編集可能 アプリで作成

道具化された身体

まとめました。
21
三井昌志 @MitsuiMasashi

ベトナム北部の山岳地帯。大量の薪や枯れ葉を背負って家路を急ぐ女の子がいた。薪を集めるのは、半日がかりの大変な仕事だ。 pic.twitter.com/83XkWlm57g

2014-09-04 20:31:41
拡大
石部統久 @mototchen

「背丈を超えて枯草をつけた背負子。立ち上がりにコツがある。広島県豊松村。昭和46年(1971) 」 『母と子でみる 道具としてのからだ』 須藤功 草の根出版会 2001 pic.twitter.com/lum2jBM7NZ

2020-08-27 13:41:41
拡大
ゆきまさかずよし @Kyukimasa

ネパールのポーター達の効率的荷物運搬歩行の研究 jeb.biologists.org/content/219/22… 実験生物学ジャーナル。運動効率の高さを調査してる(比較的ゆっくり歩くのがポイントだけど、特別な歩き方はしてないらしい) pic.twitter.com/X6p791FNCP

2016-11-19 09:04:46
拡大
ゆきまさかずよし @Kyukimasa

ネパールのポーター歩行を研究しに行く前はケニアの水運び女性を研究して、体重の20%までならほとんど運動負荷の増加ないとか(こちら特別な歩行技術を使ってるようだ)。 pic.twitter.com/kSXp7GngAv

2016-11-19 09:10:12
拡大
ゆきまさかずよし @Kyukimasa

ふと思い出したけど、英国陸軍兵士が距離歩くときは体力節約するために若干前かがみになってトボトボした歩き方するので見たら分かる(みたいなことA.J. クィネルか誰かが小説に書いてた)。 行軍の歩法なんて似たようなものだとは思うのだけど、ひょっとしたら国や軍によって微妙に違いあるかも pic.twitter.com/zlH9tEdyth

2016-11-19 10:02:19
拡大
アフリカ系男子ナイケル(内藤獅友) @Naikel0311

アフリカ(国籍不明)の女性。この量とバランスの物を頭に乗せながらこれだけ踊るって体幹レベルオバケです。 ちなみにこうして踊れる人は稀ですが、この量を頭に乗せて運べる女性はゴマンとおります。 pic.twitter.com/2R7tb6fjD9

2020-08-22 16:50:58
翻訳するポット🫖 @potpotkettle

頭上運搬、楽だし姿勢もよくなる気がするので、もっとはやってほしい(まわりから浮くのが難点) pic.twitter.com/a7D1tsUgKU

2018-10-23 08:19:50
拡大
翻訳するポット🫖 @potpotkettle

各国で頭上運搬の習慣があった例として、昔のロンドンでイチゴを売る女性の絵。原画はFrancis WheatleyのCries of Londonという題のシリーズ。 earlymodernwomenswork.wordpress.com/2016/02/23/why… research.britishmuseum.org/research/colle… pic.twitter.com/tC9vFRhKcD

2020-03-09 16:24:09
拡大
翻訳するポット🫖 @potpotkettle

桶と頭のあいだに手拭いをいれたり、多少柔軟性がありそうな編みかごにして帽子の上にのせたりするのは、きっと落としにくくする技術でもあるんじゃないかと思います。髪を結ってあるのもクッション効果があったり?(崩れそう)

2020-03-09 19:00:21
翻訳するポット🫖 @potpotkettle

これは比較的あたらしいアメリカの頭上運搬の例 (1907年) commons.wikimedia.org/wiki/File:Edwa… pic.twitter.com/njR4emrpxp

2020-03-13 19:57:19
拡大
渡邉英徳 @hwtnv

戦前の沖縄。1935年に撮影された,大きな木箱を頭に乗せて運ぶ女性。ニューラルネットワークによる自動色付け。 pic.twitter.com/lu2y3oP796

2018-01-11 16:27:40
拡大
ホリーニョ @horinyo

戦前の沖縄。那覇に魚を売りに行く「糸満の女性」を描きました。 漁師=夫が収穫した魚を売りに行くのは妻である女性の役割。 30〜40kgのカゴを頭に乗せて、片道10km以上の道のり(那覇周辺へ)を裸足で歩いて売りに行かれたそうです。 twitter.com/hwtnv/status/1… pic.twitter.com/pP45BFnqga

2020-05-21 06:18:58
拡大
拡大
渡邉英徳 @hwtnv

戦前の沖縄。1935年に撮影された写真。かご一杯に積んだイモを頭に乗せて売り歩く糸満の女性。ニューラルネットワークによる自動色付け。 pic.twitter.com/oNAP5kQFBX

2017-12-27 14:49:40
拡大
masarun @LjFrontie

頭は丸いですので、藁や茅で作った輪っかで接地面を拡げて安定させます。平らな板ですと不安定だし、接地面が狭くなり痛くて運搬は不可能です。沖縄でこの輪っかを「ガンシナ」と言い、バーキ(笊)を乗せます。頭上運搬は世界中至る所で有り、日本の埴輪にもある様です。twitter.com/hwtnv/status/9…twitter.com/horinyo/status…

2020-05-21 07:23:04
まめ書房 -沖縄の本と工芸-神戸岡本 @mameshobo

こちらは沖縄の民具「ガンシナー」。 鍋敷きとしても売られていますが、本来の用途はこちら。 琉球王朝時代の風俗絵図や、1960〜70年代の写真にもあるように、昔の沖縄では女性が頭に荷物を載せて歩く姿が見られました。 この時、頭と荷物の間にガンシナーを挟み、荷物を安定させていたのです。続く→ pic.twitter.com/yz4v6PWAMN

2019-09-15 14:45:18
拡大
拡大
拡大
まめ書房 -沖縄の本と工芸-神戸岡本 @mameshobo

→ 素材は藁や竹など様々でしたが、まめ書房で販売中のガンシナーは月桃の葉が用いられ、明るい色と美しいツヤが、独自の風合いを醸し出しています。 また月桃の葉には防虫・抗菌効果もあるので、衛生面でも優れていたと思われます。→

2019-09-15 14:45:19
まめ書房 -沖縄の本と工芸-神戸岡本 @mameshobo

→ 大きな箱や風呂敷を頭に載せ、手ぶらで歩く女性達の姿は実にたくましく、颯爽として見えます。 こうした頭上運搬は世界各地にありましたが、徐々に姿を消しつつあるのだそう。 ガンシナーも、昔の暮らしを今に伝える、貴重な手がかりの一つです。 (モノクロ写真:「岡本太郎の沖縄」より) pic.twitter.com/Zjt3BEA7sH

2019-09-15 14:48:18
拡大
拡大
拡大
拡大
ネルソン水嶋@奄美群島・沖永良部島でYouTuber @nelson_mzsm

スーパーからの帰り道、88歳の祖母がおもむろに袋を頭上に載せてすたすたと歩く。なんで?重くないの?って聞いたら郷土史が詰まってた。 dailyportalz.jp/kiji/sobo-atam… #頭上運搬

2020-01-22 16:53:17
リンク デイリーポータルZ 祖母の頭は運搬機 祖母がスーパーからの帰り道、おもむろに食材の入った袋を頭にのせた。手も添えず、いつもと変わらない速度で歩く。そんなアクロバティックな行為、聞けば郷土史そのものだった。 (ネルソン水嶋) 47 users 228
muttbob @muttbob

祖母の頭は運搬機 dailyportalz.jp/kiji/sobo-atam… #DPZ 頭上運搬、沖永良部島、歴史。80年ほど前には普通にあった島の風景。広い人に時代背景を含めて重層的に島を知ってほしいと思う。

2020-01-22 19:45:53
光岡英稔 @McLaird44

その場合でも、普段の生活様式から相当に身体を練られる生活をしていたのと空手、サンシン、琉球舞踊などで身体が練られ纏まっていたので女性の実力者も多かったと考えられます。⇒ pic.twitter.com/FPEvDDmrEE

2016-05-25 13:24:43
拡大
ごっちゃんこ sumo performer @Gocchanko

風呂敷ひとつでどこまでも ここにまわしと生活用具一式入ってるから普通に持つとめっちゃ重いしインド式から持ち方学んだ pic.twitter.com/VelpQDMhur

2020-03-02 12:14:52
宮井株式会社 @Miyai_furoshiki

おー、頭上運搬!慣れると手も離して運べるようです。昔は日本でも当たり前の運搬方法だったのです。そしてインドもふろしき大国。他にも様々な使い方が見られますよ。 twitter.com/Gocchanko/stat…

2020-03-02 14:06:08
宮井株式会社 @Miyai_furoshiki

ふろしき頭上運搬の図! 四天王寺扇面古写経下絵に描かれています。右から二人目の女性、着物をふろしき包みして頭の上に載せて運んでいます。左端にも頭上運搬している姿が見られますね。こちらは平安時代の図です。#ふろしき #風呂敷 #運搬 #運ぶ pic.twitter.com/Clob1zJ8Qk

2020-03-02 19:22:25
拡大
残りを読む(58)

コメント

夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年8月23日
≪北西ヨーロッパでは中世に女性が重く持ちにくいものを運ぶ手段として頭上運搬をしていて、遅くとも14世紀までこの習慣はあったが、19世紀中盤までにほとんどなくなった≫ https://ja.wikipedia.org/wiki/頭上運搬 ヨーロッパでもしてたのか……
2
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年8月23日
宮本常一の「塩の道」を思い出した。塩鮭を背負って信州の山道を歩く女達……。インドネシアのラマレラ村でも男達が命がけで獲ったクジラ肉を女達が山道を歩いてトウモロコシに交換していた。
2
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年8月23日
hiruneskey 子供の頃読んだキノピオの絵本で人間に化けた女神様がキノピオに労働を手伝わせる際に頭に水瓶を乗せて運んでいたなぁ。舞台はイタリアだっけ?
1
井水為史 @fh_wellwater 2020年8月23日
これ系の話だと運ぶヒトの人類学って新書が面白かったな。
2
出世魚 @prism_in_wind 2020年8月23日
戦前の出前そばにも通じる
0