Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年8月5日

吉村洋文大阪府知事が代理人だった「悪徳消費者金融・武富士スラップ訴訟」は「不法行為」と認定され賠償、謝罪広告まで出した

まとめました。
1
※スラップ(SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participation)訴訟とは、勝訴が目的ではなく、相手の言論を封じ込めるのが目的の名誉毀損訴訟。司法制度を悪用するもので、アメリカなどには反スラップ法がある。
『週刊プレイボーイ』で武富士の実態を連載しているジャーナリストの寺澤有さんに吉村市長らが武富士の弁護士となって2003年、2億円の損害賠償を求めて提訴。

しかし、武富士側は盗聴事件が問題になるや訴訟を放棄。寺澤氏は2006年、武富士と2億2000万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求め、東京地裁に提訴した。東京地裁は武富士側の訴権の乱用を認め、寺澤氏への賠償を命じ、武富士は寺澤氏に1000万円支払った。

SLAPP訴訟の典型例である武富士訴訟の代理人が吉村洋文大阪市長(町村泰貴)

八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

先々月に続いて、先月も、2カ月連続で、 吉村洋文大阪府知事が「武富士スラップ訴訟」でしたこと|寺澤有|note note.com/yuterasawa/n/n… が、「もっとも多く読まれた記事の1つ」となり引き続き全国的に高い関心 pic.twitter.com/sJXYxHVBa3

2020-07-06 13:01:39
拡大
拡大
リンク note(ノート) 吉村洋文大阪府知事が「武富士スラップ訴訟」でしたこと|寺澤有|note 吉村洋文大阪府知事が武富士の代理人弁護士としてスラップ訴訟に手を染めていたことがクローズアップされています。 では、そのスラップ訴訟の詳細は、どのようなものだったのでしょうか。 私が『週刊プレイボーイ』(集英社)2004年3月2日号にまとめた記事があります。 それを以下に再公表しますので(最小限の加除訂正あり)、吉村知事を擁護する人も批判する人も、正確な事実関係を知ったうえで議論してください。 ※スラップ(SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participati 468 users 3161

(左)寺澤有氏は、消費者金融の武富士から仕掛けられた言論弾圧訴訟で2億円を請求された。寺澤氏が逆に訴えた裁判では、武富士の訴訟は「不当提訴」で「不法行為」と認定され確定。(右)吉村洋文氏は、不当訴訟で不法行為と裁判所に認定された武富士訴訟の代理人を務めていた。

リンク MyNewsJapan 吉村洋文・大阪府知事が不法行為の“実行犯”として加担した黒歴史 武富士2億円言論弾圧訴訟の全貌――完勝のジャーナリスト「弁護士の違法行為は許されない」|MyNewsJapan 「吉村さんは、まだ若いのに将来に傷がつくなあ、かわいそうだな、と思っていたんですね」。こう振り返るのは、サラ金大手・武富士から名誉棄損で2億円請求される裁判を03年に仕掛けられたジャーナリスト・寺澤有氏だ。その代理人として訴訟実務を担った... 275
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

東京地裁が全く根拠のない不当な訴訟(不当提訴)と認定し確定 吉村氏が書面の作成など実務担当か 【基調講演・寺澤有氏】吉村洋文(大阪府知事)と2億円言論弾圧訴訟の全貌~第127回草の実アカデミー - YouTube youtube.com/watch?v=zPPUKY…

2020-06-22 15:26:47
拡大
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

【テレビが造った虚像】吉村洋文大阪府知事は武富士、橋下徹元知事は、商工ローン「シティズ」と飛田新地の「飛田料理組合」の顧問弁護士を務めていた - Togetter togetter.com/li/1447794

2020-08-05 17:52:21

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?