編集可能

既に過去の遺物?致命的な間違い?仏教思想的に『業病』はどう位置付けられているのか。

元の発言者がどこまで理解していたかはともかく「仏教をきちんと学べばそんな発想にはならない」のか「仏教思想そのものが抱える弱点として認めざるを得ない」のか?、宗教的にはどう位置づけられるのでしょう
12
石原 慎太郎 @i_shintaro

業病のALSに侵され自殺のための身動きも出来ぬ女性が尊厳死を願って相談した二人の医師が薬を与え手助けした事で「殺害」容疑で起訴された。武士道の切腹の際の苦しみを救うための介錯の美徳も知らぬ検察の愚かしさに腹が立つ。裁判の折り私は是非とも医師たちの弁護人として法廷に立ちたい。

2020-07-27 13:14:55
このツイートへの反響は多々あります。

ここでは「仏教思想」との関係に特に焦点を当てます。

開田あや @ayanekotunami

おいッ!💢  業病の言葉の意味がわかって書いているのか? 言葉の意味を忘れるほど老いたのか? 意味がわかって書いているなら絶対に許せない! この世に業病と言われるような病気はない! そんなものは旧弊な社会の葬り去るべきな認識だ! 絶対に使ってはいけない言葉だ! 絶対に、だ! twitter.com/i_shintaro/sta…

2020-07-27 17:05:23
赤坂朝霞 @akasaka_moon

万歩譲って、仏教的死生観に基づいた「病気は業による」という考えと解釈し、それを受け入れるにしても、ならばALSに限らずどんな病気だってそうだし、前世からの「業」により発現した病から逃れるために自死したり、それを幇助したりしたら、さらに重い業を背負いこむことになるのではないかね。

2020-07-27 18:23:43
小笠原 晋也 (Luke Shinya OGASAWARA) @ogswrs

石原慎太郎「ALS は業病」と暴言 buzzfeed.com/jp/naokoiwanag… via @nonbeepanda 日本の仏教は「業病」を「因果応報にしたがって,前世の悪業のゆえに 現世でわずらう病」と規定する.仏教は,日本人たちを「業病」や「因果応報,自業自得,自己責任」や「先祖代々の墓 すなわち 家父長主義」に縛りつける

2020-07-28 10:21:18
リンク BuzzFeed 石原慎太郎元都知事、また暴言「業病のALS」 当事者、支援者「呆れる」「恥ずかしい」 作家で元都知事、元国会議員の石原慎太郎氏が、ALSの嘱託殺人事件について、ALSを「業病」とした上で「武士道の切腹の際の苦しみを救うための介錯の美徳」などと医師らの行為を肯定するツイートをしました。 31 users 4306
ねこ。 @sasame_yky

<ごうびょう 【業病】 仏教用語。過去の悪業の果報としてかかった病気の意だったが、今は回復不可能の重病をいうようになった。→ 業 (世界宗教用語大事典 中経出版) weblio.jp/content/%E6%A5… pic.twitter.com/qWJ4oKFeuy

2020-07-27 20:57:32
拡大
リンク www.weblio.jp 業病(ごうびょう)とは何? Weblio辞書 「業病」の意味は悪いおこないの報いとしてかかるとされた、なおりにくく、つらい病気のこと。Weblio辞書では「業病」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。
ふぎさやか @maomaoshitai

業病というのは端的に言えば、仏教の教義により想定される「悪いことをするとかかる病気」です。仏教の基本は過去、現代、未来の三世の理、自業自得・因果応報です。ですから、現在の私達の障害や病気、事故、怪我、犯罪、身分、貧困などは全て、自身の過去の悪行に由来する結果だと想定します。

2020-07-27 23:19:14
ふぎさやか @maomaoshitai

仏教の伝説にある話ですが、ある日、お釈迦様の頭から突如血が出てしまいます。弟子たちは仏身が傷ついたと驚くのですが、お釈迦様はその由来を語ります。お釈迦様が遠い前世で漁村の子供だった時、戯れに引き上げられた魚の頭を叩いて遊んでいた。その報いが今になって現れたと。これが業です。

2020-07-27 23:23:32
ふぎさやか @maomaoshitai

現在は業病をいたずらに説く仏教宗派はあまりありませんがね。自業自得、因果応報の理より考えれば、当然、良いことも悪いことも、原因は自分から発されたと考えるので至る結論です。

2020-07-27 23:26:47
ふぎさやか @maomaoshitai

仏教は今の私たちが受けるあらゆる苦しみや不幸の原因は、過去に私達が犯した悪行であるから、今の私達が悪行を止めれば、よく生きれば、未来が変わるという宿命転換です。あまり今を苦しんでいる人に「こうなったのは全部お前のせいだぞ!」と責め立てるような趣旨ではありません。今後の話です。

2020-07-27 23:30:15
ふぎさやか @maomaoshitai

例えば大乗仏教では『妙法蓮華経』という経典には、法華経を侮辱した人間は白癩病(肌に白い斑点ができる皮膚病らしい)という病にかかる、体から悪臭を発するとか、後は精神錯乱を起こすなど色々と書かれていますけどね。仏教をバカにするのはそれほど恐ろしい罪ですと自制を促す教えです。

2020-07-27 23:34:43
ふぎさやか @maomaoshitai

石原慎太郎氏は東日本大震災の時にも、あたかも「日本人の心の乱れ」が災害を引き起こしたかのような書き方をして問題になったことがありますし、今も業病と、暗に悪事により人間が病気にかかると書いていますけどね。おそらく仏教思想は背景にあるはずです。霊友会と親しいので。

2020-07-27 23:39:13
ふぎさやか @maomaoshitai

石原慎太郎氏は「天罰」や「業病」という言葉を意味もわからず使っているのではなく、明らかに仏教の三世因果の理は意識しているはずです。霊友会と親しいので、霊友会の教義にあるかはともかく、その辺りの仏教の教えや経典の文言にも触れたことはあると思います。彼は法華経に関する著作あります。

2020-07-27 23:56:04
ふぎさやか @maomaoshitai

その上で言っておきたいのは、今は僧侶でもイタズラに天罰だ業病だなど言う人は稀でしてね。石原慎太郎氏は作家や政治家と言葉を仕事とする人だった割りには、本当に軽々しく言葉を弄ぶ方だなとは。

2020-07-28 00:00:32
ふぎさやか @maomaoshitai

日本ではこの「業病」という言葉、ハンセン病患者差別と密接に結びついてきたので、ほとんどの宗派でまともに教育を受けていればイタズラに口にしないはずです。

2020-07-28 00:04:42
Nori @bgnori

お。 genshu.nichiren.or.jp/genshu-web-too… 我が国でハンセン病が社会的スティグマ(烙印)として忌避されてきた背景の一つに日本風土に根づいた「穢れ観」や、仏教とりわけ妙法蓮華経の普及があったためと指摘されている

2020-07-27 23:23:20
Nori @bgnori

"原始仏教末期に整理された『Vinaya-pitaka』(律蔵三大品一)の第七涌品には、五種の病を持つ者の出家を拒否する因縁譚が記されてる。"

2020-07-27 23:24:41
Nori @bgnori

不浄というよりも、「出家して治療を受けて治ったあと、還俗した人が居た」かららしい。

2020-07-27 23:26:21
Nori @bgnori

"摩訶止観では業病について、「今世において戒を破り前世の業を動かしたために受ける病」と説かれている。"

2020-07-27 23:27:54
Nori @bgnori

"日本医学は曲直瀬一渓道三(一五〇七一五九四)までは、ほとんど僧医の手に委ねられていた。したがって、僧医として有力だった性全の説く「癩病は業病である、癩病は遺伝である」という解釈が一般社会に広く浸透していたと考えられる。"

2020-07-27 23:29:49
Nori @bgnori

引用が増え過ぎなんでやめる。 犯罪と同等に扱われていた時期(延喜式)もあるらしい。 「身体的醜さが穢として忌まれていた」

2020-07-27 23:32:19
Buddhism_Osaka @BuddhismOsaka

一応摩訶止観の病が起こる原因として業があると説かれるが、業が因縁で病が起こるよぐらいでそれがどんな業であるかは追求はしていないのに注意。

2020-07-27 23:26:51
残りを読む(47)

コメント

ゆいまる @YUIMARU_BETA 2020年7月29日
『業病は回復不可能な重病という意味で使うこともある。言葉狩りではないか』という意見を目にしたが、それが本当だとしてもそんな言い方聞いたことないんだよなあ。仮にそうだとしても業病がかつての日本でどういう意味で使われてきたかを考えたら簡単に他者に対して使ってはいけない言葉ではないのか。それを言葉狩りとするのは違うんじゃないの?オレも言葉狩りはクソくらえな人間だが業病は差別的意味合いしかないんじゃないかと思うんだが。
12
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年7月29日
伝統宗教では思想的な完成度が高い仏教も公正世界仮説からは抜け出せなかったんだなぁ
0
鶴島 亀島 @craneturtle 2020年7月29日
ある浄土真宗の尼が、鬱や自律神経失調の人も業病扱いして、人格全否定、激しい罵倒をやっていたのを思いだした。 ああいうのは亡くなって欲しい。人が自殺したらどうするのか。
0
他人 @Messiah_Justo 2020年7月29日
「親の因果が子に報い」というのは…人が善をなすのも悪をなすのも当人のあずかり知らぬ因縁の結果であって当人の自己決定によるわけではないのですよ、ということを言っていると思うのだが。
4
他人 @Messiah_Justo 2020年7月29日
人は「俺は今から悪いことをするぞ」と宣言してから悪人になるわけではありません。北斗の拳のジャギのように、親や周囲に振り回されている内に気が付けばいつのまにやら悪事に手を染め、なる気もなかったはずの極悪非道の悪党に…というのが「悪人」です。だから「悪い奴」がいても簡単に当人だけの責任に帰しちゃいけませんよ、と、諭しているのが「親の因果が子に報い」である。仏教徒の人はどう思うか知らないけど俺は勝手にそう思ってます。
2
九十九 @hakqq 2020年7月29日
ってか、前世は現世からはコントロール不能だから「神の与え給う試練」とさして変わらんのでは。
9
ろんどん @lawtomol 2020年7月29日
「渡哲也さん、石原裕次郎さんと幻の共演」(松竹梅のCM)のニュースを見ながら、何をやってんだか…と思った
0
nekosencho @Neko_Sencho 2020年7月29日
石原は昔から暴言マシンなのでおいとくとして、賛同してる人がいるというのがどうにも救いがたい
6
ヒジャチョンダラ @citabow 2020年7月29日
弁護人は弁護士資格無くてもやれるのか? と思ったが、どうやら例外的にだけどもやれるらしい。でも本当に石原氏が弁護人になりこの調子で捲し立てたら、有罪判決の介錯にしかならないような気がする。
0
dronesubscriber @dronesubscriber 2020年7月29日
YUIMARU_BETA 例えば島木健作『癩』では進行性の神経症に対して患者が自分は業病だと言っています。海野十三『什器破壊業事件』では手先のおぼつかない相手に「あんた、なんか業病があるんじゃない。」と言って皮肉っています。 今は通じないですが、昭和の文学界ではそういう使われ方をしてきたのは事実です。
2
たか子 @takakomistumugi 2020年7月29日
東日本大震災の時に「津波は天罰」と言った人なんで、息するように差別発言する人なんだなと。
3
dronesubscriber @dronesubscriber 2020年7月29日
takakomistumugi それも関東大震災の時の新渡戸稲造の言葉などを意識してのようです。年齢的にも感覚は古いですが、新聞のタイトルを鵜呑みにするのは危険ですね。 https://business.nikkei.com/article/interview/20150302/278140/032800006/?P=1
0
たか子 @takakomistumugi 2020年7月29日
dronesubscriber過去に偉人が使っていようとも、時代や常識が変わった現代で使っていい状況が分かってない時点で知識や言葉のアップデート出来て無いんだなって。独創性が物を言う作家ならともかく、(震災時に)公人でその発言はぶっ叩かれますわ。
5
ゆいまる @YUIMARU_BETA 2020年7月29日
dronesubscriber 当方活字作品は池波正太郎を読むくらいなのでその作品は知りませんでしたが、いずれにしろ今の日本での重病を業病と言い換える人はかなり稀少だと思うので、石原氏は自分以外への価値観のアップデートができていないと感じますね。
1
dronesubscriber @dronesubscriber 2020年7月29日
YUIMARU_BETA 現代的な感覚ではないでというのは全くです。認知に問題のある老人が失礼な言動をしても、もう新しいことを学ぶ余裕もないし仕方ないなとと放置するしかないなと思うだけです。
0
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年7月29日
業病って「回復不可能の重病」としての用法しか見たことないな。そもそも「業」の概念とか「親の因果が子に祟り」とかの発想は古すぎるのでは。「怪奇特集!!あなたの知らない世界」をやってた頃ならまだ通用したけど。
4
フルバ @furubakou1 2020年7月29日
検察はそういうことをするための組織なんだから起訴するのは当たり前でしょうが。 「非親告罪だけどおれは罪じゃないと思うから起訴しない」が通用する職業じゃないねんで。
1
フルバ @furubakou1 2020年7月29日
これは実質的に介錯だから情状酌量の余地あり、なんてのは弁護側の仕事であって検察がそれやったらあかんでしょ。
0
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2020年7月29日
辞書に載ってるくらい「ありがちな用法」なのにそれを「あまり見掛けないので不適切」と主張するのは「学の無さ自慢」でしかないなあ。
6
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2020年7月29日
そして「本来はこういう意味だが、そこから転じて別の使い方がされている」という話なのだから、「業病=本人の前世の悪行が原因の病」と捉える方が「知識のアップデートができてない輩」だと思うぞw
6
mrmr @mrmr_sei 2020年7月29日
「津波は天罰だ」なんて平気で言ってしまえるような感性の人だし「業病」も無自覚な悪意に基づいた発言なんじゃない?
4
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年7月29日
これにアヤつけてる人って今まで「業病」を知らなくて、今回辞書ひいて初めて知ったとかじゃないの?
2
フルバ @furubakou1 2020年7月29日
(業病をこの件で知ったとは言えない)
3
たか子 @takakomistumugi 2020年7月29日
自分の狭い知識の範囲だと、業病と言うとハンセン病(癩病)の時に使われてた印象。当時でも難病ではあったけど、国が隔離政策行った&差別が恐ろしいことになってたのも含め、本来の意味合いを知らんのも相まって業病=差別的発言と捉えてしまうわ。
3
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年7月29日
hsgwkyt 意味が転じようが差別用語が許されるわけ無いじゃん。アップデートしたところで履歴は残るぞ
1
ゆいまる @YUIMARU_BETA 2020年7月29日
『本当の意味はこうだから問題ない』と思考停止して、その言葉が辿ってきた道を考えない人はさぞかし学があるんでしょうなあ。
2
ネワノ @One_of_Engineer 2020年7月29日
単純に「回復困難な病気」を意味する同義語である「難病」が広く使われてているなかで、「過去・前世の悪行=業によって生ずる病」を第一義とする「業病」をわざわざ使う意味が分からんていう話。
7
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年7月29日
mtoaki ハンセン病差別をご存知ない?
3
RAM (衝角モード) @PLAPAPA 2020年7月29日
過去の「三国人」発言でもそうだったが、言葉狩りに遭いやすい単語を排除せずに使えば、騒ぐ連中が出てくるのは当然。あの時でも苦戦したのだから、老いた今ではもっと(真意が)伝わらなくて当然。そのあたりの戦略を考慮できずに言葉を使うのは「老耄」と言うしかない。
0
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年7月29日
One_of_Engineer 「それほど悲惨で理不尽な病」という悲嘆と諦観と受容の言葉が「業病」でしょ。
1
すいませんもう一度いいでしょうか? @monthlyicon 2020年7月29日
「それほど悲惨で理不尽な」のは仏教のほうだよ。好きで罹った訳じゃないのに、ハンセン病の患者を救うどころか「業病」として指弾してるんだからな。
3
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年7月29日
mtoaki 「ハンセン病患者に対してその病を前世での業などと称して業病と呼び差別していた歴史」を知っていながらその差別に使われていた業病という表現を差別用語だと認めないのは甚だ不可解な矛盾ですね
3
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年7月29日
ugmkhsmk 差別者が使っていたから差別用語だって主張なの? チョンや旭日旗と同じくもともと差別用語ではないが歴史的経緯があるから「配慮」しろってこと? 知らんがな。
1
99ca0213 @99ca0213 2020年7月29日
業病という言葉をハンセン病問題で初めて知る人が多いということなのか。銀シャリとか言ったら、骨を食べるなんて!と糾弾される日も近いですのう。末法の世じゃ
1
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2020年7月29日
「言葉狩りに合いそうな単語を好んで使う」のは馬鹿な輩が言葉狩りに乗り出して騒いでくれるので、宣伝効果が高いから意図的に多用してるのではないかな。騒いでる層が「いつもの奴ら」であることを見れば、その対立層から好意的に見られるメリットも想定できるしw
0
99ca0213 @99ca0213 2020年7月29日
2500年前は輪廻転生、因果応報が常識だったでしょうから釈尊もそれを前提にしてますけど、釈尊自身の言葉でカルマ云々とか語ってる箇所は知らないなあ。のちの教団が世俗の要求に応えて取り入れていったんじゃないかしら
0
殻付牡蠣 @rareboiled 2020年7月29日
takakomistumugi そうとも言えるが、昔ながらの言葉や考えの人を時代遅れって糾弾するのも単純だと思うがね?何を思って発言したかの真意を探ることしなければ、君も同じことで糾弾される可能性があるけどよろしいの?
0
ピグモン @gdtiomnbvf 2020年7月30日
hsgwkyt 宣伝目的で意図的にそういう言葉を使っているのだとしたら、釣られた側より使った人間の方がずっと愚かだと思う
2
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2020年7月30日
gdtiomnbvf 何故愚か?ちゃんとコストに見合う効果を上げてるから常用してるのだろ、って話だよw
0
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2020年7月30日
まあ悔しいから「愚かだということにしたい」って感覚はあるかもしれないけど。
0
フルバ @furubakou1 2020年7月30日
単にインパクトのある単語をチョイスする人間ってだけじゃないかしら。さすがにそこに噛みつくのはどうなのよ。
0
すいませんもう一度いいでしょうか? @monthlyicon 2020年8月2日
99ca0213 まとめと全然かんけいないけど、「末法の世」って意訳したら「警察国家」になるんじゃね? とか妄想していた厨二病期の自分を思い出した。
0
Buddhism_Osaka @BuddhismOsaka 2020年9月2日
悪い意味のバラモン教の業の概念を取っ払ったのが仏教なんだけど、バラモン教のしがらみに取り込まれて悪い意味の業が仏教として広まった。それを取り払らうのに腐心したのが日蓮という認識。開目抄や佐渡御書で説かれる。
0