編集可能
2020年9月17日

VRの研究についてよくわかる、Kenji Iguchi / 井口健治(@needle)さんによる、Facebook Connect 2020 ジョン・カーマック講演のリアルタイム翻訳ツイートのまとめ

VRヘッドセット「Oculus」シリーズの開発を担当してきたOculusのConsulting CTOジョン・カーマックの講演内容です。VRの研究開発に興味がある人にはとても面白い内容だと思います。 途中に入っている注釈は、まとめ主が入れたものです
19
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

買ってきた。さーてカーマック講演翻訳ライブツイート、しますかー。9:30から。 pic.twitter.com/0mql2D6QbC

2020-09-17 09:22:08
拡大
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

リブランディングは始まりの終わりのようにも感じる。自分もOculusブランドには愛着があるが、現在組織の半分くらいは研究を行っており、それはLabsと呼ばれるに値するだろう。自分はロングタームの研究よりは近い時期の製品のほうが好きだが。

2020-09-17 09:34:06

リブランディングとは、昨年まではこのイベントがOculus Connectという名前だったのにFacebook Connectという名前になったことや、長らく使われてきた「Rift」という製品名が使われなくなったこと、Oculusの研究部門がFacebook Reality Labといおう名前に変わったことなどを指していると思います

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

不謹慎かもしれないが、COVIDはVRの真価を発揮する時期になる…はずだったが、なかなか生産が追いつかなくて売り切れが多かったし、Rooms/Spaces/Co-watchingなどソーシャル体験が止まってる時期なのは間が悪かった。

2020-09-17 09:35:03
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

一旦Rooms復活できない?と交渉したりもしたが、3DoF特化だったし、予定を止めたくないとできなかった。そこの隙間は他者のソーシャルサービスが埋めてくれた。実際にユーザーが使っていることでの学びも沢山あったろうし、それを自社でできなかったのは惜しかった

2020-09-17 09:36:14

Rooms、Spacesとは、共にFacebookが提供していたサービス。VR空間内で友達と話したり一緒に遊んだりというコミュニケーションができるものだった。新しいVRのコミュニケーションサービス「Facebook Horizon」を立ち上げるために、RoomsとSpacesは休止されていたことを指している。

ちなみにHorizonは現在、βテスターを募集中
https://www.oculus.com/facebook-horizon/?locale=ja_JP

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

ロケーションベースは致命的な打撃を受けた。ちなみに初期のヘッドセットではレンズが曇るのではという懸念も合ったが、排気をしているスタンドアロンでは意外と問題ではない

2020-09-17 09:37:08

ロケーションベースとは、施設(ロケーション)で体験する形式のVRコンテンツを指す。日本でも、バンダイナムコアミューズメントのMAZARIAや、アドアーズのVR PARK TOKYOなどが今年の8月に閉店したように、新型コロナウイルスは施設型VRに大きな打撃を与えた。

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

汗まみれになっても意外と皆気にしない事がわかったが。フィットネストラッキングを追加する。 ビデオ通話を一日何度もしないといけない時代になった。遅延が気になる。むしろ固定電話時代に比べるとスマホの遅延すら気になる。ビデオ通話はそれよりもっとひどい。

2020-09-17 09:38:14


Oculus Questには、フィットネスそのものや、フィットネス並の運動量で遊ぶゲームもある。有名どころだとDance Centralなど https://www.oculus.com/experiences/quest/2453152771391571/


50msとは0.05秒。遅延があるとそれだけ、コミュニケーションやVR体験の質が損なわれるので、遅延の削減は開発において大きなテーマ

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

ではなによりも速い50msの遅延を目指そう!と野望を持ったらどうだろう。SDKやファームウェアレベルで最適化を進めたら。50は無理かもしれないが、現行の半分とか。

2020-09-17 09:39:11
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

今朝もVenuesでそういう問題にぶつかった。「君が話せ」「いや、まず君が」みたいな。プレゼンスはあるにはあるのだが、現実にそんな遅延はあるべきでない。体験に差が出る。いちいち自分の番を待つのは情報のインタラクティビティが足りない。

2020-09-17 09:40:16

VenuesとはOculus Venuesというサービスのこと。VR空間内にコンサートホールのような場所があり、そこに集まって講演やコンサートを見ることができる。Facebookで繋がっている友達や、近くに座った人とおしゃべりすることも出来る。このFacebook Connectも、このOculus Venuesでも配信されていた。

プレゼンスはズバリの訳が見つかりにくい単語だが、ここでは「現実感」「実在感」みたいな雰囲気で捉えておけばいいかもしれない

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

音響定位は悪くないが、もっと良くできる。FRLチームの研究で、現実のその場の会話とわからないレベルの音響をやってるのがあるが、今あるヘッドセットでやろうとしている。一方、リアリティを上げていくと特定の人の音量をいじる事ができなくなるという副作用がある。「正しい音量」しかなくなる。

2020-09-17 09:41:28

音響定位とは、ここでは音がどの方向から来ているかをちゃんと再現することといった意味。実在感のあるコミュニケーションのためには、右にいる人の声は、ちゃんと右の方から聞こえて欲しい。

ちなみにFRLはFacebook Reality Labの略。Oculusの研究開発部門を引き継いだ、Facebook内の研究開発部門

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

これは従来型のレンダリングから物理レンダリングに移行した時に似ている。制御の自由は失うが、物理的に正しく感じる。

2020-09-17 09:41:53
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

バーチャルビューと現実の視界を合わせるのも重要。鼻の隙間が見えている。役に立たないわけではないのだが現実には無いもの。

2020-09-17 09:42:52
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

部屋のライティングと画面の点灯頻度を合わせて照明状況を同期させて、外と中をシームレスにマッチングさせて見せるのも面白い。コーデックアバターと組み合わせたら更に面白そうだがまだ先の話。

2020-09-17 09:43:53
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

ビデオ通話はあらゆるメディアで行えないといけない。徹底的に遅延を低減しようと頑張っているOculus Linkのような最適化はされていない。この最適化を適用してみるとより良いものになるのでは。Portalにも使えるかも。

2020-09-17 09:44:43

↓ここからはこの日発表されたQuest2のハードウェアについての話

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

初代Questはより良く速く安く多数生産。ほぼすべての軸で改善する。これは何かしらで妥協しないといけない事が多い状況からすると珍しい。全てのQuestアプリはより綺麗に見える。高解像度、高速化。

2020-09-17 09:45:35
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

RGBストライプ。サブピクセルの数は倍くらい。従来Netflixを観たりすると、1280x720の画面を視界の中央に出すくらいの事ができたが。Quest 2では1080p相当くらいまでいける。モニターのような使い方も。

2020-09-17 09:46:58
Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

複数の1080p画面を並べておくのに相当することもできる。ここまでできると実作業に使えてくる。ラップトップより便利な状況も出てくるかもしれない。ディスプレイの軸間調整はQuest 1では個別に画面を動かすことが出来た。

2020-09-17 09:47:45

これは、VR空間の中に、PCのデスクトップやブラウザを複数並べて作業することをイメージした言及。VRをPCのディスプレイの拡張として使うユースケース
https://japanese.engadget.com/facebook-infinite-office-040239935.html

Kenji Iguchi / 井口健治 @needle

Quest 2では単一のパネルの上を3つの位置で動かすことが出来る。端っこでは多少FOVを犠牲にするので最適ではないが、Rift Sのような物理調整がまったくないものより良い妥協。

2020-09-17 09:48:32
残りを読む(104)

コメント