新型コロナ対策アドバイザーが教えるお盆帰省の注意点北九州市立八幡病院 伊藤重彦 院長 #ゴゴスマ

まとめました。
0
リンク www.m3.com 【福岡】10日間でPCR検査センター開設。第2波に備える‐伊藤重彦・北九州市立八幡病院院長に聞く◆Vol.1|医療維新 - m3.comの医療コラム 【福岡】10日間でPCR検査センター開設。第2波に備える‐伊藤重彦・北九州市立八幡病院院長に聞く◆Vol.1|医療維新|激動の医療界の動きをm3.com編集部が独自の視点で取材・発信!
くーるぜろ @zephel01

新型コロナアドバイザーが教える 帰省先での感染対策 #ゴゴスマ #tbs pic.twitter.com/hOdhzSBNkG

2020-08-13 14:33:43
拡大
にゃあ @kirikami

帰省したときに、テレビの音を小さくして会話する。大きいと会話の声が大きくなって飛沫が飛んでしまうから。 #ゴゴスマ

2020-08-13 14:45:05

※帰省したから、コロナ対策をするのではなくて、家庭に高齢者と同居している場合、この対策を実践してほしい。

リンク www.kitakyu-cho.jp 院長挨拶 | 病院の基本情報 | 北九州市立八幡病院 総合病院, 救命救急センター, 小児救急, 外傷, 研修医, 肝臓外科, 消化器病, 脳神経外科, 内科,循環器科, 形成外科, 整形外科, 麻酔科, ペインクリニック, 眼科, 耳鼻科, 精神科, 婦人科, 放射線科, 小児科, 泌尿器科, 皮膚科, 脳神経外科, 第二夜間休日急患センタ, 救急科, 歯科 1
リンク www.kitakyu-cho.jp COVID-19プロジェクト | 感染対策研修センター | 北九州市立八幡病院 安全・安心のためのCOVID-19感染防御対応機器開発プロジェクト2020 ...
リンク NHK政治マガジン 北九州市の医師 「これ以上クラスター起きると解決困難に」 | 注目の発言集 | NHK政治マガジン 北九州市では、救急医療を担う3つの医療機関で新型コロナウイルスの集団感染が確認され、救急患者の受け入れを停止しています。市の救急医療を統括する医師は「これ以上クラスターが起きると市内だけで解決するのが難しくなる」として危機感を強めています。北九州市では3日までに救急医療を...
📰毎日新聞福岡報道部📰 @mainichi_houdou

北九州市立八幡病院(八幡東区)の伊藤重彦院長とトヨタ自動車九州(宮若市)が、新型コロナウイルス感染防止用のアクリル製シールドやバリアーボックスの開発を進めています。 mainichi.jp/articles/20200…

2020-05-18 19:18:53
毎日新聞小倉報道部 @mainichi_kokura

#新型コロナウイルス 毎日新聞に連載中の「患者塾」。パネリストで感染症対策を手掛ける伊藤重彦・北九州市立八幡病院長がコロナと共に生活する「ウィズ・コロナ」の感染防止策を3回シリーズで語ります。初回はソーシャルディスタンスと手洗いがテーマ。 mainichi.jp/articles/20200… #毎日新聞 #ニュース

2020-06-09 18:48:15
毎日新聞小倉報道部 @mainichi_kokura

毎日新聞に連載中の医療コーナー「患者塾」でパネリストを務める伊藤重彦・北九州市立八幡病院長の「 #ウィズコロナ 」の感染防止策。2回目の〈中〉は感染防止の基本であるマスク・手洗い・家具などの消毒を丁寧に解説しています。#新型コロナウイルス /福岡 - 毎日新聞mainichi.jp/articles/20200…

2020-06-16 19:55:26
📰毎日新聞福岡報道部📰 @mainichi_houdou

患者塾 医療の疑問にやさしく答える 「ウィズコロナ」の感染防止策 市立八幡病院長・伊藤重彦氏に聞く mainichi.jp/articles/20200…

2020-06-23 18:58:53
毎日新聞小倉報道部 @mainichi_kokura

毎日新聞に連載中の医療コーナー「患者塾」。#新型コロナウイルス と共存する「ウィズコロナ」の感染防止策を北九州市立八幡病院の伊藤重彦院長に聞くシリーズ。最終回は1週間当たりの感染者数や検査数に基づく「自粛の物差し」について提言しています。/福岡 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20200…

2020-06-23 21:15:39
リンク 毎日新聞 患者塾 - 毎日新聞 毎日新聞のニュース・情報サイトです。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?