Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年7月30日

映画レビュー「ペットセメタリー(2019)」 美少女スラッシャーの新たな傑作?

2019年公開のリメイク版「ペットセメタリー」のレビューです。ネタバレ注意。
21
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

リメイク版「ペットセメタリー」観賞。 本国公開から遅れること約半年。公開館数も少なく本国の評価も著しくなかったため空気のまま終わった本作ですが… ネタバレに入る前に言っておきます。私はこれ「オススメ」です。個人的には良作の部類に入る。 ※以下取り上げる作品全般のネタバレ注意。 pic.twitter.com/ddvtiQXa1x

2020-07-30 10:57:04
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

まずこの映画、「ペットセメタリー」のリメイクとしては確かに失格だと思います。 この映画を評価する、楽しむためには制作者の狙いをキチンと抑える必要がある。 で、それが何なのかというと『美少女スラッシャー万歳!』ということです。

2020-07-30 10:57:05
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

私は本作の第一報を見た時「娘役の子がキャワユイ!」というのが感想の全てでした。 ホラー映画に美少女はつきもの。この組み合わせだけで観賞動機になるワケですが、今までのホラーでは美少女は「被害者」だったんですね。 ところが本作では「加害者」なんです。 pic.twitter.com/1wIa1MpETJ

2020-07-30 10:57:05
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

何の裏も取ってない完全憶測ですけど、恐らくこの映画の制作陣は09年公開の「エスター」に影響受けてるんじゃないかと思います。 エスターのネタバレもしますけど、この作品は「美少女が被害者」じゃなくて「美少女が加害者」の作品として画期的でした。 pic.twitter.com/bQo9TyGXim

2020-07-30 10:57:05
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

今までのホラー映画の歴史でキャーキャー言ってスラッシュされるだけの役割だった美少女が、「怪物役」になって人を襲う。ここにある種のフェチズムがあったんですね。 で、私はリメイク版ペッセメの予告編から同じニオイを嗅ぎ取ってました。 「これは怪物化する美少女俳優を愛でるホラーだな」と。 pic.twitter.com/1C4Ko06hZX

2020-07-30 10:57:06
拡大
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

本編を見るとやっぱり「エスター」っぽいところがあります。 まずオリジナルとの比較ですけど、家族構成はオリジナルと同じですが、オリジナルで死ぬのが「息子」だったのに対して、本作では「娘」のほうが死にます。 pic.twitter.com/syvsMNE8jf

2020-07-30 10:57:06
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

大して違いがなさそうな改変に思えるけど、この作品ではこの改変は結構大きくて。 「父親が幼い一番下の息子を蘇らせる」のと「父親が長女を蘇らせる」のでは、含むニュアンスがだいぶ違うんですね。 特にリメイク版では母親の描き方も大幅に変わっていて。 pic.twitter.com/kXelFSGJVe

2020-07-30 10:57:07
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

幼少期に脊椎の異常?で寝たきりだった「ゼルダ」という姉を亡くしていてそれがトラウマになっている、という設定はオリジナルと同じなんですけど、リメ版のほうがやたら強調されている。 オリ版では単に終盤、親父の元に戻るための動機付けくらいの描かれ方だったんですけど。 pic.twitter.com/TRKCeg3wqL

2020-07-30 10:57:07
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

で、本作は娘が亡くなるわりに母親の描写に割かれてるのがこの姉へのトラウマばかりで娘との絆が全然描かれてないんですね。 それどころか露出の多い部屋着でダンナとイチャつくシーンが多かったり「母親」のイメージが薄い。 pic.twitter.com/tOR4D2qTON

2020-07-30 10:57:07
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

私は途中まで「アチャ~こりゃ娘にしたのは失敗だったな。親子の絆が肝要な作品なのにそれが全然感じられない」って思ってたんです。でも娘が甦って意図が違ったということに気付いた。 本作ではあえて「母親と娘の絆」を薄くしてるんです。 pic.twitter.com/ymGEOwmKIH

2020-07-30 10:57:08
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

不慮の事故で亡くなった子供を父親が甦らせるのは新旧どちらも同じ。ただ、「性別」が違う。 オリジナルでは最も庇護すべき一番年下の同性の息子を蘇らせようとした。これは純粋に親子愛を感じる構図だったんですよ。 ところがリメ版では奥さんも小さな息子も居るのに「長女を蘇らせることに固執する」

2020-07-30 10:57:08
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

これがですね、見てるとなんとも倒錯的なんですよ。まるで恋人を生き返らせようとしてるかのよう。蘇った娘の髪を梳かすシーンなんかかなりヤバイ。 で、娘のほうも蘇ってからも溺愛してくれる父親はまだ許してるんだけど、怖がってる母親は敵視して「嫌われてる」って言うんです。 pic.twitter.com/Vrm1yDPZG4

2020-07-30 10:57:08
拡大
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

これですね、明らかに「ファザコン」的文脈が読み取れますね。つまりリメイク版ペッセメでは「母親と娘による父親の取り合い」的な構図が仕込まれてるわけです。 で、見た事ある人ならわかると思いますけどこれ完全に「エスター」ですよね。 pic.twitter.com/jDhraZSPGP

2020-07-30 10:57:09
拡大
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

他にもあります。この母親は、エリーの年頃に近い幼い頃に「同性の姉の命を奪って生き延びた」という設定があるわけです。 これが幼くして亡くなる娘に対しても効いてくる。母親のトラウマがやたら強調されてるのは安直にホラー化したいんじゃなくて、この文脈のためなんですね。 pic.twitter.com/bCM3ZF3llf

2020-07-30 10:57:09
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

本編見てるとやっぱり娘のエリー役のジェテ・ローレンスちゃんがカワイイ。各場面の服装もカワイイし、この埋葬用のドレスを着て仮面をつけたスラッシャーモードなんて一種の神々しさすらありますね。 pic.twitter.com/j2ExwJLvSZ

2020-07-30 10:57:10
拡大
拡大
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

生前、家族の前でバレエを踊るシーンや、蘇った後に居間で独りで家具を壊しながら無茶苦茶なバレエを踊るシーンなんかも、倒錯的な少女性を象徴する名シーンだと思います。 「亡者」になった後の顔も、グロ美し可愛いという今までにない感情を呼び起こしてくれる。 pic.twitter.com/nOSbLb262N

2020-07-30 10:57:10
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

父親がエリーちゃんの亡骸を掘り起こして墓地から家まで運ぶ場面も、オリジナルだと白いシーツに包んで蘇るまで姿を見せなかったんだけど、リメ版ではそのまま運ぶんですよね。まるでお姫様みたいに これもわざとなんじゃないかなぁと思う。「死体のエリーちゃん映したい!」って衝動が透けて見えます

2020-07-30 10:57:10
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

オリジナル版では「蘇るまで姿を映さない」からこその悲壮感や恐怖だったわけで、演出としてはオリジナルのほうに完全に軍配があがるんですけど、でもリメイクの「狙い」を鑑みるとこれで正しいと思えてしまう。そんな困った作品ですね。

2020-07-30 10:57:11
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

ラストのオチも要は「エリーちゃん大勝利」なわけで、このリメイク版はジェテ・ローレンス扮するエリーちゃんの怖美少女っぷりを堪能するための映画、というのが正しい楽しみ方ですね。 普通にホラーとしてみれば凡作だし「ペットセメタリー」としては失格ですけど。

2020-07-30 10:57:11
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

そういえば誰の目にも明らかなJホラーの影響も如実にあったけど、ゾンビエリーちゃんの造型には貞子の影響も伺えるなぁ。 「リング」は全世界に大変な恐怖を与えたのは事実だけど、恐らく「美少女幽霊萌え」属性も間違いなく蔓延させている。 pic.twitter.com/F2cluCN0AG

2020-07-30 18:02:29
拡大
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

ハリウッド版リングの「ザ・リング」の貞子にあたる「サマラ」も、美少女っぷりが一部で話題になってましたね。 pic.twitter.com/jsPSuwRlbg

2020-07-30 18:02:30
拡大
齋藤 雄志 @Yuusisaitou

結論:美少女に殺されたいって人にはオススメ pic.twitter.com/EUVw69C4BI

2020-07-30 10:57:11
拡大

【補足】

齋藤 雄志 @Yuusisaitou

リメイク版ペットセメタリーの監督の過去作全く知らなかったけど「やっぱりな」という感じ。 映画『セーラ 少女覚醒』予告【2020年2月5日(水)DVD RELEASE】 youtube.com/watch?v=HBj6Wa…

2020-08-02 03:01:35
拡大

コメント

ヒロ @HERO_LL 2020年7月30日
前半の原作と同じストーリーの箇所は良かったけど、後半のアレンジ部分がかみ合ってなかったイメージ。色々したいっていうのはわかるけど、流れが悪かったイメージ。エリー役の演技は良かった。
3
タイラー・ダーテン @NoisyDog11 2020年7月30日
リメイクか。オリジナルは設定から好きだぜ。自分でも同じことするかもと考えさせられる。
0
タイラー・ダーテン @NoisyDog11 2020年7月30日
エスターも面白かったよ。徐々に正体が明かされていくとことかうまいよな。
0