Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年7月10日

ライスのアニメ感想:#86 TIGER&BUNNY(15)

TIGER&BUNNY15話感想です。スカイハイの切なくも小さな恋のお話。彼の純粋さを感じるいいお話だったと思います。
1
テリー・ライス @terry_rice88

TIGER&BUNNY#15「The sky's the limit…(限界は空高くに・・・)」 スカイハイさん回。純粋無垢なヒーローにも悩みはあったというお話かなあ。それを解消したのは淡い恋だったと。

2011-07-10 12:23:05
テリー・ライス @terry_rice88

なんだかんだでジェイクの事件がパラダイムシフトだったってことかな。ヒーロー全員の有り方有り様がそれぞれ変化していっている印象。前回はロックバイソンの復活劇だったようにも思うし、ブルーローズの気付きが強調されていたように見えましたし。虎鉄とバーナビーはすっかり人気者ですしね。

2011-07-10 12:26:34
テリー・ライス @terry_rice88

とくに虎徹とバーナビーは完全に芸能人化してる。ブームの中心人物ってことでいいのかなと。ただ状況が変化しすぎちゃって本業がおろそかになっちゃってるのは本人たちも憂えてる所か。やっぱり人気芸人的、アイドル的なもてはやされ方だなあという感じ。

2011-07-10 12:29:10
テリー・ライス @terry_rice88

一方で首位から転落したスカイハイ、ジェイクの一件以来、ヒーローとしての自信を失ってしまっていた。自分の力が人々を助けられないんじゃないか、無力な自分は必要ないんじゃないかと、ちょっとしたスランプに陥っているかな。元々実力のあるヒーローだからそんな事はないのに。

2011-07-10 12:32:47
テリー・ライス @terry_rice88

当初からスカイハイは純粋なヒーローとして描かれていたわけで、その強さには何の疑いを持っていなかったわけだけど、先の一件でそれが折れてしまった。スカイハイって天然であるとともに一種の天才でもあるから、そこが崩れると脆いってことなんでしょうねえ。純粋であるが故に。

2011-07-10 12:36:26
テリー・ライス @terry_rice88

自信を失っていた彼の目の前に現れたのがシスという女性だった。彼女と出会ったスカイハイは彼女と話すうちに知らず知らず恋を抱いたってことなんだろうと思うけど、それが結局、原動力になっているってことなんでしょうねえ。

2011-07-10 12:44:20
テリー・ライス @terry_rice88

要は、守るべき明確な存在があるということ。たった一人でも守るべきものがいれば、それは正義だってということ。スカイハイは今まで、市民の皆さんを守るべくしてヒーローを務めてきたわけだけど、今回は人間として守るべき存在ができたという流れだったように思いますねえ。

2011-07-10 12:47:06
テリー・ライス @terry_rice88

であるから、シスの正体明かしが悲しくもあるのですが。とはいえ、スカイハイの恋愛に右往左往する様とか、それにアドバイスするヒーロー女子会とかは微笑ましくもあったなあ。スカイハイはシスを思うからこそ、世界を守るという極めてポジティブに自信を取り戻すのもえらくスマートだった。

2011-07-10 12:51:29
テリー・ライス @terry_rice88

一方で早くも芸能活動がタイトスケジュールになってる、虎徹とバーナビーは虎徹がうかれすぎているのと、復讐心に駆られていた時期とは対照的に今ある平和と心の平穏を喜んでいるバーナビーがすごく好対照。

2011-07-10 12:55:27
テリー・ライス @terry_rice88

自分の過去がちゃんと語れるようになる平和というのをかみ締めている印象さえあるなあ。どれだけ今まで殺伐としてたんだろうか思うほどに心が澄み切っているバーナビー。ここで、両親がロボット研究者であることが表に出てきたわけですが、これが今回の一件に繋がっていくと。

2011-07-10 12:58:09
テリー・ライス @terry_rice88

ここらへんの状況のクロス具合は非常に上手いですね。シスが人間じゃないっぽいのは見ていて分かりましたが、きちんと主役サイドのエピソードにスカイハイのエピソードが絡んでくるのは話の味わいが複雑になっていて素晴らしい。

2011-07-10 13:00:35
テリー・ライス @terry_rice88

一方から見ればスカイハイの悲恋なんだけど、もう一方から見るとバーナビーと虎徹には尾を引く出来事だったという。サブエピソードを生かしつつ、メインエピソードの引きが感じられるのは面白いですよね。

2011-07-10 13:02:34
テリー・ライス @terry_rice88

シスを作ったのはバーナビーの両親の元同僚だったと。余談ですがこのシスの製作者ロトワングとシスの声優さんはさとうけいいち監督が関わったアニメ「The ビッグオー」で主役のロジャーとドロシーを張っていた宮本充さんと矢島晶子さん。BD-BOXが決定した矢先のゲスト出演だったのかも。

2011-07-10 13:06:42
テリー・ライス @terry_rice88

ともあれ、両親の同僚が技術を流用して、私利私欲のためにロボットを作っていたことに憤りを隠せないバーナビー、それとともに再びウロボロスの影がちらつく事になるという、ハードボイルドにありそうな影を落とすエピソードでした。

2011-07-10 13:09:17
テリー・ライス @terry_rice88

その重い空気の緩衝材になっているのがスカイハイのエピソードでシスに助けられたスカイハイが落雷によりすでに故障、暴走してしまったシスを破壊することで彼女を助けるという二重三重の折り込みが効いていた感じ。純粋なスカイハイだからこそ、許されるシチュエーションというか。

2011-07-10 13:11:54
テリー・ライス @terry_rice88

今回のBパートラストの切なさというのは「待っても彼女はこない」というのと「それでも純粋に彼女を待つ健気さ」が合わさって、生まれているものなんだろうなあ。会えなくても自信を取り戻したスカイハイは前向きに捉えて、生きていくんでしょうねえ。

2011-07-10 13:15:08
テリー・ライス @terry_rice88

EDの白薔薇もそういう点で彼の純粋さを象徴してる。シスはスカイハイの心の中で守るべき存在の象徴としてこれからもずっと生きていくんだろうなあという、そう思わせる綺麗な終わり方だったと思います。

2011-07-10 13:16:45
テリー・ライス @terry_rice88

そしてCパートでやはり出てきた虎徹の能力問題。以前の同僚、ベンさんは元NEXT何じゃという予想も立っていますが、ここで重要なのは能力が「消える」ものでもあるってことなんだろうなあ。場合によっちゃ基本設定を揺るがしかねない踏み込み方だとも思いますが。

2011-07-10 13:18:57
テリー・ライス @terry_rice88

とはいえ、最後の最後でスカイハイのエピソードが虎徹の問題に掛かってくるのが上手く話が作られているなと。虎徹は自分の守るべき存在をちゃんと守る事が出来るのか、そこにNEXTの能力は必要なのか、ということになっていきそうですね。

2011-07-10 13:20:44
テリー・ライス @terry_rice88

なんだかんだで楓ちゃんのことは気に掛けているようですし、バーナビーにもそこら辺は指摘されている事であります。ヒーローとして致命的なガンの告知をされた中年、虎徹の明日はどっちだ。

2011-07-10 13:22:34
テリー・ライス @terry_rice88

といったところで、今回の感想は以上。それではまた次回です。ありがとうございました。

2011-07-10 13:23:22

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?