[研究] #メディア芸術祭 にボードゲームで新人賞をいただくために、受賞作『Buddience 仏像の顔貌を科学する』を研究させてもらう。#メディアZEN応募 #ZENタイル

ボードゲーム #ZENタイル を 今年の #メディア芸術祭 に応募して新人賞をいただきたい。 それにあたり、先行受賞作品の研究をさせていただいています。 #メディアZEN応募 『Buddience 仏像の顔貌を科学する』
1
メディア芸術祭の過去受賞作を研究!
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

ボードゲーム #ZENタイル を 今年の #メディア芸術祭 に応募して新人賞をいただきたい。 それにあたり、先行受賞作品の研究をさせていただいています。 #メディアZEN応募 『Buddience 仏像の顔貌を科学する』 pic.twitter.com/bWt0AGoXyc

2020-08-17 14:08:58
拡大
リンク 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品 新人賞 - Buddience 仏像の顔貌を科学する | 受賞作品 | エンターテインメント部門 | 第23回 2020年 | 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品 仏像の顔貌をAIで分析した奈良大学の学生によるプロジェクト。感情認識AIを使用して仏像216体の感情状態や年齢を表情解析により数値化。テクノロジーを通じた新しい観点による仏像研究として、ウェブコンテンツと...
■『Buddience 仏像の顔貌を科学する』概要

仏像の顔貌をAIで分析した奈良大学の学生によるプロジェクト。
感情認識AIを使用して仏像216体の感情状態や年齢を表情解析により数値化。
テクノロジーを通じた新しい観点による仏像研究として、ウェブコンテンツとレポートにまとめられ公開された。

ウェブコンテンツでは、ユーザーがアップロードした自分の顔写真からAIが感情状態を数値化し、自分の感情状態に近しい仏像を見つけだすことができる。
本プロジェクトでは、感覚的・精神的な世界にテクノロジーによる客観的なアプローチを施し、新しい仏像の解釈や表現を示した。
今まで歴史や仏像に興味がなかった層に関心を抱かせることを目的とし、テレビ、新聞、ラジオ、ウェブなど多数のメディアで取り上げられている。

■感じたポイント
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

■感じたポイント ・一言紹介。 ・AIによる仏像研究。テクノロジーを使った新しい観点。 ・ユーザーのアクションに対してAIがリアクションを返してくれる(参加)新規層開拓の目的。メディアで取り上げ。

2020-08-17 14:09:49
■練習「ZENタイル」概要
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

■[練習]『ZENタイル』概要 20個の碁石をつかって自分の感情の枯山水庭園を描き出すボードゲーム国籍や人種や性別などに依存しない同じフォーマットでお互いの1日の気持ち日記を作成することができる。

2020-08-17 14:10:21
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

SNSに投稿された写真を通じて、世界中の人間が「自分と同じように『しんどさ』や『ささいな喜び』を感じて毎日を生きている。」という連帯感を感じることができる。

2020-08-17 14:10:40
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

瞑想やボードゲームといった「アナログ」要素と、SNSをつかった発信という「テクノロジー」が融合することで実現できるコンテンツとして、日本をはじめ世界中で遊ばれている。

2020-08-17 14:10:47
■贈賞理由
■『Buddience 仏像の顔貌を科学する』贈賞理由

仏様の面相学といった趣き。
怒り、悲しみ、アルカイックスマイル。
仏様たちは、実に表情豊か。

「エモい」という言葉に象徴されるように、多くの情報によって変化するさまざまな状況で我々の感情は常に揺らぐ時代。
仏像は、そんな我々のエモさを、多種多様な表情で昔以上に代弁してくれている気がする。

改めて仏像の魅力の幅広さ、深さ、包容力、そして親近感を、今の時代ならではの方法で感じさせてくれる作品だ。
サイトのデザインもレトロフューチャーなコンピュータ風で、シンプルななかにも仏様の厳かな神秘の世界を表現していると思う。

■感じたポイント
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

■感じたポイント ・仏像に魅力がつまっている ・その魅力を今の時代ならではの技術で感じさせてくれた ・HPもよくできてる。

2020-08-17 14:11:25
■練習「ZENタイル」贈賞理由
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

■[練習]『ZENタイル』贈賞理由 禅の瞑想をゲームに取り入れたという趣き 怒り、悲しみ、恥。 我々は実は多様な感情を1日に感じていることに、あらためてそれに気づかされる。

2020-08-17 14:11:36
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

「エモい」という言葉に象徴されるように、多くの情報によって変化するさまざまな状況で我々の感情は常に揺らぐ時代。 このゲームは、そんな我々のエモさを、「自分自身で見つめなおす」きっかけを与えてくれる。

2020-08-17 14:11:46
かわぐち(ちゃがちゃがゲームズ) @guchi_fukui

世界中がネットでつながった現代。表層だけで簡単につながれるようになった今だからこそ、各自が感じている「気持ち」について尊重しあうことが必要なのではないか。そう感じさせてくれる作品だ。 碁石や手ぬぐいや箱のデザインも統一されており、シンプルななかにも禅の厳かな世界を表現している

2020-08-17 14:12:17

■ZENタイルとは

碁石に描かれた漢字をみて1日を思い出し自分のココロをメンテナンスする、「禅の瞑想」をモチーフにしたボードゲーム。
当初は、製作者自身の心の安定を求めるツールとして開発された。

発売後、「これはゲームではない」と専門店での取り扱いを断られたが、ネット上で話題となりすぐに完売した。
「自分をほめるツール」として新聞・ラジオで取り上げれたほか、病院において若い医学生と年配の患者との交流ツールとして活用されている

プレイ動画
Leona 【LEOTOY/レオトイ】 @Leo7toy

1人でも遊べるボドゲ『ZENタイル ベーシック』が今みんなに必要かもしれないyoutu.be/EY_MzvTWyJ4 @YouTubeさんから

2020-04-09 22:44:51
拡大
■ZENタイルベーシックとは
瞑想をするように、自分の心を描き出していくゲームです。一人から4人まで一緒にあそぶことができます。
リンク ちゃがちゃがゲームズ ZENタイル ベーシック ZENタイル ベーシック 2020年03月08日発売 1人~4人 / 15分~ / 12歳以上 ゲームデザイン:だんらんゲームズ 川口洋一郎(@guchi_fukui) グラフィックデザイン:aiMIKI ジャンル: ココロととのえツール 価格: 4000円(イベント特別価格) 1
残りを読む(7)

コメント