シンポジウム「地域が国際的な制度を活かすために」

シンポジウムのなんとなくメモ. 日時:2011年7月2日(日) 場所:熊本大学 主催:地域環境学ネットワーク http://bit.ly/k8CS3L
0
しらかわかつのぶ @k_ahead

地域環境学ネットワークの公開シンポジウムが始まった。松田裕之さん(横浜国立大学)の「屋久島と綾における世界遺産とユネスコMAB計画の価値」 #lesnet

2011-07-03 13:20:18
しらかわかつのぶ @k_ahead

ユネスコ・エコパークでは、核心地域、緩衝地域、移行地域の全てに価値を置いている。ただ、日本ではこれらの位置づけが曖昧で不十分。 #lesnet

2011-07-03 13:23:02
しらかわかつのぶ @k_ahead

MAB(ユネスコ・エコパーク)指定のメリットは4つ。「誇り」「ブランド価値」「世界に通じるドア」「環境教育・研究の場として活用」。でも、登録値から40年経った今も、まだまだ知名度は低い。 #lesnet

2011-07-03 13:25:48
しらかわかつのぶ @k_ahead

知床、只見ブナ林、南アルプス、対馬照葉樹林、綾照葉樹林、西表が、現在MAB登録に向け活動中。 #lesnet

2011-07-03 13:27:24
しらかわかつのぶ @k_ahead

保護区の制度は、世界自然遺産、国立・国定公園、自然環境保全地域、森林生態系保護地域、緑の回廊などイロイロある。対象にしているのが原生的自然か二次的自然か、ねらいが利用か保護か、それぞれの制度で温度差がある。世界的枠組みの中での位置づけも様々。 #lesnet

2011-07-03 13:34:32
しらかわかつのぶ @k_ahead

屋久島のシカによる食害は、食費率の変化や生息分布など、科学的データを積み重ねて、頭数を予測した。それをもとに保全のモデルプロジェクトが進んでいる。 #lesnet

2011-07-03 13:38:30
しらかわかつのぶ @k_ahead

綾ではたくさんの取り組みが進んでいる。照葉樹林都市宣言、水源の森宣言、世界遺産登録への活動、BR申請、、、書ききれない(というか、1自治体がこんなにイロイロやってるのか。。。ビックリ#lesnet

2011-07-03 13:41:35
しらかわかつのぶ @k_ahead

「Q:ゾーニングにおいて核になるものを作ることが重要だと分かった。核は人を動かすモチベーションになると思うが、どのようにして核を選ぶぶのか?」 #lesnet

2011-07-03 13:50:37
しらかわかつのぶ @k_ahead

「A:それぞれの制度で登録対象を選定する基準が決まっている。地域の要望なども取り入れながら、地域がどの制度を選ぶか、というステップが大事」 #lesnet

2011-07-03 13:51:07
しらかわかつのぶ @k_ahead

梶原宏之さん(阿蘇たにびと博物館・梶原博物事務所)からの話題提供「阿蘇の取り組みを振り返って」 #lesnet

2011-07-03 13:53:05
しらかわかつのぶ @k_ahead

阿蘇では、毎年地元の人が火入れをすることで草原が維持される。かつては牛馬の放牧や草資源を得るため、つまり集落みんなのためだった。今、地域行事として火入れに加わる人のうち、牛を飼っている人はほとんどいない。 #lesnet

2011-07-03 13:57:27
しらかわかつのぶ @k_ahead

「輪地(わち;防火帯のこと)」という呼び方は阿蘇地域の言葉。南阿蘇では「防火線」と呼ぶ。(同じ阿蘇の中で呼び名に違いいがある。おもしろい。#lesnet

2011-07-03 14:00:22
しらかわかつのぶ @k_ahead

阿蘇で放牧されているのは子牛を産ませるためのメス。オスは肉用に出荷される。 #lesnet

2011-07-03 14:03:28
しらかわかつのぶ @k_ahead

ヒゴタイ公園を作っている産山村が国際交流をしているのはタイ。「肥後」と「タイ」のシャレ。。。(なんかすごい。#lesnet

2011-07-03 14:05:19
しらかわかつのぶ @k_ahead

阿蘇の素晴らしいところは、自然と人間の両方が存在していること。畜産農家が維持している草原を訪れた観光客がもたらす経済効果は、農家には及んでいなかった。観光と畜産農家をつなぐのがたにびと博物館の役割。 #lesnet

2011-07-03 14:08:51
しらかわかつのぶ @k_ahead

修学旅行に訪れる小学校には、フィールドミュージアムの学芸員が事前に訪れて事前に講義を行う。(きめ細やかだ。#lesnet

2011-07-03 14:11:00
しらかわかつのぶ @k_ahead

「Q:博物館は広い範囲を取り込んで活動されているが、主体いはどこなのか?」「A:活動はNGOが主体となって行っている。阿蘇では12の自治体があるので、自治体主導の博物館は成り立ちにくいと思う。また、博物館の成り立ちを考えてみても、民間主体が望ましいと思う。」 #lesnet

2011-07-03 14:17:58
しらかわかつのぶ @k_ahead

増田泰さん(知床財団)による「自然遺産登録によって地域が得たもの・失ったもの」 #lesnet

2011-07-03 14:20:22
しらかわかつのぶ @k_ahead

斜里も羅臼も、世界遺産に登録される前から農業・漁業による収入は大きかった。その意味では、世界遺産に登録されたからといって地域が大きく変わったということはなかった。(農業・漁業でおよそ200億円もの収入があったって、スゴイ#lesnet

2011-07-03 14:24:43
しらかわかつのぶ @k_ahead

知床100平米運動:開拓後に放置された土地を、国の制度にたよらず独自に保全することになった。これがきっかけとなり、知床は、さまざまな保全の取り組みを進めるようになる。一連の活動が世界遺産登録に結びついた。(世界遺産登録を狙って施策を進めたわけではない) #lesnet

2011-07-03 14:30:08
しらかわかつのぶ @k_ahead

世界遺産になっても、登録前の枠組みは変わっていないけれど、そこに関わる各主体が表に出てきて、顔が見えるようになった。それが一番良かったこと。 #lesnet

2011-07-03 14:32:50
しらかわかつのぶ @k_ahead

世界遺産に登録前されたことで、知床では、自治体の境界を超えた管理活動を財団が担うようになった。 #lesnet

2011-07-03 14:34:44
しらかわかつのぶ @k_ahead

知床財団の職員さんのお仕事:「鉄砲でシカの頭数管理」「施設の前にやってきたヒグマを追い払う」「ヘリコプターでゴミ拾い」(なんだかどれもすごいなぁ#lesnet

2011-07-03 14:36:41
しらかわかつのぶ @k_ahead

知床の世界遺産登録による入り込み数増加は一時的なもの。その後平常化した。(といっても、もとの入り込み数も多いなぁ#lesnet

2011-07-03 14:40:56
しらかわかつのぶ @k_ahead

遺産登録後、施設整備は進んだけれど、利用ルールや交通システムなど、ソフトが追いついていない。ソフトはやはり時間がかかる。(そう思う#lesnet

2011-07-03 14:43:43
残りを読む(20)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?