発狂頭巾再発掘記念とくべつ読み切り【発狂頭巾アトミック~第10話:土用の丑のウランギ騒動~】(実況付き)

実況してくださった皆様ありがとうございました!
4
雀bot @suzumeninja

発狂頭巾再発掘記念とくべつ読み切り【発狂頭巾アトミック~第10話:土用の丑のウランギ騒動~】 (感想とかは #発狂頭巾アトミック でツイートしてもらえると拾えるので嬉しいです)

2020-07-25 21:48:02
南口行 @hmt_undercover

あっ、発狂頭巾エレキテルが意外にも好評で、今度は小型原子炉内蔵 になった発狂頭巾アトミックだ #発狂頭巾アトミック

2020-07-25 22:09:02
雀bot @suzumeninja

(これまでのあらすじ:原子力江戸歴XXXX年。先の原子力奉行、吉貝狂四郎は不慮の事故によって命を落とす。だが、時の平賀アトミック源内と杉田バイオ玄白の手によって体内に小型原子炉を埋め込まて息を吹き返す。かくして、夜な夜な世が裁けぬ悪を裁く発狂頭巾アトミックとなったのだ。)

2020-07-25 21:50:53
@usagi0913

あらすじで狂人を3人も出すんじゃない。 #発狂頭巾アトミック

2020-07-25 23:29:25
雀bot @suzumeninja

今日も京都て平和な原子力江戸の街をふらりと歩く吉貝に声をかける岡っ引きのハチ。 「旦那ァ!吉貝の旦那ァ!」 「おう、どうしたハチ?」 「へへ、明日は土用の丑の日。旦那もウランギ食いに行くんでしょう?」 土用の丑の日といえばウランギ、初代平賀アトミック源内が広めた風習だ。

2020-07-25 21:54:33
雀bot @suzumeninja

「うむ、夏といえばウランギ。核分裂を活発にして夏バテに負けない体を造らんとな」 原子力江戸に暮らす人々は、大昔の大戦によって核耐性を得た人類の末裔だ。それどころかウランを取り込むことで核分裂を促しエネルギーを作り出す体質を得たのだ。

2020-07-25 21:56:42
雀bot @suzumeninja

こと、エネルギーを必要とする夏場は、核汚染が進んだ原子力江戸湾でたっぷりとウランを取り込んで川を登ってくるウランギ(うなぎのような見た目をしている)を食べるのが良いとされている。 「しかし旦那、今年も高いんでしょうなあ……」

2020-07-25 21:58:51
帝釈10@いいね規制されがち @taishaku10

放送当時は核は未来のクリーンなエネルギーだったのだ。はて?それじゃあ江戸湾の核汚染とは? #発狂頭巾アトミック

2020-07-25 22:46:20
雀bot @suzumeninja

春は初鰹、夏はウランギ、秋はサンマ、冬はスズキと、四季折々の旬のものや縁起物は高い値がついて取引されている。 「仕方あるまい。江戸っ子は古の時から縁起物を重宝する故な」 「そうですねえ。ちょっと様子見してみやしょうか」 ハチは近くのウランギ屋を覗き込む。

2020-07-25 22:02:38
りすへ @YY49324526

ウランギだけウランギなの恐ろしいな #発狂頭巾アトミック

2020-07-25 22:21:18
かにたま @ChowhanRock1869

ウラン生物、ウランギしかいないのかい!? #発狂頭巾アトミック

2020-07-25 23:02:10
雀bot @suzumeninja

「大将!明日はウランギ食わせてもらっかい?」 「おうよ!年に1度の土用の丑の日、ウランギが出せなくてウランギ屋かってんだ!明日の仕入れの分まで準備万端ってなもんでい!」 ウランギ屋の大将は元気よく答え、パタパタとうちわをあおぎ、ウランギの蒲焼きを焼いていく。

2020-07-25 22:05:21
雀bot @suzumeninja

「こりゃあ安心ですね。旦那」 「……」 陽気に笑うハチだったが、吉貝の様子がおかしい。なにか、遠くを見ている。 「あれ?旦那?どうしたんです?」 「ん、ああ、いや、なんでもない。ただ、少し嫌な予感がしてな」 我に返った吉貝が淡々と答える。

2020-07-25 22:07:44
雀bot @suzumeninja

「縁起でもねえですぜ!旦那の悪い予感は当たりやすいんですから……」 実際、過去9話において、ほとんどの事件の起こりは吉貝の嫌な予感と一致していた。体内原子炉が見せる未来の幻覚か、あるいは、空気中に飛び交う電子のゆらぎを感じるのか。原因は定かではない。

2020-07-25 22:09:49
雀bot @suzumeninja

「うむ、すまなかった」 「いや!旦那が謝ることはねえですって!虫の知らせみたいなもんでしょう。アッシだってたまにはそういうこともありやすけど、当たった試しなんてねえんですから」 「ふふ、そうだな。ハチの予感があたったことなんてこれまでになかったからなあ」

2020-07-25 22:13:46
雀bot @suzumeninja

「旦那ァ!そりゃあちっと言いすぎですぜ?アッシの勘だってあったたことはたまには……あり?あったっけかな?アハハ!」 笑ってごまかすハチ。 「あっはっは!」 吉貝も釣られて笑う。まるで、さっきの予感を忘れようとしているようだった。

2020-07-25 22:15:30
雀bot @suzumeninja

……しかし、翌日。吉貝の悪い予感は的中してしまった。 「旦那ァ!てえへんだ!」 屋敷の庭でバイオ水牛の毛づくろいをする吉貝の元にハチが転がり込んでくる。 「どうしたのだ、そんなに慌てて」 「ウ、ウランギがとんでもねえ値段になってるんですよ!」

2020-07-25 22:17:51
雀bot @suzumeninja

「……なんだと」 「とにかく、すぐに来てくだせえ!」 「わかった」 杉田バイオ玄白から頼まれていたバイオ水牛の世話を手早く済ませた吉貝は、ハチとともに原子力江戸の街に繰り出した。 「ううむ。これは……」 吉貝は街の状況に息を呑む。どこのウランギ屋も、例年の数倍の値段なのだ。

2020-07-25 22:21:46
まつもとP @takuniku1129

#発狂頭巾アトミック 何もかも最初からアブナイ。 時の平賀アトミック源内と杉田バイオ玄白って襲名制かなにかなのか。 平和な原子力江戸の街という物騒な呼称。あとウランギとかヤバイ。

2020-07-25 23:33:43
雀bot @suzumeninja

吉貝は昨日のウランギ屋に話を聞く。 「これはいったいどういうことだ?随分と高いではないか?」 「へえ、それが……今朝になって急におふれが出たもんで」 「おふれ?」 「はい。なんでも、『ウランギは毎年捕獲量が減っているから大量消費を避けるために値段を上げよ』ってことでして」

2020-07-25 22:25:15
雀bot @suzumeninja

「そんな!土用の丑の日にいきなりなんて殺生でずぜ!」 ハチは驚き怒る。 「お上にゃ逆らえませんよ。そもそも、こっちだっていきなり仕入れ値が倍以上になっちまったんだ。こうでもしなきゃおまんまの食い上げでさ」 大将が焼く蒲焼きの数は昨日の半分以下だ。

2020-07-25 22:28:25
残りを読む(112)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?