Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

動画『打たれ強さを育む: より良い人生を送るための 5 つのヒント』を訳してみた。困難で複雑な人生において、歓迎しない予期せぬ出来事に対処するにはどうすればよいのか。

精神分析医のスティーブン・マーマー博士が 5 つのヒントを提供します。
167
tarafuku10 @tarafuku10

動画『打たれ強さを育む: より良い人生を送るための5つのヒント』を訳してみた。困難で複雑な人生において、歓迎しない予期せぬ出来事に対処するにはどうすればよいのか。精神分析医のスティーブン・マーマー博士が 5 つのヒントを提供します。 youtube.com/watch?v=fPMqMJ… pic.twitter.com/IXPU5Vy8A6

2020-07-20 19:45:25
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

まだ気づいていない人がいるといけないので改めて申し上げるが、人生は困難で、複雑で、予測不能だ。これを変えることはできない。それが自然な姿なのだ。しかし、歓迎しない予期せぬ出来事に備えて心を整えることはできる。 どうやって? 打たれ強さを育むのだ。 pic.twitter.com/Vk5rVlr7wi

2020-07-20 19:45:57
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

打たれ強さとは、人生において避けがたい落胆、失敗、苦痛から立ち直る能力である。比喩を使って説明しよう。 車にショック・アブソーバーがなければ、快適なドライブなど望みようがない。人生において、ショック・アブソーバーにあたるのが打たれ強さだ。 pic.twitter.com/m0fGPlqAvS

2020-07-20 19:46:30
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

したがって、打たれ強さ、すなわち心の中のショック・アブソーバーを育まなければ、幸せで生産的な人生を送ることはできない。 打たれ強さの逆は脆さである。脆い人は、あらゆることに動揺してしまう。あらゆることに動揺する人は、腹を立て、傷つくことに多くの時間を費やしている。 pic.twitter.com/rkQj7yry2e

2020-07-20 19:46:55
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

腹を立て、傷つくことに多くの時間を費やす人が、幸せになれるはずがない。 私は別に、深刻な病や家族の死など、人生を変えるような非常につらい出来事についてだけ話しているのではない。このような場合は、立ち直るために助けが必要になるのが普通である。 pic.twitter.com/vBcWImAjdE

2020-07-20 19:47:19
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

だが、ほとんどの人にとっては、こうした出来事はまれである。しかし、普段の生活における悔しさや落胆はそうではない。打たれ強さが必要となるのはこういうときである。 では、どうやって打たれ強さを育むのか。精神分析医としての40年を超える経験から私が導き出したヒントをいくつかご紹介しよう。 pic.twitter.com/h2wbq7IeIX

2020-07-20 19:47:44
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

第一に、問題を別の視点から見ることだ。 一歩引いたところから、なるべく客観的に状況を評価する。「これはどのくらい大きな問題なのか?」「問題を誇張していないだろうか?」 pic.twitter.com/SupYSzE5lh

2020-07-20 19:48:08
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私の患者の中には、不幸な状況を実際よりも深刻に受け止めてしまう人がいる。一般的に、それが子供の頃のひどい体験を思い出させるために増幅されるのだ。多くの場合、次のような簡単な質問を自分にするだけで、別の視点を持つことができる。 pic.twitter.com/QyUQ6OX7w0

2020-07-20 19:48:23
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

「起こりうる最悪の状況は何か?」。そうすれば、ほとんどの場合は、最悪の状況ですらそれほど悪い状況ではないこと、そして、それが現実になる可能性は低いことがわかる。 pic.twitter.com/OI3i6Nsrw5

2020-07-20 19:48:41
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

第二に、自分に起きたことの中で、自分のせいではない悪いことと、自分が努力したわけでもないのに手に入れた良いことを比べてみよう。 この比較を行った私の患者は、努力したわけでもないのに手に入れた良いことが、自分のせいではない悪いことをはるかに上回ることに必ず気付く。 pic.twitter.com/BySQluLwnG

2020-07-20 19:49:05
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

その比率は、少なく見積もっても10対1である。私個人の話をすれば、祖父母がアメリカに移民してきたという信じられないような幸運は、私が努力して得たものではない。子供のころ、病気がちの私の命を救ったペニシリンも同じだ。いくらでも挙げることができる。おそらくあなたも同じだろう。 pic.twitter.com/mNJXQdhWTy

2020-07-20 19:49:18
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

こういう視点で見れば、状況はたぶんそれほど悪くない。それどころか、かなり良いことに気付くのではないか。 pic.twitter.com/jw3ucTqs7e

2020-07-20 19:50:00
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

第三に、精神的にたくましくなろう。 病気やけが、人間関係、仕事上の困難、家族の問題など、人生にはさまざまな障害が待ち受けている。これらに対処するために、メンタルを鍛える必要がある。このプロセスは、人生のなるべく早い時期に始めた方がいい。 pic.twitter.com/UI5xwOUFz5

2020-07-20 19:50:20
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

あらゆる痛みや失敗から子供を守って甘やかす親が、実際には子供の役に立っていないのはこのためだ。いわゆる「セーフ・スペース」を学生に提供する大学も同じだ。精神的にたくましくなるには、自分の限界に挑戦するしかない。それをせずに、どうやって自分の能力を知ることができるのか? pic.twitter.com/gillRmEZDk

2020-07-20 19:50:37
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私は病弱な子供だった。自分自身を虚弱体質だと思っていた。しかし、医学部で死に物狂いに勉強し、研修医時代に重病患者を治療するうちに、私は自分が考えていたよりずっと精神的にタフであることがわかった。おそらくあなたも自分の知らないパワーを秘めているはずだ。 pic.twitter.com/SzSSLqiAIc

2020-07-20 19:50:51
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

それを見つければいい。そのパワーを見つけることで、打たれ強さを育むことができる。 pic.twitter.com/PbT0qcP5ll

2020-07-20 19:51:07
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

4番目。自分の運命を設計するのは自分自身だと肝に銘じること。 人生において、状況をコントロールできない事態は何度も発生するだろう。しかし、そうした事態にどう反応するかを自分でコントロールできないことはほとんどない。 ピューリッツァー賞に輝いたコラムニストの… pic.twitter.com/r2cbxV6HOC

2020-07-20 19:51:32
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

…故チャールズ・クラウトハマーは、インスピレーションにあふれる良い例だ。医学生だったクラウトハマーは、ダイビング中の不慮の事故により四肢が麻痺した。彼は、自己憐憫にふける間もなく、病院のベッドで学業をやりとおすことを決意した。そして、1 学期も休むことなく卒業した。 pic.twitter.com/zVTzcV2NXA

2020-07-20 19:51:47
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

第 5 に、自分の人生を正直に棚卸しすることだ。 あなたの不幸な状況の原因が、あなた自身にどれだけあるのかを真剣に考えてみよう。言い換えれば、人生におけるハードルのうち、あなたが作り出したものはいくつあるのか? pic.twitter.com/BiyHvW30Ya

2020-07-20 19:52:09
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

これによって、 自分の外だけでなく、自分の中にも、人生を変える力が存在することが理解できるだろう。 そうすれば、失敗や困難の原因となるこうした行動を避けることができる。自分の無力さではなく、自分の力を見つめよう。そして、誰にとっても、最大の力となるのは、自分を変える能力である。 pic.twitter.com/df54gxeBUR

2020-07-20 19:52:28
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

打たれ強さがなくても、幸せな瞬間はまちがいなく訪れる。しかし、幸せな人生を送るには、打たれ強さは必要不可欠だ。 UCLA 医科大学院の精神分析医のスティーブン・マーマー博士でした。(了) 英文スクリプト: ↓ prageru.com/video/building…

2020-07-20 19:53:00
リンク PragerU Building Resilience: 5 Ways To A Better Life In case you hadn’t noticed, life is difficult and unpredictable. So, how do you move forward in such a complex and confusing world? UCLA Medical School psychiatrist Dr. Stephen Marmer offers 5 tips for coping with life’s unwelcome surprises. 541

コメント

タイラー・ダーテン @NoisyDog11 2020年7月26日
ホントにな。嘆く自由は誰にでもある。でも生きたいなら何とかしたいなら立ち上がるしかない。オレももっともっと打たれ強く優しくなりてえよ。
4
Shiro @Shiromagenta- 2020年7月26日
打たれ強さとは貯金である
2
捨てさん# @beryberychan 2020年7月26日
努力しないで手に入れた良い事が少なすぎて草
2
犬だよ @yaju5123 2020年7月26日
五番目は正にその通りだなぁ。問題だと騒ぎ立てたり不安になった時でも、問題を分解して小さい問題にしてみると意外と大した事無かったりする。
1
筋トレナースマン@鍛えろ筋肉、滅びよ人類 @m2_tanaka 2020年7月26日
日本に生まれ、まともに育ててくれる親の元に生まれ、事故っても怪我なく、ほどほどに働いてほどほどよりは少ないが給料もらって自立した生活が出来る。 改めて考えるとかなりラッキーな人生だな。
1
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2020年7月26日
最初の「問題を客観的に、別の視点から見る」ということからつまずくことが多い。問題を大きく見がちだし、自分だけに起こっている(不公平だ)と思いがち。後から考えると大したことないと思えるのに、その時は問題が発生したことで動揺して混乱して、冷静に考えられない。子どもの頃いじめられっ子だったことに関係があるのかな。
2