スレイヤーズ以前のラノベ(と呼ばれる前のラノベ)には「ライトな」作品は存在しなかった

まとめました。
4
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

ジャンルがきちんと自前で評論家を育ててほしいと思うのは、そうでないと、どうしても他ジャンルの評論家が、自分のところの視点から見た歴史を語り(その意図はなくても、どうしても)「歴史的植民地化」(という言い方が正しいのかわからないが)が行われてしまうからである……。

2020-09-21 14:12:57
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

中津さんの一連のツイートとか、間違っているわけではないが、一方で、ある主の典型的な「SF者から見たライトノベル史」だと思う。ライトノベルの内側からなら、別の歴史を書くことはもちろん可能だし、そうした複数の歴史観があって、摺り合わせが行われるのが一番だと思う twitter.com/nakatsu_s/stat…

2020-09-21 14:16:21
西田P @Dragonmap765

@MAEZIMAS ラノベの初出というか、その特徴的な文体が明確に表れたのは神坂 一先生のスレイヤーズからじゃないのかな? あのカスカスの文体で読ませる様式はそれ以前にはほとんどなかったわけで、それまでのSF・ファンタジージャンルの娯楽小説と一線を画していたわけだ。 ラノベとそれ以外は明確に違う。

2020-09-21 15:10:24
西田P @Dragonmap765

@MAEZIMAS というか、ラノベの領域の人間は、歴史観とか含めて細かい事を気にしないから軽いわけで、そういう軽さがなかったら娯楽小説ではあってもラノベじゃない気がするし、そこのメインプレイヤーやユーザーはそんな事気にしないと思うね

2020-09-21 15:11:37
西田P @Dragonmap765

神坂一先生よりも前のラノベっぽい小説というと、ロードス島戦記とかエルリックサーガみたいなジャンルになるんだけど、それって当時はラノベって呼ばれてなかったし、ファンタジー小説というくくりだったはず。 神坂前と後では明確に潮目が違うと思うよ

2020-09-21 15:13:32
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

SF者にその手を差すと「後手、新井素子」という定石に持ち込まれるので注意が必要です。 twitter.com/Dragonmap765/s…

2020-09-21 15:15:00
西田P @Dragonmap765

@MAEZIMAS 新井先生はそんなにカスカスの描写が少ない文体を書いているのですか?未読なので知らないのですが?

2020-09-21 15:15:13
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS

@Dragonmap765 口語表現や改行の積極的な多用という意味での「ライトノベル的な文章」の草分けと評価される書き手です。

2020-09-21 15:18:00
西田P @Dragonmap765

@MAEZIMAS SFに対するラノベにしろ、ボドゲに対するTRPGにしろ、振るっていないジャンルほど他ジャンルを侵食するのは宿命みたいなものだと思うけど、たぶん侵食されている側はそんな事には頓着していないと思う

2020-09-21 15:18:18
西田P @Dragonmap765

@MAEZIMAS うーんと、神坂の書き方もそれに当てはまると認識してらっしゃるという事でよろしいのですか? 私は神坂の文体もさほど好きではないので、詳しくないのですが、ただ一瞬見ただけでもあの文体は印象に残るので、このように書いています

2020-09-21 15:19:57
西田P @Dragonmap765

@MAEZIMAS ラノベをラノベたらしめている最大の特徴って、読者の前提知識と先入観に完全に乗っかった「描写の省略」であって、口語表現とか改行とか二の次なんだけど、その辺はどのように認識されているのでしょうか?

2020-09-21 15:21:40
西田P @Dragonmap765

まあ、正しかろうが間違っていようがどうでも良いと思う ラノベの読者はその辺気にしないだろうから

2020-09-21 15:23:30
西田P @Dragonmap765

新井素子?誰それ?って人の方が多いだろうし

2020-09-21 15:23:46
西田P @Dragonmap765

描写の量には意外と注目しないものなんだなぁと、ちょっとびっくりした午後の昼下がり

2020-09-21 15:29:22
西田P @Dragonmap765

京極夏彦の小説、最初の数ページとスレイヤーズの1ページを比べれば、全く別物だとすぐに理解できると思うけど、あの作品以前の他の作品でこれほど明確に違う印象を得られるのなら、ちょっと見てみたい気もする

2020-09-21 15:30:51
西田P @Dragonmap765

やっぱり、日本版wikiみても描写量やその質については殆ど触れられてないのよね。言語化しにくい部分だから、しょうがないのかね?

2020-09-21 15:31:55
西田P @Dragonmap765

ちなみに、描写量と読者の先入観の関係については、ウンベルト・エーコの記号論あたりを触りだけでも読めば面白いと思うよ

2020-09-21 15:39:30
西田P @Dragonmap765

たぶん、ラノベ史観みたいなのが専門家と俺みたいな浅学な一般人でズレている最大の理由は、命名縁起が「ソノラマ・コバルト系を指していた」のに対して、連想されるのが「富士見ファンタジア文庫」だからだろうと思う。 twitter.com/Dragonmap765/s…

2020-09-21 15:52:17
西田P @Dragonmap765

富士見メインの読者層は、そもそも原典的なソノラマとかコバルト読んでいる方が珍しかったし、完全にジャンル違いだったからね。で、その後のラノベ群は富士見的な挿絵や先入観に頼った「描写省略」の傾向をますます強めていったわけだ

2020-09-21 15:54:47
西田P @Dragonmap765

漫画みたいな小説から、背景空白の漫画みたいな小説に進化したとも言える

2020-09-21 15:55:21
西田P @Dragonmap765

そういう意味じゃ、幽遊白書とスレイヤーズはジャンル違いの似た者同士なのかもねw

2020-09-21 15:55:58
西田P @Dragonmap765

この件はこの辺にしておきます

2020-09-21 15:56:39
mizunotori @mizunotori

「ラノベに特徴的な文体」って何だよ問題だ。

2020-09-21 15:30:37
残りを読む(1)

コメント

barubaru @barubaru14 2020年9月21日
最近の若いもんはコバルトやソノラマも知らんから困る(老害)
20
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年9月21日
私が中身スカスカで驚いたのは、伊藤和典「機動警察パトレイバー―風速40メートル」だったけど、スレイヤーズが1990年1月なのに対してパトは1990年10月だった。ちなみにどちらも富士見ファンタジア文庫。
1
ニートその3 @apribi 2020年9月21日
ぼくが考えた最強のラノベの特徴w
0
いつき @ituki_s 2020年9月21日
1ページを「ちゅどーん!」のでかいフォントで埋めた火浦功のみのりちゃんシリーズは80年代コバルトか。ラノベ的表現といわれるようなものの個人的ファーストコンタクトこれだったわ。そして新井素子はもう少し前にコバルト書いてたわね。
1
CAW=ZOO@ふたけ欠席(´;ω;`) @CAWZOO 2020年9月21日
というか、ライトノベルという概念を作り出したって感じかなあ。最近のは。敷居を低くして読んでもらう努力の一つだな。
2
亜心 文 @agokoro_fumi 2020年9月21日
”新井素子?誰それ?って人の方が多いだろうし” ……私は無知ですって大声で叫ばれても困るというか……。
28
たかのり@ @T_takanori_ 2020年9月21日
文学は本当に色々な作者が星の数いるから、たかだか百人二百人はまだ半可通もいいところ。文学ってのは本当に魔境だぜ…。
2
たけし🌸 @takeshi17922255 2020年9月21日
ituki_s みのりちゃんはハヤカワJA。コバルトだったのはスターライト○○かな
0
たかのり@ @T_takanori_ 2020年9月21日
「2百人の作家の本読みました!」でもまだあいうえおの「あ」の棚の半分も行ってない。
4
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2020年9月21日
「中身スカスカ」というのは、出た当時「真ん中から切ったら下半分メモに使える」と言われてたティーンズハートみたいなものを指すのではないのか…?
15
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 2020年9月21日
ティーンズハートとかも文体だけなら小学生でも読めるライト感覚レーベルだったとは記憶しておりますね…
1
天たくる @ten_tacle 2020年9月21日
「カスカスの文体」がどういう文体をイメージして言っているのか分からない。
3
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2020年9月21日
大熱血とルナヴァルガーだけで糸冬 了なGJまとめ。
5
lonngfa @lonngfa 2020年9月21日
中身がスカスカっぽく見えるのは、主人公の一人称で書かれているから主人公の把握できてないことが描写されないからじゃないでしょうか。そういう意味ではやはり、新井素子はラノベの元祖に近い位置にいるのだと思います
4
でー@でとこーだ @detcoder 2020年9月21日
スレイヤーズ! を中心として考えるなら、「ライトノベル史入門『ドラゴンマガジン』創刊物語―狼煙を上げた先駆者たち 」という書籍が参考になる。そして一口にライトノベルといっても多種多様で、流れとして捉えるのが精一杯だよね
7
銀色(毒吐き独り言) @SilverColor_01 2020年9月21日
80年、81年スタートの赤川次郎の悪魔シリーズ(ジュブナイル)や吸血鬼はお年ごろシリーズ(これもコバルトから出てたっけか)も設定、文章ともに相当な軽さ。好きだけど。スレイヤーズ!はラノベという言葉が誕生した時期に生まれ、そしてその呼び方を普及させた功労者ってだけじゃないのかな?たぶん。今のラノベ源流に当たる小説は以前からいくらでもあったろうに…。
8
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2020年9月21日
どこを「軽い」と見てるかでズレてるんだろうがな。俺が「こういう文体の本が存在していいんだ」って驚かされたやつはスレイヤーズじゃなくて椎名誠の「哀愁の街に霧が降るのだ(1981年刊行)」だった記憶がある。今では内容も覚えてないけどね。まあ、量じゃなくて文章の書き方にラノベならではの価値を見出してるやつからすりゃ文章量云々言われてもなにそれって感じだ
0
nanako1210 @nanako12102 2020年9月21日
コバルト…とツッコミ入れに来たら真っ先にコメントされてたこの安心感よ
2
のた @n0ta_55 2020年9月22日
新井素子に触れないSF系ラノベ史って斬新すぎてヘソでチャイニーズスープ沸かすわ。
9
いつき @ituki_s 2020年9月22日
takeshi17922255 ああそうでした!にんじんじゃがいもはすたーらいとのほうだった。ハヤカワも今のラノベに通じるものを沢山出してた気がします。
1
@taiheyou 2020年9月22日
とはいえ昔のコバルト文庫はラノベレーベルか?って言われたらちょっと違うし
1
たけし🌸 @takeshi17922255 2020年9月22日
ituki_s 宮本昌孝氏の「もしかして時代劇」とか今見るとラノベそのものですよねw
1
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2020年9月22日
「描写の省略」造語の説明が一切ないまま最後まで進む「皆勤の徒」はラノベだった?
2
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2020年9月22日
kis_uzu 実際第二章の「洞の街」は学園物でヒロインがいて邪悪な大人と戦うラノベ(を目指して作ったはずだが知人から「お前はラノベらしさというものを盛大に履き違えている」と説教を食らった)作品でしょう?
2
ougontokei @ougontokei8 2020年9月22日
書きも読みもしないで定義だのジャンルだの起源だの鬱陶しいねえ。要するに戦犯は誰かって話?
2
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2020年9月22日
「中身カッスカスのツイートだなぁ」という感想
7
猪鹿番尾 @GjmuEjbJ78nueM1 2020年9月23日
漠とか菊池とかも今思えばラノベなのかな
1
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2020年9月23日
detcoder SilverColor_01 スレイヤーズ!(とあほさる)がやった画期的な事は、ジュブナイル小説や童話じゃなく中高学生でも楽しめる「まるでアニメ(子供向け)のような」娯楽小説を広めた事だと思う。それまでのヤングアダルトにあったセックスやバイオレンスを避け、「明るく楽しいお色気」を良しとしたそれこそが「ラノベ」でありその完成形だったと思う。
3
五月 @xf52_523 2020年9月23日
ありとあらゆる意味でラノベには分類されないんだけど、ロードス島とスレイヤーズでラノベに触れてしばらくして友人に貰った剣客商売を読んだ時の圧倒的「なじむ、なじむぞ!」感。
1
barubaru @barubaru14 2020年9月23日
mtoaki スレイヤーズがバイオレンスを避けている・・・だと?
7
でー@でとこーだ @detcoder 2020年9月24日
mtoaki 含みの在る言い方をしますが、18時台に放映しなければならなかったアニメはともかく、原作小説はなかなか良いですよ。産卵プレイとかもありますしね(未遂)。ただ「スレイヤーズ!」を初めとした作品群が方向性をある程度定めたのはあるようで、それ以前にDMで書かれる作家さんは相当悩まれたような(ソースは前掲本)
3
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年9月25日
超革命的中学生集団が1970年で、あたしの中の…が1981年、クラッシャージョウが1977年、現行のライト系文体の始祖っぽいトコ集めてみた。高千穂先生ならダーティペアのがまんまラノベだけど。スレイヤーズは1989年からだね。ジュブナイル系SFからの流れって気がする。
0
くろぅど @Kuro_udo 2020年9月25日
自分の中で、ライトノベルは自分の中で「図書館に置いてもらえるマンガ」と位置づけていた。じわじわとどこまでやっていいかジャブが繰り出されていた中で、スレイヤーズはフィニッシュアッパーというイメージで捉えてる。これは小説なのか?これ以上行くとマンガだろうとw スレイヤーズは「超えてはいけないライン」を引いたと思う。
0
Mr.G-H @mr_gh 2020年9月25日
文字数減らして、子供でも読みやすい小説!といえば、スレイヤーズよりはあかほりさとるじゃないかなあ。ラムネ、MAZE、SMガールズはリアルタイム世代だったけど、あれこそまさにライトなノベルだった。
3
さたびー@ちえりすと @satavy 2020年9月25日
「などと言っております。同志スターリン」 「なるほどシベリア送りだ」
1
ロバート・S・カティ@月夜にモラトリアム @mine__0 2020年9月25日
mr_gh あかほりさとるはそういう手法を使って読みやすくしたって言ってましたね。
2
フローライト @FluoRiteTW 2020年9月25日
スレイヤーズ前にはスニーカー文庫あかほりさとる大暴れ(通称赤本)があったぞ。スニーカー、ファンタジア、電撃の最盛期を股にかけた凄い奴さ。だから爆れつの……
0
フローライト @FluoRiteTW 2020年9月25日
コバルトだパレットだうっせーな。ホワイトハート派っス
0
フローライト @FluoRiteTW 2020年9月25日
barubaru14 「声帯を潰せば詠唱できまい」をやってのける数少ないガチ勢なのにね……
1