荻上チキが指摘する、優生思想の歴史に対する無知と大西つねきの問題点

まとめました。
1
荻上チキ / Ogiue Chiki @torakare

評論家。著書『みらいめがね』『災害支援手帖』『いじめを生む教室』など、共著『社会運動の戸惑い』『新犯罪論』など。「TBSラジオ:Session」パーソナリティ。リサーチやらNPO法人やら色々やってます。連絡先:seijotcpあっとgmailどとこむ

stopijime.jp

荻上チキ @torakare

優生思想について指摘された時、狭い辞書的な定義を引っ張り、批判を避けようとするムーブは、残念ながら何度も見てきた光景です。この文書は、「遺伝子を根拠にしたわけではないから優生思想には当たらない」と言っているわけですが、それは優生思想の歴史にあまりに無知です。以下、簡単に続けます。 twitter.com/teamgunma/stat…

2020-07-16 02:29:15
荻上チキ @torakare

なお、この文書の投稿主体がどういう人かはわかりませんので、あくまでテクストのみに言及します。

2020-07-16 02:30:20
荻上チキ @torakare

優生思想は、「優良な遺伝子を残す」という発想に基礎付けられた政治思想と説明されますが、実践された優生思想の経緯を追うと、そのような定義では不十分であることがわかります。というのも、例えば日本の優生保護法が継続する経緯の中では、単に「遺伝」の話がされていたのではないためです。

2020-07-16 02:35:31
荻上チキ @torakare

優生思想の実践を擁護する人々は、「生活能力」「扶養」「社会財政負担」「当事者の不幸」などを根拠に、断種などを正当化してきました。「遺伝」という「生物・自然」に基礎付けられた思想というより、「遺伝」という視点を借りた、社会的選別行為であった点を見ることが重要だと思います。

2020-07-16 02:41:09
荻上チキ @torakare

当該文書は、あくまで個人の「死生観」であると擁護します。しかし大西氏は政治家を志している者であり、選別の話題も、政治的テーマとして繰り広げています。そして、その「死生観」や「幸・不幸観」を一方的に押し付けることもまた、まさしく優生思想の実践における特徴でした。

2020-07-16 02:47:13
荻上チキ @torakare

特定の死生観社会的選別である以上、その「命の選別」の対象は、時代や場所で変わりえます。そして「命の選別」の主体は、大西氏が独占できるものではなく、そのフレーズ・スキームは独り歩きします。これは当該文書が述べるような「言い方の問題」ではなく、思想スキームの持つ危険性です。

2020-07-16 02:49:54
荻上チキ @torakare

今回は「高齢者」がターゲットでしたが、「高齢者」になれば、その多くが障害や病気を持ちます。高齢者差別は、容易に障害者差別に転じます。残りの平均余命という観点を出せば、他には誰がターゲットになるか。その発想は誰に利用されるだろうか。そうした想像力をあまりに欠いた発言でした。

2020-07-16 02:52:54
荻上チキ @torakare

ついでに、ラジオでも話しましたが。この一件を受けて、「公開の場でレクチャーを」「当事者を呼んで話を」といった声が、無配慮に上がっていたことにも懸念があります。そしてそれを「透明性」などと呼ぶことにも。 tbsradio.jp/499198

2020-07-16 02:56:08
荻上チキ @torakare

公開レクチャーといっても、その対象が「改心」するなんてわかりませんし、その場で自己弁護、差別的発言を強化することだってありえます。そうした発言者を前に「当事者」を立たせ、説明をさせることに、何の違和感を抱かないのもまた、恐ろしいことです。場合によっては、二次加害になるというのに。

2020-07-16 02:59:01
荻上チキ @torakare

その懸念は杞憂だったか。自身も重度障害者である木村英子議員は、このように書いていました。「大西氏の発言についての当事者の意見を聞く会において、当事者たちが涙ながらに意見を訴えたにも関わらず、大西氏は自分の主張がいかに正しいかを話すだけで(…)理解を示そうとはしませんでした」

2020-07-16 03:01:58
荻上チキ @torakare

リンクです。もちろんこれで全容はわかりません。しかし、懸念していたリスクを、やはり無視してはならないことは確信しました。 eiko-kimura.jp/2020/07/15/act…

2020-07-16 03:03:55
荻上チキ @torakare

ただ「ダダ漏れ」(死語)することを、「透明性」などとは呼びません。

2020-07-16 03:06:40

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?