大戦末期には多くの人々が「この戦争に勝ち目はない」と感じていたのではないのか。

まとめました。
21
一郎@ひろしまタイムライン @nhk_1945ichiro

【1945年8月6日】 今日の紙面(読者投稿)から ◆拝礼 「日本は神国である。しかるに近ごろ遺憾に感ずることが多い。例えば廣島市内の護国神社前を電車が通過する際に車掌の注意に対して無関心な人が多い。これが必勝日本を背負う国民の姿か #ひろしまタイムライン #広島 #もし75年前にSNSがあったら pic.twitter.com/tORLXOCNcv

2020-08-06 07:09:57
拡大
しば @Inudoshiumare70

@nhk_1945ichiro あと1時間です。できるだけ広島から遠くに行ってください。お願い、、、

2020-08-06 07:17:57
LINDE@1人目妊活中✨fight! @LINDE1206

@nhk_1945ichiro お願い…広島市から逃げて…もしくは会社に地下があればそこに行かないといけない理由が出来て…なんとか逃げて

2020-08-06 07:14:46
♪🍈🇯🇵ジャパメロ君🇯🇵🍈♪ @HourockMusic

@nhk_1945ichiro 一郎さん、色の入った地域から出来るだけ遠くへ 時間が無いんです。 ?と思うかもしれませんが 遠くへ行ってください、お願いします pic.twitter.com/gJd0jlWoRq

2020-08-06 07:17:07
拡大
キムコ@アイドルとか垢 @kiheitaihenry55

@nhk_1945ichiro ほとんどの市民が疲弊し淡々と日々を過ごすしかないのですよ。皆、感じていますよ。神国、神とはなんぞやと。

2020-08-06 07:21:47
よしこ @yoshiko_hashi

@nhk_1945ichiro 神国でも何でもない。敗戦国だよ。その傲慢な考えで戦争を辞めなかったから、この後たくさんの方が無差別に亡くなることになるんだよ。

2020-08-06 07:24:58
ゆちゃりんこ @fuji20170112

@nhk_1945ichiro そんなことができるのは、気持ちに余裕があるときで、余裕が感じられなくなったら、生きるのが精一杯で、出来なくなる気がします。

2020-08-06 07:25:26
sakopy(サコピィ) @sakopy

@nhk_1945ichiro この文章が、この時代の読者投稿なんですよね。当時こう言う思いの人がいたと言う空気を感じます。もちろん取り上げた新聞社側の編集意図は入っているのでしょうけどね。

2020-08-06 07:20:48
メルカ @08meruka

@Mikako90924149 @nhk_1945ichiro 本気でそう思ったいた人は、多かったと思う。特に子供とか。 天皇陛下は現人神だと思っていたらしいし(当時の小学生)、新聞の情報をそのまま信じていたらね。 ドラマや小説では時世に対して疑り深い登場人物がよく出てくるけど(ドラマにならないから)、実際はどうだったのかなんて分からないですよね

2020-08-06 07:58:54
Mikako @Mikako90924149

@nhk_1945ichiro お国の望む記事を投稿しなくては、という無意識の洗脳もあったのかな…。

2020-08-06 07:42:01
メルカ @08meruka

@nhk_1945ichiro 神風とか言われてたもんな。 天皇は現人神やもんな。 本気で信じていた人も、きっとたくさん居たと思う。 勝つと最後まで信じていたのに。 ちっぽけだけど、こんな民間人の気持ちを踏みにじった自国の政策とかやり方って最低。 現代も当時も、庶民の気持ちが踏みにじられるこの世界は変わってないよ

2020-08-06 08:06:04
崎田幸一 @jikou9

@nhk_1945ichiro 敵の神様は日本人の信者もいる事をお忘れなく(>_<)!それはともかく、どうか30分後もご無事で!!

2020-08-06 07:50:13
富士山 @85jl0

@nhk_1945ichiro 絶対勝つと、信じていた曾祖父さん。その後、神社、絶対、天皇という言葉が大嫌いなったよ。

2020-08-06 10:56:19
yuki @Hagakure2679

@nhk_1945ichiro 現代からの視点で歴史を語るほど愚かなことはない。 当時彼らは何を考え、何を守りたかったのか。主観を疑いつつ想像力を働かせて思いを馳せたい。

2020-08-06 07:59:00
穴熊の金さん@充電完了 @anagumanokinsan

@nhk_1945ichiro 護国神社前に電車なんて通ってねえよ アストラムラインか?

2020-08-06 12:32:13
なおや @naonao00501238

@nhk_1945ichiro 75年後の今年、コロナ禍に過剰な自粛を叫ぶ報道と重なる。

2020-08-06 07:44:49
るぅ。🥰 @nekotosatomiyu

弱さが出ると同調圧力が強く出る。この投稿主だっていつ戦争が終わるのだろうという不安が心の中にあったと思う。時空を越えてクソリプの嵐に見舞われているけどな。twitter.com/nhk_1945ichiro…

2020-08-06 10:08:42

コメント

ヘルヴォルト @hervort 2020年8月7日
負けると分かっていても負けることはかんたんじゃない。白旗を上げても相手がそれを受け入れてくれるまで戦うか、敵の前に飛び出すかだ。
25
ヒジャチョンダラ @citabow 2020年8月7日
『お国の望む記事を投稿しなくては、という無意識の洗脳もあったのかな…』→ 新聞社毎のカラーに合わせて投稿内容を変える人が居ると聞いた覚えがある。意見があると言うより掲載されることが目的になっているのか。それとも新聞社やその購買者をおちょくっているのかな「お前らはこういうのが好きなんだろ、書いてやるよ」ってな感じで。
11
にじかれー @nijikare2 2020年8月7日
当時本当にそう思っていたのか、それとも後年そう思っていたのが記憶が塗り替えられて、ってのは分からんもんよ。人の記憶は曖昧だし、学生の日記は提出するから宛にならないし。
30
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年8月7日
この投稿の主張がどういう意図かというより、書かれている事実の方が大事だろう。みんなが当然のように護国神社に敬礼しているならこんな投稿は生まれないのだ。
11
イソプロピルアルコール @propanol_C3H8O 2020年8月7日
日本の立地で頻繁に本土空襲受けてる時点で詰んでるのは明白だしなあ
4
成金 @TadaSaboRou 2020年8月7日
勝っているはずなのに戦場が近づいてるもんな
1
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年8月7日
本土へ戦禍が実感として来たのは終戦間際の半年と聞いたが
12
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2020年8月7日
ugomekihisimeki 硫黄島が陥落してB-29に護衛つけれるようになった時期。爆撃がそれまでの高高度から中高度、低高度まで降りてきて被害が激増した時期と重なるね
2
nekosencho @Neko_Sencho 2020年8月7日
個人的に残された手記とかならともかく、普通に検閲があった時代だから、手紙ですらそのまま信じるのは危険、新聞や雑誌に載ったものなら軍の検閲を通すように工夫はなされていただろう。 もちろん個人でも勝てると信じてるような勇ましい系の人もいただろうが
8
nekosencho @Neko_Sencho 2020年8月7日
今、モーニングに連載中の「風太郎不戦日記」、当時生きてた人の手記が元なのだが(山田風太郎だ!)どちらかというと冷めた言動をしてた主人公が今週号で日本がアメリカを叩き潰す妄想をしてたりする。 一人の人間でも振れ幅はあったのだろうってことだな。
3
み(Togetter) @Togetter11 2020年8月7日
元々護国神社前での拝礼は形骸化していてこの投稿者がマナー講師だったという可能性もある
11
qquppa @qquppa 2020年8月7日
現時点で「来年の東京オリンピックは開催される」を信じている人がどれだけいるのかも気になるところ
3
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
『井上が日独伊三国軍事同盟成立時の海軍大臣であった及川に「何故、海軍は戦えません、とはっきり言わなかったのか」と質したのに対し、及川は日本海海戦の英雄東郷平八郎元帥の怒鳴り込みにおびえたと答えている。』なので開戦する前から勝てないのは推測できていた。
7
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
山本五十六『是非やれといわれれば、初めの半年や一年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます。しかし二年、三年となっては、全く確信は持てません。三国同盟ができたのは致し方ないが、かくなった上は、日米戦争の回避に極力ご努力を願いたいと思います。』 http://www.ym56.net/meigen.html
3
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
作家の海野十三さんの「敗戦日記」を読むと割と終盤まで大本営の発表を信じている。 https://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/1255_6571.html
3
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
という事で当時の軍人や政治家は開戦時に勝てない見込みを分かっていて、市井の人達は作家というインテリでもわりと戦争の末期まで大本営発表を信じていたという感じ。
3
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年8月7日
Neko_Sencho そういえば山田風太郎は基本的にノンポリだったけど、東京大空襲に遭って一夜明けて焼け野原を見て「ここまでやるか!」とアメリカに怒りがわいたって書いていたっけ。そもそも当時の日本では「勝てるからやる、勝てないからやらないというものではない」ってのが多くて。 その直後、道ばたに座っていた女性達の会話に打ちのめされて。
3
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
mikumiku_aloha 新聞嫌いな人にウケそうな話だと原爆投下後の日記に『「敵は、新型弾使用開始と共に、各種の誇大なる宣伝を行ない、既にトルーマンの如きも新型爆弾使用に関する声明を発しているが、これに迷う事なく、各自はそれぞれの強い敵愾心をもって、防空対策を強化せねばならぬ」とA新聞はこの日の報道を結んでいる。』
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
真珠湾攻撃:特殊潜航艇で戦死の9人 「軍神」から解放して 遺族「みな無謀な戦争の犠牲者」 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20161228/ddm/012/040/074000c 真珠湾攻撃に特殊潜航艇で参加し亡くなった九人を大本営は「軍神」としてもてはやした(捕虜になった一名は除く)ので新聞だけが煽っていたわけではない
2
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年8月7日
戦ってた相手が「白人以外は人にあらず」な連中だと信じてたんだから、どんなに嫌でも神に祈ってでも勝つ以外に日本人がまともに生き続けられる道はない、まで追い詰められてたよね。(上層部はもちょっと情報持ってたろうが)
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
山本五十六さんも米国駐在経験ありますし、井上成美さんも軍人として欧州のあちこちに行っている。欧米がどんな国か知っていたのは一部のエリートで国民の多数は知らなかったもよう
1
シャトー・ユースケ @ChateauxUSK 2020年8月7日
mikumiku_aloha インテリといっても作家は所詮文系だからなあ。理詰めで考えられる町工場の理系職人のほうが案外状況は理解できてたんじゃないの?
0
シャトー・ユースケ @ChateauxUSK 2020年8月7日
kakinokimameta インディアンやアボリジニに対して彼らがやったことを見ればそう信じ込まされても無理はないと思う
7
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
子供の頃「ハワイのビーチにはカラードって書かれているところがあって~」というおっさんの語りを聞いたような記憶がうっすらとある。自分が産まれのは既に公民権法が制定された後だから昔話だったのかもしれない。
0
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2020年8月7日
当時の軍部の認識も「単独なら無理だけどドイツが勝つまで粘ればなんとかなる」だったので……
3
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
新型コロナウィルスの感染は収まって来ている=>感染が収まったならGo Toキャンペンーンの前倒しという 理屈が通ってしまう不思議な空気。文春文庫『「空気」の研究』山本七平 | 文庫 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167911997
0
鈴木 ゆーむ @yuyumu_ikuzus 2020年8月7日
そう言えば1944年の作品で「雷撃隊出動」と言う映画はホントに海軍省は検閲したんか?と思うくらいの厭戦ムードな作品でしたね…
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年8月7日
「昭和天皇独白録」は、このWikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%8B%AC%E7%99%BD%E9%8C%B2 にもあるように昭和天皇の言葉をそのまま記録したのか疑いのある文献ですけれど、そういう「嘘かもしれない」を頭の片隅におきながらでも読むとこれもまた興味深い。
0
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2020年8月7日
現代人は喜怒哀楽の哀の観点からだけ戦争を語り過ぎて怒を見て無いのかもねぇ 怒りというより恨み、憎しみの類
1
あなぐま @badger2635 2020年8月7日
都市民と村人ではだいぶ印象が違っただろうとは思う。自分ちの上を敵の飛行機が飛ぶようになったらさすがにこらあかん、と思うだろう。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2020年8月7日
迎撃に上がった日本軍機が落とされて、落下傘で降りてきた日本のパイロットが日本人に殺された事件なんてのもあったりするようですな、「日本の飛行機が落とされるはずがない! 落ちてくるのは敵だ!」みたいな感じで。
0
yotiyoti @yoti4423yoti 2020年8月7日
そりゃ大戦「末期」なら感じるだろ。
0
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2020年8月7日
開戦当時うちの親族は大阪で商売をやっていましたが商売人の間では開戦当時からえっ?戦争?無理!って人は沢山居たとききました。 どうしても人やモノが動かせないと儲からないし、商売上困る人も多かったとのことで。 当然それぞれ「勝てる見込み」にもいろいろ思いがあった事でしょうという話ですね。 あえていろいろ省きますけど、ある程度はそういう人が居た中で戦争に突っ込んだという話になるんですね。
0
Winterfan @siorinyuuna 2020年8月7日
さっさと降伏してたら天皇制は存続してなかったぞ
0
あなぐま @badger2635 2020年8月7日
まあ、少数意見を丹念に追えばどんな画でも描ける。
0
Haruka McMahon @regicat 2020年8月8日
今も「日本人は一致団結してコロナに立ち向かうべき」とか言ってる人たまにいますな(´-ω-`)
0