2020年9月3日

アベノミクス金融緩和への評価と解説( 原田泰・野口旭・高橋洋一)

「アベノミクスの代名詞「大胆な金融緩和」は日本経済に何を遺したか」原田泰2020.8.31 5:22 https://diamond.jp/articles/-/247338 野口旭「政治家にとってマクロ経済政策がなぜ重要か──第2次安倍政権の歴史的意味」2020年09月01日(火)15時00分 https://www.newsweekjapan.jp/noguchi/2020/09/post-25.php 続きを読む
4
いす @chairtochair

高橋洋一 「金融政策、自民党の中で安倍さんに対抗できる人は山本幸三さん1人しか居ません、申し訳ないけど他の人、皆んなアウト 全然敵わない 安倍さんお辞めになった後3年間くらい勉強した 私とスパーリングみたいな感じでやる 何にも心配してない、ほぼ完璧 聞いてきても確認だけ」 pic.twitter.com/3xgQ5lgbyd

2018-09-30 10:08:31
いす @chairtochair

高橋洋一 「金融政策、総理が取り上げた事も今まで無い 遡りますと第一次安倍政権の時に官邸にいて、この話を一生懸命したんですけど安倍さん分からなかったと 辞めてから分かったと ああいう形でお辞めになって時間たっぷりありましたから議員会館行って暇だから喋ってた」 2017年6月27日 pic.twitter.com/TrfqX1cYv5

2019-05-26 03:29:09
ダイヤモンド・オンライン @dol_editors

【アベノミクスの代名詞「大胆な金融緩和」は日本経済に何を遺したか】 安倍晋三首相が辞任を表明しました。そこで、アベノミクス、とりわけ金融緩和政策について総括してみたいと思います。 bit.ly/3lARW7I

2020-08-31 12:45:01
いす @chairtochair

原田泰 「安倍晋三総理は、第1次安倍政権と第2次安倍政権の在任日数を合わせて、2019年11月20日に桂太郎総理の2887日を超えて、憲政以来の長期政権を樹立した。さらに、8月24日には、第2次政権だけでも連続在任日数が2799日に達し、佐藤栄作総理を抜いて歴代最長となった」

2020-08-31 23:41:31
いす @chairtochair

原田泰 「安倍総理は、功績は歴史が決めることと発言されているが、経済面だけについて私の考えを述べれば、日銀、財務省、経済学者、エコノミスト、金融業界の反対を押し切って、アベノミクスの第1の矢、すなわち大胆な金融緩和政策を実現したことが最大の功績であると考える」

2020-08-31 23:42:21
いす @chairtochair

原田泰 「大胆な金融緩和政策は、景気と雇用状況の持続的な回復をもたらしている。雇用環境が改善したことにより、若者の自民党支持率はこれまでにないほど上昇し、野党支持率はこれまでになく低下している。」

2020-08-31 23:43:28
いす @chairtochair

原田泰 「大胆な金融緩和による雇用と所得の回復は、所得分配の改善、自殺者の減少など、経済のみならず、社会、政治にまで影響を与えているが、ここでは財政改善だけについて説明する。」

2020-08-31 23:44:04
いす @chairtochair

原田泰 「新聞などでは、安倍政権が財政改善目標を達成できなかったという見出しが躍るので、安倍政権が財政を再建したと言えば、意外と思われるかもしれない。しかし、良くなったかどうかは、過去のレベルまたは過去のトレンドと比べるべきである」

2020-08-31 23:45:09
いす @chairtochair

原田泰 「13年の大胆な金融緩和の発動により、財政赤字の対名目GDP比は急激に縮小している。分母の名目GDPが拡大し、税収が伸びて財政赤字が減少したからである。」

2020-08-31 23:46:02
いす @chairtochair

原田泰 「財政赤字の対名目GDP比は、大胆な金融緩和を始める前、12年度には-8.3%だったが18年度には-2.2%となっている 6.1%ポイントも改善しているのだが、うち消費税増税での改善は1.5%分にすぎない すなわち大胆な金融緩和によって財政は再建に向かっているのである」

2020-08-31 23:47:07
いす @chairtochair

原田泰 「コロナがなければ、19年10月の消費税増税もあって、財政赤字はトレンドとしてゼロに近づいていったことは間違いない。その結果、現在は高い水準で安定している政府債務残高の対名目GDP比、政府純債務残高の対名目GDP比も低下していっただろう。」

2020-08-31 23:47:49
いす @chairtochair

原田泰 「政府債務は金融資産を引いた純債務残高で考えるべき 差し引いているのは売却不可能な道路やダムではなく金融資産 金融資産であれば売却可能 企業の財務状況を判断するときは負債だけでなく企業が所有する金融資産も考慮と同じ 純債務残高対名目GDP比で見ればすでに減少トレンド」

2020-08-31 23:50:21
いす @chairtochair

原田泰 「分母(名目GDP)を拡大させ、景気拡大による増収があれば、財政再建が楽になるというのは全く当たり前のことだと私は思うのだが、ほとんどの経済学者がこの方法を否定していた。彼らは、安倍政権が現実になし得たことを見ていないのである」

2020-08-31 23:51:30
いす @chairtochair

原田泰 「もちろん、そうでない経済学者もいる。伊藤元重・学習院大学教授は「公的債務比率の縮小には分母の名目GDPを増やすことも重要だ。高い成長率が実現できない場合は物価上昇で引き上げる必要がある」と (伊藤元重「財政健全化にインフレも必要」『日経ヴェリタス』18年6月18日)」

2020-08-31 23:52:35
いす @chairtochair

原田泰 「安倍総理の成したこととは、現実を見ない過去の日銀、財務省、経済学者、エコノミスト、金融業界の反対を押し切ってアベノミクスの第1の矢を射たことだが、それは外交や安全保障にも通じることであるかもしれない。」

2020-08-31 23:53:20
ニューズウィーク日本版 @Newsweek_JAPAN

政治家にとってマクロ経済政策がなぜ重要か──第2次安倍政権の歴史的意味 (野口 旭) ──「政治によるマクロ経済政策の丸投げシステム」そのものを終わらせた...... newsweekjapan.jp/noguchi/2020/0… #安倍晋三 #マクロ経済政策 #アベノミクス #日本経済

2020-09-01 16:02:54
高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi

【日本の解き方】安倍首相辞任の大きな影響 雇用環境改善で圧倒的成果、安保法制成立も歴史的偉業 zakzak.co.jp/soc/news/20090… @zakdeskより

2020-09-03 08:51:35
いす @chairtochair

野口旭 「第2次安倍晋三政権が、唐突にその終焉を迎えた。しかし、第1次安倍政権がわずか1年弱で終わったのに対して、第2次政権は歴代最長の7年8か月を刻んだ。その違いを生み出した最も大きな要因とは何かといえば、それはマクロ経済政策の有無である。」

2020-09-03 20:20:36
いす @chairtochair

野口旭 「第1次安倍政権は、財政再建よりも経済成長を優先するという「上げ潮戦略」の提唱者であった中川秀直が幹事長ではあったものの、政権自体の政策方針は、小泉純一郎政権以来の「構造改革」路線の継承という以外にはほとんど不明であった」

2020-09-03 20:21:14
いす @chairtochair

野口旭 「対して第2次安倍政権は発足当初からデフレ脱却を政策目標とし「3本の矢」すなわち金融政策、財政政策、成長戦略を政策手段としたアベノミクスを政権の看板政策として位置付けていた。すなわち第2次安倍政権においては、マクロ経済政策そのものが政策アジェンダの要となっていたのである」

2020-09-03 20:22:09
いす @chairtochair

野口旭 「どのような立場であれ、第2次安倍政権が戦後の歴代政権の中でマクロ経済政策に最も深く関与した政権であった事実それ自体については、否定する向きは少ないであろう。」

2020-09-03 20:22:39
いす @chairtochair

野口旭 「中央銀行テクノクラートの聖域と考えられていた金融政策に対して何らかの具体的な政策指針を与えた政権は第2次安倍政権以外には存在していない 財政政策は確かに消費税増税に3党合意の呪縛を断ち切ることは結局できなかった しかし消費税増税を2度延期する政治判断を行ったことも事実」

2020-09-03 20:24:41
いす @chairtochair

野口旭 「従来的な「財政政策は財務省(旧大蔵省)に丸投げ」型の政権であったならば、増税の延期などはとうてい不可能だったはずである。」

2020-09-03 20:25:09
いす @chairtochair

野口旭 「これまでの日本の政治世界では、第1次安倍政権も含めて、マクロ経済政策それ自体については、「金融政策は日本銀行に、財政政策は財務省(旧大蔵省)に丸投げ」が基本であった。」

2020-09-03 20:26:08
いす @chairtochair

野口旭 「1995年から1998年に自民党幹事長 加藤紘一は2010年3月に『戦後今日までマクロの経済運営は誰かが考えるものだ 赤坂4丁目あたりの日銀氷川寮か何かに(正式名称は日銀氷川分館)大蔵事務次官と日銀総裁と通産省次官が集まって何か秘策を考え僕らにある日言ってくるものだ』」

2020-09-03 20:31:15
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?