ニンジャについて

ニンジャソウル憑依現象についての、リー・アラキ先生の貴重な考察 ニンジャスレイヤー公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」 http://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/ ニンジャスレイヤー「はじめての皆さんへ」 続きを読む
書籍 文学 ニンジャスレイヤー
17
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
◆「ニンジャについて」リー・アラキ ◆
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『俗に「ニンジャ憑依者」と称される者たちについて、主に記す。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『まず踏まえねばならないのは「アセンション」についてである。数人のゲニン・ニンジャソウル憑依者の脳を摘出し仔細にあらためた事で、この仮定はほぼ裏付けられたと考えられる。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『この数年、我が国で突如として観測されるようになったニンジャソウル存在。これらは平安時代に実際生きていた人間、いやニンジャ由来のものである。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『これらニンジャソウルは、過去から連続性をもってソクシンブツめいて保存されてきた存在では無いという事を留意されたい。彼らは「出現した」。平安時代から現代の我が国へ、いわば転送されてきた・転送されてくる……のである。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『ニンジャのニンジャソウル化は、平安時代において、おそらくはなんらかの要請のもとで、人為的に引き起こされた。これを便宜的に「アセンション」と称する。アセンションが何故、どのようにして行われたか、現時点では明らかにされていない。その理由は後述する。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『現代におけるニンジャソウル憑依現象は、ニンジャ研究者間で「リザレクション現象」ないし「ディセンション」と称される。先ほど、ディセンションがここ数年観測されるようになった現象であると述べた。しかし出現時期がそれ以前にさかのぼる例外の存在可能性は特に排除しない。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『ニンジャソウルが我々に憑依するにあたり、対象はほとんど無作為に選ばれる。当のニンジャソウルに、我々の想像の及ばぬ選択基準が存在している可能性もゼロでは無い。だが、考えにくい。その理由は後述する。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『ニンジャソウルは、対象へ憑依後、おおむね300秒以内にその記憶をほぼ完全に消失し、自我を失う。この事が、アセンションに関する詳細の情報収集をもっぱら古文書に頼らざるを得ない状況を作り出している。「インタビュー・ウィズ・ニンジャ」はほぼ不可能なのだ。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『ニンジャソウルは対象へ憑依直後、対象のニューロン内でほんの一瞬の対話を行う。アイサツである。いわゆる「名付き」のニンジャソウルに憑依された憑依者は、このアイサツの際に己のニンジャソウルの名を記憶する。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『ニンジャ憑依者は憑依後24時間以内に、身体に激しい変調をきたす。体細胞が一般的な人間のそれからニンジャ構造に置き換わる為である。これにより、憑依者はニンジャ反射神経、ニンジャ筋力、ニンジャ器用さ等、超人的な身体能力を手に入れる。身体能力強化の分野・程度には個体差がある。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『憑依者が身体のニンジャ化の際にショック死する不幸なケースもある。かの有名なモモジ・ニンジャが、実際、筆者の観測可能な状況下でディセンションした。しかし、やんぬるかな、憑依者は拒絶反応により死亡、モモジ・ニンジャは消滅した。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『モモジ・ニンジャほどの伝説級ニンジャに対象選択の自由があれば、糖尿病による合併症を複数抱えた88歳の老人に憑依などせぬであろう。これが先述の私見の根拠である。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『広く認知されている通り、古事記にはニンジャ・クランが用いる位階を記述した項目がある。すなわち、上級位階から順に、アーチニンジャ、グレーターニンジャ、レッサーニンジャである。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『レッサーニンジャは所謂ゲニンである。グレーターニンジャはレッサーニンジャを束ね、指揮監督する。彼らは名を持たない。厳しい修行や名誉獲得冒険を成功させ、アーチニンジャの座へ上り詰めたものだけが、クラン・シュラインでハナミを行い、名を授かり、城や荘園を与えられる。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『なお、アセンション以前にニンジャが保持していた位階がそのまま現代におけるニンジャ憑依者同士の身体能力差に反映されるわけではない事を留意いただきたい。憑依ニンジャソウルと憑依者の相性や、突然変異的な能力覚醒を誘発する要素がDNA内に存在しているものと思われる。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『近年のディセンションを通し、単なる神話上の登場人物に過ぎないと考えられていたニンジャ存在の実在が確認されたケースもある。ゼツメツ・ニンジャがそれだ。同様の発見が今後相次げば、場合によっては、既存の古代史は覆されかねない。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『ニンジャ憑依者の多くが死亡時に爆発四散するのは、体内に宿すニンジャソウルがエネルギー供給先を唐突に失い暴走するためと考えられる。「爆発四散をまぬがれたニンジャソウルは現代において再度憑依対象を探す」という仮説が存在するものの、実際にそれが行われた例は記録されていない。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『逆に、「憑依者の身体を爆発四散させたニンジャソウルは自由となり、再度憑依対象を探すことが可能になる」という真逆の仮説を掲げる者たちも存在するが、やはり憶測の域を出ない。』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『ここまで、現在明らかになっている事実について、思いつくがままに書き記してきた。この私、リー・アラキの望みは、ディセンション現象に秘められた何らかの宇宙意思めいたものを明らかにする事である。それが叶った時、私は、』
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
----メモはここで唐突に終了している。残るページは薬品によって焼かれ、破壊されている。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
◆「ニンジャについて」リー・アラキ ◆ 終わり

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする