映画評論家・小野寺系氏にゲームは作家性が尊重されていないという根拠を聞きたかった議論

映画評論家の鋭い目では、ゲームは作家性が比較的尊重されてないように映るらしいが、僕は見識が狭いので全然理解ができなかった記録
22
小野寺系 @kmovie

【ネタバレ注意】近年最大の衝撃作となったゲーム「The Last of Us Part II」について書きました。“プレイする映画”の異名をとる本シリーズが描いた極限の人間ドラマとは?ゲームと映画の関係を考えながら、本作が切り拓いた新しい表現の可能性を、完全ネタバレで考察します。 realsound.jp/tech/2020/07/p… pic.twitter.com/R22wbOMO4f

2020-07-31 12:24:47
拡大
小野寺系 @kmovie

「The Last of Us Part II」は、知り得る限り人間や人生を最も深く複雑に描ききったゲームだ。そのために考え抜かれた衝撃的な物語は、多くのプレイヤーを戸惑わせ、ときに嫌悪を与えたが、それは本作の試みが従来のゲームの枠を大幅に飛び越え、かつてない領域に足を踏み入れた結果でもある。 pic.twitter.com/Rr2eStFMBM

2020-08-01 11:15:22
拡大
小野寺系 @kmovie

従来の考えに対して反逆的な作品というのは、むしろジャンルの外側に位置する人の方が受け入れやすく、真っ直ぐに届くのかもしれない。だから本作は、ゲームユーザーだけでなく、映画や文学などを好む人や、進歩的な考えを持つ人にも体験してみてほしいと思う。 pic.twitter.com/hk4RCL6SIN

2020-08-01 11:33:04
拡大
究極DANGER @DeNJI_burst

>しかしゲーム作品では、(中略) 比較的作り手の作家性というものが尊重されてないのは確かであろう。 マジで言ってる? 【ネタバレあり】『The Last of Us Part 2』は、映画を最も震え上がらせるーー映画評論家・小野寺系が“問題作”の可能性を考える realsound.jp/tech/2020/07/p… @realsound_techから

2020-08-01 11:49:02
小野寺系 @kmovie

こういう反応もあることは予想してましたけど、私自身はゲームをジャンルとして蔑視してるわけでなく、むしろ他の文化と同列に並べてるので、窮屈な部分があることを指摘できるのだと思います。それは映画もまた同様で、文化の中でまだ比較的に歴史が浅いという事実からくる多様性の欠如に過ぎません。 twitter.com/DeNJI_burst/st…

2020-08-01 13:12:35
究極DANGER @DeNJI_burst

言葉は強かったのは申し訳ありません ですが今はインディーゲーム業界が隆盛で、個人の作家性が今まで以上に花開く時代を迎えています なので、ゲームに関する理解と解像度が一歩遅れていると感じます それにこれまでも、大手のゲームであっても作家性が強いタイトルは数多く存在します twitter.com/kmovie/status/…

2020-08-01 13:28:16
小野寺系 @kmovie

私はもともと絵画史をやってたので、歴史の厚みのなかで洗練や多様な表現が全体として映画文化の先にあることは承知してるし、その上でやはり素晴らしい映画作品はある。でも映画は絵画も文学も音楽も含み、まだ発展できる文化だと思うし、より新しいゲームはそんな映画をも含み得る強みを持っている。

2020-08-01 13:34:08
小野寺系 @kmovie

私もインディーズのゲームはやりますし、面白い表現が続々出ていることは承知しています。でも本作の評価や騒動については、ゲームの楽しみ方や受け取り方の領域がまだ狭いことの証左になっている部分があると感じました。本作を激賞している人も数多いですし、その感覚は尊重されるべきだと思います。 twitter.com/DeNJI_burst/st…

2020-08-01 13:54:05
究極DANGER @DeNJI_burst

本作を激賞している人が数多いのならゲームの楽しみ方や受け取り方の領域は広いのでは? 1ツイート内で矛盾してませんか? twitter.com/kmovie/status/…

2020-08-01 13:56:45
小野寺系 @kmovie

@DeNJI_burst ……?そういう意味ではなく、この作品を否定する言説の中身についての私の評価です。

2020-08-01 14:02:00
小野寺系 @kmovie

@DeNJI_burst もうちょっと説明しますと、否定派のなかにはかなり保守的な意見が多く見られ、それが一定の幅をきかせている状態そのものが業界内の多様性や作家性の阻害になっている面があるということですね。

2020-08-01 14:12:36
究極DANGER @DeNJI_burst

@kmovie ラストオブアス自体がシリーズタイトルですから、前作を踏まえて保守的な意見を持つ人が多いのは至って当然のことだと思います またゲーム業界で作家性を押し出しているクリエイターが数多くいる以上、多様性や作家性が阻害されているというのは賛同できません

2020-08-01 14:21:08
小野寺系 @kmovie

@DeNJI_burst 前作もかなり攻めた内容でしたけど、そんなタイトルでさらに飛躍的な冒険をするところに、この作品のすごさや挑戦心があるのだと思います。 それと、私は比較論を展開しただけで、ゲームに多様性や作家性があること自体を否定してはないですよ。もちろん個別に素晴らしい作家も作品も存在します。

2020-08-01 14:30:58
究極DANGER @DeNJI_burst

@kmovie 今現在リリースされている映画とゲームを比較しても多様性は負けていないと思います むしろ表現形式が多い点で、ゲームの方が多様性では有利ですし 作家性に関しては、ゲームは性質上作家性が出にくいジャンルなので単純に映画と比較するのはナンセンスな話ですね

2020-08-01 16:03:15
小野寺系 @kmovie

@DeNJI_burst 「ゲームは性質上作家性が出にくいジャンル」それが思い込みであり保守性なんですよ!実際、「The Last of Us Part II」はものすごく作家性が強いじゃないですか。

2020-08-01 16:14:39
究極DANGER @DeNJI_burst

@kmovie ゲームってラスアスの様に物語性が強い作品だけじゃないですから… ジャンルの特性や制作上の体制の違いを理解する事が保守的と言うのは間違ってますね それに先程述べました様にインディーゲーム界隈は多様性と作家性の坩堝です ただ大手メーカーの作品で作家性が弱くなるのは当然ですよね

2020-08-01 16:24:38
究極DANGER @DeNJI_burst

いや、俺は最初から今のゲーム(特にインディーゲーム界隈)は作家性と多様性強いですよって話をしてた筈なのに立場逆転してる

2020-08-01 16:25:31
究極DANGER @DeNJI_burst

ゲームは制作体制的に作家性出にくいんだから単純比較自体おかしいよねって話がしたいんですよ

2020-08-01 16:27:28
究極DANGER @DeNJI_burst

スプラトゥーンの作家性ってゲームルール作ったプログラマーなん?それとも素晴らしいグラフィック作ったビジュアルディレクターなん?って話なんですよ

2020-08-01 16:29:33
小野寺系 @kmovie

@DeNJI_burst べつに物語に限定してないです。ラスアス2の作家性が強いという事実を述べて、あなたの言った「作家性が出にくいジャンル」という意見が偏見であるということを指摘しただけです。それから、インディーズの方が自由なんていう話は、ゲームに限らずどんな業界だってだいたいそうですよ。

2020-08-01 16:34:58
究極DANGER @DeNJI_burst

@kmovie 一作毎に監督(撮影監督やプロデューサー等も)がラベリングされてる映画と、複数のディレクターが関わることもあったり、ゲームルールとの兼ね合いで表現が変わってしまうゲームを作家性の一点で比較することがフェアじゃないと言っています

2020-08-01 16:48:17
小野寺系 @kmovie

@DeNJI_burst 映画も複数の監督が組むことは少なくないですし、市場や会社の意向で表現を変えさせられることはザラです。 ですからいまおっしゃったように、ゲームルール等の兼ね合いもあることで、比較的作家性が強く反映しない傾向がゲームにはあるんですよ。その意見に対して反論されてたんじゃないんですか?

2020-08-01 16:57:33
究極DANGER @DeNJI_burst

@kmovie というか、申し上げた通り大手のゲームでも作家性が強いタイトルは多くあります 作家性が出にくいジャンルでありながら、それでも作家性を押し出したゲームなんて山ほどありますよと言いたいのです つまり、ラストオブアス2をそこまで特別視すること自体が同意できません

2020-08-01 16:58:18
小野寺系 @kmovie

@DeNJI_burst 山ほどあるっていうのは、さすがに言い過ぎでは……。画期的なゲームシステムや、突出したアイディアが反映した作品など、私もそんなタイトルは沢山挙げられますが、ラスアス2レベルの完成度で深度のある作品というのは、本当に稀だと思いますよ。

2020-08-01 17:08:54
究極DANGER @DeNJI_burst

@kmovie ラスアス2レベルの完成度で製作できるほどの予算を得られるタイトル自体が稀なんだから当然ですよね

2020-08-01 17:18:30
残りを読む(26)

コメント

CRAP @pilimykingdam 2020年8月6日
開発が大規模なゲームは、作家性が平均化されるというのはわかるが、作家性が出てるゲームなんてごまんとあるんじゃねーの? インディーズはもちろん、セガとか任天堂は大規模にも関わらず、ガッツリクリエイターの個性を出してくるよなは。
43
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2020年8月6日
つか作家性ってなに? どうやって図るの? 
40
わたり(病み垢ゴホゴホッ @watarijp 2020年8月6日
キャラクターを一々雌ゴリラ呼ばわりしてる論評も理解できないんだなあ
0
ゆきやけ @yukiyake_ 2020年8月6日
ゲーム作ってる側が表に出てくることが増えたこの時代に、 ゲームに作家性がないだの言われると、この人いつの時代の人だろう、 とは思ってしまうな
38
森のクマッチング(ぽっけ風) @peerchaky 2020年8月6日
ゲームは作家性が出にくいわけじゃなくて単に誰が作ったかわかりにくい。という面もあると思う。 コジカンとかノムティス、ヨコオさんのゲームはめっちゃアピールしてくるし。
27
メニスカス @HatsudukiLens 2020年8月6日
「進歩的な考えを持つ人」って言葉が出てくる時点でもう化石
28
柏木彰二 @GmailShoji 2020年8月6日
謝ったら死ぬ病の人かな?
6
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2020年8月6日
「作家性」って「ゲーム性」と同じ曖昧な言葉な気がする。
12
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年8月6日
単純に「今時はゲームでも作家性があるんだけど、このゲームには感じられなかった」てなふうに読んだけど、「ゲーム自体に作家性は感じられない」てなふうに読んですれ違ったのかな、と思いました。>>しかしゲーム作品では、(中略) 比較的作り手の作家性というものが尊重されてないのは確かであろう
3
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年8月6日
kis_uzu 故・飯野健治が自著で、「ゲームを進めるにつれ、クリーチャーとか罠とか暗闇に感じる恐怖を克服していくことで(実際これがゲームの本旨)、主人公が父親との関係を見つめ直す、内面とシンクロしていて、ゲームをクリアすることが主人公と主人公と一体になっているプレーヤーが、主人公の父親と和解する物語になっている」みたいなことを書いていました。ゲームをクリアするというテーマの裏に別の物語があるのも、作家性なんだろうなぁと思っています。他のケースもあるでしょう。
11
かんち @ramekan55 2020年8月6日
ラスアスは糞って言いたいだけでは
0
たまらんち© @AvalancheKaityo 2020年8月6日
"視聴"する映画と違ってゲームは"遊ぶ"物だから求められてる作家性が映画のソレとは違うという事に気が付いてないのは映画屋だなって感じ
42
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年8月6日
これは単にこの人が、【マルチエンディングの】ゲームが嫌いだ、ってことを、ややこしく言ってるだけだね。それをゲームの作家性云々に話を広げて語ろうとする根拠は薄いです。
15
Parallax芹沢 @parallax_kk 2020年8月6日
小島秀夫監督とかは作家性の塊じゃね…(作家性が何かは知らん)
4
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年8月6日
レビュー読んだら「こんなにすばらしいエンディングを描いたのにマルチエンディングを求めるなんてゲーム界隈は作家性というものがわかってない」みたいなとこに着地しててただただ脱力。「マルチエンディングでは作家性が発揮されにくい」っていったい何周遅れの発想だろう。
46
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年8月6日
典型的な主語デカすぎ案件だと思う。ゲームには作家性の強いものもあればそうじゃないものもあるのは他のジャンルと同じ(割合はジャンルによって違うだろうが)。
2
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年8月6日
自分の中に1つだけある「作家性の定義」に執着してる人間が、それを否定する意見に反発して「この世界は作家性を大事にしてない」って文句言ってるだけ。自分がいちばん多様性を認められてないじゃないか。
25
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年8月6日
私はいわゆるアーティスト性というものを重んじたが為に、若くして世の中から忘れ去られ、必要とされず寂しく死んでゆきました。
0
abc @ooaappii 2020年8月6日
フロムのダクソやブラボやSEKIROなど新作出すたびに批判気味に言われるのが、難易度が高すぎてユーザー全員が楽しめないからイージーモードをつけるべきだってやつ(デモンズリマスターでも言われるだろう)。でも宮崎氏は「同じ体験を共有してほしいからイージーモードはつけない」って何度も言ってる。これも作家性のひとつだと思うけど、ユーザー層の拡大を意識しすぎて均一なものを作らせたがり、作家性を認めようとしない風土がゲームには確かにあると思う。
17
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年8月6日
作家性があるっていうとエースオブシーフードとかカニノケンカみたいなの?
1
むう @nyal1999 2020年8月6日
uchiwamaster ヨコオタロウ「なるほどマルチ(バッド)エンディングにしよう」
8
むう @nyal1999 2020年8月6日
まあなんてえか、「女子力」とか「コミュ力」みたいな、「漠然としてるのにやたらdisりにだけ使われる指標」よなあ
15
CRAP @pilimykingdam 2020年8月6日
kis_uzu 作家性ってあるだろ。 たとえば水音一つとっても、某AAAゲームは映画用のサウンドデータベースを使ってる。 某インディーズは激安の効果音集や初期アセット、別のインディーズゲームは自作の8bitサウンド。 某国産メーカーは変態音源マンが有料ASMR並の音を用意してやがる。 制作に携わっているクリエイター個人のセンスがどこまで反映されるかだと、俺は思うよ。
6
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年8月6日
作家性ってあくまでスジ(脚本)の話であって、ヌケ(演出)とかドウサ(アクション)の話ではないでしょ。ただ、ゲームにおいてこの序列は映画などとは異なってしかるべきだと思うし、多くのゲーマーに今作が酷評されるのも無理はないかと
8
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年8月6日
M__Sadohara ストーリーの話ならドラクエその他とか弟切草とか、直近だとオリガミキングとか? ラスアス2が突出してすごいという理由が分かんなくなるな。
0
sw-wo @swwo12 2020年8月6日
ラスアス2に限らず、自分が求めてるものと違うとわかるや即低評価みたいな人がまだまだ多いように思う。自分の欲求を満たしてくれるかだけが評価軸で、作り手の考えを受け止めようとはしていない。挙げ句の果てに「もっとこうしたらいい」などと言い出す。それを作家性が尊重されていないというのでは。
6
CD @cleardice 2020年8月6日
マルチエンディングのゲームと言えば最近(でもないな)デトロイトビカムヒューマンが評価高かったのでお勧め。セールを捕まえればかなり安いし。
1
ヘルヴォルト @hervort 2020年8月6日
マルチエンディングでも作家性は出るけどね。エンディング分岐させる条件とか、分岐後の内容とか。マルチエンディングだろうと制作者が意図しないエンディングにならない限り、ゲームプレイは基本的に制作者の手の上の出来事。 自由を売りにしたゲームも、その自由は制作者から与えられた自由にすぎない。
12
tama @tamama666 2020年8月6日
ヒロインが人妻や実母、義母のヌキゲーなのにヒロインその全てが処女 卵子と精子で双子の姉が代理母とか過去に遡りまだjcの母と子作りとか兄嫁だけど兄はモーホーで世間体のために結婚してるとかライターの執念を感じる熱い処女設定 あれもまた1つの作家性なんだろうか🧐
5
かすが @miposuga 2020年8月6日
ゲームの創造性・作家性は映像シナリオ演出も大事だけど、本領はプログラムやシステムに現れるのではないかな。その文法を理解できない映画畑のひとが自分の土俵の視点で語ったから突っ込みどころ満載のトンチンカン批評になってしまったのでは。最後までそこが理解できたようにも見えないし…。
4
まえもと @maemoto_moriya 2020年8月6日
ooaappii おかんモード作るプラチナゲームズとは真逆の考え方だと思うけどフロムもプラチナゲームズも両方売れてるし、玉石混交のインディーゲームもかなりの市場規模になってきてることもあるし、『作家性を認めようとしない風土がゲームにある』までいうのは暴論では?
6
船沢荘一(灼熱のセプテンバー) @Funaschon 2020年8月6日
本稿は確かにまとめ主自身のいう「(おもに映画や文学に対する)見識の浅慮さ」が窺えるが、一方で件の映画評論家も「物語が一本道の作品以外は云々」言っている時点で両メディアの持つ作品性や作家性の違いを把握できていないのではないか。それは体験の主体が受動的か能動的か=相互性の有無にとどまらず「作品にナレーティブを感じるか」に起因すると思う。
1
フラスケ @birugorudi 2020年8月6日
小島作品と上田作品はプレイしないでもその人の作品だって分かるわ。
4
やらかど@やらか堂 @yarakado 2020年8月6日
ストーリーがないゲームでもアクションゲームにおける動作の癖とかそういうのも「作家性」だと思うなあ。
1
ファナナ @0420youkey 2020年8月6日
「人間ドラマ」ってある時点でまず読む気が失せ、「ゲームと映画の関係」ってあるのを見て今が90年代ではなく2020年であることをカレンダーで確認し、「本作が切り拓いた新しい表現」を見てタブを閉じた。最後まで読んだうえで質問しまとめた人はマジ人間が出来ていると思う。
13
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2020年8月6日
セガのバーチャファイター とかは鼻持ちならねえスノッブさが漂っているので、鉄拳とかDOAの方がサクッと楽しめる。
0
さるたに @Sarutani_tweet 2020年8月6日
そもそもこの評論家氏が言う「作家性」って何?という話だよな。このゲームは映画的な手法に沿ってないから作り手の意思を尊重してないと言われても、そりゃゲームなんだから意思の現れ方が映画とは違うとしか言いようがない。
10
cinefuk 🌀 @cinefuk 2020年8月6日
わかる。だけど、大予算のHDゲームだと「それじゃ売れないよ」という営業側の要請を跳ねのけて作家性(しばしば独善)を通す事なんかできないよな。それは映画でも同じで、インディーズ作品ほどユニークなものになりやすいという話 ooaappii 『ユーザー層の拡大を意識しすぎて均一なものを作らせたがり、作家性を認めようとしない風土』
7
A- @eimainasu 2020年8月6日
mmmmmtttt37 作家性もゲーム性も、なくなったときにはじめて観測できるんじゃないかな。 ゲーム性の高さを証明することは難しいけど、ゲーム性の低いゲームはすぐにわかるでしょ。 抑止力と同じ。
5
lD_B @frswfmhs 2020年8月6日
ラスアス2が不評だったから視点を遠ざけ話を広げて無理くり褒めてるようにしか見えん。あと、この人の言う作家性は"表現"を偏重し過ぎている。ゲームのコンセプトやルールといった"遊び"を作るのも立派な作家の仕事なのだが。
10
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2020年8月6日
ファークライなんて胸糞マルチエンディング方式ですが、あれはあれで評価されてるんじゃないですかね。
0
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年8月6日
cinefuk アサクリシリーズが「女性主人公では売れない」と男性主人公を選べるよう強制され続けていた、というのこの前あったな。 https://jp.ign.com/assassins-creed-valhalla/45445/news/
2
region @region02548556 2020年8月6日
本題からそれるけど、「新しい表現の可能性」「かつてない領域に足を踏み入れた結果」なんてのは大体が作品の面白さを説明できないときのお為ごかしです。批判を保守派の少数意見で片付けるてたり、「あなた自身がこの作品の意義とか凄さに気づけてないだけ」こういうのが出てくる時点で信頼性0よね。これの根拠は自分がその作品を面白いと思ったからという以上の説明になとらん。
1
船沢荘一(灼熱のセプテンバー) @Funaschon 2020年8月6日
Funaschon →〕ただ、映画もビデオゲームも商業的成功を重視する過程で大作主義に陥り、大手がクリエイター個々の作家性を顧みなくなったことも事実ではある(だから映画俳優が監督やプロデュースに乗り出したり、大手のゲームクリエイターが次々とスピンアウトしたりする)。 その意味で本稿は、まとめ主と評論家の「見識のズレ」がもたらした悲劇といえよう。
2
さるたに @Sarutani_tweet 2020年8月6日
Sarutani_tweet 古い作品だが、ヒロインと添い遂げるために「愛の共産化」を掲げる敵組織の相撲取りや幼稚園児らと論撃バトルを繰り広げる『キャプテン・ラヴ』という恋愛ゲームがある。本作ではワガママで面倒なヒロインを諦めてゲストヒロインと結ばれる幸せなバッドエンドを選ぶチャンスが幾度も訪れ、その度にゲストヒロインの想いをプレイヤー自身の意思で拒絶し続けなければ物語は大団円に至らない。このように敢えてマルチエンディング制をとることで一貫したドラマを描く手法もあるのだ。
6
region @region02548556 2020年8月6日
[c8054317]大体の創作活動は自分の妄想(こんな作品作りたい)と顧客の求めているもの(売上)をすり合わせながら作品を作り上げているので、ビジネスが優先されるのはゲームに限った話じゃないね。そんでプレイヤーの期待通りの結末をユーザーに迎合、ってのは、作家さんから「圧力受けた」とか言われてからの話やね。マルチエンディングはより多くの顧客に満足してもらうための、プレイヤーに選択権があるゲームにマッチした手法というだけだし。
3
じゅうもじ @jumojumo123 2020年8月6日
一本道のシナリオにしか作家性を見いだせない映画屋さんのゲームレビューってことかな
2
sw-wo @swwo12 2020年8月6日
ノーティードッグはあのラストが表現したくて世に送り出した。しかしそんなエンディングは気に入らないので他のエンディングも用意しろと言うユーザーが居る。こんな人らは彼らの作家性を尊重してないし、現状そういう意見がゲームは他のメディアよりもまかり通ってるのではないか。っていう話でしょ。個人的にはその通りだと思うよ。
3
301 @drei_null_eins 2020年8月6日
続編への批判内容は結局「それがやりたいなら新規IPでやれ」ってことだと思うわ。新規IPならストーリーも含めて絶賛されてたかもねしらんけど
7
じゅうもじ @jumojumo123 2020年8月6日
swwo12 映画はED1つが大前提なので、映画批評で俺がどんなに否定しても作家性はちゃんと尊重してるんだってことですかね。マルチEDを希望するというのはあくまで表現の形態の違いから来るものであって、作品を評価する本質には差がないと思いますよ。
2
ゆきやけ @yukiyake_ 2020年8月6日
結局のところ評論として従来のゲームを下げるような事を書いてしまってるのが下手なんだと思う 作品批判に対して反論してるのにね
0
じゅうもじ @jumojumo123 2020年8月6日
作品を受け入れられるかどうかの話と、一本道にすべきかマルチにすべきかの話がごっちゃになってるんだよね。受け入れられなかった人の中で、じゃあどうすればよかったか?マルチならよかったのでは?という主張が一部で出てるだけなのに、それを最初にもってきて作家性の否定という結論に当ててしまったのが間違い
12
prad_bitt @pradbitt42 2020年8月6日
映画でも、昔の PIXAR の作品(TOY STORY とか、 MONSTERS, INC.)なんて、作家性とは逆に振り切った作りだと思うけどな。脚本も会議に会議を重ねて決めているらしいし。でも、名作であることは覆らない。
1
region @region02548556 2020年8月6日
swwo12 ストーリーに対する批判はそりゃ多かったけど、別のエンディング用意しろってのはどんだけいたのかしらね。ネタバレになるのでぼかすけど、批判されてるのって主要キャラ死亡やらプレイキャラ交代、妊婦までやっといての最後の選択など、ストーリー全般に渡っているので、マルチエンド希望だけで作家性の批判ってのも単純すぎやしませんかねえ、と。(そも、おもしろくない作品の作家性なんてゲロより価値がないので優先する必要ないよなあ)
2
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年8月6日
俺はマルチが嫌いだ→なぜ嫌いなんだろう、という分析から「作家性」に話を持ってくのは、自己分析としては間違ってないんよ。マルチが好きな奴はバカ、みたいな方向でなければね。
0
よーぐる @Seto_yasu1987 2020年8月6日
商業作品出し開発の規模でも大いに変わることだろうよねえ。個人的には数年ほど前まではフリゲー大いに楽しんでたけど、一人ないし少人数で作るそういったゲームの作家性はとても好きだったなあ
0
よーぐる @Seto_yasu1987 2020年8月6日
カタテマ作品のプレイヤーのモチベ管理は素晴らしいよね
0
lonngfa @lonngfa 2020年8月6日
そもそもマルチエンディングにして欲しい、という要望は、「ストーリーが全般的にクソなので、せめて最後の部分だけでもプレイヤーの意思でエンディングを選択できるようになっていればまだマシだったのに」くらいの話です。元ツイの人は持論を語るのに都合がいいからマルチエンディング云々を持ち出したように見えます
6
よーぐる @Seto_yasu1987 2020年8月6日
作家性が誰のものか不明瞭でもメッセージ性が強いと満足度高いなあ。イカちゃんのオクトとか、ラストのタコタコアガレ大好き
0
two @jg0_e 2020年8月6日
nyal1999 ヨコオ氏本人曰く「バッドエンドだと思って作ったのはDOD無印のAルートだけでそれ以外は全部ハッピーエンド」だぞ……
5
ジミー加藤 @KATOHSAMANOSUKE 2020年8月6日
SNSで映画批評家が頓珍漢なこと言って反証出されると話逸らして逃げようとするのを町山しぐさって言えばいいのかね?
6
kumonopanya @kumonopanya 2020年8月6日
ゲームを個人で手軽に発表が始まった1900年代の頃の比べたら、予算が大きくて多人数が関わるゲームは作家性が出ていないと読んだ。
1
nekodaisuke @nekodaisuke1 2020年8月6日
ゲームの評価ってそれこそテトリスとかパックマンみたいな、ゲーム性を評価することも含めるべきで、ラスアスとかみたいにゲーム内の脚本やら演技やら演出といった映画的な部分を評価することではなかったよね。
5
かすが @miposuga 2020年8月6日
シナリオゲーで育った身としては、マルチエンディングなんて作家(ライター)が好き放題するために存在してるといっても過言では無いと思っているから、マルチエンディングをユーザー優先にした結果といわれるとなにいってんだろうと思う。
3
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2020年8月6日
けいおんガイノイドマンが未だに仕事がある事自体が理解不能
1
ebxy @ebshrimp 2020年8月6日
ゲームをジャンルとして軽蔑してはいないが、娯楽を「文化」として軽蔑してはいる。そういう、彼らが気持ちよく芸術ごっこをする為には作家性というダシが必要なんだという話でしょ。娯楽の娯楽性、面白さやフェティッシュを優先する文化の枠組みの中で作品を語る力を欠いているんだよ、この人らは。一生カッコつけてろバーカ。
1
inout @inout_in 2020年8月6日
「これは芸術だ」って評価がある作品の大半は駄作、という法則どっかにないのかな。
2
かりあげチャーハン&M-Demon @Kariage_Chahan 2020年8月6日
スーパーマリオに作家性がない?ドラクエにも?ああいうのは、初期ファミコンのスペックを使い切った作家性の塊だよなあ。翻って、最近はゲーム機のスペックを金銭的&技術的な高度さや多様さのために作家がまだ使いきれていない、というならちとわかる。ファミコンと違って覚える事やること膨大よな。
0
LCO @f_lco 2020年8月7日
inout_in 他に褒めるところがねぇから「芸術性という違った尺度」を持ってきて褒めてる、という因果はありそう、ソレを現す用語は…あるんか?知らん
0
sw-wo @swwo12 2020年8月7日
jumojumo123 作り手の彼らが「これで完成」と送り出したのであれば、それに対して好き嫌いという意見はあるでしょうが、その完成品にそれ以外の結末を求めたり違う形に変えようとするのはどうなのかなと思いましたが、別のメディアにおいても批評の中で多かれ少なかれされていることと言われたらそれもそうかなと思いましたので、考えを改めます。失礼しました。
0
マステマ@南葛 @mastemama 2020年8月7日
「こんなげーむにまじになっちゃってどうするの」
0
鹿 @a_hind 2020年9月2日
進歩的な考えを持つ人って言葉を使っちゃう時点で周回遅れの人なんだなと自ら露呈してしまっている。 古い人なんだろうな。
0
鹿 @a_hind 2020年9月2日
ラスアス2絶賛するのは好きにしろだが世界観と噛み合わないテーマを持ち出して作家の好きなようにした結果、ストーリーテリングイマイチの出す必要なかった蛇足ゲーになってしまった。それで前作のストーリーを気に入っていたファンがブチ切れた事をなんでか些細な事の様に捉えてるのが不思議なんだよねえ。 確かに作家の思惑は強く出ていたけど、こんなもん新規IPでやれ案件でしかなかった。 新規であんな大勝負できなかったから偉大な前作踏み台にしたのかもしれないけどね。それも作家性ですかね。
0