編集可能

【追加あり】「薩摩・島津の捨てがまり」が言われ出した起源の考察

https://togetter.com/li/1597519 と合わせてお読みください。その有無は置いておいて、「そんな話が言われ始めたのはいつからだろう」という考察です
105
OOEDO @OOEDO4

「薩摩の捨てがまり」(が語られた)起源について、いろいろ考察されています。いまからまとめます 画像はみなもと太郎「風雲児たち」より pic.twitter.com/pV2y63eSvt

2020-09-26 10:05:00
拡大
拡大
トラペゾ @trapezohedoron

豊久:兵子ども!撃ち方構えぃ!!死ぬるは今ぞ!!敵は最強 徳川井伊の赤備え 相手にとって不足無し 命捨てがまるは今ぞ!! #drifters #ドリフターズ pic.twitter.com/pwUEGfFW39

2016-10-07 23:05:58
拡大
拡大
拡大
拡大
だんちょう @no_yabo

アルメニア国防省長官「今日、私たちはカラバフで戦術的に撤退し、敵はその放棄された場所を占領しようとして罠にはまり撃退され、最後には逃げ出しました」 アルメニアが戦術的撤退したとされる地域に残した軍事物資等、アルゼ軍がこれらを鹵獲して勝利を確信しているところを包囲・逆襲したと…。 twitter.com/ParssPlus/stat…

2020-10-06 02:45:45
K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

山梨県の歴史家です。著作には、『戦国大名領国の基礎構造』(校倉書房)、『武田信玄』(吉川弘文館)、『天正壬午の乱』(戎光祥出版)、『真田三代』(PHP新書)『武田氏滅亡』(角川選書)などがあります。

K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

拙著『戦国の忍び』についての、コメントをぼつぼつ見かけるようになりました。その中に、「すてかまり」は島津の戦法であり、「かまり」は関東、中部、東海地域でしか管見されない呼称だという拙著への疑問が提起されています。それについては、ぜひ史料的根拠を掲げていただきたいですね。

2020-09-24 17:20:52
K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

アタクシは、実は島津の文書や、『薩藩旧記雑録』なども一応みましたが、どれにも登場しないのです。島津は、桐野作人さんがすでに研究に手を染まられておられるので、アタクシは今回は回避したのです。念のため、桐野さんにご教示を乞うたところ、アタクシとおなじ見解で、たぶん創作です‼️

2020-09-24 17:25:24
K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

では、誰が創作したか?桐野さんは、司馬遼太郎ではないかとのこと。確かに、漫画なども、司馬さん以後に、「すてかまり」が登場するのです‼️じゃあ、「すてかまり」は創作かといえば、管見の限り、最古の記述は、『甲陽軍鑑』に一ヶ所だけ登場する「すてかまり」でしょう。なので、地域は一致し、

2020-09-24 17:29:09
K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

任務も伏兵の一種といえ、拙著の指摘は変更に及ばずということになります。一行書くのに、どれほどの苦労と、準備をしているか、おわかりいただけましたでしょうか?でも、もし一次史料で、発見できれば、それは喜ばしいことです。その時は、修正したいと思います。

2020-09-24 17:33:00

この議論からつながる「司馬遼太郎論」はこちらで

まとめ 薩摩戦法『捨てがまり』も?~司馬遼太郎「創作」を「捜索」せよ! togetterにはかなりの関連まとめもあり、何度も語られた話題ですが、あらためて聞くとやっぱりスゴイですね(プラスにもマイナスにも) 15683 pv 159 48 users 6

桐野作人 @kirinosakujin

鹿児島県出身。歴史作家。武蔵野大学政治経済研究所客員研究員。主に織田信長、鹿児島の歴史に関心あり。 ブログもやっているので、のぞいて下さい。

dangodazo.blog83.fc2.com

桐野作人 @kirinosakujin

薩摩島津氏の「捨てがまり」が話題になっている。この言葉は日本国語大辞典にも立項されている。 「戦場で、軍勢が退却する時、一部の兵を伏兵として残しておき、近づいて来る敵兵を遠矢や鉄砲で狙撃させるもの」という意味。 この辞典は出典も記されているが、軍記物は『甲陽軍鑑』だけである。

2020-09-25 21:14:36
桐野作人 @kirinosakujin

あとは、江戸期の滑稽本や誹風柳多留などに比喩的に用いられているだけである。管見の限り、「捨てがまり」を島津氏の軍法と結びつけたのは、司馬遼太郎の小説『関ヶ原』ではないかと思う。島津の退き口の場面で「島津の退却戦法に、座禅陣という特殊なものがある。ステガマリ、ともよばれた」

2020-09-25 21:14:36
桐野作人 @kirinosakujin

司馬氏がどこから引いてきたかは小説なので不詳。この小説は1960年代『週刊サンケイ』に連載された。目に付く限りではこれが初見か。次いで立石定夫氏『関ヶ原決戦記』(新人物往来社、1984年)に「島津の軍は終始乱戦の中にあった。島津はここでステガマリ戦法に出た。薩摩特有の戦法である」

2020-09-25 21:14:36
桐野作人 @kirinosakujin

これはドキュメント風だが、やはり出典を書いてくれていない。ほかにもあるかもしれないが、とりあえず気づいた点のみ。戦国島津氏の基本史料として『鹿児島県史料 旧記雑録』があるが、これでも関ヶ原合戦の部分はもちろん、他の合戦の記事にも「捨てがまり」は見ていない。

2020-09-25 21:14:37
桐野作人 @kirinosakujin

江戸後期の軍学者徳田邕興が『島津家御旧制軍法巻鈔』で戦国島津氏の軍法を詳細に紹介、分析している。そのなかに「釣り野伏」の解説はあるが、「捨てがまり」は出てこない。 現状、島津氏関係の史料で「捨てがまり」は見つけられないでいる。現時点ではその実在は確認できないというのが一応の結論。

2020-09-25 21:14:37
桐野作人 @kirinosakujin

平山優さんも指摘しているが、「忍び」用語には地域性があるという。「かまり」はどうも東国の言葉のようである。数万語の薩摩弁を集成した方言辞典『鹿児島方言大辞典』があるが、これにも「かまり」は立項されていない。やはり、鹿児島ではなじみのない言葉だったか。

2020-09-25 21:20:53
のいまご @noimago

攻めのすてかまり 守りのすてかまり

2020-09-24 22:34:47
のいまご @noimago

司馬遼太郎が史料のママ書いたせいで、『関ヶ原』において、真田隠岐守が直田隠岐守になってしまったことは語り継いでいきたい。(いきません)

2020-09-24 23:14:57
のいまご @noimago

司馬遼太郎は冊数で数えたら100冊ぐらい読んだと思うけど、ほぼほぼ内容忘れた。あと、歴史小説を読むんだったら、史料や研究書を読めばいいやとなって、伝奇小説に走っていったのであった。

2020-09-25 00:03:37
のいまご @noimago

忍びである「かまり」もコロナの影響は避けられず、しばらく待機することになりました。これを「STAY かまり」と言いまして…。

2020-09-25 00:09:29
のいまご @noimago

史実かフィクションか、という話を見ると、やはり今週号の「逆説の日本史」を読むべき、と主張したくなるのである。特に4ページ目を見れば、井沢氏はミステリを書くべき人だと分かるので。

2020-09-25 00:26:09
のいまご @noimago

歴史小説に聞いたことない史料が出てきたら「民明書房刊!」と考えることで雑念を捨てるライフハック。(客席より「ググればいいのでは?」という声)

2020-09-25 00:32:13
粒山 樹 @ishin_saigou

桐野先生のツイートを拝見して、一つ気づいたのですが、おそらく司馬さんは、師匠筋である海音寺潮五郎の著作から「捨てかまり」を取った可能性があるかもしれません。と言うのは、司馬さんが『関ヶ原』を連載する約3年前の昭和36年に、海音寺さんは岩波書店の「世界」という雑誌に(続) twitter.com/kirinosakujin/…

2020-09-25 22:45:36
粒山 樹 @ishin_saigou

『史伝 西郷隆盛』という作品を連載していますが、この中に「義弘は「捨てかまり」という家に伝わる退陣法で、ことごとくこれを撃退して無事に戦場を離脱した」とあります。海音寺さんが何を典拠にしているのかは分かりませんが、司馬さんはそれを使った可能性もありますね。

2020-09-25 22:50:26
桐野作人 @kirinosakujin

@ishin_saigou 貴重なご指摘有難うございます。海音寺さんも書かれていましたか。時代が違うので西郷の本まではなかなか手が回りませんでした。

2020-09-25 23:06:54
残りを読む(114)

コメント

塩こうじ @shikuji 2020年9月26日
司馬作品で有名になった各種エピソードについてココ出典あり、郷土史家に聞いた話、マイナーだが先行あり、これはおそらく創作、みたいにまとめられてると助かる人多いだろうしあれもこれも司馬のせいみたいな冤罪も晴らせるだろうし、取材メモや蒐集資料を管理してる記念財団でそういう企画してほしい(既にあるのかもしれないけど)
36
影山影司 @apto117 2020年9月26日
確かに空想司馬遼太郎読本みたいなのがあれば売れるやもしれぬ。いや、既にあるのか?
0
OOEDO @OOEDO4 2020年9月26日
大幅に追加しました(かなり重要な情報も加わったと思います)
1
むつき @Tmutsuki1 2020年9月26日
うちの地元の知られざる偉人再発見にちょっと関わったことがあるけど、「そのエピソードすごくかっこいいけど史実とは言いがたいな」ということが広まってしまっても郷土史家はわりと「まぁいっか」と沈黙するものだなと思った。かっこいいから鹿児島の郷土史家が何も言わないというのはあるかも
3
OOEDO @OOEDO4 2020年9月26日
第二回の大幅追加をしました。
1
OOEDO @OOEDO4 2020年9月26日
むしろ赤く大きくなりました(空リプ)
0
聖夜 @say_ya 2020年9月27日
赤く大きく書くべきは前まとめの一番上に「司馬遼太郎の創作じゃありませんでした」じゃないの?
18
yotiyoti @yoti4423yoti 2020年9月27日
結局、創作じゃなかったんだろ。そこを目立たせないとダメでしょ。
1
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2020年9月27日
yoti4423yoti あくまで「司馬遼太郎や海音寺潮五郎の創作ではなかった」であって、それ以前の誰かが創作した可能性は否定されてないですよ
12
えこ~ず @ECHOES_54 2020年9月27日
島津が関ヶ原で捨てがまりしたといいだしたのは司馬遼太郎じゃなかったけど、座禅して火縄銃持って待ち構えたってエピは司馬遼太郎の創作
6
nekosencho @Neko_Sencho 2020年9月27日
当時の火縄銃は連射きかない、射程も短い、銃剣もないの三重苦なので、少人数で残って撃っても軍隊を止める、遅らせるほどの効果があったとは思えないんだよな。 仮に本当に行われたとしても、槍や刀での戦闘がメインだったのでは?
5
Delphi @daisuke93111966 2020年9月27日
「退路に極少数の伏兵を配置する。伏兵にとっては死地であり、圧倒的多数との戦いにつきもちろん全滅するがそれを一定の間隔で配置することで退却の時間を稼ぐ」のが捨てがまり、って記述を読んだ覚えがある。隆慶一郎か、山田風太郎か、それとも津本陽だったか…
3
絶望党員 @zetuboutouin 2020年9月27日
「甲陽軍鑑の捨てがまりで、島津の関ヶ原でのそれを説明したものらしい…?」 え?ひょっとすると大本の出典は、捨てがまり(仮)を関ヶ原でされた井伊家の武士だった可能性がある?(井伊家には武田出身が多い)
4
よーぐる @Seto_yasu1987 2020年9月27日
島津も物語的な脚色から脱しきれないところが強いし、再検証が盛んになるといいよね
1
フローライト @FluoRiteTW 2020年9月27日
島津がとった戦法に関東勢がそう呼称した、というのもあるのでは? 状況説明するのに便利な名称付けるのよくあるじゃん。
1
KarasawaYasushi @ChatNoirPoirot 2020年9月27日
咄嗟に後退する日本軍部隊が狙撃兵を残置していくって話が浮かんだ(泣)
0
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2020年9月27日
Neko_Sencho だからこそ当時は威嚇&牽制に使われることも多かったので、追撃のスピードを緩めるために使うことは自然です。ただし数を把握しにくくするためと相手からの被弾を防ぐために座り込むんじゃなくて伏せ撃ちだと思う
0
あなぐま @badger2635 2020年9月27日
講釈師 見てきたような 嘘を言い
1
tobo1103 @tobo1103 2020年9月27日
昨日、図書館に行って、文化・人類学の書棚に行った時にたまたま目についたんだけど、ある分野に関して一人の著書の本がずらずらと並んでた。たまたま、この図書館の司書さんの好みが反映された結果かもしれないけど、研究者が少ない分野は、一人の専門家の見解が未来永劫一人歩きする可能性もあるなぁ、って思った。
1
金山寺味噌弐号機 @kRqFlFDoiVAHZp2 2020年9月27日
司馬遼太郎氏の「よく分からない"資料"を持ち出してきてストーリーに説得力を持たせる」という手法、よく『魁!男塾』に例えられるけど、テイストとしてはむしろ『プロレススーパースター列伝』の方が近いのよなw
0
Metallis(へたれ) @c7R1S0tU 2020年9月27日
妖怪首おいてけはどこまで史実なん?
1
七七四未満六四以上 @zy773 2020年9月27日
Neko_Sencho 私も同様の疑問を持っているのですが。追撃の将棋倒しを狙っているのでは?…… 現代でも落車事故は後続との連鎖衝突を起こします。味方を完全に見捨てる前提なら敵追撃集団の等速移動を妨害できる極めて有効な戦術なのかな?と。勝ち目は無いけど、遅延効果は高いとかで。
0
OOEDO @OOEDO4 2020年9月27日
Neko_Sencho 同様になるかわかりませんが湾岸戦争当時パウエルかシュワルツコフが記者団から「地雷原で進行しにくいといいますが、この地帯の地雷なんてわずかでは?」「あなたは地雷原を歩いたことは?無いですか、私はある。1つあるだけでも、兵士にとっては千個あるように感じるんです」
3
C_CLPS @C_CLPS 2020年9月27日
割と戦国好きだけど、捨てがまりという言い方自体初めて聞いた。司馬遼太郎作品は(メジャーすぎて?)批判以外の論評を見ないので近づかないようにしてる。
0
あなぐま @badger2635 2020年9月28日
小説というか、お話として読む分には面白くていいと思うけどね。司馬遼太郎は。韃靼疾風録とかよかったな。作者の語りについては実録物扱いでいいと思うけど。
1
あなぐま @badger2635 2020年9月28日
世間に流布している通俗的なイメージの典型を確認したい向きには司馬作品は最適だと思う。学者の新説なんてのも逆張りしたいだけの珍説も多いんで、通俗的な見解確認しとくのも大事よね。
1
桝田道也@近世大名は城下を迷路化なんてしなかった @mitimasu 2020年9月29日
面白いテーマだったので、スレの情報を手掛かりに自分なりに調べたことを書きました。 [研究] 甲陽軍鑑には、武田が「捨がまり」を使ったとは書いてない https://mitimasu.fanbox.cc/posts/1444846
0
OOEDO @OOEDO4 2020年9月29日
badger2635 はっきり言って、それとかでまず通説を知っておかないと、通説否定の論考を読んでもあんまりおもしろくないんですよね(笑)
0
OOEDO @OOEDO4 2020年9月29日
mitimasu まとめ内からリンクをさせていただきました
0
あなぐま @badger2635 2020年9月29日
OOEDO4 原作わかってないと二次創作読んでも楽しめない的な(笑)
0
二番線 @munoufavo 2020年9月29日
「また司馬遼か」案件かと思いきや、意外にルーツが遡れるのね。「かまり」は、平山先生の本を読むまで薩摩方言だと信じきってたわ。まさかの東国方言、しかも忍者の意とはね。
0