編集可能

日中戦争の軍拡と、人材劣化の話

日中戦争の伴う軍拡と、人材劣化の話をまとめました
233

※これはすべてを網羅した緻密な備忘録です

編集自由なので「私のツイートも入れて」って人は自分で追加願います。

みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

日中戦争前において、陸軍は17個師団23万人を常設舞台としていました。 これが日中戦争開戦に伴い、34個師団に増加します。 1938年における累計動員数は73万人であり、一気に規模を3倍に拡大させます。 これはそのまま、質の低下を意味しました。 twitter.com/paya_paya_kun/…

2020-07-18 10:57:09
みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

陸軍の常設師団と特設師団(戦時編成師団)の兵力構成です。 常設師団は、現役兵と予備役(退役5年以内)で7割を占めます。 特設師団は、後備役(退役5年以上15年以下)で、70%近くを占めます。さら補充兵は短期訓練を受けただけのものです。 出典:nids.mod.go.jp/publication/ki… pic.twitter.com/1VUmyqXTka

2020-07-18 11:05:32
拡大
みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

つまり、戦時編成師団は、野球に例えると、 現役の高校生野球部員 20% 30歳前後の草野球選手 65% 野球未経験者     15% で編成されていたわけです。 また、装備の点でも旧く、動員後1か月程度で戦線に投入されるため、訓練による練度も向上も期待できませんでした。

2020-07-18 11:12:10
みこどん@婚活アドバイザーFP猫&WEBとマーケティングに詳しい豚 @mikodonit

これって、ロスジェネ世代への冷遇の結果、大企業~中小企業に至るまで中間管理職の候補が居なくなった今と同じやん。 twitter.com/Ton_beri/statu…

2020-07-18 12:24:28
ないさろーる @nysalor

んん・・・日中戦争中に増設された師団が全部戦時特設ではないような

2020-07-18 12:22:05
ないさろーる @nysalor

平時17個師団から戦時21個師団の4個師団動員は事変以前からの計画通りのはず

2020-07-18 12:42:59
みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

しかし、これらの人材の質的低下は、相対的には大きな問題とはされませんでした。(オーバーな表現) なぜでしょうか? それは「下級将校の不足」というより大きな問題が存在したからです。

2020-07-18 11:16:33
みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

帝国陸軍の問題として、 「小隊長・中隊長に任じられる下級将校の不足」 がありました。 大正期の軍縮によって、人材育成を絞ったことが原因の一つであり、常設師団ですら例外ではなく、下級将校が不足しました。 一方、特設師団の場合はもっと悲惨な状況でした。

2020-07-18 11:26:56
みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

特設師団では 「1大隊の4人の中隊長の内、1人は現役将校に」 「12人の小隊長の内、1人は現役将校にしてほしい」 という、悲痛な訴えが常態化している状況でした。

2020-07-18 11:33:01
みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

大半の予備役士官は、大正年間の 1 年志願兵出身です。 1年の徴兵と、3か月の見習士官を除くと、さしたる軍務経験もありません。 これらが下級将校のほとんどを占める状態、というのが1938年の特設師団の状態になります。

2020-07-18 11:42:24
みなせ★カメには関わりません【鍵】 @Ton_beri

「中隊長は、少なくとも予備役大尉および現役中尉の充当が必要」 「今次召集の中隊長の大部分は、いわゆる在郷名士であるが、軍務経験も浅く、指揮統制の点で残念な状態である」 「予備役を隊長とする場合は、補佐に准士官や現役下士官を若干名配置すること」 というのが、現場からの要望でした

2020-07-18 11:48:51
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao

実際日本陸軍はかなり無理矢理幹部候補生なりなんなりを用いて幹部を増やそうとしたのだが、間に合ってないのよね しかも中規模部隊を率いることができる佐官とかも不足してくる だから下手すると士官学校出てすぐに大尉にされて大隊長とかにされちゃう だから下級幹部の不足は解消しないという…

2020-07-18 11:33:11
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao

日本陸軍以外でも確か幹部不足というのは進んでいくのだけど、短期育成のシステムはアメリカさんが圧倒的に優れていたのはよく言われる点 (事実である必要はない) ドイツとかもなかなか悲惨になってくるのだ… (負けてくるには大抵そうなる)

2020-07-18 11:42:31
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao

どっかのバカが陸自の幹部の数を『最大限動員したときの日本陸軍』と比較して多いと抜かしたのは知っている そりゃ『最大限動員したとき』って幹部の数は将官すら足りてねぇんだから比較に不適切なんだって話 陸自の将校などの割合はロシヤなどと比すると略同等であったはずだ

2020-07-18 11:46:08
|日0☆TK @kyuumaruTK

まぁロシアは放胆な独断をよしとする3基数制の機動軍なので、機動に任ずる旅団には将校多め、他はそこそこのはずなのだ。 あとは米海兵もそう。アレは機動軍ゆえ。 米陸軍が4基数制の同質編成を基準としているが、米陸軍とは概ね似たような兵・下士官/士官率。

2020-07-18 11:56:02
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao

大抵激戦地でなかったので、ほとんどの場合は復員しておる ほとんどの場合は (激戦地にまわされるとほぼ死ぬ)

2020-07-18 12:02:08
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao

精鋭というのは悲惨だ。激戦地に回されて死んでしまうのだから

2020-07-18 12:21:40
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao

だってヤカラに治安維持とかさせてたからな… そらヘイトもたまろうて そら問題も起こそうて…

2020-07-18 12:05:47
の〜す☆ @tyanmatsuuu

@kyuumaruTK 旧軍関係の体験話は、ある種の生存者バイアスな面もありますね。。 pic.twitter.com/kuxd5VMUad

2020-07-18 12:26:35
拡大
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao

マトモに兵を指導できる幹部の不足した部隊では私的制裁が横行していた そしてそういう部隊はあまり激しい戦線に回されなかったので生き残ってる割合が多いし、したら戦後にそういう話を残すのぢゃ 無論精鋭にも問題があったかもしれんが、死んでたら証言は残らん

2020-07-18 12:11:24
マンフロイ@しょうが @Loptr_Sect

@C11katao だからさ、南京もそんな感じだったんだろ。数は外交的なあれでマシマシだろうが

2020-07-18 12:37:48
残りを読む(47)

コメント

撃壌◆ @gekijounouTa 2020年7月18日
まとめ中にもあるけど、急に事業拡大した企業でも聞く話ですな…(´・ω・`)
12
okwae @okwae858 2020年7月18日
急速な事業拡大はフラグ
4
冷たい熱湯 @Tuny1028 2020年7月18日
先に低アライメントの部隊で敵を蹴散らしてから高アライメント部隊に占領させるのがカオスフレーム維持の鉄則なのだが
12
アイマキ @aimakimakimaki 2020年7月18日
急拡大って点では大戦中の米軍も似たようなものだと思うけど同じことはおきなかったんだろうか
3
cinefuk 🌀 @cinefuk 2020年7月18日
『地域の確保や後備の任には愚連隊も真っ青なヤカラ部隊が蔓延ってこれが現地住民のヘイトを稼ぎまくっている。』 aimakimakimaki これが、進駐軍が戦後の日本で「愚連隊まがいの乱暴狼藉を働いた」という事実の裏側なんだろうね
26
[30]Kirara@ありがサンキューツアーズ @Kirara1314 2020年7月18日
みなせまとめなのにカメもおがくずも出てこない……?(ぐるぐるおめめ
43
オトラント公 @JosephFouche521 2020年7月18日
当時のアメリカもイギリスも常設の陸軍はそんな大した規模じゃないのに、よく戦時にあれだけの大陸軍を作れたなあ、と感心する
3
杉山真大@震災被災者 @mtcedar1972 2020年7月18日
これって今の日本にも結構当て嵌まっちゃう気がするなぁ。小さい政府志向・少数精鋭で専門職を過重労働と低賃金でシバいていざ必要となったら取り敢えず頭数だけでも増やして質が低下ってオチ。
20
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014 2020年7月18日
にわか動員で質が低下した兵士に政治将校が無理やり決死隊もどきをやらせてドイツの進撃を遅滞させたソ連は正しかった、と(だめです)
2
ウーロン茶ポリフェノールDeathtiny @hatsuyume 2020年7月18日
ゼテギネアの民はチョロいので少し優しさを見せる(高ALI部隊で占領)だけで良いからな…(敵を倒しすぎてALI値が0になったパラディン率いる部隊で敵を蹂躙しながら)
7
TA @kutakuta1290 2020年7月18日
食レポ…食レポはどこ…?
10
神無月 @sanpai2929sii 2020年7月18日
昨今の日本の状況をWW2時の日本軍になぞらえる事をあまりによく見るので、日本というのはそんなに末期大日本帝国の呪いを受けているのかと思ったりするが、状況が状況になれば大体どこの国の組織も似たような事をするのかとも思うようになった。
1
神無月 @sanpai2929sii 2020年7月18日
Retina014 広大な領土と、畑からとれるくらいに兵士がいっぱいいないと出来ない戦法じゃないですか。それ。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2020年7月18日
実際どの程度の兵士や将校がいて育てられるかわかってるはずなのに、世界を相手に戦争吹っ掛けるのがマヌケ
11
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月18日
白兵突撃って、命令されたからといってそうそう出来るものじゃないから、制裁による恐怖で動かすか、士官が率先して突撃するかでもしないとということなんでしょう
1
ろろむじ @lolomji 2020年7月18日
平時に徴兵されてたのが男性人口の20%程度なんだから、それ以外は素人か能力的に問題があるわけで それを動員しても直ぐに戦力にはならんよね
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月18日
太平洋戦争も英米艦隊が攻めてくるのを迎撃するための艦隊だったのに、攻めて出る使い方しちゃったし、計画にないことを成り行きでやっちゃうと組織が対応できない
8
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa 2020年7月18日
国民皆兵で兵隊に動員できる仕組みはできたけど、実際に動員したら他のものが足りなくなるということにWW2まで直面しなかった国と、WW1で直面した国の差なんじゃろうね。
13
公然秘密結社社員 @higrik 2020年7月18日
Kirara1314 kutakuta1290 軍関連が本来本業で、タグ「おがくず」関連は余暇のようなものらしいです。
7
トッリ @SIRO4i8SATO 2020年7月18日
野趣溢れるクッキングどこー?当時の様子は戸井昌造さんのご本が、挿絵も豊富で詳しくてすこ
1
きゃいむ @kya_imu 2020年7月18日
ここからどう料理に繋がるんだろうと思いながら読んでたらそのまま終わった
2
七七四未満六四以上 @zy773 2020年7月18日
"たいへいようでしにました" コレ、良いスタンプだなw
11
masano_yutaka @masano_yutaka 2020年7月18日
そもそも1920年代の軍縮と不況があって、軍は人を食わせられない・農村で余った次男以下が軍務に就きたがる で人が余ってたのをなんとか切り離してきた結果が、非常時になったら人不足で困る ですので、こればっかりは仕方ないというか…。
1
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年7月18日
Neko_Sencho 日本に関しては「開戦せざるを得ない状況に追い込まれた」ってのが正しい。外交の失敗がそのまま開戦まで響いた。
11
Hide13 @Hide1314 2020年7月18日
ちょこちょこオウガバトルの話が入るの笑える まあ死神部隊は鉄板ですね
3
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2020年7月18日
身の丈に合わないことをして、あちこち無理が祟ったのは事実だ。疑いようもない。 でもそれって、当時の人々も予見してたんじゃないかな? そんなことわかってるよーじゃあどうしろってんだよぉーって感じに。
3
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2020年7月18日
「どうしてこれで勝てると思ったんですか」(煙を立てながら受話器を握る現場猫)
14
トッリ @SIRO4i8SATO 2020年7月18日
ww2後半は「優秀な鳶職人なので赤紙」とか無茶苦茶だったんだっけ。なお我が家版赤紙。海辺の村のお爺ちゃん→山奥で書類書いてた。山奥の村のお爺ちゃん→丁稚みたいなデッキボーイ。無茶です。どっちもけがなくてよかったね…
5
Mill=O=Wisp @millowisp 2020年7月18日
当時の認識で生命線だった満州にくちばし突っ込まれて、石油も締め上げられたら、あとの結果は似たような感じじゃねぇのかなと言う感はある
3
ウォルフガング・ゴッテンベルク【残余二万四百文字】 @C11katao 2020年7月18日
まとめを更新しました。 一つだけ私のツイットを追加させていただきました
1
阿佐@自称・箱入り娘系youtuber @37325973 2020年7月18日
こうして読んでみると、イザークがママンの手心で後方に異動させられるときの、 「あなたには戦後にこそやるべきことがある」 的な話は間違いでは無かったんだなぁ、と。 まあどうみても親心で職権乱よ(ry
4
まうみん @maumin66 2020年7月18日
ここから南方に戦力引き抜くと凄いことになりそう
1
タルパ @talpacc 2020年7月18日
満州にクチバシ突っ込んだのは日本の方からだから救われないなあ
4
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2020年7月18日
海軍も、戦争の途中から、艦長は沈む艦から退避するように指導するようになった。それくらい貴重人材のわけ。特攻もノスタルジックに犬死とか言う、ただの非難んじゃなく、爆弾を命中させる効果は上がったという戦術的な結果が出ていることに対して、若いパイロットという高プロをミサイルの誘導装置代わりに使うという「非効率」とそこまでして戦争を行う「戦略性の低さ」を理性的に議論しないと、大西さんに笑われるで。
19
Alpha Leo @alpha_leo 2020年7月18日
米陸軍は1939年に19万人だったものが、1945年には800万人と実に40倍に急拡大しているが、質の低下という話は聞かない。当時の日本人一般市民が米国人に比べて劣っていたとも思えない。やはりマネジメント力の違いでしょうね。アイゼンハワーなんか軍人というよりは大企業のCEOみたいな感じだし。
4
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん☀ @sengodebu 2020年7月18日
トラウトマン工作が書いてないクソまとめ。日中戦争は本来終わりかけてたんだよ。太平洋戦争とは全く状況が違う。バカか講和を妨害した海軍がまとめたなこれ
2
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2020年7月18日
日本でまともに読める満州戦の文献は少なく、特にソ連側の作戦・戦術レベルがわかる入門書は意外に『詳解 独ソ戦全史』の最終章だったりする。狙撃兵師団に戦車旅団をアタッチして戦後編成へのステップアップを図ったソ連軍は、独ソ戦を経験したベテランが中核になり、質的にも極めて強力だった。新兵だらけ。中下級の指揮官も不足…警備師団に毛が生えた程度の弱体な戦闘単位で、それと戦った結果は、むしろ前線と評価してもいいくらい。
0
かーぽ @xi8442 2020年7月18日
軍事に詳しい女の子が多いですね
0
唯野 @tadano29 2020年7月18日
兵士でも工員でもそうだけど、WW2で急速拡大して素人だらけになったのは日本に限らず主要参戦国はどこも同じはずだよね。日本と外国の新人教育体制の比較とかにも触れて欲しい……
4
唯野 @tadano29 2020年7月18日
sengodebu 米内光政とかいう昭和最大のマッチポンプ男
1
clockgene @clockgene 2020年7月18日
旧軍のステレオタイプな軍人像の原因がこれ。 日露戦争では予備師団が前線に出て活躍した例もあり死傷多数の旅順攻略でも士気は高かった記録があるので後方も含めて40万人程度の動員が国力の限界だったのだと思う。
10
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年7月18日
ロシア人も嫌われてる原因の大半は「進撃時の先鋒に囚人兵を使い捨てする」て言う習慣じゃないかな。使い捨ての囚人兵なので占領地では略奪狼藉やらかしまくり
4
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年7月18日
て言うか下士官足りないどころか編成している部隊の当の人員ですら足りないって話だったような(当時はコンピュータで管理してないからね)。それこそ激戦地から帰ってきて「もう招集されないだろ」と思ってたら招集されました、て話も。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月18日
若い将来有望な士官が決死の覚悟で白兵突撃の先頭走るから士気が高いというやりかただと士官の消費が激しくなり
2
愚者@7/12勇者部満開13:No.20 @fool_0 2020年7月18日
オウガバトルの話と聞いて。当局の死神部隊リーダーはプリンセスでしたが(ちなみに前衛はニンジャマスターとレイヴン、後衛はプリンセスとリッチとビショップ)、ラックを最大にしていたおかげでレアアイテムも結構拾えてお得でした。話をもどして、パイロットに関してのみですがソ連は開戦前からパイロット育成体制を整えており、事実ドイツ軍から何度も壊滅的被害を受けながらも最後までパイロット供給を途絶えさせることがありませんでした。
1
kampfer @kampfer2009 2020年7月18日
そんだけ拡充して下士官不足に陥る中、ノモンハンでの戦いの責任をとって連隊長クラスが次々自決してるんだからせわねーわ。尋問した後に拳銃を連隊長の前において出ていくとかして、実質自決強要してたフシがある。現場の兵士はむしろよく頑張ったくらいなのに何で下士官が責任取らされるんだ、ほんまクソ。
3
okwae @okwae858 2020年7月18日
SIRO4i8SATO 辺鄙な村のお寺の境内に「○○軍曹墓碑」みたいなご立派な石碑が建ってるのはこういうことだったんだな…
3
o’rihiqua @orihiqua 2020年7月18日
非現実的なスピード重視で業容・組織を拡大する企業とダブります。
1
ジミー加藤 @KATOHSAMANOSUKE 2020年7月18日
この状況で陸軍も海軍も対米開戦の撤回を自分ら以外が言わんかなぁとかやってて結果アレだからねぇ。あと勝てる勝てない以前の問題なのはわかってたけど編成レベルで戦争出来ないとはねぇ。
1
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2020年7月18日
kampfer2009 連隊長が下士官・・・? 「下士官」ってのは旧軍において「兵曹」のことで、そもそも士官=少尉以上のずっと下やぞ。 知らん案件に口出すなとまでは言わんけど、語るなら用語くらいはある程度理解してからにしてくれるか?
4
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月18日
そもそも満州国を属国として育てようとしたのはあの地域を直接支配しようとしたら資源も人材も足りないからだったんじゃなかろうかと
1
オラトヌフスス @oratnuhss 2020年7月18日
士官充足していた30年代前半の関東軍が満州事変なんかやらかすんだから質とは何ぞや?って感じもする。 既に満州は馬賊問題で泥沼化してアフガンの米軍みたいな状況だったのか?
5
オラトヌフスス @oratnuhss 2020年7月19日
アメリカが士官増員に耐えれたのは 高卒、大卒比率が世界一高かったのもあるんじゃないかな。ROTCも既に整備されてた。方や日本は義務教育6年で基本小卒 だったし。
2
kampfer @kampfer2009 2020年7月19日
d2N5Q4GciZtsa2e ごめんなさい。士官を下士官下士官と連呼してしまいました。
1
九十九 @hakqq 2020年7月19日
「下級士官」を「下(級)士官」というおばかさんはしばしば確認できるが、連隊長大佐をまさか下級だと思っているような奴がいるとは。どれだけ増上慢なのだか
1
幹事長代理 ⋈ @dairi888 2020年7月19日
大事なことが説明されてない 「近衛文麿が明らかに日中戦争を泥沼化させるように動いていた」事が 陸軍も蒋介石政権を相手にせずとか止めてくれとか講和で動いてたのに ぜんぶブチ壊すように動いてたのは近衛内閣 https://www.youtube.com/watch?v=3yxgaKQIdbM
0
幹事長代理 ⋈ @dairi888 2020年7月19日
oratnuhss 満州事変起こす原因は満州をめちゃくちゃに荒らし回っていてた 張作霖親子が根本原因なんですよ。当地で商売してた 日本人だけじゃなく青い目の外国人相手にも酷い事したり 英国も日本の事悪いとは思ってなかったんです でも外務省の一部のせっかち連中が暴走して国際連盟を脱退してしまって・・・。
1
ポポイ @p0poi 2020年7月19日
ソースは、動画()じゃなくて、一次史料やそれを踏まえた歴史学者の研究をまとめた著作とか、せめてそれを文章で引用しているページとか、出せないものですかね?
0
八代泰太 @3914kcorkcolc 2020年7月19日
aimakimakimaki WW2に限らず米軍は戦闘にはとても強いですが、占領後の安定化作戦で地域住民のヘイト集めすぎて、地域が敵に回ったり倒した旧体制が復権したりとか多いじゃないですか。 あれも、戦闘には一線級のエースや最新鋭の装備とかを糸目をつけずに送るけど、その後の安定化は重要視せず物人金を惜しんだ結果ですよ。
4
TJS @ShimadaTJS 2020年7月19日
政治将校が必要な理由がやっと腑に落ちたわ。独ソ戦の赤軍はあれはあれで工夫した結果だったんだな。
4
くま @Do4z9IPfoZEDnxQ 2020年7月19日
失敗の本質という本にも似たようなことが書かれていたな🤔
1
上里来生 @kamisato_3 2020年7月19日
"たいへいようでしにました"スタンプは2ch軍事板全盛時代からあったりするので、結構歴史の古いものなのだ
5
s.j. @uo_kawa 2020年7月19日
昔を馬鹿にするのはいいとして、当時を俯瞰できる我々はどうなのか。戦争には始まりがあれば終わりがある。また短期戦と長期戦があり、前者が成功で後者が失敗とも言われる。更に開戦と終戦を決めるのは政治家の仕事で、戦闘をするのが軍隊の仕事(帝国憲法11条)である。では、どうすれば日華事変を短期戦で終わらせられたのか。当時の政治家の責任は云々。その辺のことが知りたいですね。
0
対馬守 @enanji 2020年7月23日
 膨張する組織。尉官は戦場で磨り潰され、大正期の人員削減で佐官は絶対数が足りない。将官は日露戦争以降に任官した戦争童貞。嗚呼素晴らしき大日本帝国。  
0
ダルジィ @M0NcDTpW7UOFJd9 2020年7月27日
つまり冷遇するといざ働いて欲しい時が来てもろくに働けないということですな。自衛隊心配
0
cinefuk 🌀 @cinefuk 2020年8月2日
『自衛官として演習などで出会った米軍士官は、皆紳士的で教養もあり、悪い奴には思えない』という話と『ガイジンバーでマリンコが暴れるので、米軍人は入店禁止になった』という話は、どちらも https://twitter.com/kyuumaruTK/status/1284316306066427904 に回収されるように思う。
0