2020年7月23日

圧巻の内容『人間にとってスイカとは何か』を読む。アフリカ・カラハリ砂漠での人間の生存を可能した「野生スイカ」の謎

『人間にとってスイカとは何か』『最後の言葉の村へ』『昨日までの世界』など、それらの本の作者が世界の奥地に分け入り、現代社会の常識が通用しない「もうひとつの世界」を追いかけた本の読書記録です。
312
巫俊(ふしゅん) @fushunia

スイカのイラストを、フリー素材サイトからお借りします。 illustrain.com pic.twitter.com/XQ2TkHOxO5

2020-07-23 19:02:02
拡大

アフリカ・カラハリ砂漠『人間にとってスイカとは何か』

巫俊(ふしゅん) @fushunia

2014年に刊行された『人間にとってスイカとは何か: カラハリ狩猟民と考える』を読みました。圧巻の内容です。熱帯アフリカ原産のスイカは、17世紀以前に日本に伝来した果物ですが、野生種が存在するカラハリ砂漠では、コイサン系狩猟民が水を飲まずに生活してて、水分はスイカから摂取してるとか

2020-01-06 01:14:19
巫俊(ふしゅん) @fushunia

地表水が無い、まだらに灌木が生えてる風景の中で、スイカを食べて生きてる人たちがいて、その上、「スイカから水を作る」技術が存在してるというから、驚きです。切り出したスイカの果肉を容器に入れ、ひとつまみ、火が消えた後の灰を混ぜると、果肉から水が滲み出てきたとありました。

2020-01-06 01:24:55
巫俊(ふしゅん) @fushunia

現地の牧畜採集民のお母さんは、毎朝ラグビーボール大のスイカを5つ持ってきて、穴を開けて中をぐりぐり掻きまわしたスイカに灰を混ぜて、勢いよく振ると、スイカ5つから1リットルの水を作れるそうです。その水を飲んだり、調理したり、子どもの身体に拭(ぬぐ)って垢をこすり出したりするのだとか

2020-01-06 01:30:27
巫俊(ふしゅん) @fushunia

そんな地表水の無い乾燥地帯で、スイカが育つのか…と思ったのですが、野生のスイカが鈴生りに生えてて、ごろごろしており、1家族が最大2千個のスイカを貯蔵し、スイカを食べ尽くすまで野営地で暮らすそうです。なお苦みのあるスイカで、「スイカ」は甘く無いばかりか、何とも言えない味がすると… twitter.com/fushunia/statu…

2020-01-06 01:38:22
巫俊(ふしゅん) @fushunia

他にも、灌木の下には有毒の地下茎が生えてて、掘り起こしたその根茎をヤギに食べさせてるそうです。ヤギは人間が食べ残したスイカにも喰らい付きます。井戸のある村より、野営地のヤギの方が、不思議と丸々と肥えてるそうで、ときどき、ライオンが襲ってくるそうです。

2020-01-06 01:44:43
巫俊(ふしゅん) @fushunia

多量に水を摂取する馬を飼うのは、貯蔵できるスイカの数にも限度があるので、困難なのですが、それでも村に数頭の馬がいて、人間が食べるためのスイカを小さくカットしてあげたものを、馬に山ほど食べさせるそうです。馬がいなかった世界なので、鹿系動物を馬で、へたり込むまで追い込んで槍で刺すとか twitter.com/fushunia/statu…

2020-01-06 02:08:39

鹿系動物とメモしたのですが、広い意味でウシの仲間の野生動物でした

巫俊(ふしゅん) @fushunia

なお、下馬してから、へたり込んでる鹿系動物を刺すそうです。判断が甘いと、まだ元気な奴に、ツノでお腹を刺されてしまった人もいるそうです。そして、この鹿系動物の胃から、スイカの種が出てきたそうで!野生状態で大繁茂するスイカが、野生動物の生命をつないでる世界なんですね。

2020-01-06 02:16:53
巫俊(ふしゅん) @fushunia

このカラハリ砂漠の世界にも、少しだけ雨季があるとのことで、ただ、広大な砂漠の中のどこかに限定して雨が降るだけらしくて、政府の援助が無かった頃は、雨が降ってスイカが育った場所に、どんなに遠くも歩いていったそうです。

2020-01-06 02:27:09

作者によると、「野生のスイカ」だと思ったものも、人間が食べて種を捨てた場所に繁茂したもので、それと栽培してる「スイカ畑」も別にあったそうです。

巫俊(ふしゅん) @fushunia

新大陸では、毒抜きが徹底されてたキャッサバが、アフリカに持ち込まれると、中毒者が続出して、毒抜き失敗してるのに低濃度で気づいてなくて、病気になるとか、一度失われた(伝わらなかった)文化の再発見は、困難な道のりだと本に書かれてました。

2020-07-23 16:36:09
巫俊(ふしゅん) @fushunia

高毒性のキャッサバは痩せた土地でも、よく育つ。この有毒成分が害虫や害獣を寄せ付けないからだ。それを食べる人間は…南西諸島の蘇鉄地獄(毒のある蘇鉄を食べざるを得なかった)を思い出す話。

2020-06-02 03:03:36
あさしん @ssassincreedo

@fushunia 同じことがトウモロコシでもあったらしいですね。石灰を混ぜる先住民の調理法がヨーロッパやアフリカには伝わらなくて、栄養不足による病気になったとか

2020-07-23 17:33:51
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@ssassincreedo あっ、そうだったのですか。石灰を混ぜると、何が変わるのでしょうか?

2020-07-23 17:35:59
あさしん @ssassincreedo

@fushunia トウモロコシは調理時に石灰や木灰などを混ぜないとビタミン不足に陥るらしいです ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B…

2020-07-23 17:39:06
@I_Love_Kosodate

でもキャッサバの毒抜き知識が継承されなかった結果西アフリカでは「キャッサバの葉を食べる文化」っていうアメリカにはなかった文化が生まれたんですよね キャッサバの葉を毒抜きするメソッドはアメリカにはなかった

2020-07-23 17:41:57
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@fake__nws 新大陸から伝わったジャガイモの有毒の葉を、何も知らないヨーロッパの宮廷の人たちが、珍しいものとして調理して出してしまい、集団食中毒になったとか、読んだのを思い出しました。

2020-07-23 17:47:43

ニューギニア『最後の言葉の村へ』

巫俊(ふしゅん) @fushunia

最期の言葉の村へ 消滅危機言語タヤップを話す人々との30年』(2020年刊行)、1/3ほど読みましたが、何故、言語が消滅しようとしてるのか、必ずしも近代化とか政府の影響とは言えない(関わってはいそうだけど)ニューギニアでの例が面白くて、読み始めると止まりません。

2020-02-21 00:11:17
巫俊(ふしゅん) @fushunia

150人程度って書かれてたかな?タヤップ語はそれくらいの規模の言語なんだけど、タヤップ語集団の集落は孤立した地域では無く、むしろ孤立した山の尾根周辺には大きな言語が展開してるってあたり、聞いたことの無い事例で興味深く思いました。

2020-02-21 00:16:36
巫俊(ふしゅん) @fushunia

近くにドイツの植民地があった頃の、「2人の若者の冒険」が、すべて(の言語)を変えてしまい、タヤップ語は世代交代で消滅することが確定したそうです。そのまま消滅するんだけど、言語を記録保存しようと一人の西洋人が単身、乗り込んできた。

2020-02-21 00:29:18
巫俊(ふしゅん) @fushunia

パプアニューギニアのガプン村、基本的におかしな人しか出て来なくて、「善行も罪になる」とか、ヤバ過ぎだった…

2020-07-23 20:11:49
巫俊(ふしゅん) @fushunia

毒ヘビに咬まれて、口から泡吹いてる男から、300ギラの大金を熱帯雨林に埋めた場所を聞き出そうとする村人とか、「町で金に換えてやる」と唆されて村外の人に300ギラ渡したが、そのまま音信不通になったとか、マラリアの薬を一気飲みした後、症状が改善しないので、何者かが魔法をかけてるとか…

2020-02-23 21:25:24
残りを読む(21)

コメント

JAPANweb【ドット絵お仕事募集中】 @JAPANweb_SRPG 2020年7月23日
言われてみれば、スイカって不思議だな。 弦植物だから、勝手に増えるし。
29
GGP_DDT(限りなく無色透明に近い戦慄のブルー) @ggp_ddt 2020年7月23日
「やせいの くだもの が あらわれた!」 「よかった、これで水分補給できる」 結論:スイカは偉大。
30
yuri @yuri7bs 2020年7月23日
ニューギニアの白人との他人感は、田舎におけるよそ者へのそれと似てるよね
19
I-zy @digitaleazy 2020年7月23日
それだけ親戚以外に敵愾心もって生きてたらどんどん血が濃くなってっちゃいそうだけど大丈夫なんかな・・・。
27
みゆう @MinamidaYminami 2020年7月23日
スイカは食べる時に種取るの面倒だから、メロンの方が好み ( =^人^=)づ🍈
6
てす子 @momimomitest 2020年7月23日
日本じゃ直で綺麗な水飲んじゃえるけどそうじゃない地域なんかはサボテンやらヤシの実やら結構水分補給目的に利用される植物って結構あるね
15
Salam杉本 @sugim 2020年7月23日
MinamidaYminami メロンでは水の代わりにならないのです。タクラマカン砂漠ではスイカはたくさん食べても良いがメロンは食べすぎるなと言われます。 なんでかは知りません…
28
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2020年7月23日
momimomitest トマトもそのクチかな。原産地のペルーって水資源乏しいよね
10
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月23日
日本も「和製漢語」はそれまでの日本には無かった概念の輸入とか。『これらの多くは,近代期に,英語などを取り入れる際に漢訳して取り入れたことに由来する.』 http://user.keio.ac.jp/~rhotta/hellog/2013-10-12-1.html
1
フローライト @FluoRiteTW 2020年7月23日
そうやってたらふく摂取したスイカの種が腹の中で発芽して……
6
あっぷるさん @LapopoUma 2020年7月23日
スイカでなりたつ社会……なろうの「スイカの星の進化論」な世界はほんとにあったんだな
1
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年7月23日
NHKスペシャル「人間は何を食べてきたか」第7巻(2003年発売)で生活用水をスイカから摂る人々が印象深かった。「金を湯水の様に使う」日本のことわざが凄く贅沢な事がわかる。干しスイカが衝撃的だったな。DVD特典で宮崎駿・高畑勲監督がインタビューに応えていて、その後の作品に生かされるかなと思っていたらそうでは無かったな。
13
ゴルン @guranzamu1 2020年7月23日
digitaleazy 誰か一人でも名前が一致すれば「歓迎」するってあるから遥か昔に枝分かれした親戚でも頼るんじゃないかなぁ。
7
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年7月24日
sugim メロンにはタンパク質分解酵素のククミシンが含まれているとか(ググった)
3
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年7月24日
自体が毒性を獲得してなければ、果実(的野菜)の豊富な貯水は貯蔵可能な清潔な水を獲得できる大きな手段だからなぁ。その水分を利用する生き物を介在して遠くまで種子散布も出来るわけで。
9
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年7月24日
『人間にとってスイカとは何か: カラハリ狩猟民と考える』確か読んだ事あるけど、記憶を辿ると著者が後で奥さんと子供を連れてきて一年間一緒に暮らしてたと書いてるはず……(ググった)……ググったけど感想に書いてるひとがいないなあ……
2
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年7月24日
思い出した、サン族の一グループが政府が用意した定住地で酒とか飲んで暮らしてたら若者が誇りや名誉が示せる事が無くなったとかでサン族初の強姦事件が起きて女性に山羊とか払って弁償した後でそのグループは皆で遊動生活に戻ったと書いてあった(はず、記憶違いだったら申し訳ない)
4
重-オモ- @__oMo__ 2020年7月24日
「人間にとってスイカとは何か」の著者、池谷和信氏のインタビュー。スイカについても触れられている。現地では「焼きスイカ」や「スイカ鍋」もあるとか/https://www.grips.ac.jp/forum/africa/interview/14.htm
2
08_Reader @08_Reader 2020年7月24日
中東の方の古代文明でもウリだかスイカの祖先だかを水分補給にしてたって聞いたな
6
あごにー @Agony_01 2020年7月24日
文化の消滅は、いろんな知識の消滅でもあるっていう話が心に響きました。無意味と思われる風習とかも、最低でも文献とかで残さないと有効な知識が消えてしまうんですねぇ
3
あごにー @Agony_01 2020年7月24日
っていうか、普通に水が飲める場所ってむしろ珍しいのでは・・・?ほかのとこでも水より果物のジュースとか植物フィルターを通すの多いですよね。
6
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2020年7月24日
「安全な水をスイカから採るなんて、大変なところで暮らしてるなあ」から一転、急に「人類は愚か」に話題がシフトしたのでぼくは死んだ
11
めろ●ට⌓ට●🍥 @melopachi 2020年7月24日
Amazonで検索したら実本しかなかった。Kindleなら買うのにな〜面白そうだから読みたい
1
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2020年7月24日
ニューギニアの「失われつつある、人類の古い思考の在り方」を取り上げたのは、昨年の12月にこちらのまとめ記事「世界の植物の歴史とその起源」を作ったので、スイカの話と関連付けられそうな話題(ツイート)を消化してしまったからでした。アフリカ原産の穀物ソルガムが古代の日本に伝来した話など、書いております。 https://togetter.com/li/1449785
7
sihi @sihi70585332 2020年7月24日
digitaleazy 前近代な社会ではレイプや奴隷や略奪や族滅は大正義なのでは? 大陸のインディオが減ってきたなぁ・・・よっしゃアフリカから黒人連れてこよ、という按配ですよ。
1
sihi @sihi70585332 2020年7月24日
取材班に対する差別感情・・・昨今のコロナ禍もそうですが、マスゴミの蛮族ぶりも鑑みるに無礼があったらその場で皆殺しにする、というくらいに警戒した対応というのは疫学的にも生存戦略的にもあながち間違いではないですね。
6
sake @sake_ne_ku 2020年7月24日
テキスト装飾が黒、赤、緑なところにスイカ愛を感じる
11
ちりがみ @wastedpapers 2020年7月24日
スイカを木の下に貯蔵して生活している部族の話、映像ドキュメンタリーで見た記憶があるけど米で出ているNHKスペシャルかなあ 砂漠ではオアシス的なところとか井戸の権利のあるところで暮らしているイメージだったので天然の水筒は眼から鱗
3
汝、翼を与える@ばってん先に翼ばくれんね イベント・・(出た、出たが最初から居るとまでは・・・) @ryunosinfx 2020年7月24日
rascalは英語でならず者、ゴロツキなのでそのままじゃないですかね。しかし定義がない世界はすごいな
8
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2020年7月24日
sugim 同じ重さでメロンの方がカリウムが多く、スイカの2.5倍ぐらいになる。スイカも比較的カリウムが多い方なので、メロンはバナナと並んで高カリウム食品と言える。恐らく高カリウム血症(不整脈や心房細動を起こすことがある)を恐れているのでは。
14
ヘルヴォルト @hervort 2020年7月24日
スイカの話から始まったけど非常に面白い話だった。よく考えればそうなんだよ、少数民族に対して行ったコミュニケーションがその民族に対して影響を与えることもあるんだよね。そしてそれにより少数民族の風習が変化してしまうこともある。少数民族の調査って難しいね
5
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2020年7月24日
草木灰め、ここでも、水を取るために出てくるだと……
3
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2020年7月24日
そういや天の川もウリから湧き出た水で出来たという神話があったな。ウリ科植物の実は昔から水と見なされていたのか。
4
愚者@ワカマツヤオンリー参加断念 @fool_0 2020年7月24日
そういえばアフリカだったと記憶しているけど、キャッシュレス決済が急速に進んだ理由の一つが『悪魔の仕業』と称する中抜きを防ぐためだったよなあ……
5
komiyasu @komiyasu3 2020年7月24日
そういえば子供の頃読んだ昔話で「このお金で飲むもの、食べるもの、畑に蒔くもの全て買ってこい」と僅かな金を渡す謎かけをされ、スイカを1個買ってくるという話があった。日本の昔話ではなかったような気がする。
8
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年7月24日
digitaleazy 多分それで人口をセーブ(増やしもしない、さりとて減りもしない)してるのかと。
1
他人 @Messiah_Justo 2020年7月24日
砂漠のような過酷な地でさえ、必要なものを自らの手で作り出し生き抜く術を心得る人々がいる一方、一滴の水すら自分の力で得ることが出来ないのが、我々近代文明人なんである。なんと心許なく、恐ろしいことか。
5
メニスカス @HatsudukiLens 2020年7月24日
友達、仲間という概念を持てた民族だけが「国」を作れて発展したということかも
1
Laffy(ΦωΦ)🌸 @Lafiell 2020年7月24日
🌽はアルカリ処理しないとナイアシン不足でペラグラになるんだよね 一方でその知識を引き継いだアメリカ開拓民は小麦粉にアルカリ性の膨らし粉を使った そのためチアミンが破壊され、酷い場合にはウェルニッケ脳症を発症した ……そら冬中ラードとビスケットだけ食べてたらそうなるわな
6
ひなぎく(じきに老人) @jikiniroujin 2020年7月24日
手遅れ状態で救命小屋に行って亡くなる→救命小屋に行くと死んでしまう という論理の転倒、手遅れ状態という前提条件を受け入れなければ合理的推論になってるのが反駁が難しいところだな。
5
狼吼 @wolf_howling 2020年7月24日
映画「ビューティフルピープル ゆかいな仲間」でコイサンが球根から水を得るシーンを観た事がある
2
新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2020年7月24日
fool_0 「アフリカの呪術師」と全面対決するため、電子マネーを導入した話。 http://blog.tinect.jp/?p=36606 ですね。
6
mikunitmr @mikunitmr 2020年7月24日
FluoRiteTW 口から芽が出てきて「ヤーマダー」と呼びかけるようになるのか。
1
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2020年8月2日
水タンクの様な存在だったスイカを、何故甘味として品種改良しようと古代人が思い立ったのか気になる
1