韓国の第3次武侠小説ブームとウェブ武侠漫画

日本語で読める韓国のウェブ漫画のうち、一大ジャンルをなしているのが武侠モノである。代表的なものに『天涯峡路(てんがいかいじ)』や『華山転生(かざんてんせい)』がある。どちらも韓国の「新武侠小説」をコミカライズしたものである。 武侠小説は中華圏がその発祥地だが、それが韓国ではどのように受容されていったのか。韓国の小説家、批評家のソン・ジサン氏が語ってくださいました。【2020年9月7日】 (ソン・ジサン氏の著書内の武侠小説年表について、日本語で概略を説明しています。これについては事前にソン・ジサン氏にOKをもらっています) (武侠の「侠」は本来「俠」ですが、このまとめでは基本的に「侠」で代用しました)
39
ジョー猫 @korenkan

@Colorless_Ideas 未知のジャンルには入門書がほしいですよね。最近、全然ハングル分からないのに韓国ウェブトゥーンについて調べていたのですが、機械翻訳では限界があり、効率も良くないなと。ちゃんと調べるなら、現地の言葉が分からないと厳しいなと痛感しています。

2020-09-05 21:55:32
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@korenkan 韓国のウェブトゥーンについては日本語も堪能な韓国の漫画評論家(『シグルイ』論で評論賞受賞)、小説家翻訳家ソン・ジサンさんが語りたがっていたような。こちらのまとめ togetter.com/li/1554543 でマサルさんについて日本語で語っている方です。

2020-09-05 22:08:23
ジョー猫 @korenkan

@Colorless_Ideas なるほど、ありがとうございます! ちなみにいま知りたいのは、韓国の武侠モノがどういう変化と発展を遂げ、中国本国とはどういった違いが出ているのか、だったりします。問題意識がだいぶぼんやりしているので、人には聞きにくいですね……。

2020-09-05 22:12:39
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@korenkan まさにそれを論じた評論書を、ソンさんが今年初めに刊行してます! > 韓国の武侠モノがどういう変化と発展を遂げ、中国本国とはどういった違いが出ているのか ただ私も入手したんですがハングルはすらすら読めるわけでもなくて……。 twitter.com/colorless_idea… twitter.com/Colorless_Idea…

2020-09-05 22:19:45
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@korenkan @Colorless_Ideas いきなり失礼します、ソンジサンと申します。恐縮です!お役に立てるかどうか心配ですけど、何か気になる所がおありでしたら、気楽に聞いてください。

2020-09-06 13:21:28
リンク sfwuk.org ソン・ジサン (손지상) : 韓国SF作家連帯会員リスト 父が軍人のため、16歳まで全国を引っ越しながら過ごした。本が好きだったが、頻繁な引っ越しのため、着実に交流する友達も、蔵書も少なかった。数少ない蔵書も皆ノンフィクションや人文書だけだった。初めて読んだSFは児童小説用の縮約版のエドガー・ライス・バロウズの「火星のプリンセス」、アイザック・アシモフの「鋼鉄都市」、ロバート・ハインラインの「超人部隊(Gulf)」であった。 2005年心理学で大学に入ったとき、ある先輩に「考えに論理の骨組みだけあって、感情の肉がない」という忠告を聞いて小説を読み始め、

ソン・ジサン氏による「日韓武侠小説ブーム年表」

ソン・ジサン氏の文芸批評書『サブカルチャー系を旅するヒッチハイカーのためのガイド』(2020年1月/未邦訳)より
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@Colorless_Ideas @korenkan はい、確かにそうです。その中の小説の年表ですが、韓国と日本の比較をしています。 内容は、韓国の場合: 1次ブーム:香港と台湾の翻訳モノ 2次ブーム:その影響の創作武侠モノと金庸の大大ヒット(旧武侠) 3次ブーム:武侠映画の再ヒットとPC通信を普及による新武侠 に分けられます pic.twitter.com/L7RWNL8e7L

2020-09-06 14:00:23
拡大

出典:ソン・ジサン,<サブカルチャー系を旅するヒッチハイカーのためのガイド>
韓日武侠小説ブーム年表(ワークライフ、2020年)

韓国ネット書店アラジン リンク

【年表の見方】

  • 1行目、左側「韓国」、右側「日本」

  • 2行目、「ブーム時期」「内容」「年度」//「内容」「ブーム時期」

  • 左端列(韓国での武侠小説ブーム時期)には上から順に「1次ブーム」「2次ブーム」「3次ブーム」と書かれている

  • 右端列(日本でのブーム時期)には「なし」と書かれている

下記の「年表の概要」では、本まとめ作成者が作品の中国語原題など必要な情報を補いました。要約の仕方を含め、誤りがあれば本まとめ作成者の責任です。

【年表の概要・韓国側】
1次ブーム(1960年代半ば~)

  • 中国・河南省出身の小説家、臥龍生(がりょうせい、1930~1997)が台湾の新聞に連載した武侠小説『玉釵盟(ぎょくさいめい)』(1960-63)が『群侠誌(ぐんきょうし)』のタイトルで韓国語訳される。
  • 以来、翻訳武侠小説が大量に出版される。

2次ブーム(1970年代末~)

  • 1979年、韓国の乙齊上人(筆名。本名は諸説あり)が〈台湾の武侠小説の翻訳〉という体裁で、武侠小説『八萬四千剣法』を刊行。以来、韓国作家による武侠小説が盛んに。
  • 1986年には香港の小説家、金庸(きん よう、1924~2018)の武侠小説『射鵰英雄伝(しゃちょうえいゆうでん)』(1957-59)が『小説英雄門』のタイトルで韓国語訳される。以来、金庸作品の翻訳出版が続く。

3次ブーム(1990年代初頭~2005年?)

  • 1992年、香港の同年の武侠映画『東方不敗』(邦題『スウォーズマン 女神伝説の章』/中国語原題『笑傲江湖II 東方不敗』)が韓国で公開される。
  • 1994・1995年頃よりPC通信上で新武侠小説の創作発表が活性化。

【年表の概要・日本側】
1996年 金庸の武侠小説の初の日本語訳、『書剣恩仇録(しょけんおんきゅうろく)』(1955-56)刊行。
2004年 金庸武俠小説集(全55巻)完結

ジョー猫 @korenkan

@Colorless_Ideas @doskharaas ソンさん、ありがとうございます! いまスマホのGoogle翻訳で断片的に読んでいます。

2020-09-06 14:09:46
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@doskharaas @korenkan これはすごい……。ありがとうございます。この年表はそういえば前に見ました。日本は確かに目立つ動きが金庸ぐらいしかないんですよね(古龍も少しは訳されていますが)。韓国オリジナルの創作武侠小説と新武侠小説が気になります。

2020-09-06 14:06:46
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@Colorless_Ideas @korenkan 因みに中華圏では大陸の1910ー1930年代の武侠を旧派もしくは旧武侠と云います。 例えば、還珠楼主の『蜀山劍俠傳』、後に ユン・ピョウの映画「蜀山奇傅 天空の剣(蜀山 新蜀山劍俠)(1983)、とかです。1960年代に始まった韓国には影響が無かった状況から、そして韓国では三国志の人気が異常(続き)

2020-09-06 14:11:21
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@Colorless_Ideas @korenkan だった土台から、日本で言うと戦国武将伝記+超人の伝奇極道浪人成り上がり+オリエンタルファンタジーの感じで大量生産されました。それは、旧派とはだいぶ違うモノでした。当時独裁政権の社会状況で自由なピカレスクロマンとして受け入れましたね。そして金庸古龍が完全支配します(続き)

2020-09-06 14:16:02
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@Colorless_Ideas @korenkan それで中華圏では新派の筈の金庸が韓国ではクラシックでカノンの旧武侠と云われてます。そしてそれのアンチテーゼとして、まさに1970年代の日本の劇画ムーブメントや健さん極道映画に対する仁義なき戦い似た変化が出ました。それがPC通信とインターネットを基盤としたx世代の新武侠となりました。

2020-09-06 14:18:58
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@doskharaas @korenkan 韓国の武侠小説が年表で「1次ブーム」「2次ブーム」「3次ブーム」に分かれている一方、日本での武侠小説ブームの欄が「なし」なのが悲しい(苦笑

2020-09-06 14:09:59
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@Colorless_Ideas @korenkan 韓国ではそれが全く知られておらず、武侠はアジア共通だと勝手に思い込んでます

2020-09-06 14:20:05
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@doskharaas @korenkan そうなんですね。日本の私からすると、韓国のネット書店でジャンル小説情報を探していたときにミステリー恋愛小説と並んで「武侠」があって、そんなに大きなジャンルなのかと驚きました。

2020-09-06 14:22:22
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@Colorless_Ideas @korenkan ミステリーより何倍も大きいかもしれません。

2020-09-06 14:23:30
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

@doskharaas @korenkan 韓国での武侠小説の歴史について、とても詳しい説明をありがとうございます! 古龍については今ちょうど質問しようと思っていたところでした。日本では武侠小説といえば金庸古龍ですが、年表の韓国のほうにも古龍の名前がないのでなぜなのかなと。でも普通に韓国でも金庸と並ぶ人気作家なんですね。

2020-09-06 14:25:05
ジョー猫 @korenkan

韓国の出版界ではミステリよりも武侠のほうが市場規模が大きいという話、なかなか衝撃的だ……。

2020-09-06 14:25:31
ジョー猫 @korenkan

韓国の武侠作品事情、すごく面白い。

2020-09-06 14:30:00

韓国「新武侠小説」とは?(基本の基本のみ)

bookroad @bookroad1

@doskharaas @korenkan それは『中国拳法』を登場人物が使うのですか。テコンドーの方ですか

2020-09-06 14:50:13
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas

@bookroad1 @korenkan 当然中国拳法で主人公を含む登場人物殆どが中国人です。

2020-09-06 15:14:57
残りを読む(75)

コメント

転倒小心 @tentousho 2020年9月8日
非常に面白いまとめでした。20年ほど前に中国に滞在していた頃、テレビでたまたま見かけた「笑傲江湖」で始めて武侠物を知ってそれから日本に戻った後金庸作品を読みあさり古龍を知りその先が無くて愕然としたものでした。 そして後になって1990年代中頃に台湾に赴いたときにあちらで見かけたPCゲームが武侠を題材とした物だったのかと思い至り、それが日本のソフトハウスが受注して作っていた物だったことを思い出し「そこでチャンスがあればもっと増えてたのでは?」と思ったものでした。
10
いかぽっぽ @eyphika 2020年9月8日
なかなか興味深い。日本で有名なのは、やはり金庸の武侠小説に出てくる東方不敗やね
7
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年9月8日
韓国武侠小説が韓国の過去では無く中国を舞台にしたものとは知らなかった。まぁ日本でもなろうとか日本の過去でも良いのにドラクエ風ヨーロッパが主舞台だから当然と言えば当然だが。「日本で読める韓国武侠」のリンクが有るのが嬉しい。
5
フラスケ @birugorudi 2020年9月8日
金庸の小説読んでたら途中から出てくるイケメンに主人公役が乗っ取られてビックリしたことがある
0
8-2-8 @2kPjcfS36zE82mJ 2020年9月8日
私はCATVで金庸原作ドラマをみて十年くらい前にハマりました。日本でもやってほしいけど、日本だと忍者・侍のほうがウケがいいから、そっちに吸収されてしまうのかも。
0
駄威悦糖 @DAI_ETTOU 2020年9月8日
日本における武夾物でThunderbolt Fantasyの名前が出てきてないのは理解が甘いわ。 制作が台湾の人形劇会社だから、特亜に偏ったウリナラマンセーな方にはわかりませんでしたかね? (脚本の虚淵氏も鬼哭街でサイバー武夾編というニッチなノベルゲー(読むだけ)やってるがなー)
0
転倒小心 @tentousho 2020年9月8日
Thunderbolt Fantasy急にもってこられても・・・あれ台湾での流れに虚淵さんがいっちょかみした形で、日本でなんの下地もなかったじゃないですか・・・西方武侠OUTLAWSTARを出してくるくらい「そんな事言われてもなあ」案件じゃ無いですか・・・
7
駄威悦糖 @DAI_ETTOU 2020年9月8日
tentousho まとめ内にGガン出てる時点でその言い訳は通じませんよ。 東方不敗の名前を映画スウォーズマンから拝借したとか、武侠(漢字間違ってた)物への理解の下地ないとどうにもならんわけで。
0
駄威悦糖 @DAI_ETTOU 2020年9月8日
別に韓国の武侠物紹介だったら好きにやってくれりゃ良いが、一々日本での小説出版数を引き合いに出してホルホルするだアホなツイートもってくんなやと。流れてきたtoggetterまとめに一々反応する俺も悪いんだけど、オタ相手に知識マウントしかけてくるアホは特亜関係無く大嫌いなのであしからず。
0
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年9月8日
DAI_ETTOU 韓国の武侠物は元々中国武侠の翻案からスタートしたので、武侠は韓国起源とかも無いし、ウリナラマンセーしてないし、ただ50年くらい根付いたという話で、貴方、勘違いしてマウント取ろうとするのは見にくいと思いませんが。
6
8-2-8 @2kPjcfS36zE82mJ 2020年9月8日
「日本作品が世界で流行ってない」ならともかく「中国産の文化が韓国で流行っているが、日本では流行ってない」は日本を貶める要素も韓国を絶賛する要素はないもないと思いますが…。精々、一武侠ファンとしてうらやましいって話でしょうに。
1
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年9月8日
DAI_ETTOU 韓国は昔台湾と香港と合作で独自に武侠映画作ってましたが。今川氏の趣向は褒めますが、その程度の認識でオタ自慢醜いだけです。最も資料を勉強なさったら。
2
ジョー猫 @korenkan 2020年9月8日
令和の時代になって、「ホルホル」とか「ウリナラマンセー」とか書く人がいることに強い衝撃を受けています。秘境の奥地に絶滅動物が生き残っていたのを見つけたような、そんな気持ち。思わずニコニコしちゃいました。
10
sekiryo @sekiryo 2020年9月8日
過去の中国と韓国の武侠の話をしていて日本ではそれに比肩する物や直接の系譜はなかったのに真新しいサンダーボルトファンタジー挙げて通ぶるの流石に勘弁して欲しいし、せめて斜めから切り込みたいなら有名じゃないけど武侠って入ってるアウトロースターにしてくれって本当そういえ話。知識が足りない。お帰り頂きたい。
3
catspeeder @catspeeder 2020年9月8日
日本での武侠モノの話と言えば、わしは今でもケルベロスとDRAGON BUSTERの続刊を待ち続けているんだ…
0
聖夜 @say_ya 2020年9月8日
あえてデカ主語でいうと日本人は水滸伝より西遊記のほうが好きだし時代劇と西部劇からいわゆる西洋風ファンタジーに流れたので武侠物が入り込む隙間がなかった。Gガンも武侠物というより戦隊物とか文字どおりのロボットプロレス文脈で語られることが殆どで、東方不敗の元ネタが云々なんてアバオアクーは~とかと同レベルの豆知識程度の価値しかなかった
7
손지상(孫 志尚, Son Ji-Sang) @doskharaas 2020年9月9日
say_ya 概ね同感です。僕も著書でそう論じました
1
バレルロール @zoahunter 2020年9月10日
>韓国では伝奇の概念が殆ど無いです。 >意外と武侠の流れはアメリカの黒人カルチャーに入ってまして、 ヒップホップを経てブラックパンサーにたどり着いたりしますので、 多分これからも武侠は「0ジャンル化」するのではと推測もします。 >武侠というジャンルは縮小し、武侠が扱ってきた要素やテーマはいろんなジャンルに伝播していくという。いまの日本がそんな感じですが。 ええええええ
1
OOEDO @OOEDO4 2020年9月19日
https://togetter.com/li/1594172 で先程作らせていただいたまとめが、見直すと内容的に「続篇」のような形になったのでお知らせさせていただきます。
0