インドの正式国名「バーラト」の語源が分かった 実はケルト語「ベレティ」と全く同じ意味で、5000年以上前まで遡ると発音まで同じだった

そっか、インドの正式国名「バーラト」Bhāratは、ヨーロッパのケルト語beretiと同系語になるから、ケルト語がインドヨーロッパ祖語から分岐した年代の紀元前3350年頃(比較言語学の分岐年代)に、黒海の北岸の大草原(ウクライナ)で話されてた言葉が、はるばると、インドに移動して、現代インド国家の正式国名になったものだった。
317
巫俊(ふしゅん) @fushunia

インドの言葉のマハー(偉大な)は、印欧祖語*méǵh₂sに遡るので、ギリシア語由来のメガ(メガバイトとかのメガ)と同じ言葉でした。

2020-07-26 15:06:01
巫俊(ふしゅん) @fushunia

メガバイトより身近な言葉は無いかな?と思ったんだけど、メガドライブくらいしか思いつかなかった…

2020-07-26 15:11:26
たまあき @t_maki99

@fushunia メガマックとかはどうです?

2020-07-26 15:12:08
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@t_maki99 メガマックは食べたこと無いので、忘れてました。

2020-07-26 15:14:52
(mo' sek) 蒙石 こじ @mosek90810599

@fushunia 昨今の企業統合・業界再編によって、メガバンクという言葉がよく聞かれるようになりました。

2020-07-26 16:01:09
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@mosek90810599 すいません、見事に思い出せませんでした…メガドンキはすぐ出てきたんですけどね(笑)

2020-07-26 16:17:22
巫俊(ふしゅん) @fushunia

インドの場合、行政文書に使われた多羅葉という葉の文書が、保管中に暑さで腐ってしまうので、「歴史記録」という概念が育たなかったと言われてます。なので、文書に書かれたものより、口で暗唱されたものが尊いとされ、宗教の経典も暗唱の維持が困難になりつつあった頃に、筆記されたとか聞きました

2020-07-26 15:44:09
巫俊(ふしゅん) @fushunia

中国とかだと、歴史文献が大量にあるので、考古学などの成果と合わせて読んでると、「何故」、「どうして」、「だから」、「そうなのか」と、納得できるんだけど、インドは手ごわくて、手が出せませんでした。

2020-07-26 15:41:20
巫俊(ふしゅん) @fushunia

歴史を拒絶してくるインドって世界は、巫俊的には、歴史を認知できない空白地みたいなところで、実際には碑文が出土してたり、考古学とか、色々あるんだけど、認知を拒む感覚は本当だと思う。

2020-07-26 15:38:58
巫俊(ふしゅん) @fushunia

ということは、先秦時代の中国に、猛烈な勢いで竹簡を喰いまくる昆虫とかが出てきたら、周の古典は伝わらず、大変なことになってたってことですね。そんな虫いなくて良かった。 twitter.com/fushunia/statu…

2020-07-26 15:47:02
巫俊(ふしゅん) @fushunia

TLで「『風土記』よ、何故、無くなった…」と嘆息してる方々を見たけど、鎌倉時代の神道書を典拠に書かれた「中世風土記」の『伊賀国風土記』は、天正年間に京都の公家が書写したときに、虫喰いだらけで、だいぶ読めなかったとされ、その部分は今日に至るまで伝わってないので、他人事では無いのかも…

2020-07-26 15:52:03
巫俊(ふしゅん) @fushunia

日本がもう少し暑かったりとか、色々な条件を変えて、戦国大名が貝多羅葉を使うように仕向けたら、たぶん当時の書簡は今に残っていないし、少し新しい軍記物語も失われたものが多く、随分と抽象的な説話しか残らない気がします。

2017-11-14 21:09:20
巫俊(ふしゅん) @fushunia

マハーバーラタを、印欧祖語に戻したい。

2020-07-26 23:43:54
巫俊(ふしゅん) @fushunia

伝説のバーラタ王は、インド西北部のパンジャーブ地方を平定して、他の部族に勝利したとされる王で、この王から始まる「バラタ族」が、由緒正しい血統だという価値観があったそうです。それがインドの古典的価値観になり、インドの自称国名になったとのことでした。

2020-07-26 18:19:58
巫俊(ふしゅん) @fushunia

印欧祖語 *méǵh₂s *bher-e-te に遡るようです。 確認作業が終わってないのですが twitter.com/fushunia/statu…

2020-07-26 17:37:19
巫俊(ふしゅん) @fushunia

マハーバーラタは、メグスベレテだったのか。

2020-07-26 18:24:55
巫俊(ふしゅん) @fushunia

Ved. bhár-a-tha. あっ、これはヴェーダ文献で、バラタという発音だったという記述か!

2020-07-26 17:49:28
巫俊(ふしゅん) @fushunia

印欧祖語*bher-e-teは、 「bharata proto indo european」 「*bher-e-te proto indo european」 でグーグル検索すると、PDFの英語論文が出てきて、印欧祖語であり、ヴェーダの発音につながる、意味は「運ぶ」との説明がありました。

2020-07-26 21:09:03
巫俊(ふしゅん) @fushunia

サンスクリット語では、バラタbharataでした。

2020-07-26 17:50:37
巫俊(ふしゅん) @fushunia

現在の国家インドの正式国名は、インドでは無く、Bhāratバーラトです。これは、『マハーバーラタ』などの文献に出てくるアーリヤ系の伝説の王「バーラタ」に由来してまして、バーラタの語源は、印欧祖語の*bher-e-teベレテにあたり、「運ぶ、もたらす、産む」などを意味してたようです。

2020-07-26 18:08:29

「インド」も英語国名なので、正式ですが

印欧祖語のカタカナは、読みやすくするためで、そう発音されたと示すものでは無いです。ケルト語は事典でカタカナ表記法を確認しました。

巫俊(ふしゅん) @fushunia

ウィクショナリーでは、印欧祖語*bʰéretiになってました。 en.m.wiktionary.org/wiki/Reconstru…

2020-07-26 20:57:40
残りを読む(77)

コメント

田中幹生(TANAKA MIKIO) @maniaxpace_mt 10日前
意外とインドの自国での呼び名「バーラト」は知られていないんだよね
23
アルヴィアーノ @AlvianoSalvago 10日前
波羅蜜とパラメーターが同じ語源だというのは聞いたことある
6
Proserpina Cuore d'oro @EMERALDJEE_re 10日前
銀河英雄伝説の話かと思ったら全然違った
6
巫俊(ふしゅん) @fushunia 10日前
銀英伝の英語版wiki「Gineipaedia」を見つけましたが、Ba‘alat Starzoneとありまして、このバアラトは、地中海のフェニキアの女神の名前です。セム語族なので、印欧語族の言葉バーラトとは無関係のようです。ツイッターで詳しい方にご教示頂きまして、田中芳樹先生の銀英伝1巻に、古代セム人の言葉から取ってバーラト星系としたと説明があるはずとのことですが、手元に無くて確認できてないそうです。 kongo_kirishima
14
巫俊(ふしゅん) @fushunia 10日前
別の英語版wiki「Legend of Galactic Heroes Wiki | Fandom」を見つけました。こちらには、 銀英伝のバーラトの和約が"Peace of Bharat"と英訳されてまして、インドを指すサンスクリット語(印欧語)のバーラトに由来すると、この英語版wikiの作者は認識してるようです。このwiki以外には、サンスクリット語のバーラトで綴ってるサイトは見つかりませんでした。 bakashinu
4
ぺいぺいonICE @peipei999 10日前
自由惑星同盟ってそっち系の名前だったのか。
1
な.ん.ば. @namba_1301 10日前
弥勒菩薩とミトラ神(本当のクリスマス)が同一みたいな話もあったね
10
Mongyang @taisyo_2015 10日前
言語に特殊能力があるので、今後に期待。新規のネタがなくなると、トンデモに持っていかれやすいので程々に。未知の土壌だけど、掘る所はそんな多くない印象ある
0
Mongyang @taisyo_2015 10日前
80年代に売れたゲームやSF小説では、この辺を意識的か無意識的かはわからないが取り込んでる印象。そこをつなげて広がるのも魅力
0
石塚 美琴 @ishiduka_mikoto 10日前
バラードと聞くとハイネセンと繋がり、インド銀英伝が頭の中で踊り出した。
4
Hide13 @Hide1314 10日前
webisu_vip 多分マハーバーラタがモチーフなのではと
1
Alpha Leo @alpha_leo 10日前
バーフバリの語源も調べていただきたい。
0
inti @inti87913544 10日前
パッと思いつくのは、中東のバアル、ベルとの類似かなぁ。バーラタ、もしくはベレテ、偉大な王。
1
alan smithy @alansmithy2010 10日前
つまりベアーハグ(プロレス技)は頭痛が痛い系の可能性も
1
巫俊(ふしゅん) @fushunia 10日前
どうやって、インドまで言葉が伝わったかについて、新規のツイートをふくめて、大幅に追記しました。
2
サディア・ラボン(ドラクエ10ではヒエロサロメ) @taddy_frog 10日前
力が強いのを馬鹿力と言うのは、ギリシャ語のメガと同語源の方のマハが訛ったんでしょうか。   中国でハ行の漢字が日本ではカ行の事が多いですから、ハとカは訛って変わりやすいかと思います。
1
カエルのような生き物 千景ケロケロ @1000cage 10日前
ジャイナ教方面だとバラタ転輪聖王の弟がバーフバリという名前らしい
3
(・ิω・ิ)もろきう(・ิω・ิ) @moroQ_mayuge 10日前
( ๑ ˙꒳​˙๑)なるほどわからん(わからん)   \わからん/
1
tobo1103 @tobo1103 10日前
インドの国名バーラトってのは知らなかった。スイスがヘルヴェティア、みたいなことかな。
3
sihi @sihi70585332 10日前
漢字表記だと身毒→天竺→印度と変遷しているのだけど、どういう経緯だったんやろ。 身毒は明らかに悪意と蔑視バリバリだけど、魏~唐初は天竺と中国が外国に付与する名称としてはありえないくらい立派なのよね。玄奘三蔵が印度へと変更してしまうのだけども。
0
もっこㄘん @Mokko_Chin 10日前
ムスカ大佐「メガー! メガー!」
2
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 10日前
alpha_leo バーフバリはジャイナ教の聖人(少し上にも言及されているバラタ転輪聖王の弟)にあやかった名前で、大元の意味はサンスクリット語で「強き腕を持つもの」(bahuが腕、baliが強い)です。
11
トッリ @SIRO4i8SATO 10日前
PQR史だろうなあ。バーフバリさんはドラヴィダさんだったね。ここで黒人さん(ホモサピエンス)と混血したのが重要で、こっからPさんが混ざって、だからケルトさんやインディアンQさんは3万6000年前に喋ろうが計算しようが好きにして良い人。ただ東も、アラブさんの早期人類最低限8万年前が本当だとしたら、アボリジニK1さんも、少なくとも6万年前には喋ったり出来たかもだ。
0
まきにょ @makinyopp1 10日前
fushunia 徳間ノベルズ版一巻の序章読み返してみたら確かに「古代フェニキアの神々の名が与えられた」と書いてありました
3
巫俊(ふしゅん) @fushunia 10日前
印欧語族の3段階の拡大を説明した地図を作って、貼りました。これで分かりやすくなったと思います。
3
kacchi8345 @kacchi8345 10日前
まとめ主のコメントを読んだ感想「なるほど、さっぱりわからん」
2
トッリ @SIRO4i8SATO 10日前
ただ、ウクライナのロマさんは全然良いんだけど。アラブさんやインドさんは良いのだけど。ただ東欧は10万年前早期人類(クロマニョン史)が出土したものの消え、5万年前再生(クロマニョン史)したものの4万年前駄目(全員旧人化)になり、3万年前に仕切り直してる。デニソワにせよ、黒人さんやメラネシアさんにスライディング土下座してお嫁さん貰わないと…どうにもならないし。
0
生き残った墺太利伊太利帝国さん @NotAustralia01 10日前
いや興味深かった 「印欧語族」とはよくも言ったりって感じ 「中国に竹を猛烈に食いまくる虫がいたら…」とかも 事実ではないifではあるけど、今日の歴史が色んな偶然の折り重ねでできてるなぁと考えさせられるコメントだわ
5
トッリ @SIRO4i8SATO 10日前
この資料は、東欧4万年前破綻が困る。以前ならフェルトも靴も作っていたのに…。ドラヴィダさんもベンガルさんも喋って当たり前が4万年前。だからゲルマンさんは、南アジア生まれなんだと言うか。ジャワさんがある意味原因らしいが、あの人は動かないので除外出来る。特定の人も、グリーンランド4500年前まで引き下がったので逃げられる。だから今はセム血縁を持たない、テュルク系の方が大層不味いと聞く。
0
トッリ @SIRO4i8SATO 10日前
東欧の資料は、イヌイットのあの毛皮服も取り上げ。クロマニョンさんが着用なさってる。そらハイデルベルク市60万年在住の、激彫り深い長身金髪の人のものだよなあ…。毛虱→衣虱分岐は、動物性から植物性と考えたら、毛皮は昔から着て良いような話。出土もしてるし。
0
もっこㄘん @Mokko_Chin 10日前
メガテンの上位魔法の頭についているマハ〇〇も同じ語源かな?マハラギオンとか。
0
炭礦稲荷 礦夫の絆 @Kohlebergwerk 10日前
じつは日本にもインドの正式国名を冠した霊園があるコン。「バーラト霊園」っていうんだけど。
0
愚者@7/12勇者部満開13:No.20 @fool_0 10日前
予想通り銀英伝で反応してる人が居て安心。
0
トッリ @SIRO4i8SATO 10日前
夢はあるけど、黒人さんのAT・BT系さんがウクライナに居ると思えないね。どうしてもインディアンQさんをエゲレスから出発させたいのだろうけど。まあケルトさんは、ドラヴィダさんも因子持ってる。だから赤毛も出すし北上もするって言うか。ただそれインドならPさんだし、ナ・デネさんに言ったら「それインディアンメインのQさんだよね?私の先祖(MC1R)に決まってる!」で話が終わっちゃうな。あ、特定の人、貴方SNV系で違う人だよ?
0
トッリ @SIRO4i8SATO 10日前
なおMC1Rさんのルートはケルトさん→ゲルマンさん→イランさん→ウィグルH系さん(ここがウクライナからインド)。フビライとかエヴェンキと言っちゃう人には、この欧米のコメントをあげよう。『進化的には、中国人、モンゴル人、朝鮮人、ベトナム人は遺伝子と文化に関係があるけどね』で、何?
0
トッリ @SIRO4i8SATO 10日前
弥生系の人と違って、特定の人はmtMで通せないからどうにもならんのじゃ…。弥生さんならもしかしても、それはツングース人の話ではない、みたいな。
0
ネコ好き中年男性(全裸でない) @haya4taku 9日前
マハーがメガとは摩訶不思議ですね
0
オルクリスト @kamitsukimaru 9日前
姫子「マホ、ベッキーはオメガかわいいー!」
0
トッリ @SIRO4i8SATO 9日前
ああ資料間違えてた。ケルトさんからの、赤毛の寺生まれTさん(有名人:トーマス・ジェファーソン)だこれ。イランさんがゲルマンさんにしちゃうルート上だけど。
0
巫俊(ふしゅん) @fushunia 9日前
更に大幅に追記しました。お昼に頂いたご質問への返信などです。
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 9日前
米欄見たら頭のなかでヤンとフレデリカとヤン一味が踊り出したよ……
0
トッリ @SIRO4i8SATO 9日前
アルタイ山脈が出たから言っておきます。古代中国人は、今の漢人さんと違う人ですよ
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 9日前
有益なセルフまとめは貴重 誠に興味深うございました
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 9日前
たたら製鉄の語源にヒッタイト系のタタール説があるんだっけ? 古代の人達の行動力すごいよね
0
トッリ @SIRO4i8SATO 9日前
つか。楼蘭がインドイラン系国なんだよな。「俺もインド人と混ざって!」じゃなくて。インド人本人だった人が要るのがウクライナのお話。いつまでモンゴルの巨大な顔に前傾姿勢で煎餅顔の鼻が潰れた人達は、俺はペルシャ人だと騒ぐんだろう。Tもなく、Rも持ってないのに。逆で、もうナ・デネさんは身に覚えもないのに、インドイランの子供になってる。普通に顔は、良く似てるし
0
トッリ @SIRO4i8SATO 9日前
ジャワさんとイヌイットさんが混ざったような人は、印欧さんとは別の人、か。これ欧米解析。特定の人は騒ぎ過ぎたんだ。
0
Die Hard Fans の ヨ ー コ @yolkmahishmati 9日前
国名としての「インド」に関してはインドの歴史に詳しい人の話も併せて聞いて見たいですね
0
inti @inti87913544 9日前
あ、チャリオットなのか。
0
kisara @kisara50 8日前
冷戦時代はメガと言えばメガトン級水爆だった
0
K・Kanako @abiabi92 8日前
読んでてドキドキする
0
tam @tororonto_ 3日前
webisu_vip バラタ(bharata)の帯気音をカナ表記しようとするとブハラタとかバハラタになるから、出典となった本がバハラタと表記してたんでしょう
0
tam @tororonto_ 3日前
バーラタではなくバラタ王(bharata)です。「バラタに属するもの」という意味でバーラタ(bhārata)という言葉が作られるので。 QT 現在の国家インドの正式国名は、インドでは無く、Bhāratバーラトです。これは、『マハーバーラタ』などの文献に出てくるアーリヤ系の伝説の王「バーラタ」に由来してまして
0
tam @tororonto_ 3日前
もっと正確に対応するのはサンスクリット語のマハット(mahat)という形でしょうね。QT インドの言葉のマハー(偉大な)は、印欧祖語*méǵh₂sに遡る
0