側に立ちます。その方が、JGP単独の解説より、分かりやすいから。

2020-07-15 21:54:13
しろうと @sirouto

ここで先にお断りしておくと、比較しやすくするために、ひとつ前提を導入します。

2020-07-15 21:55:11
しろうと @sirouto

それは、「JGP」と「BI」の総コストを、同額と仮定する前提です。比較するので、規模をそろえた方が分かりやすいから。

2020-07-15 21:56:19
しろうと @sirouto

もちろん、BIの額がどれくらいが良いか、というテーマだけでも、本一冊になるでしょうが、ツイッターでそんな複雑な話はできません。

2020-07-15 21:57:16
しろうと @sirouto

まず、JGPとBIについて、それぞれ概要の説明を簡単にします。それから、両者を比較します。

2020-07-15 22:02:18
しろうと @sirouto

「JGP(ジョブ・ギャランティー・プログラム)」は、「雇用保障政策」や「雇用保障制度」という意味で、要は「失業対策」の仕組み。

2020-07-15 22:06:55
しろうと @sirouto

「JGP」は、具体的には、政府が全国民に対して、最低限生活できるくらいの(最低)賃金で、対象は無差別、つまり誰にでも職を供給するというもの。

2020-07-15 22:09:03
しろうと @sirouto

JGPは、つねに「完全雇用」を目指したもの。(経済学的には、「自然失業率」が存在するといった別の論点もあるが、ここでは省略)

2020-07-15 22:11:32
しろうと @sirouto

MMTの立場から見たJGPのメリットとしては、「ビルトイン・スタビライザー」として機能するということ。これは、どういうことか?

2020-07-15 22:14:54
しろうと @sirouto

それを理解するにはまず、「機動的財政」の難しさから見ていくと、意味がよく分かる。

2020-07-15 22:15:31
しろうと @sirouto

MMTの財政的な制約はインフレ率のみだが、逆に言うと、インフレの制約は確実にあるので、インフレ時には緊縮政策が必要になる。

2020-07-15 22:16:51
しろうと @sirouto

しかしここで、「インフレになってから、増税や歳出削減をして間に合うか?」という批判が、反MMTの立場から出てくる。

2020-07-15 22:17:41
しろうと @sirouto

実際たとえば、消費税が0から10%になるまで、約30年かかった(最初に3%になったのが平成元年)ので、単純に考えると、1%上げるのに3年掛かる。

2020-07-15 22:20:14
しろうと @sirouto

そこで、MMTには「ビルトイン・スタビライザー」(自動安定化装置)の概念がある。インフレ率に応じて、歳出が伸縮する仕組みだ。

2020-07-15 22:23:22
しろうと @sirouto

JGPは最低賃金なので、好況時にはより時給の高い仕事に労働者が移動して、縮小するし、不況時には拡大する。と、それに財政支出も連動する。

2020-07-15 22:24:11
しろうと @sirouto

つまり、JGPは自動安定化装置でもあるので、デフレ/インフレ対策にとって好都合なのだ。

2020-07-15 22:24:59
しろうと @sirouto

JGPが具体的にどんな仕事を用意するかというと、案はいろいろあるが、全体のイメージとしては、公務員をサポートする仕事だろうか。

2020-07-15 22:26:52
しろうと @sirouto

たとえば、警察官は(地方)公務員だが、JGPで警備する仕事は提供できるかもしれない。

2020-07-15 22:28:41
しろうと @sirouto

たとえば、都市部では違法駐輪の取り締まりに、シルバー人材を活用しているが、ああいうものが近いかもしれない。

2020-07-15 22:29:12
しろうと @sirouto

ほかにも、公園の清掃とか、農業の補助(草刈りなど単純な作業)とか、対象が無差別な以上、高度なスキルが必要としないものだ。

2020-07-15 22:30:46
しろうと @sirouto

さてそろそろ、BI側も説明しよう。

2020-07-15 22:31:28
しろうと @sirouto

「BI(ベーシックインカム)」は「基礎所得保障」とか「最低生活保障」という意味の、社会保障制度の一種だ。

2020-07-15 22:35:24
残りを読む(45)

コメント

八代泰太 @3914kcorkcolc 2020年7月17日
まず、BIは全国民に最低限の所得を渡すものだから、かかる額はJGPの比じゃなくなる。 それに、不況好況関係なく渡すから、それこそMMTへの言いがかりで言ってた「無制限に国債発行して市場に流し込む」のとやってることは変わらない。それとも高率の消費税とかで流した分を回収する?その場合、消費する割合の大きい貧困層にはBIのメリットが無いけど。 最後に、政府省庁のモラルが信じられないからJGP批判してるのに、何で経営者のモラル頼りで、やり甲斐搾取を推進しかねないBIを推進してるの?
0
yuyrerewryui @yuyrerewryui 2020年7月17日
JGPの重要な役割として「物価の安定」があるのだそう。BIではこの機能が満たせないのでMMTには合わないと批判があります。 MMTの目標の一つ「極力インフレをさせないで持続的な経済成長を目指す」ということに直結している、と。 JGPの規模はGDPの1%未満と提唱者たちは考えているようです。 JGPは単に失業者に仕事をあっせんするだけではないようなので、この点を外すとおそらく話は変な方向に向かうのだと思われます。要注意点ですね。
0
八代泰太 @3914kcorkcolc 2020年7月17日
あと、税によるビルドインスタビライザーを説明するなら、消費税みたいな経済に影響されにくい代わりに硬直性が強い間接税じゃなくて、所得税などの累進性がある直接税を例に出すべきでは? 収入が上がれば税額も高くなり、収入が下がれば自動的に税額も下がるから、ビルドインなんだから
0