民族学ノート

【その10 エスニシティ】を追加しました。
3

個別具体的な民族の形成時期(社会発展段階)や形成事情については、それぞれ違いがありますが、基本、民族というものが形成され出したと言えるのは、原始社会末期にそれまで血縁集団であった氏族部族が実質的に崩壊し、地縁集団が形成されだした時期だと考えます。

熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

「民族は資本主義以前には存在しない」という議論がかつてあり、80年代でも左翼の人に大真面目に言われたことがある。これは民族とは「勃興しつつある資本主義の時代の歴史的範疇である」というスターリンの論断(『マルク主義と民族問題』)によるもので、これがかなりの影響力をもったようである。

2019-04-16 19:34:05
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

小林よしのりのアイヌ民族「否定」論の大元であるという河野本道にしても、その著作に直に触れていないので、責任のあることを言えないが、彼の年齢から考えて(1939年生)、何かこのスターリンの論断の影響を受けているような気がしないでもない。

2019-04-16 19:40:08
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

確かにスターリンが例に挙げた西欧、英仏独伊などの諸民族の形成は資本主義勃興期であることは間違いないだろう。もっとも、それにしてもイギリスにはイングランド・スコットランド・ウェールズなどの民族差があり、フランスにも政府が公式に認めないだけで、実質上の民族差は相当なものがあるのだが。

2019-04-16 19:43:55
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

少なくとも、西欧の事情が世界の諸民族に当てはまらないことは明白であり、例えば中国では漢民族の形成は秦漢のことで、更に一般に封建社会の形成は戦国〜秦漢のことだとされている(諸説あり)。これによれば、漢民族の形成は封建制の発展によるものだと言うことになる。

2019-04-16 19:49:00
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

ちなみに、中国ではスターリンの死の翌年には「民族とは資本主義勃興期の産物」というスターリンの論断は実質否定されたようである。 twitter.com/xiongmao53/sta…

2019-04-16 19:51:35
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

「民族は資本主義以前の社会においても形成される」という学説を出したのは、中国の著名な歴史学者・范文瀾であり、その『中国が秦漢時代から統一国家になった原因』という論文で、秦漢時代には漢族は既に文字の統一を通じて共通の言語、生活領域、共通文化、度量衡の統一を通じて共同の経済生活を➡

2019-02-12 20:19:10
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

もつようになったため統一的民族として形成されたと主張。范文瀾は前年に死去したスターリンが提出した民族に関する条件を基準にしながらも、「民族は資本主義が上昇する時代の歴史範疇である」というスターリンの論断に公然問を唱えたと言います。(王柯『多民族国家・中国』岩波新書2005)

2019-02-12 20:23:40
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

もっとも、漢民族は秦漢時期に形成されたと主張した范文瀾自体は中国封建社会の開始を周代に置いていたが(これは「郡県制」と対置される「封建制」の話ではなく、生産関係の問題)、まあ諸説あれど、漢民族の形成が秦漢時期であり、この時期が資本主義以前であることは明白だと思う。

2019-04-16 20:15:15
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

ところで、「民族は資本主義の段階の産物」という論断にあくまでこだわり続けた学者たちは、それ以前の民族的集団を何と呼んでいたかというと、これは民族ではなく「部族」等に主張したのであるが、このような主張には、最近の日本でも既視感がある。

2019-04-16 20:18:58
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

このように個別具体的な民族の形成時期(社会発展段階)や形成事情については、それぞれ具体的な状況に違いがあるのだが、それでは民族と言えるものが、どの段階で形成され得るのかというと、これはやはり階級社会(少なくともその前夜たる原始社会末期)の産物であると考える。

2019-04-16 20:27:24
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

思うに、原始社会というか人類の当初は血縁集団であり、いわゆる氏族部族である。もっとも氏族部族でさえ人類史の一定段階に発生した物という説もあり、食指をそそられるのであるが、少なくとも人類の原始の段階が血縁集団であったことは間違いなかろう。

2019-04-16 20:31:33
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

その血縁集団たる氏族部族が、文明(階級社会)の萌芽とともに崩壊(少なくとも実質的に)していき、実質上の地縁集団となった時に、民族と言えるようなものが形成されたと考えるのである。その意味では、そもそも「純血のアイヌ」どころか、「純血の民族」などというようなものは当初から存在しない。

2019-04-16 20:35:41
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

つまり、血縁集団たる氏族部族などの地縁的融合の結果、形成されたものが民族であると考えるのであり、民族とはそもそも「純血」の否定の上に形成されたものと考えるのである。

2019-04-16 20:39:49
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

なお、これに関しては、筆者の独創ではなく、若い頃に読んだ中国の民族問題入門書(王国棟『民族問題常識』寧夏人民出版社1982年)の影響であることを表明しておく。 twitter.com/xiongmao53/sta…

2019-04-16 21:49:18
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

例えば、この小林信者が挙げている「古代ローマ人」などは、複数の部族の融合同化の結果、形成された民族であると考えるのである。 pic.twitter.com/HLS38xzBRZ

2019-04-16 21:03:18
拡大
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

勿論、世界にはアマゾンの孤立民族などのように、今なお血縁集団が残存している可能性が大いにあり、学問上はともかく、実際政治問題として、これら血縁集団を「民族」と称することは、むしろ妥当と思う。ちなみに毛沢東は中国での民族識別にあたり、次のように述べたという。 twitter.com/xiongmao53/sta…

2019-04-16 20:43:57

王柯『多民族国家・中国』(岩波新書2005)によれば、毛沢東は1953年に「科学的分析はよいが、しかし政治的にどれが民族になれる。どれが部族や氏族であるというように区別する必要はない」と指示を出したという。

【その2 民族は資本主義時期の産物か】

丹菊逸治 @itangiku

アイヌその他の先住民族絡みで言語や民族について小林よしのりが出してくる話は全て80年代、せいぜい90年代初期頃までの古臭い学説にもとづいている。ちょっと話にならない。それについてはおいおいツイートするかもしれません。

2019-02-05 13:53:50
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

確かに、彼の「アイヌは民族ではない」という主張は、スターリンの「民族は資本主義の産物」という発言を思い出させます。私の若い頃(80年代)も、左翼の人で「民族は資本主義以前には存在しない」と大真面目に主張する人がいました。 twitter.com/itangiku/statu…

2019-02-05 18:56:25
熊猫さん🐼🐷🐶🐻🐮 @xiongmao53

確かに、小林よしのりの主張するような「民族」などは資本主義段階でなければ出現しないでしょう。

2019-02-05 19:05:34
残りを読む(80)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?